FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


衆議院総選挙が近いです。

近年の二回の選挙が誠に次元の低い争点だったので
(2005年→郵政改革にyesかNoか 2009年→政権交代にYesかNoか・・)
今回の選挙は、今後の未来の日本を導く大事な選挙になるはずだと思います。
だけど、世間の人の感覚としては、
「どの政党に入れれば良いのかよくわからない」というのが本音に近いと思います。
色々なテーマはあると思うのですが、
選挙というものは、今後4年間のテーマを争点にして選択するというのではなくて、
政権を担った政党に対するその機関の「評価」という事を優先して投票すべきなのではないかとも
思います。

2009年に、何か閉塞感漂う日本を変えてくれそう、既成概念を打破してくれそう・・・
何かバラ色の未来が待っているかもと期待して民主党に投票した人も相当多いと思いますが、
その期待の大きさに比例して、失望感を持った人も相当多いと思います。
そのガッカリ感を評価という形で、投票に行くのが
一番分り易いのではないのかなーとも思います。

確かに、民主・自民・第三極とか色々選択肢はありますが、どれも決め手に欠けると
思います。
だけど、その中でも「あの党よりはなんぼかまし」という消去法でも構わないと
思います。
最悪、投票所にはいくけど、わざと無効票になるような氏名を記入して
棄権というのも一つの選択肢かもしれません。

自分の主体的な意思を示すという事は大切なことだと思います。

自分自身は、前回胡散臭さを感じながらも消極法でしぶしぶ民主党に一票入れました。
だけど、そのココロは、「民主党に政権奪取された自民党に、その間に立ち直ってほしい」
というものでした。
残念ながら、その期待にはあまり応えてはいないと思いますが、なんぼかましという理由で
今回は、自民に入れるのでしょう・・・

だけど自分の本音は、前にも少しだけ書いたと思いますが、

1.議会は一院制、定員は20~50名程度

2.議会の役割は、少数で構成される中央政府執行委員に対するチェック機能と意見書提案

3.国家の基本骨組みや外交、国家予算枠組み・教育方針などを決めるのは、中央政府
 その政策を具現化させるのは、地方政府の役割

4.国家の役割は、①教育の充実 ②国家的ビジネスの育成 ③国防 ④世の中のモラルの維持
 ⑤ルールの徹底化などである。

5.中央政府執行委員の長は、任期10年 最長30年可能 但し、国民投票で60%以上の不支持で
 自動的に退任

6.道徳とモラルの徹底を教育の最重要課題とする。12歳までは、基本学習を徹底し、
 それ以降は、一人一人の才能や能力に合わせたカリキュラムを組む

7.基本は、内向き国家→日本国内での需要の掘り起こしとCP社会の構築に伴う
 需要創造と雇用の確保と最低賃金と最低生活の最低限の確保

 ※CP社会とは、後日改めて・・・

8.高負担高福祉スタイル+社会の構成員としての地道な奉仕活動への強制参加

9.あの世にお金は持っていけない+お金は天下のまわりものの実践
 →相続税強化、富裕層への寄付金の義務化など税制の根本的変革

まあ、この辺りのテーマは、総選挙の結果でも楽しみながら
改めて記していきたいと思います。
だって、先はまだまだ「長い道」なのだから・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/104-fe1c4244
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |