FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


ここ1~2年ほどの当ブログのプリキュアカテゴリの記事はなんだかスター☆トゥインクルのララちゃんはとってもかわいいルン!
みたいな事しか書いていないような気もするのですけど、
これまで何度も語っている通り、当ブログの管理人が歴代プリキュアで最も共感を感じ愛してやまないプリキュアは
2014年放映の「ハピネスチャージプリキュア」の愛乃めぐみ=キュアラブリーです。

めぐみは歴代でも群を抜いて優しく慈愛に溢れ、他人の不幸や困っている事を見て見ぬ振りする事は出来ないタイプですし、
これは本当にめぐみの美点ですし、
「絶えず何かを精一杯表現しよう」と前向きに頑張り続ける女の子なのだと思います。

「他人へのおせっかい」とか「他人の困りごとに見て見ぬ振りが出来ない」というと、ドキドキの相田マナという事例もいます。
同じ「他人へのおせっかい」でもマナとめぐみの間には、少し大きな「違い」があるようにも感じられます。
マナの場合、
めぐみのように「困っている事はぜーんぶ私にお任せ!」という手助けではなくて
自分に出来る事しかお手伝いはしなかったという感じがします。
困り事の相手が本当に望んでいるのは何なのか、
その困り事の根本的原因はどこにあるのか、その原因を除去するにはどうすれば良いのか、
そして自分達に何が出来るのかという事をわきまえていたという感じがします。
そのあたりがマナとめぐみの違いだったのかもしれないです。

よく登山家が「どうして山に登るかと言うと、そこに山があるからだ」という話は聞いたことがありますけど、
(「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さんの場合は、どうして山に登るのかと言うと山頂においしいラーメンがあるからというのが
その答えであるのは言うまでも無い事です)
めぐみの場合、「なぜ私が人助けをするかというと、そこに困っている人がいるからだ・・・」みたいな
おせっかいの全方位展開なのだと思います。
要は、「その困っている人はどういう事を望んでいるのか」を察知して手助けするのではなくて
愛乃めぐみという他人のお手伝いをしたくてくたくてうずうずしている人間がいて、
たまたま困っている人がいるから手伝うという感じも決してなくは無いのだと思います。
換言すると「私は手伝いたい!!」という自分の気持ちの方が優先されてしまっているという事になるのかもしれないです。
そうした事がハピネス初期~中盤までの「めぐみは実は幸福への共感度が低い」という事の一因にもなっていたような
気がします。

マナの場合もめぐみの場合も根底にあるのは「人のために何かをしたい!!」という気持ちです。
その気持ちこそが尊いのではないかと思うのです。
めぐみの場合、そうした気持ちは充分持っているのだけど、マナのような「自分に何が出来るのか」という気持ちが
少し欠けていたのだと思います。
登山で言うと、マナもめぐみも同じ頂上を目指しているのだけど
マナの場合、近道ルートでスイスイ登れるのに対してめぐみの場合、寄り道コースで多少時間が掛かっている・・・
そんな違いだったのかもしれないです。

結果論になりますけど序盤のめぐみに足りないものは何だったのかな・・?

それは「分をわきまえる」というのか「自分一人で出来る事は限られるし、自分と言う存在に果たして何が出来るのか」という事に
気が付く事なのだと思います。

「自分に何が出来るのか」
     ↓
「自分の長所はなんだろう、そして短所は・・??」
     ↓
「自分って一体何者なんだろう・・」
     ↓
「自分がやりたい事は何なのだろう・・・」

めぐみに限らず歴代のプリキュアたちはそうした道を辿ってきていたと思うのですけど、めぐみの場合はその道に
気が付くのが少しばかり遅くなった「遅れてやってきたピンク系プリキュア」といえそうです。

もっともめぐみの場合、歴代プリキュアと大きく異なる点は、誠司という異性の最大の理解者を既に存在しているという事
ですので、めぐみ自身、万一「自分に出来る事ってなんなのだろう」みたいな事に気が付かなくても
誠司の生涯のパートナーとして生きるという道もありますし、それはそれで立派な選択肢なのだと思いますし、
誠司からの貴重なアドバイスによってさすがに鈍感なめぐみも徐々に気がっていくのかもしれないです。

めぐみの場合、プリキュアに変身する事や学校から逃げ出したひめに対する説得や
初期の頃の卓真隊長とかまおちゃんへの対応のように、元々他人とのコミュニケーション能力は抜群のものを有していますし、
将来は、保母さんとか幼稚園の先生とかナースとかそうした職業がめぐみの「お手伝い大好きキャラ」に適しているようにも
感じたりもしますルン!




「物語シリーズ」の「偽物語」の中でこれに近いような話があり興味深い要素が多々あります。

余談ですけど、物語シリーズの阿良々木 火憐(あららぎ かれん)の声優さんとフレッシュプリキュアの美希の声優さんは
同じですので火憐の声を聞くたびに
「なんでベリーがここにいるの~!?」みたいな感覚を感じたりもします・・・・

阿良々木 火憐と阿良々木 月火(あららぎ つきひ)の「火」に関係した名前のファイヤーシスターズは、
俗にいう「おせっかい世話焼き隊」で他人の困りごとに首を突っ込みおせっかいをしまくっている姉妹です。
この二人について兄でもある暦は、「お前たちのしている事は、正義、正しい事は間違いないのだが、
決して圧倒的な強さがある訳ではない。
正義とはある意味強さを伴うもの。
強さを伴わない正義とは、所詮は正義の味方ごっこで、それは偽物の正義だ。
お前たちは結局は、正義の為に何かをしているのではなくて、初戦は暴れたいだけなのだ・・・」
といった結構痛くてキツイセリフを吐いています。
それに対する火憐の反応は、
「それは間違いない。だけど、強くなるのを待っているうちに、どんどんと悪がのさばっていき、
それによって困っている人が大勢いるのにそれを黙って見過ごせというのか」と反論をしています。

「物語シリーズ」の中の「傷物語」は比較的エピソード部分とギャグが多く、
全体の話の中では、それ程重要な要素を占めていないのもしれない中で、そうしたおせっかい焼に対する
兄妹たちの見解の相違は印象に残るというか少しシリアスな場面でもありました。
この「傷物語」では、貝木という重要人物が初めて登場し、過去における戦場ヶ原ひたぎとの確執が明らかになりますので、
布石効果としては十分なのもしれないです。


b3d4c53c_convert_20140902191934.jpg


改めてハピネスのめぐみの場合はどうなのでしょうか・・?

上記の物語シリーズにおけるの暦の「正義とは強さを伴うもの」の理屈で言うと、
めぐみ自身は、プリキュアという力を持っていますので、強さという事は完全にクリアしていると思います。
ここで強さとい言葉を「信念=心の芯の強さ」という言葉に置き換えてみてもいいと思います。
「正義とは、信念が伴うもの」と解釈してみると、幾分めぐみに少し足りないものが見えてくるようにも感じられます。

それを示唆していたのがやはりあの名作誉れ高い「アンラブリー」の回なのだと思います!

あの回にてアンラブリーはめぐみに対して

「本当にダメな子・・・・」
「本当は、めぐみは誰の役にも立っていない事を分かっている・・」
「めぐみは誰も救う事が出来ない」

という心理作戦をしていますが、アンラブリーをめぐみの「もう一つの心の叫び」とするならば、
これはもう一つのめぐみの本音なのかもしれません。
すなわち、めぐみ自身、心の深層で
「自分はもしもして誰の役にも立っていない、役立たずのプリキュアなのではないか・・・」という事を
自問自答している事なのかもしれません。

めぐみ自身も歴代プリキュアだって(相田マナという存在は別格にしても)完全無欠なプリキュアがいたとは思えません。

先ほどの「誰の役にも立っていない」を言い換えると「関わっている全部の人を救えている訳ではない」とも言えると思いますが、
ここで改めて考えてみると、別に関わっている全ての人を救う必要はないと思うのです。
相田マナにしても、全員を平等に救済・手助けしたのではなくて、
あくまで「それでは困っている人の困りごとの本質的原因はどこにあるのか、それを解決するには
ではどうすれば良いのか」という事の道筋を提示出来ていたのがマナだと思うのです。
めぐみだって、別に全員の人を救う必要が無い・・・・というか全員というのはさすがに一人では物理的に不可能ですし、
それではどうすれば良いのかというと、
「自分で出来る範囲の人助けをしましょう、そのために自分に何が出来るのかという事をきちんと自問自答しよく考えた上で、
今現在自分が出来る事をしましょう」という事なのだと思います。

確かに「人助け」は尊いし、その気持ちは大変美しい。

めぐみのその優しさ・慈愛は本当に素晴らしい・・・

初期の頃のめぐみが更にもう一歩ステップを図るとすると、
「自分に出来る事には限度がある」という事を自覚しなさい」という事になるのかもしれないです。

本来はその辺りは地球の神・ブルーがめぐみに諭す必要があったのかもしれないですけど、結果的にそれを怠った結果が
めぐみの終盤での悲恋→失恋に繋がった訳ですので、
改めてブルーと言う存在はめぐみにとっては(そして全世界にとっても)クズ神という評価になってしまったのは
ある意味妥当といえそうですね~
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |