FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1979年と言うと、自分は当時中学2年・・・
その当時は現在のように街中至る所にコンビニがある訳でもありませんでしたし、
夏休み・冬休み・春休みの吹奏楽部の練習中の昼ごはんは、大抵の部員はお弁当持参だったと
思います。
コンビニが当時住んでいた仙台にもちらほら出てきたのは、自分が高校に入学してから以降で、
確かあの頃は、セブンイレブンもホント少なく、代わりに「サンチェーン」という名称のコンビニが
当時としてはメジャーだったようにも思えます。
(確かサンチェーンはその後どこかの大手に吸収されて消滅したような記憶が・・・)

当時、自分が住んでいた地域で初めて「吉野家」が出店し、
周囲の反応も「おー、すげー」みたいな感じでしたね・・・(笑)
確か当時吉野家は、テレビCМで
「やったね、パパ。明日はホームランだ」というのを繰り返しやっていましたけど、
確かこの時代に一度倒産し、
「やったね、パパ。明日は倒産だ」と
確かこの頃売出し中だったビートたけしから結構いじられていたような記憶が・・・・??

ま、とにかくこの時代は、現在のように街中至る所にサービスが溢れているという感じではなく、
都会と田舎の区分がかなり明瞭で、
現在のように、地方に行っても首都圏にあるような店が溢れているという時代では
まだなかったですね・・・
だからこそ、自分みたいな田舎出身の人間は、とにかく「上京」する事をまずは
人生の目的みたいに考えていたのかもしれませんよね・・・(笑)


〇銚子商業

 B/楽劇「サロメ」より七つのヴェールの踊り

 現在でもコンクールの人気曲である「七つのヴェールの踊り」は、実はこの年の銚子商業が
 全国初演です。
 だけど、このサロメ、本当に素晴らしい名演です。
 個人的な見解ですけど、もしも1979年大会が金銀銅のグループ表彰ではなくて、昔のような
 順位方式ならば、この銚子商業・市立川口・天理に1~3位を付けたい感じです。
 でも本当に個人的好みなら、やっぱり市立川口が圧倒的に好きですけどね・・・
 銚子商業の「サロメ」は、何よりも技術がしっかりとしていますし、
 オーボエ・フルートのソロが実に色気たっぷりで今聴いてもかなりぞくぞくさせられるものは
 あります。
 前半のひそやかさ、後半にかけてのうねりと狂気、妖艶さ、
 かなり本物に迫る響きだと思いますし、
 ラスト近くで、一旦全合奏が静止し、その後の全員のffの音の響きは、オケの音を超える何か
 化け物みたいな感覚の響きが、自分には伝わってきます。
 ただ一つ惜しまれるのは、アレンジがあまり良くない部分があり、
 (当時は、八田先生の版ではなく、ハインズレー編曲版を使用)
 例えば、オーボエの妖艶なソロのバックの裏メロ的リズムは、テナーサックスが担当しているので、
 何か響きが今一つ濁り、テナーサックスというせいもあるのですけど、妙にハスキーと言うか
 モダンジャズみたいに聴こえてしまうのですよね・・・
 (八田先生版は、この部分はファゴットを使用)
 だけど全体的には、超高校級の演奏であり、サロメの狂気と妖艶の世界に迫る名演だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1048-3a9a34ef
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |