FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索フォーム


以前に比べると最近は自転車を利用する機会は激増していると思います。

以前でしたら近くのスーパー等でも「車で行こう・・」という感じではありましたけど、何となくですけど
「普段仕事の際には車を使っているのだから私用の際には自転車を使ったほうがいいのかも」とか
「やっぱり事故はこわい」とか「普段の運動不足解消のためには自転車をこぐというのは実は手っ取り早い健康増進策」と
感じるようにもなり、少なくとも昨年よりは相当自転車は乗っていると思います。

私自身、中学~高校にかけてはかなりの距離を毎日毎日自転車通学していましたけど、例えば朝ですと
「やばい! 寝坊してしまった! 吹奏楽部の朝練習に遅刻する~」という感じで、信号無視とか一時停止無視とかかなり
無茶はしていたような記憶もあります。
そんなわけで以前でしたら「自転車でマナー無視の無茶な運転するのは若い人のほうが多いのかな・・?」と感じていましたけど、
自分自身が最近になって自転車に乗る機会が増えると感じたことは
「自転車は左側通行」とか「自転車は原則車道を通行する」とか「信号無視や一時停止無視をする」とか車道のど真ん中を
よたよたと走っているといったルール無視の無茶な運転するのか多いのは若い世代ではなくて圧倒的に
70代以降の高齢者が多いということでもありました!

高齢者の運転は自動車もそうですけど自転車の場合も「若いときはこんなにスイスイとかっ飛ばしていた」みたいな昔の感覚を
維持したまま体力と反射神経は大幅に低下しているはずなのに昔と同じように自転車に乗っている人がかなり多いから
それが結果的に車道のど真ん中をふらふらよたよたと通行しているとか、突然ハンドルを右に切るとか
突然停車するとかはたまた本来のルールは「自転車は左側の車道を通行する」はずなのに、堂々と右側の車道を
「邪魔だ、邪魔だ~!」と喚き散らしながら通行す高齢者はかなり多いようにも感じられます。
先日も比較的狭い車道を左側で自転車で通行していたら、目の前からかなりスピードを出している高齢者が右側車道を自転車で
突進していて、あやうく双方の正面衝突というやばい事態になりそうな場面もありましたけど、あの時は私自身が
ギリギリて右側通行している自転車の高齢者を回避することができて助かりましたけど、同時にこわさも感じたものでした。
あの時は「自転車は歩道を左側通行がルールでしょ!」と声を掛けたら
「そんなルール知らんから関係ない」と逆切れされてしまい、改めて「現在の日本社会においてはキレるのは若年層ではなくて
後期高齢者の世代である」ということを痛感させられたものでした・・・

ちなみに道路交通法上では自転車も立派な「車」(軽車両)です。

自転車の左側通行が道路交通法で徹底されたのは2013年12月からです。
それまでは、歩道がなく路側帯だけの道路については自転車は路側帯を走る限り右側通行もOKでした。
しかし改正以降は路側帯や歩道の有無に関係なく自転車は原則として左側通行することがルールと定められています。
そして左側通行をする自転車は歩道ではなく車道を走らなくてはいけません。
狭い歩道を自転車が走っている光景を見かけますがあれは実はルール違反なのです。

自転車が右側通行OKなケースは「自転車通行可」の標識がある歩道を走る場合と、
運転者が12歳以下または70歳以上で歩道を走る場合の二つに限られ、いずれも自転車が走る場合には車道寄りを走り、
歩行者に気を配りつつ徐行運転することが決められています。

とにかくいえることは自転車に乗る時も自動車を運転する際には、若い世代の皆様もミドル世代の皆様も高齢者の皆様も
ちゃんと基本的ルールは守りましょうという事といえそうですね。
先日体験したような自転車の正面衝突になりかけた事を回避するためにも
「自転車は歩道ではなくて車道を左側で通行しないとダメですよ~」という基本ルールはみんながきちんと認識しないと
いけないのだと思います。




376d0e7f_convert_20160829172259.jpg

bf309bbf_convert_20160829172354.jpg


歴代プリキュアにおいて、「自転車」が登場するシーンは意外と少なかったかもしれないです。

2代目の咲がよく家業のパン屋の配達でフラッピと一緒に坂道を気持ちよさそうに下って行ったのはとっても印象的でした!

その他にはスマイルのあかねちゃんの恋話の回だと思います。

あかねちゃんがブライアンを見送るために、空港まで駆けつける際、バスが渋滞して動かないため
一旦下車して自転車で空港まで向かおうとあかねちゃんがみゆきから借りた自転車を漕ぎまくっていたのは印象的でした!
結局、途中で転倒して、みゆきの自転車をあかねちゃんは壊してしまい、
あかねちゃんがダッシュで空港に向かい、あかねちゃんの髪がパラリ・・とほどけるシーンはとてもすてきなものがありました!

それにしてもみゆき達が住むあんな小さい街に「どうして国際空港があるのかな・・?」という疑問は見なかったことに
しておきましょう・・
だけどあのシーンの後、みゆきは「私の自転車~返して~」といったかどうかは定かではありませんけど、
多分みんなで手分けしてあかねちゃんが乗り捨てた自転車を特定して回収し、ちゃんと自転車を修理に出した・・と解釈するのが
正しいプリキュアファンといえそうなのルン!


dc7e9405_convert_20200505172542.jpg

6b5c1a9b_convert_20150902072356.jpg


自転車とプリキュアというとドキドキで六花がラケルと共に自転車デートを楽しむシーンはとてもさわやかですてきなものが
ありました~♪

それにしても海岸をラケルと一緒に歩く六花は本当にすごい可愛い美少女だと思いますルンッ~(^^♪

夏・海岸・麦わら帽子・自転車・セーラー服みたいな半袖の六花の私服・・・
どれも本当に「絵に描いたような美少女振り満開だと思います。
スター☆トゥインクルのララちゃんたちの水着回も素晴らしいですけど、
あの六花を見てしまうと、別に夏の海岸を清楚なセーラー服みたいなワンピースで歩いているだけで
全然OK!!とも感じてしまいそうです!

ちなみにこのシーンがあるのは「イラりつ回」とも言われる回でもあり、
「手傷を負っているとしても敵は敵・・悪は悪・・!!」 とイーラを一刀両断し、ガチでその場で粛清しそうな勢いの
キュアエースに対して、
「やめて!! でも、どんな人であってもケガをして苦しんでいるのなら私は助けてあげたい
でなきゃきっと後悔する。私は後悔したくない! 自分の思いを信じるわ!!」 と自分の思いを口走る六花の回でもあったのですけど、
キュアエースに対して一歩も引かない六花は本当に精神的に強かったと思います!!

同時に、本当はあんな事言いたくないのだけど、誰かが言わないとこの子達の「更なる成長は期待できない・・」とばかりに
心を鬼にして、きつーーい言葉を口にして、ある意味「汚れ役」を一心に受けるキュアエースも私は素晴らしいと思います。

「やっぱりママに憧れてただけだったのかな」
「思えばプリキュアになったのも、生徒会に入ったのもマナと一緒ならって思ったからだし」
「結局、私っていつも誰かに憧れているだけなのかも」
「それじゃ私自身の気持ちは一体どこにあるんだろう?」
「私はどうしたいのかな…」

あのシーンでもラケルの・・・ 「それを決められるのは六花自身しかいない」という言葉もとても素晴らしかったです!

ドキドキの場合、よく「マナりつ」の濃厚さ・百合っぷりが話題にはなりますけど、 マナと六花の場合においては、
単に六花がマナに対して過剰な憧れの感情を持ってしまい、
「マナ・・・私はどこまでもあなたについていきます!!」みたいな感じでは全く無くて、どちらかというと、
この二人は有能なビジネスパートナーという感じがありますし、
対等な立場でお互いをきちんと認め合う大変次元の高い関係にあるのは本当に素晴らしかったですね~♪
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |