FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


〇中村学園

 C/スペイン狂詩曲

 中学時代、クラリネットを2年間、アルトサックスを1年間担当し、
 高校は男子校の為、慢性的なクラリネット奏者不足に泣かされていましたので、
 本人はアルトサックス希望だったのに、半分強制的にパートはクラリネットになってしまいました。
 当時の上級生のクラリネットの音色が皆美しく力強く響き、
 「何で自分の音はこんなに貧弱なのだろう・・・下手くそなのだろう・・」とずっと
 日々模索する感じでした。
 そうした中、一つの転機というか、クラリネットの音色に対する自分なりのヒントを見つけたのが
 1981年の中村学園の「スペイン奇想曲」のクラリネットセクションの音色だったと
 思います。
 私、どちらかというと速いパッセージというかスタッカート気味の曲が苦手で、
 そればかりに囚われ過ぎて、今一つ良い音色が得られなかったような感じもしていたのですが、
 中村の演奏を聴いて、
 「あー、そうなんだ。こういう風に速いパッセージの曲でも
  こんな風に幾分レガート的にというか、ダーダー吹き風に吹いても、特に違和感ないし、
 良い音色もキープ出来そう・・・」と考え、
 まずはとにかく「美しい音色」を産み出そうと、
 暖房が全くない廊下とか教室でひたすらロングトーンに明け暮れ、
 「今日はB♭の音を綺麗に出せた」とか
 「明日はDの音伸ばしから始め、この音を綺麗に吹けるようにしよう・・」と
 していたのが、何か自分でもよく印象に残っています。
 中学から大学までの吹奏楽生活で、これ程真剣に練習をしたというか、
 音色磨きに専念した時期はなかったようにも思えます。

 ま、そのせいかどうかは分かりませんが、
 その後色々な先輩達の見様見真似もありましたけど、
 ダーダー吹きでも通用する曲想なら、何とか美しい音色だけはキープ出来たようにも
 自分では思えていたものです・・・

 だから、その意味でも中村学園のクラリネットセクションの影響はかなり大きかったと
 思いますし、何か「感謝」という気持ちが今でも残っています。

 この年の中村学園の狂詩曲「スペイン」は、まさしくダーダー吹きのレガート奏法的な感じの
 演奏でしたね(笑)
 良く言うと、自分好みの音色
 悪く言うと、リズムがベタベタし過ぎ・・・
 後年の高岡商業みたいな「切れ」はあまり感じられないし、
 リズムが甘いというか、何か優雅過ぎる感じもしなくはないのですけどね・・・
 全国大会には出場できませんでしたけど、1984年の中国大会の就実高校の狂詩曲「スペイン」も
 79年の中村と同じ傾向と言うか、
 優雅なダーダー吹きなのですけどね・・・
 やはり女子高は雰囲気も似てくるのかな・・・??

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

確かに。

そうですね、ロングトーンは大事みたいです。
娘が突然アルトクラになった時、ひたすらロングトーンをやってました。
結局それが、「ちゃんとした音を出す」一番の近道だそうです。

ロングトーンは大切・・・

mama.ikuko さん

そうですよ、アルトクラでもB♭クラでもロングトーンは大切ですし
基礎中の基礎訓練ですよね。
下手なチームほど、全体でただ単に音を伸ばすだけの無意味なロングトーンをやって
いかにも「練習をやったつもり」になりがちですが、これは全く意味がありません。
出来れば、パートごとに、全員が同じ音を伸ばすのではなくて、一人一人音を違わせ、
結果的に和音・不協和音として吹いた方が、自分の音の位置づけを知るきっかけにもなりますし、
他人の音を聴くきっかけにもなりますし、
全体と個人の役割を把握するきっかけになりますから、
ホント、大事ですよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1031-40f39aa4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |