FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1979年の夏って、何かいい思い出がないのですよね・・・
というか、夏休みが始まって、ずーーーーーっと、朝9時から午後4時近くまで
吹奏楽部のコンクールに向けた練習三昧で、
この年は「遊んだ」とか「何か楽しい思い出があった」とかそういう思い出は皆無ですね・・・
練習も、鬼みたいに指揮者の先生に、
「ピッチが合わないから死ね」
「下手くそ」
「なーんでこんなに高音が汚い音色しか出せないんだ・・・」
「リズム音痴」
「なーんでそこで息継ぎするんだ、ころえろ。え、なに呼吸が苦しい・・?、じゃー息するな」とか
色々ケチョンケチョンに朝から晩までボロくそに怒られてばかりでしたからね・・・
しかもコンクールは、最終的には宮城県大会銀賞止まりで
念願の東北大会出場も叶いませんでしたしね・・・

だけどたまーにですけど、
練習が終わった後で、顧問の計らいで、学校のプールを吹奏楽部員用に貸切で開放して貰い、
そこで思いっきり泳いだりとか、
顧問が午前中から所用がある場合は、朝四時半から9時までの特別早朝練習だけで終わる事もあり、
そういう時は、「ラッキー」みたいな感じで
午後からはやっと夏休みモードを楽しめた事もありましたね・・・
だけど今思うと、そういう特別早朝練習の際は、
練習場所はなぜか音楽教室ではなくて、体育館を使用していたのですよね・・・
自分の中学ってド田舎で周りは畑と田んぼばかりだけど住宅も結構ありました・・・
体育館だから、音はダダ漏れだし、あんな早朝から吹奏楽の大音響を鳴らされ、
よく「近所迷惑」のクレームとか110番通報がなかったものですよね・・・
今だったら、近隣からのクレームは大変でしょうけどね・・・
ま、そういうのんびりした世知辛くない時代だったのかも・・・・


〇高松第一高校

A/組曲「カレリヤ」より、Ⅲ・行進曲

 えーー、これってある意味凄い・・・
 自由曲のシベリウスのカレリヤ組曲のマーチは4分程度の短さだし、
 課題曲は3分半程度の曲だから、
 このチームは、課題曲・自由曲合わせて8分から8分半程度なのかな・・・
 もしかして、コンクール史上最短演奏時間なのかも・・・
 ま、もっとも前年の78年の広島の基町高校もジュビラーテにカレリヤのマーチの組合せだから、
 もしかしてこちらの方が最短なのかな・・・??
 演奏はね・・・
 うーーん、一言で言うと「もっさりとした演奏・・」
 素朴なんだけどどこかどんくさい感じのする演奏ですね。
 原曲の軽妙さがあまり感じられず、どこか重たい演奏でした。
 だけど、何か妙にこの演奏、私好きなんですよね・・・
 何か惹きつけられる魅力があるというのか、この素朴な感じがいいのですよね。
 途中トランペットによるユニゾンがあるのですが、この部分をトランペット奏者が
 思いっきり音を外しているのも、何か面白い・・・
 
 決して上手い演奏ではないけど、楽しめる演奏でした・・・

 この演奏の15年後、高松一高は、再度カレリヤのマーチを自由曲として選んでいますが、
 この時は、79年の演奏に比べはるかに洗練され、トランペットの音の外しもなく
 軽妙に聴かせてくれました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1038-c2f732a5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |