FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この年の高校の部の出場チームは22団体・・・
現在と比較すると随分少ないような感じもします。
この年の翌年から、高校の部は3団体出場枠を増やし25チームとなります。
1979年までは、北陸代表は1枠しかないから、
毎年毎年、富山商業と高岡商業は、その代表1枠を巡って壮烈な練習をしていたのでしょうね・・・
中国と九州もこの年までは代表枠は2つだから、大変だったでしょうね。
特に中国ブロックは、
この年初出場の就実、基町・川本・出雲の4チームで2枠を巡って凌ぎを削ってきたのだから
大変だったでしょうね。
確か1983年から、関東に1枠、四国に1枠増やしたと思いますけど、
支部大会での全国大会への出場をかけての激戦は、
どこの支部でも熾烈だから、指導者の先生方は、ホント大変ですよね。

〇下関西

 B/フィンガルの洞窟

 まさかの初出場だったと思います・・・
 当人達もびっくりしていたかも・・・
 この年の中国大会は、常連の基町・出雲・川本をおさえて、就実とこのチームが全国初出場を
 果たし、就実は初出場ながら素晴らしい演奏を披露してくれましたが、
 下関西は・・・・
 うーーーん、残念な演奏でしたね・・・
 やはり初出場の緊張と午前中の演奏で、中々気持ちが一つにまとまりきらなかったのかも
 しれませんよね。
 印象としては、やはり初出場の函館北と全く同じ感じ・・・
 何か焦点のぼやけた演奏で終わってしまいました・・・
 ま、もっとも自由曲のこうした古典曲を吹奏楽にアレンジする事の限界を露呈する結果に
 なったような気もします。
 (だけど、1982年の観音寺第一は、やはりメンデルスゾーンの「フィンガルの洞窟」を
  実に見事に演奏していましたけどね・・・)


〇高岡商業

 B/コラールとアレルヤ

 このチームの演奏は、最近「コラールとアレルヤ」という記事で散々書きましたので
 ここでは省略したいと思います。
 一つ補足をすると、この年のこのチームの良かった点の一つとして、
 ティンパニーの打点がしっかりと決まっていて、
 「コラールとアレルヤ」のティンパニーの盛り上げ方とかラストの激しいロールなんかも
 見事に鳴っていたと思います。
 少し音が硬い感じがしたのも、印象としてはプラスに働いたようにも思えます。
 課題曲の「プレリュード」のティンパニーの長いソロも、しっかりと打点が定まり
 芯から響いたようにも感じました。
 課題曲B/プレリュードの冒頭の長いティンパニーソロは、確かマレット・撥を使用せず
 手で叩く奏法を指定されていたと思いますが、
 この時代のティンパニーは、ペダルティンパニーも相当普及していましたが、
 一部の学校では昔ながらの手締め式を使用しているチームもありました。
 秋田南もその一つですが、やはり手締め式のティンパニーだと、「音が緩む」傾向にあり、
 秋田南なんかは名演を聴かせてくれただけに、その点は惜しまれました。
 高岡商業は、ペダル式でしたし、奏者の打点が決まっているせいか、その点も申し分ない感じ
 でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1012-b6c36619
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |