FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日、クラシック音楽の指揮者の巨匠というか大御所のアバドが亡くなったという報道が
ありましたけど、氏のご冥福を心より申し上げます。
アバドというと、大変な大物指揮者というイメージが現在ではありますが、
若い頃は、プロコフィエフのスキタイ組曲「アラとロリー」みたいな過激な作品の録音もされていましたし、
プロコフィエフの交響曲第三番というある意味問題作を
いち早くレコード化し、世界に発信もしてくれていたのですね。

プロコフィエフの交響曲というと、どうしても5番とか1番「古典」が圧倒的に有名ですし
演奏頻度も多いと思います。
だけどプロコの場合、1番と5番とそれ以外の交響曲には
相当の「壁」があると思います。
要は、1番と5番以外は、認知度も演奏頻度も極端に低いし理解もされていないという事です。

ま、確かに
2番は不協和音と強奏ばかりが錯綜するかなりの問題作だし、
4番は改訂版も原典版も、何がいいたいのかさっぱり分からないし、
6番は、あの輝かしい5番の次の交響曲とは思えないほど、訳の分からん謎めいた感じの
曲です。
6番は、確かに祖国は第二次世界大戦で勝利したけど、痛みも多かった。失ったものも多かった・・
勝ったけど、誰の心にも癒すことが出来ない傷を負った・・・
そんなイメージのような曲だとも感じます。
陰気でよく分からない第一楽章から、
突然場違いみたいなどんちゃん騒ぎを引き起こす第三楽章「フィナーレ」は一体何を言いたかったの
でしょうか・・・
7番は、亡くなる寸前の、懐古趣味みたいな音楽ですね・・・

そんな中、3番は少し意味合いが違うのかなとも思います。

この3番は、アバドとかシャイーとかが若い頃から何度か録音していますし、
実際に演奏会で演奏していますしね。
1970年代あたりから、「実は隠れた名曲かも・・・」という評価はあったのかも
しれません。
自分自身も一度だけ、この3番は生の演奏会で聴く稀有な体験が出来ました。
2000年のサントリーホールでのデュトワ指揮のN響定期でしたけど、
生で聴いてみて、
「やはりこの曲はすごい・・・」と感じたものでした。

この交響曲第3番は、元々純粋に最初から交響曲として意図された訳ではありません。
まだプロコが亡命時代に
歌劇「炎の天使」というオカルトみたいな宗教裁判みたいな歌劇を作ったものの
中々演奏される目途が立たない・・・
それだったら、この歌劇を題材に何か曲を作ろうと思い立ったのが
実はこの交響曲第3番だったのです。
歌劇とかバレエから組曲を編成することはよくありますけど、
交響曲と言うと中々珍しいパターンですよね。
もっともプロコフィエフは、バレエ音楽「道楽息子」という作品をベースに
交響曲第4番を作っていますので、
この方は自作の流用という事に関しては、全く無頓着だったのかもしれませんよね。

交響曲第3番は、元ネタがオカルト歌劇というせいもあり、
かなり劇的要素が強いというか、悪趣味と言うか、音が鋭いというか、
怪奇的というのか、音楽的緊張感が高すぎるというのか、
とにかく気楽に聞けるタイプの曲ではありません。
第一楽章冒頭の凄まじい金管の不協和音からして凄いと思いますし、この楽章全体が実に
おどろおどろしいものか濃厚です。
だけどよーく聴いてみると、
何となく広いロシアの国土みたいにおおらかでスケール豊かな部分もあり、
ロシアの風土と怪奇現象が奇妙にミックスされたようにも私には感じられます。
第二楽章は一転して静かなゆったりとした楽章
第三楽章は、弦楽器の細かい動きが何とも不気味です・・・
第四楽章は、チャイム・ドラの響きが印象的ですけど、やはり悪趣味的要素が目立ちます。

全体的に怪奇さと焦燥感みたいな人間の何か追い詰められたような感情が
うまくブレンドしたような印象があります。
決して気楽には聴けるタイプの音楽ではありませんし、
通俗的な名曲ではありませんので、
聴く際は、何か「覚悟」が必要なのかもしれません。
だけど一度はまると中々面白い曲です。

私がなんでこんなマイナーシンフォニーを知ったかと言うと、
1981年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会にて
秋田県花輪高校の自由曲が
プロコの三番第一楽章だったからです。
勿論花輪の演奏も大変迫力があり、劇的要素十分の演奏だったのですけど
やはりその内容にひかれましたね。
その後上京して、シャイー指揮の演奏を聴いて二度驚きました・・・
だって花輪の演奏は、第一楽章となつていましたが、
実際はうまく編曲されていて、第一楽章をベースにラストは第四楽章をうまく構成させるという
感じという事が分かったからです。
実際の第一楽章は、花輪のように劇的に閉じられるのではなくて
静かに回想するように終わるのですけどね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1006-0de2e46c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |