FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いやー、「ハピネスチャージプリキュア」が面白すぎで
何か第一話から完全にはまってしまいましたね・・・
ラブリーの可愛らしさ、プリンセスのポンコツ振りといかにもマリンの後継者らしい感じに
早くもハートキャッチされまくりですね・・

だけど、このラブリーとプリンセスの影に隠れてしまいましたけど、
「キュアフォーチュン」も何気に良い仕事をしてくれていました・・・
このお方、やたら格好いい詩し強いし、
過去に何があったか不明ですが、プリンセスに対して良い感情を持っていない様子など
何か今後とても楽しみなキャラになりそうな予感があります。
まずは、ラブリーとプリンセスの二人の結束を固めて、
ハニーの加入があって、
最後にフォーチュンだと思うのですが、
フォーチュンとプリンセスの確執を
(ま、フォーチュンの何か一方的な誤解とか思い込みというのが原因という気もするのですが・・)
何とか氷解させ、
早い時期での4人としてのチーム結成を見てみたいものですね。
そこからが、「ハピネスチャージ」の真の始まりなのかもしれませんよね。

前作「ドキドキ」のキュアソードもそうでしたけど、
プリキュアは伝統的に紫系は、初期の頃は孤高+ツンツンという感じなのですが、
これが次第にツンデレ⇒デレデレしていく傾向にあるのですが、
何か今一つ頭が硬そうなフォーチュンは、どうなるのでしょうかね・・・

何かこの辺りも今後の楽しみの一つです。

ハニーは、間違いなくお弁当屋さんのゆうゆうがいずれ変身するのでしょうけど、
なんかこの娘は、黄色系でもなんか「癒し」みたいな雰囲気はありそうですね。
何か「フレッシュ」のパインみたいな雰囲気はありそうですね・・・







ある雑誌で、今度のプリキュアは
「頑張る子と頑張れない子のコンビの物語」として紹介されていましたけど、
これは中々ストレートな表現ですね・・・(笑)

だって、ラブリーがプリキュアになれた原因と言うのが、
プリンセスが、ブルー様から与えられた「愛の結晶」を
「仲間を探しに行くのが面倒で、知らない人に声を掛けるのが嫌だから」という理由だけで
テキトーに放り投げたら、たまたま頭に当たったのがめぐみ、というかラブリーですからね・・・
歴代で、プリキュアに変身しちゃつた動機というのは、
中にはたまたま妖精と頭上で正面衝突したからというアバウトなケースも結構ありましたけど、
ラブリーの場合、歴代でもぶっ飛んでいますね・・・(笑)
それに、プリンセスが「仲間というか友達を欲しがった理由」というのも
「自分にとって便利なものだから」という実に身勝手な理由ですし、
何かこの辺りは、前作「ドキドキ」のレジーナそっくりですよね・・・
何かプリンセスの場合、ドキドキでは真っ先に「ジコチュー」怪物にされそうなキャラですよね・・・

ま、だけど、前作「ドキドキ」が全員優秀・聡明・エリート集団なのに対して
「ハピネスチャージ」はエライ違い・・・
その辺りの落差は大変面白いですね。

公式サイトの紹介文では「ちょっとわがままな箱入り娘だったが、
めぐみといっしょに困難に立ち向かううちに、人を助ける喜びを知り、王女としても成長していく。」
ともありますので、
ラブリー・ハニーと共にいかにプリンセスが成長をとげてくれるのか
とても楽しみですし、
やはりフォーチュンとの絡みは、今から何か期待大です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

キュアフォーチュンがあれほどまでにプリンセスに冷たく当たるのは、「箱を開けてしまったのがプリンセス」だからではないかと思っているのですが。

それはそれとして、第一話である程度の準備ができてからキュアプリンセスの行動を見ると、

「……ドジで間抜けで臆病で自己中心的なキュアプリンセスは、ここにこうして生きているドジで間抜けで臆病で自己中心的なわたしじゃないか!」

と思えて身につまされて身につまされてなりません。

キュアラブリーは、ある意味この番組における「神様」であるプラス思考のかたまりであるのに対し、キュアプリンセスは「人間」であるのでしょう。

そう考えると、これは「神様」の愛によって「人間」は救われるのか、そういうテーマが裏に流れているような感じがします。

最後まで見ないと評価はわかりませんが、これはなかなかの傑作になるかもしれません。

ドキプリみたいに迷走しなければ、ですが……。

ラブリーは、女神様・・・

第二話を見てみると、
何となく、ラブリーとプリンセスは、出来の良すぎるブロッサムと出来の悪いマリンみたいにも
感じられます。
また別の側面では、子供を気遣う母親と我儘で自分に自身が無い子供みたいな
関係のようにも、初期の段階では感じられます。
ま、どちらにしてもラブリーの懐の深さというか、聖母マリア様のような慈悲深さを
強く感じてしまいますね・・・
ホント、これからが楽しみですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1032-92869166
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |