fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2022/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

検索フォーム


お大事に・・



odai_convert_20220217214221.jpg

新型コロナのオミクロン株は2月第一週のピーク時に比べると大分落ち着いてきたような印象もありますし、第一週辺りが
感染拡大ピークだったのかもしれないです。
それでも新規感染者数は依然として高止まりという印象ですし、当初は「オミクロン株はそれほど重症化しない」とも
言われていたのですけど、やはり感染者が激増しワクチン接種2回を済ませている感染した高齢者の数もそれに比例して
増えてくると、やはり必然的に重症者数や死者数も増えてきますので、
まだまだ昨年10~12月の頃のような沈静化やましてや収束なんてほど遠い状態と言えそうです。

首都圏の新規感染者数の増加は一時期とてつもないものがありましたし、やはりここまで感染者が増えてくると
身近に感染者が出ても不思議でもなんでもないという印象があります。
実際に、私自身の職場においてもコロナに感染し自宅療養を余儀なくされている方も現在もいたりもしますし、
下請けの職人さんたちの中にも感染された方も出てきていますし、うちの近所においても何人か現在も自宅療養中の方も
いるようですし、身内にも既に何人か感染し、現在進行形で自宅療養中という者もいたりもします。
正直・・、2020年の頃はあれだけ日本中で大騒ぎし、やれ自粛だ、やれ自宅でホームステイだ・・と言っていた割には
あの頃はまだどことなく他人事・・みたいな印象も無くは無かったのは、感染した人の絶対数が少なかった事と
自分の身の回りで発症した人がほとんどいなかったからという事ともいえそうですけど、
現時点において日本のコロナ感染者は2020年以降既に累計で400万人を軽く突破していますし、日本人の4%以上は
既に感染経験者と言えますし、都内においても一時期80人に一人近くが自宅感染者とも言われていた事からも
新型コロナウイルスは身近に所に潜んでいるともいえますし、このような状況下では誰しもが例えワクチン接種を2回
済ませていたとしても発症するリスクは高いとも言えますし、
いつ何時誰が発症しても全然不思議でもなんでもないようにも感じられます。

だからこそもしも身近な所で誰か知っている人が万一新型コロナに感染したとしても、「なんでこんな時に発症するのっ!?」
とか「こんな人手不足の時に~」とか「こっちにうつさないでね・・」などと思わずに
コロナは誰もが感染するリスクは高いという事を改めて認識された上で、慈愛を込めて
「お大事に・・」とやさしい気持ちで言って貰いたいなぁ・・としみじみと感じたりもします。
そして「お大事に・・」と相手へのいたわりの気持ちを忘れずに、コロナが陰性となり待機期間を経過して無事に
それぞれの職場・家庭などに戻ってきたら「また一緒に頑張りましょう・・!」とやさしく声をかけてあげたいものです。

ヒーリングッとプリキュアの放映が開始された2020年2月は既に新型コロナウイルスの感染リスクが高まりを見せ、
商業活動に規制が掛けられ始めた時期とも重なりますし、ヒーリングッとプリキュアは一年間を通して
イオンやイトーヨーカドーやオートレース場等における大型商業施設内での戦闘を伴うようなプリキュアショーの開催は
全くできなかったのは残念以外の何者でもないと改めて感じたりもします。
ヒーリングッとプリキュアは2020年4~6月において二か月近い放映延期や放映回数も計45話と例年シリーズよりも短く
なんだか不遇のシリーズと感じたりもします。
(ララちゃんやユニたち「スター☆トゥインクルプリキュア」はコロナにほとんど影響されなかったの言うのはラッキーだったと
思いますし、そのラッキーさにララちゃんだったらオヨ~!とか言うのかもしれないですルン・・)
それとなによりもヒーリングっとプリキュアの敵は「ビョーゲンズ」というのもなんだか偶然とはいえシャレにならなかったも
しれないです。

だけどそうはいってもヒーリングっとプリキュアののどか・ちゆ・ひなたたちは一年間を通して地球のおてあてをずっと
頑張っていましたし、地球と私たちの心を一年間を通してずっと癒しを与えてくれていたことには今更ながらに
感謝の気持ちでいっぱいです。
ヒーリングっとプリキュアは前作のスタプリが宇宙人2名が登場していたり、次作のトロプリが全員ぶっとんだメンバーたちの
中に人魚をモチーフにしたプリキュアが登場したりと歴代プリキュアの中でもかなり異色の変化球シリーズともいえた中で、
正攻法の正統派プリキュアみたいな印象もあり、全体としては地味だったのかもしれないですけど、
一年間を通してやさしさとやすらぎと癒しを感じさせるすてきなシリーズだったと思います。

そしてフォンテーヌ・グレース・スパークル、そして追加キュアのアースは、メガビョーゲン浄化後は「お大事に・・」の
セリフを決めていたのはとても印象的でしたし、
放映当時は同時にコロナに感染された人たちに対しても「お大事に・・」とメッセージをなげかけているようにも
感じたものでした。
ちなみにですけど、ヒーリングっとプリキュアはダルイゼン・シンドイーネ・グアイワルなどの敵幹部がプリキュアたちに
倒された際には、フレッシュ以降のプリキュア作品としては珍しく救済とか復活ということもなく
肉体をキングビョーゲンに吸収されていたのは意外な感じでもありました。
私自身はシンドイーネの赤錆色のロングコートに紫色のボディコンを着用し、黒色のミニスカートにロングブーツといった
妖艶なお姉さんキャラは結構お気に入りでもありました。

スイート

スイート2

ヒーリングっとプリキュアの敵の怪物の浄化の際の決め台詞は「お大事に・・」でしたけど、
スイートプリキュアの浄化後の決めセリフは「フィナーレ!」でした~♪

スイートプリキュアのメロディの「フィナーレ!」は本当に本当に可愛いし、キュートで素敵でした~♪
勿論、リズムの俗にいう「スタスタフィナーレ」も実にコミカルで楽しいのですけど、メロディのあの笑顔は本当にたまらないです!
ちなみに゜キュアメロディーのあのかわいいフィナーレの時、爆発が起きる瞬間に、実はメロディは瞬間的に耳を塞いでいます。

この仕草がまた実に可愛いものがありました~♪
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |