FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1978年~80年の中学校三年間って、クラス対抗の形で「校内合唱大会」というものが
毎年開催されていて、何が嫌だったかと言うと、
単に吹奏楽部に所属しているからという理由だけで
毎年毎年指揮者に選出される事ですかね・・・
あーあ、一度くらいは歌いたかったな・・・
合唱の指揮って「吹奏楽」と違って、指揮棒は持たないし、オーバーアクションする必然性が無いし
吹奏楽みたいにある程度はしょって指揮をするという事は基本的にNGだから、
かなりやりにくかったですよね・・・
おまけに歌い手は同じクラスメイトだし・・・
正直、吹奏楽の指揮は結構好きだったけど、合唱の指揮はどうも苦手でしたね・・・
吹奏楽の場合、指揮棒を持つ右手は、リズム・拍子を取る役割で、左手は表情を付ける役割と
比較的明確な役割分担があるのに対して、
合唱は指揮棒を持たないせいか、何かその辺りのコントロールとか表現方法が
最後まで今一つ掴み切れないもどかしさはあったような気がします・・・

校内合唱コンクールの発表会では、審査員から講評用紙を貰うのですけど、
その審査員の一人は、当然ながら吹奏楽部の顧問の先生だから、
まー、やりにくかったですね・・・
案の定、講評用紙には

〇指揮者の気持ちだけが空回り

〇こねくりまわすような指揮で、何か壁にペンキを塗っているような下手な指揮ぶり・・

〇伝えたいポイントが分からない・・

など三年間ダメだしをされ続けていましたね・・・(笑)

一年の時の課題曲が「風になりたい」、二年の時が「山のいぶき」
三年の時が「大地讃頌」でしたけど、
「大地讃頌」はやはり自分自身が歌いたかったですよね・・・
「山のいぶき」では、後半にかけて、テンポを落とし、弱音からゆっくりフォルテッシモし、
ラストで絶唱する表現をしたら、
やはり吹奏楽部の顧問から
「お前はアホか、あの表現方法は吹奏楽の世界、合唱の表現スタイルと混合するな!」と
あとでエライ怒られましたね・・・


〇名古屋電気高校

 B/道化師の朝の歌

 この頃の校名はまだ「愛工大名電」ではなく、名古屋電気でした。
 また当時は学ランの男子校で、サウンドもかなり骨太のような印象もありました。
 確か、この頃の時代に後に西武・巨人等で活躍する工藤公康投手が在籍していたのでしょうね。
 このチームは、フーサ・ネリベル・バーンズ等の吹奏楽オリジナル曲を
 取り上げていましたけど、このチームの骨太サウンドと特にネリベルの「交響的断章」とか
 フーサの「プラハ1968」といった厳しい音楽の世界と見事に合致したような印象があります。
 だけど、反面、1977年みたいに「エル・サロン・メヒコ」とか1993年と96年の「ローマの祭り」のように
 クラシックアレンジものを華麗に鳴らしてみたり、
 矢代秋雄・名取吾郎・大栗裕等の邦人作品をきめ細かく仕上げたりと
 かなり「器用」だったというか、多様な顔を持っているチームにも感じられます。

 この年は、このチームにしては珍しい印象派の音楽・・・
 だけど意外とこれが素晴らしい演奏を聴かせてくれるのですよね。
 サウンドが骨太の為、こうしたラヴェル作品との相性はいいはずはないのですけど、
 ラヴェル自身、スペイン系の血が混ざっていて時に「武骨」な面も見せる事もあるのですけど、
 名古屋電気は、こうしたラヴェルの武骨な面を
 巧みに演出していたような気もします。
 この演奏、何がいいかと言うと、ファゴットのソロが実にうまい・・・
 とぼけていて、悪趣味で、不気味で、姑息で、時には澄ましていて、
 そんな多様な表情をこのファゴット奏者は実に見事に演出していました。
 クラリネットのソロも実に上手い・・・
 金管、特にトロンボーンが少し荒めなのが少々気になるところ・・・

 だけど全体的には非常に惜しい銀賞ですね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1041-65c64349
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |