FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ソチオリンピックが開幕されて数日経過していますが、
何とか日本人選手には、普段通り、練習通りの力を発揮される事を祈るだけです。
スキーのジャンプというと、どうしても思い出してしまう曲が一つあります。

何かと言うと、1999年の全日本吹奏楽コンクール、課題曲Ⅳの行進曲「K点を超えて」です。
恐らくこの曲は、多少前年の長野オリンピックでの「日の丸飛行隊」を意識したかもしれないでしょうけど、
目を閉じて聴いていると、いかにもそうした情景が浮かんできそうな感じです。

この曲は出だしがかなりインパクトがありますね。
トリオのメロディーラインも大変生き生きしているし、
終始小太鼓のリズムの切れが最高に引き立つ曲だとも思います。

この課題曲Ⅳで一番印象に残っている演奏は、やはり淀川工業かな・・・
この年のこのチームは、日テレとかNHKで色々と当時取り上げられていましたけど、
指揮者の丸谷先生が、ホント楽しそうにこの課題曲を指揮されていたのが印象的です。

この課題曲の作曲家の高橋伸哉氏とは、実は少しばかり接点があります。
私の出身高校とその近隣のある高校は、部員数が共に30人程度で、
やろうと思えば単独開催は出来るのだけど、人数が少ないから選曲等に制約がある。
それならばその二校が合同で演奏会を開催してはどうかという事で、
二校合同演奏会が始まったのが、1974年の春・・・
それが色々と紆余屈曲はあったものの、1983年に「第10回」を迎える事となり、
その記念委嘱作品として、白羽の矢が立ったのが、
自分の高校の相方の学校のOBでもある高橋氏だったのです。

春休みの練習時とか本番直前のリハーサルにも顔を出して頂き、
指揮こそされませんでしたが、色々とアドバイスをされていたのは何となく記憶にあります。
その委嘱作品も、「K点を超えて」と同様に3分程度のマーチでしたけど、
トリオのメロディーラインが非常に美しい曲でした。
当時、自分は片方の高校の方の部長を一応していましたので、高橋氏とは恐らく一言二言程度は
会話したかもしれませんが、
あまり記憶に残っていません・・・

高橋氏は、その後色々な吹奏楽作品(「写楽」は確か大津シンフォニックバンドも自由曲に
取り上げていましたね・・)とか管弦楽作品も発表されていて、
その方面では、かなり名が通っている人みたいですね。
私も詳しくは分かりませんが・・・

高橋氏のその委嘱作品マーチは、何とタイトルがありません・・・
当時の部員もこの曲は、「伸哉さんマーチ」と呼んでいましたし、
本番も、「委嘱作品」としかアナウンスしていなかったと思います。
うーーん、これって何か高橋氏に何か申し訳ないような気も・・・

この委嘱作品の手書きパート譜、いまだに持っているのですけど
確かに「タイトル」が空白になっているのですよね・・・
当時、何人かの部員が、勝手にマーチ「かろやか」ってネーミングしてましたけど、
何かセンスないですね・・・

だけどこの委嘱作品って、始まりの部分のスタッカートの感じとか中間部の雰囲気何か
後年の課題曲「K点を超えて」にやはり雰囲気がよく似ているのですよね。
この事は、1999年頃の高校時代の吹奏楽部のメンバーの飲み会でよくネタになりましたけど、
ま、それは仕方がないですよね・・・

だけど高校の時の吹奏楽部で少し接点がある方が、こうやって吹奏楽コンクールの課題曲の作曲家として
名が世に知れ渡るのは、何少し誇らしい感じはします。

いよいよスキージャンプも大一番が近づいていますが、
「K点を超えて」大ジャンプが出来るように期待していますし、遠い地から応援したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1037-67489d94
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |