FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いやー、2/9の「ハピネスチャージプリキュア」の第二話も大変面白かったですよね。
2/2の第一回が始まる前までは、
前作「ドキドキ」の最終回の余韻とか、昨年の「ドキドキ」の第40話の神回の長すぎる余韻が
かなり強烈な印象となって残っていて、
果たして新しいプリキュアの世界にすんなり入っていけるか少し不安はあったのですが、
単なる杞憂でしたね・・・(笑)

今回のプリキュアは、ある雑誌で「頑張る子と頑張らない子のコンビの物語」として紹介されていましたが、
確かに「その通り!!」としか言いようがないですよね・・・

「プリキュアが逃げた・・」
「プリキュアだからって何でも出来る訳ではない」
「神様の嘘つき、友達が出来たのにサイアークを倒せなかった」
「どうせ自分はダメプリキュア」などなど
歴代プリキュアではありえないワードが、これでもかとひめというかキュアプリンセスの口から
出てきます。
第一話の際は、「ポンコツ」と思っていましたが、
これは史上最弱にして最悪の自己肯定感なしのガラクタプリキュアと言う印象を思わず抱いて
しまう程ですね・・・

だけどここですごいのは、やはりめぐみというか、キュアラブリーですね。
めぐみの場合、歴代ピンク系の魂を既に受け継いでいるというか、
可愛いだけではなくて、正義感・思いやり・優しさ・勇気に溢れているだけでなく
慈悲深い・・・
相手の全てを許容でき、相手を受け入れ、包み込んでしまう「慈悲愛」に溢れているような印象が
非常に強いです。
さすが「頑張る子」は違いますね・・・
前作の相田マナほどの優秀振りとか無茶苦茶な切れは確かにないかもしれないけど、
その「慈悲深さ」は負けないものがありそうですね・・・
すごーく可愛いのだけど、無茶苦茶慈悲深い・・
うーーん、ある意味最強に近いピンク系なのかも・・・

私、1988年~2001年まである地方銀行に勤めていましたけど、
この銀行の全行員に対する一つのスローガンが
「人を見よ、長所を見よ」
「人間の良い所を思いっきり見つけ、そして育てよ」というのがありました。
ま、もっともこの銀行は、バブル最盛期の頃は、
「ローンの宅配」とか
「顧客を借金漬けにしよう!!」という妙なスローガンを唱え始め、
最終的に2001年に破綻をしましたが(⇒自業自得ですね・・・)
この「人を見よ、長所を見よ」は中々いい所を突いていると思います。

今回のめぐみがひめに対して伝えた事は、
一見「マイナス」と思える材料でも、それを別の見方をすることで「プラス」として
ひめという人間を的確に認めている点だと思います。
一見マイナス要素からも、前述の「長所」を見出し、
ひめを肯定している点はホント、さすがとしかいいようがないと感じます。

〇りぼんの一言多いおせっかい要素

 ⇒「ひめは幸せ者、こんなに心配してくれる人がすぐ周りにいる」

〇逃げ足だけは速い

 ⇒足が速い事は自慢して良い事、同時に戦略的撤退は場合によっては非常に大切

〇連戦連敗

 ⇒何度敗れても、敵に向かっていく頑張り屋

この辺りの言い方は非常に上手いですよね。
そして極めつけは、
「私はまだプリキュアになりたてでよく分からない面が多い。だからひめがいないと
 自分はまだ戦えない」という辺りですかね。

この辺りは、「友達」という感覚よりは、むしろダメな妹を温かく励ます慈悲深い姉という感じも
しますね・・・
何か初期の頃の「ハピネスチャージ」の物語は、自分に自身が無く、
自己肯定感意識の低いプリンセスの「自我意識の確率」・「自己肯定感の目覚め」から
始まりそうな気もしますね・・・
既にそれが無意識のうちに出来ているラブリーはさすがとしか言いようが
ありませんけどね・・・





今回は、プリキュアとしての変身前にも
人間体として様々なフォームチェンジが出来るという事が分かりました。
今回の「探偵さんフォーム」はホント、可愛かったですね。
またまためぐみに惹かれてしまった感じですね・・・(笑)

戦闘シーンも中々面白いものがあり、
「ハピネスチャージ」は、「ハートキャッチ」以来久しぶりに雑魚戦闘員が登場します。
ハートキャッチの「スナッキー」は弱かったけど非常にタフでした・・・
今回の「チョイアーク」は、プリンセスでも簡単に撃破できるほど弱く、タフでもなさそうなので、
ホント、まさにザコ要員ですね・・・(笑)

それにしても、後のキュアハニーと予想される「ゆうゆう」は、
何か可愛いですね。
フレッシュの「パイン」を想起させる「癒し」系なのかな・・
でも気になるのは、孤高のフォーチュン・・・
前回フォーチュンがプリンセスに対して「絶対に許さない」と言い切ったのは、
やはりプリンセスが何か原因となって、パンドラの箱とも言うべきアクシアの箱を開けてしまったから
なのかな・・・
この4人としてのチーム結成はまだまだ先の様ですけど
今後の展開は、ホント楽しみですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1039-70181a0f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |