FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1979年頃の当時の世の中の雰囲気ってどんな感じだったのだろう・・・
少なくとも高度成長期はとうの昔に終わり、
第一次・第二次オイルショックの頃だから、それほど「未来はバラ色!」みたいな意識では
なかったと思いますけど、
現在と比べると、それほど殺伐としていないというか、どこか「ゆとりと落ち着き」がまだ保たれている
のどかな雰囲気はあったようにも感じます。

ま、当時は宮城県北部の田舎に住んでいたせいもありますけどね・・・

当時は、携帯やパソコンも勿論存在していませんし、家庭用ゲーム機もそれ程普及していませんでしたし、
部活が終わって、時間がある時は
缶けりとか野球とか鬼ごっこみたいなものを
何か普通に外で遊んでいたような記憶がありますしね。
当時は、家ではどうやって過ごしていたのだろう・・・
この頃は、まだそんなに読書なんか好きではなかったし、
勉強だって決して好きではなかったし、
音楽もプリキュアも何も知らない頃でしたしね・・・

ただ思う事は、
例えば、
ボクシングの具志堅の世界タイトル戦が今晩あるとか
(現在の具志堅さんはただのアホタレントですけど、当時は強い印象しかありませんでしたけどね・・)
王貞治の800号ホームランまであと一本とか
「刑事コロンボ」が放映されるとか
「初代引田天功の大脱出番組」が今晩放映されるとか、
何かクラス全体とか、日本全体の雰囲気とか、その家の全員の共有事項とかでは、
そうしたテレビ番組という一つのイベントをそのカテゴリの中の人達全員で共有し楽しむという
雰囲気もまだ残されていたような感じもします。

それが平成以降は、完全に「個」の時代になってしまいましたし、
ましてやパソコンや携帯の普及以降は、
その共同体全員で何かを共有し楽しむという雰囲気はめっきりと
減っていったようにも感じられます。


〇弘前南

 A/小組曲(ドビュッシー)

 私、仙台育ちなのですけど、生まれは実は青森なのです。
 だから、弘前南とか湊中とか青森山田などの青森県の学校が全国大会に出てくると何か
 嬉しくもなったりもします。
 弘前南高校は、ある意味「伝説の学校」でありまして、
 このチームは、現時点では全国大会の出場は計5回、そしてすべてが金賞、そして特別演奏の栄誉という
 素晴らしい実績がありますが、これ以降は一度も全国にも出ていませんし、
 東北大会も1983年以降は一度だけかな・・・
 とにかく5回以上の出場で「全国での金賞率100%」の学校は、恐らくここのチームだけでしょう・・・

 この学校の特筆すべき点は、
 5年間の出場の中で、途中で指揮者が交代している点だと思います。
 こうしたスクールバンドは一般的にカリスマ的な指揮者の先生が異動し、別の先生が赴任してくると
 大抵前年までの実績が維持できなくなる傾向にあるのですが、
 このチームは、斎藤久子先生から斎藤聖一先生に途中でバトンタッチしても
 この素晴らしい成績を維持した事は大変な事だと思いますし、さすがだと思います。
 久子先生時代は、どちらかというと、「初々しさ・気持ちをストレートにぶつけてくる・新鮮さ」が
 一つの特徴で、はつらつとした気持ちの良い演奏を聴かせてくれていました。
 初出場時の「エル・サロン・メヒコ」もかなり荒っぽいのだけど、
 とにかく「素人の先生と指揮者がいかにも一生懸命頑張って手作りの音楽を披露します」みたいな
 楽しさが伝わる演奏で、私も大好きです。
 聖一先生以降は、更に進化し、
 内面的感情とか音楽の内面性を更に追求し、それを上品にまとめあげたという点が特徴だと
 思います。
 特に81年の「イタリアの印象」のおおらかさとゆったりとした抒情性は絶品です。
 
 私、1981年の東北大会で、この年の弘前南を聴いたのですけど、
 他の学校が現代音楽をバリバリに過激に聴かせる傾向が強い中、このチームが、そうしたチームとは
 明らかに一線を画し、ゆったりとした音楽を表情たっぷりに演奏していたのが
 非常に強い印象となって残っています。

 1979年の演奏は、斎藤久子先生最後の指揮の演奏となりましたが、
 課題曲のはつらつとした気持ち、自由曲の上品さ、その対比が素晴らしかったし
 小組曲のフルートソロが抜群に美しかったですね。
 木管セクションの透明感も金管の抑制とかコントロールも申し分なかったと思います。

 だけど面白い事に、
 後日のBJの講評では、
 辛口で有名な上野晃氏は、
 「音色のバランス・コントロールまで手が回らず、指揮者の不相応な高望みが招いた破綻と
 酷評をしていますが、
 吉田友紀氏の評は「原曲の雰囲気を壊さず素晴らしい演奏」と高い評価を受けています。
 やはり人によって感じ方は違いますし、
 コンクールの審査員の評価が絶対的なものではない事の象徴かもしれませんよね・・・

 古い話ですが、1976年に天理高校が全国で銅賞を受賞した際、
 辻井市太郎氏なんかは、支部大会の講評では絶賛していたのに、全国の講評では
 ケチョンケチョンに酷評していましたからね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1015-6dba6d5a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |