FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2/2(日)に「ハピネスチャージプリキュア」の第一回が放映されました。
前評判では「アイカツみたい・・」という意見が多かったと思いますが、フタを開けてみると
「ハートキャッチプリキュア」の世界でしたね。
さすがもハートキャッチでもディレクターを務められた長峯監督らしい世界だなと
改めて感じました。

それにしても「キュアラブリー」は可愛い!!
ピンク系プリキュアの王道をいく感じですね。
可愛いし、明るく元気だし、おせっかい焼きで誰とでも仲良く出来そうな所は
伝統の正統派ピンクプリキュアを見事に受け継いでくれました。

もっとも、

「オレ、オマエ、会えて嬉しい」
「師匠!」
「感動した!」みたいな妙な発言とかテンション高すぎの部分とか
多少はヘンな要素もあったりしますが、
それもピンク系のご愛嬌ですよね(笑)

ホント、正統派の可愛い系プリキュアだと思います。






第一話も大変面白く、あっという間の30分でしたけど、
一番驚いたのは、エンディングの歌とダンスのCGの完成度の高さですね。
いや、ホントあれは自分も感動しました・・・
「ドキドキ」の前期EDの完成度の高さにも驚かされましたけど
今回は、それをはるかに超越する感じでした・・・
いや、あれは歴代最高のEDといっても過言ではないと思います。

確かに「キュアラブリー」も可愛いのだけど
第一話の主役は完全に「プリンセス」でしたね・・・
前評判で、「へタレ」とか「弱そう・・」とか色々言われていましたけど、
まさかあそこまでひどいとは・・・(笑)
「史上最弱のプリキュア」と言うと、すぐにブロッサムを連想してしまいますが、
実際の史上最弱プリキュアはピースかもしれませんよね・・・
だけどブロッサムもピースさえもかるーく超越する史上最弱プリキュアがここに誕生してしまいましたね・・・
まさか、「全戦全敗のプリキュア」とはね・・・・(笑)
ラブリーよりも早くプリキュアになっていたようですけど、
よく今まで生き残っていたな・・という感じのレベルというか、ひどさでしたね・・・
だけど、この「キュアプリンセス」なのですけど、
プリキュアの世界をわかっているこ人ならばすぐに分かったと思うでしょうけど
「ハートキャッチ」のキュアマリンに色々な意味で被りそうなキャラですね・・・
うざ可愛くて、お調子者で、調子に乗ると何をしでかすかよく分からないというのは
まさにマリンの後継者誕生という感じですね。

歴代の中で青系プリキュアというと、
前作「ドキドキ」のキュアダイヤモンドに象徴されるように、知的でもの静かで、賢く、
何も言わずにピンク系をサポートするという共通性があるのですが、
その青系の伝統特性を歴代プリキュアの中で唯一踏襲しなかったのは、
「マリン」だけ・・・
だけどそのマリンを受け継ぐうざ可愛い後輩が、ここに誕生した感じですね。

だけど「プリンセス」はマリンと違って明らかに弱いし、人見知り・・・
マリンは初変身時から比較的簡単に敵を撃破していましたし、対人関係もずーずーしさの固まりみたいな
感じもしましたけど、
その点がマリンと異なる点・・・
当初のへタレな感じをどうやってラブリーと一緒に克服していくかが
「ハピネスチャージ」の当面の課題という感じでしょうか・・・

プリンセスがプリキュアの仲間としてラブリーに目を付け、
声をかけようとして、
怖くなっておどおどしてしまう辺りは、
何か今風に表現すると
「ぼっちがリア充に声を掛ける」みたいな感じで、何かこの辺は興味深かったです。

予想外に第一話から「キュアフォーチュン」も登場していましたが、
この方は、ムーンライトとかソードみたいに
ツンツン紫系なのかな・・・??
だけど、同じプリキュア同士で、
フォーチュンがプリンセスに「あなたを絶対に許さない」と言ったのは
今後を占う意味でも一つのカギになりそうですね。
昔、この二人に何かあったのかな・・・
ま、恐らくプリンセスが何かヘマしたのでしょうけど・・・

さてさて、こんな感じに「ハピネスチャージ」も始まってしまいました・・・
この一年間、色々な意味で楽しめそうですね。
ホント、まだまだ「プリキュア」からは卒業できそうもないです・・・(笑)
まずは、ラブリーとプリンセスがとうやって二人の結束を固め、ハニーとフォーチュンを含めて
いかに4人としてのチームの結成を図れるかが
序盤の見所という感じですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

キュアラブリー可愛いですよね!
自分も大好きですw

EDのダンスですが、あれは感動的ですね。
ダンスの合間に見せる細かな動作に、クリエイターの愛を感じますw
特に、プリンセスが見せる一瞬の笑顔とか、思わず胸キュンしてしまいそうでしたww

プリンセスも最高・・・??

gaeanさん

「ハピネスチャージ」が開始される前は、ラブリーの可愛さにばかり気持ちがいっていましたが、
プリンセスも中々ですね。
ホント、あの娘は「ハートキャッチ」のつぼみとえりかの短所をそれぞれ引き継いだ面が多々あり、
そこが魅力なんでしょうけど、
同時に「今後の成長」を楽しめるという意味でも
今後期待大のプリキュアですね。
ツンデレ傾向がありそうな「フォーチュン」も楽しみですけど・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1023-3255af4e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |