FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の日曜日、仕事から戻って何気なくテレビを付けたら
Eテレでチャイコフスキーの交響曲第5番が流れていました。
チャイコの5番というと、吹奏楽ではほとんど演奏される事もないのですけど、
確か全国大会では、1975年の秋田南高校と1977年の阪急百貨店が演奏した事もありました。
余談ですけど、77年のBJの講評で
「今回の阪急の演奏の不調は、阪急ブレーブスが日本シリーズに進み、その応援等で多忙を極め
思うように練習が出来なかったことが原因である」と
当事者でもない人が勝手に主観で決めつけていたのも何か面白かったです・・・

秋田南高校は、1974年に全国に初出場を果たし、その年は「シェエラザード」の第二楽章を
そして翌年はチャイコの5番終楽章を自由曲に選びますが、
印象としては、74年も75年も可もなく不可もない感じ・・・
75年のチャイコの方は、
原曲の打楽器はティンパニーだけなのに、秋田南のアレンジは、
グロッケン・シンバル・大太鼓を加え、
大団円のテーマの再現部分では何とそこに小太鼓のロールまで繰り出し、
何か珍妙なアレンジとなっております。
だけど、75年の演奏は、大変な「躍動感・生命感・生きる喜び」に溢れた演奏となっていて、
アレンジの是非は別として結構自分なんかは好きな演奏です。
だけど、この演奏「秋田南・レジェンダリー」にも収録されていないから
今となっては「幻の演奏」になっているのですけどね・・・

秋田南は、全国大会に出場を果たす前も東北大会にて
ショスタコの5番の第一楽章とかチャイコの荘厳序曲「1812年」を演奏していますが、
この音源はさすがに私も聴いたことはないので、
何か興味はありますね・・・


〇秋田南

 B/交響曲より第四楽章(矢代秋雄)

 現在の吹奏楽コンクールでも根強い人気を誇る矢代秋雄の交響曲を全国で初演したのは
 実はこの年の秋田南なのです。
 ちなみに中学生による全国初演は、81年の田柄中です。
 1979年の演奏実況音源はレコードでしたけど、1981年まではレコードの裏面ジャケットに
 演奏チームの当事者の感想・コメントが記載されていました。
 この年の秋田南のコメントには、ある意味恐ろしい事が書かれています。
 「今年の自由曲(矢代作品)は、昨年の自由曲(三善晃の管弦楽のための協奏曲)に比べて
 技術的に楽なものがあり、当初はすんなりとまとまると思っていたが・・・」というようなことが
 書かれています。
 うわっ、これって凄い・・・
 矢代秋雄の交響曲何て、不協和音・難解なメロディー・変拍子が炸裂する大変な難曲なのに
 この当時の秋田南は、この程度の曲は「楽」と言える大変な技術力があったのでしようね。
 うーーん、さすがという感じですね。
 もっとも1976年~77年は、ペトルーシュカ・春の祭典を自由曲に選んでいますけどね・・・
 この年の演奏は、課題曲も自由曲も非常に正統派・クラシカルな響きという印象が強いです。
 課題曲/プレリュードも
 市立川口が、「動」のダイナミックスを重視し、花輪が「静と動の対比」の面白さを演出したのに対し
 秋田南の課題曲Bは、終始「静」の世界を演出し、
 大変な内面的緊張感を聴く者に伝えていたと思います。
 ビンと張りつめる大変な好演・・・
 自由曲も、後の仁賀保とか習志野みたいな、前半のホルンの雄叫びを過剰に響かせるような
 過剰な演出もありませんし、どちらかというと「控えめ」な印象です。
 矢代秋雄の交響曲の原曲を全楽章聴いた人なら誰でもわかるのですが、この交響曲は
 実は循環主題を用い、第一楽章のテーマを第三・第四楽章でも再現し、
 特に第四楽章ラストのコラールでも再現されています。
 秋田南の演奏は、この「循環主題」を大変適切に表現していたと思いますし、
 作曲者の意図を大変うまく吹奏楽の響きでも伝えていたと思います。
 
 音色がやや暗めのせいか、全体的に地味に聴こえるのですけど、
 王道的なクラシカルな演奏ですし、
 吹奏楽の領域を超えた大変素晴らしい演奏だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1021-5e60de40
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |