FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1979年の課題曲は全部で5曲ありました。
だけど全国大会・支部大会もそうなのですけど、県大会あたりでも
圧倒的人気はAの「フェリスタス」でしたよね。
この課題曲、今聴いても格好いいし、素晴らしい曲ですよね。
アルトサックスのソロがホント、惚れ惚れするくらい気持ち良く鳴るし、
トランペットセクションも実に気持ちよく爽快に鳴る曲でしたね。
終わり方が、ストラヴィンスキーのバレエ組曲「火の鳥」の終曲とよく似ているなーんていう話も
今となっては懐かしいですよね。
かつて自分の母校が創部25周年だったかな、メモリアル記念演奏会を開催した時、
1曲目が、なぜかこの「フェリスタス」でした。
その位、当時のプレイヤーにも思い入れがある曲だったのかもしれません。

実力があるチームは課題曲B/プレリュードで勝負するチームが多かったような気もします。
この年、マーチが2つも登場しましたけど、
残念ながらこの年の二つのマーチの課題曲は全然人気が無く、
高校の部で、Eの「朝をたたえて」を選んだチームはゼロ、
Dの「青春は限りなく」は福岡工大付属の一団体のみでした・・・
この課題曲E/朝をたたえては、何か個人的に思い入れがある曲です。
というのも、当時の中学は、毎朝月曜日に全体朝礼を校庭で開催するのですが、
吹奏楽部は、校歌斉唱の伴奏とか入退場のマーチ演奏を行い、
それを指揮するのは、顧問の教師ではなくて生徒でした。
(顧問の教師は、自分のクラスの服装髪形チェック等でそんなヒマはなかったみたい・・)
毎年三年生が交互に指揮を担当し、
自分なんかもよく指揮をしていましたけど、
一番最初に指揮した曲がこの「朝をたたえて」でした。
単純な二拍子の曲でしたから、指揮そのものは楽でしたけど、
70人近くのメンバーの視線を一人で受ける重圧も味わった瞬間でした・・・


〇函館北

 C/交響曲より第一楽章(フォーシェ)

 この年、北海道代表の2チームは、二つとも出演順5番以内の順番なので何か少し気の毒な感じも
 します。ましてやこのチーム、全国初出場ですしね・・・
 演奏は一言で言うと課題曲も自由曲も何か萎縮して、普段の実力を半分も出せないで終わってしまったと
 いう感じですね・・・
 サウンドがなぜか全体的に「くすんだ」印象を受けます。
 霧がかかったような雰囲気の演奏ですね。
 別にサウンドが濁っているとかそういう訳ではないのですけど、森を散策中に
 霧で道を見失って迷子になってしまったみたいな感じの演奏でした。
 だけど自由曲の選曲は中々渋くていいですね。
 このフォーシェの交響曲、私大好きなのですよ。
 むかーし、1977年に関西学院大学がこの曲の第一楽章を取り上げ、大人の演奏をしてくれましたけど、
 このチームも目指す方向性は良かったと思います。
 このフォーシェの交響曲は、後日、木村吉宏指揮・大阪市音楽団で全曲CD化されましたけど
 あの時は嬉しかったですね。
 それ以前の音源は、第一楽章の関西学院大学とこの函館北しか音源が
 ありませんでしたからね・・・


〇天理

 B/ハムレットへの音楽

 この年から前任の谷口先生から新子先生へ指揮者が変わりましたが、それを全く感じさせない
 素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
 課題曲は、うーーん、正直感性度・インパクトの度合・サウンドの明暗の対比は
 市立川口には及ばないと思いますが、
 このチームはどんな課題曲を演奏しても、それが74年のポップス調であろうが、
 この年の無調的色彩だろうが、
 「正統派」に聴こえる所が実にすごい・・・
 音楽に対して正々堂々と正面から切り込んでいる姿勢はさすがだと思います。
 自由曲はまさに圧巻の一言ですね。
 1974年に五年連続金賞のかかった年に、この「ハムレット」でまさかの銀賞・・・
 当時と指揮者は違いますが、
 「雪辱」という意味もあったと思います。
 この年の天理は、少し音が硬い傾向にあるのですが、それがいかにもクラシカルな響きにも
 聴こえてしまうのです。
 第三曲の「役者たちの入場」の木管の細かい動きは、目をつぶって聴いているとオケの響きにも
 聴こえてしまうから、「すごい」と思います。
 前半のアダージョ、役者たちの入場から後半にかけてのアレグロ的展開の対比が実に鮮やか!!!
ラストの金管セクションの鳴りも実に美しく逞しく響き渡り、
 実に耳に心地よいのが極めて印象的でした。
 グランプリクラスの金賞だったと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは

ぬくぬく先生こんばんは。
初コメントさせていただきます。
函館北のサウンドについては、北海道内でも同様の声を聴いたことがあります。ご見解なるほどです!!

函館北・・・

昔ですが、函館中部高校吹奏楽部も、1970年代中盤に確か二回程全国大会に出場していた
時代もありましたね。
確か「メキシコの祭り」だったかな・・・?
函館北の指揮者の宍戸先生は、現在は分かりませんが、確か2007年頃までは
函館北の吹奏楽部をずっと指導されていたような気がします・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/1004-e69fc0ba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |