FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


新型コロナウイルスの新規感染数や重症者数はなかなか劇的に減らないものですね・・

というか・・、相変わらず朝の通勤電車は混雑しまくりですし、ここにあるのは昨年の緊急時代宣言の時ほど各企業が
本気でテレワークを推奨していないことがあるのだと思いますし、
例えば大型商業施設のショッピングモールでは平日も休日もかなりの人手で賑わっていますし、最近驚いた事は
そのショッピングモール内のフードコーナー内は自由に飲食ができるということで「三密回避・・なにそれ・・??」みたいな感じで
かなり込み合っていますし各店舗の行列も特にお昼時は半端無いものがありますし、なによりもフードコート内では
たくさんのお客さん達がマスクを外した状態で飲食をし「黙食」どころか大勢でおしゃべりをしながらランチを楽しんでいる光景が
ごく普通にみられたことでもあります。

緊急事態宣言が二度目ということで私たち国民一人一人が緊急事態に慣れて妙に免疫ができてしまった事も大きいですし、
「新型コロナは確かに若い世代も高齢世代も関係なく発症するけど10~40代の若い世代は重症化する可能性も低いし、
ましてや死亡率も60代以降の高齢者世代に比べると全然低いから、高齢者世代だけが気を付ければそれでいいでしょ・・」
みたいなとんでもない誤解が大きく流布したことも大きいですし、なによりも
昨年の政府の夏以降に実施したGOTOキャンペーンのおかげで
「政府がああいうのだから別に県をまたいでの旅行や飲食も問題ないでしょ・・」みたいな誤った認識がすっかり刷り込まれて
しまったというのも大きかったですし、
そして年末辺りに発覚した政府高官たちの大人数での会食のニュースがばっと出てしまった事により
「なんだ・・政府のお偉いさんたちが我慢しないであんな大勢の会食をやっているのだから、下々の自分達が会食しても
何も問題ないじゃん・・」みたいな雰囲気ができてしまった事も相当大きいのかもしれないです。
ステイホームを推奨しその一方で「旅行にも飲食もしてください、そして経済を回してください」という
二兎を追った結果、やはり予想通り「二兎を追う者は一兎をも得ず」という格言通りになってしまった国の政策自体に
誤りはあったと思う一方、この一年間のコロナに付き合った結果として
「マスク着用・アルコール消毒・手洗い・外出や飲食は極力控える・飛沫を飛ばさないように注意し、相手からの飛沫も
うけないようにする」といった基本的な行動をある程度厳守していれば感染リスクはかなり低下する」という事は
きちんと学習したはずなのに、それでもフラフラ飲み歩いたり飲食時にマスクを外して大声で喋ったり笑ったりすれば
そけだけ感染リスクが高まるし、そうした行動が結果的に現在大変なご苦労をされている医療従事者の皆様の
過剰すぎる負担を更に大きくしてしまうという事をあまり理解していない人がかなり多かったということになるのだと
思いますし、「自分は大丈夫」という妙な過信があったのだと思います。

ここまで感染が寒さと乾燥が厳しい冬場ということもあり急拡大したなかにあっては、特に非常事態宣言発令の
対象の計11都府県に住んでいる私たちは、改めて上記の基本的な事を遵守する必要があるのだと思いますし、
そうした基本的な事を守ってさえいれば、そしてなによりも昨年4月の最初の緊急事態宣言発令時のあの緊張感の感覚を
思い出して行動すれば、国の愚策と対応の遅さをなんとかカバーできるようにも感じられますし、
ある程度感染者が少なくなったころに、GOTO再開や外国人の入国緩和という天下の愚策はしないで、
ある程度の鎖国状態を保ったうえでワクチン接種が行き渡ればなんとか年内には抑制が可能になるようにも感じられますし、
そのためにもなによりも今は全てが「我慢」という事なのだと思いますし、
感染が抑制されるまでは仕事以外は極力出歩かないで人との接触を減らすしかないのだと思います。
日本は島国というのはこういう時はむしろ大変なメリットだと思いますので、これだけ変異株の危険性が叫ばれている訳
ですので、とにかく問答無用で新規外国人の入国は条件なしで一律に停止すべきだと思いますし、海外から帰国した
日本人も3週間程度の隔離も必要と言えそうですけど、
それが実際に実施されたのは今年に入ってからというのはあまりにも対策としては後手後手なのだと感じます。
現在国会で感染急拡大ということで慌てて特措法の改定について国会で審議されていますけど、こういう事は昨年の最初の
緊急事態宣言が解除されてすぐに議論・改定すべきでしたけど、それを全くしないでここまで放置していたのも
国会を1/18まで開催しなかった政府の責任は大きいと感じますし、あの無為無策ぶりは後世の歴史家からは間違いなく
批判を受けるのかもしれないです。
(安倍総理時代のコロナは天災だったのかもしれないですけど、菅総理以降のコロナは「人災」といえそうです・・)

とにかくなんとか年内にはある程度の収束が見通せるようになってほしいですし、そのためにも確かに経済活動は
大切ですけど、経済活動を円滑に回すための前提条件としての感染抑制のほうに今は重点を置いてほしいものです。

現在何よりも求められているのは、会食中の飛沫感染を避ける事なのだと思います。

そしてこれも政府の発信力不足でもあるのですけど、2回目の緊急事態宣言発令時にやたらと
「午後20時以降の外出自粛と飲食店の閉店」ばかりが強調された結果、私達国民の間で
「ふーん、それならば午後20時までの外出はOKで自由なんだ」とか「それだったら朝や昼に飲食店で会食しても別に
問題ないんだ・・」という誤った認識が広まってしまい、それが緊急事態宣言が発令されても前回のようになかなか感染者・
重症者が減らない理由の一つにもなっているのかもしれないです。
問題は飲食店が悪いのではなくて、飲食店でバカ騒ぎしてマスクなしで会話し飛沫を飛ばし感染リスクを高めている事なの
思いますし、別にウイルスは20時以降から活動を活発化させる訳ではなくて、24時間市中のどこかに潜んでいると
思われますし、出来る事ならば2回目の緊急事態宣言発令時に
「夜間に限らず昼間でも極力外出は控えて人との接触は抑制して下さい」とか
「飲食店でご飯を食べるのは全然いいのだけど、その時はせめて非常事態宣言が発令中の期間中は、黙食ということで
一人で孤独のグルメを味合うとか複数で来店しても会話は極力控えてほしい」とか
「とにかく食べている時の飛沫感染は特に厳重警戒が必要」とか
「飲食店側も仕切を作って期間中だけでもお一人様用の席だけで営業して貰うように要請したい」といった
もっとわかりやすくて具体的なメッセージを力強く発信して欲しかったものです。



現・菅総理のあの疲労感に溢れて眼力も発信力も何も無い原稿棒読みの覇気のない会見や国会答弁を聞いても
ほとんどの国民は何も感じないと思います。

それだったらいっそのことスター☆トゥインクルプリキュアのララちゃんが、
「今はとにかくできるかぎり外出と人との接触を控えて欲しいルン!」とか
「飲食店でご飯を食べる時は出来る限り一人で来店し黙食してほしいし、複数で来店した場合は店内会話は
やめてほしいルン」とか
「今は苦しいけどここを乗り切りワクチン接種が開始されれば間違いなく元の生活に戻れるルン!」といったほうが
むしろ私たちの胸に響くのかもしれないですし、こういう方が感染者も目に見えて減るのかもしれないですし、そうなったら
ララちゃんは「およー」とか言うのかもしれないですルン・・

現在の飲食業の皆様はご苦労が絶えないものと思いますし、お客さんには来て貰いたいけど
感染は困るしこれ以上自粛が続くのももっと困りものだし、店内の客席においてどうやって会話を控える形で
営業すればよいのかは何かと大変なご苦労があるのだと思います。

そうした意味において理想的なのは「ラーメン大好き小泉さん」のアニメでも原作漫画でも出てきた一蘭さんの味集中カウンター
なのかもしれないです。

例によって??悠のつきまとい??に小泉さんは苦慮?されています・・

悠 : 小泉さんの好きなお店で良いから連れてってぇぇぇ…!

小泉さん : 店に現地集合、現地解散で良ければ・・

悠 : マジで!?

そして翌日悠は小泉さんと一緒にラーメンを食べに行くことになります。

悠としては「一緒にラーメン店に入ってしまえばこっちのもの! あとは店内で小泉さんと店内で仲良くお喋りして
打ち解ければいいよねぇ~」みたいな思惑もあったのかもしれないですけど、
そんな悠の目論見なんて簡単に打破してしまうのが小泉さんのすきてなラーメン愛であり、ラーメンに対する知識の
深さなのだと思います。

015_convert_20190113165002.jpg

大澤悠は、小泉さんと一緒にラーメンを食べに行く=同じテーブルに着座するとか隣のカウンター同士で相席し、
その際に小泉さんと楽しい時を過ごせればいいのに・・と思っていたのかもしれないですけど、
そうは問屋が卸さないのが小泉さんなのでした~!

この時小泉さんと悠が入ったラーメン店は一蘭というとんこつラーメン店なのですけど、この店は中の構造が特殊と言うのか、
普通のテーブルやカウンター席が無く、一人用の個別のカウンターが一人ずつ仕切られていて、
ラーメンを食べる際には誰とも話す事も無く一人黙々とラーメンを食べる事だけに集中できるというお店でもあったのです。
(なんた゛か新型コロナの到来を予知しているようにも感じますし、このスタイルのお店こそが店内で誰とも会話しないで一人で
黙々と食べる黙食のスタイルにとっては理想的といえそうです!)
そして代金は事前に食券を購入し、一人カウンターの前にも仕切り板があり、その仕切り板に両手が入る程度の
スペースが設けられていて、店員はこのスペースから食券やお好み票を受け取ったり、ラーメンを提供していますので、
お客さんも店員とすら顔を合わせることなく黙々とラーメンを食べる事だけに専念が出来るというシステムなのです。

だから悠は小泉さんと会話をしたくても会話のしようがありませんし、アニメタイトルが「味集中カウンター」と
なっていたのも「なるほどね~」と感じさせるものがあると思います。
小泉さんにとっては味集中とも言えますし、同時に悠排除のお店として最初から企んでいたと言えるのだと思います。

なんて不憫な大澤悠!と言いたいところですけど、普段の小泉さんに対するすてきなストーカー振りから
見ると、小泉さんのこの悪知恵はすてきなものがあるのかもしれないですね。
そして現代の「個の時代」を象徴するようなラーメン店とも言えるのかもしれないですし、コロナ禍の今という時代では
もっとも時代に即したお店と言えそうです。

悠 : (個人スペース!? 自習室みたいなことに…)

悠 : (小泉さん…遠っ!)

悠 : 強制ぼっち席…

悠 : (あーあ…これじゃあ何の為に来たのかわかんないよ)

悠はこのとんこつラーメンのおいしさに感激し、「一人っきりのラーメン…最初はちょっと寂しく感じたけど、ラーメンって、
一人で食べても…悪くないじゃん!)と頭を過っていたりもします。

だけど最終的にはラーメンを食べた後はあっさり現地解散となり、

(結局、ぜんぜん話せなかった…ラーメン美味しかったけど)と涙目になってしまうのはちょっとさすがに気の毒な感じでも
ありましたけど、
翌日には「小泉さーん! 一緒にどこかいこ!」とお誘いし、いつものように「お断りします」と言われても全然めげない
あのポジティブさには感動すら受けてしまいそうですね~


df9d88a8-s_convert_20190114152648.jpg

a9ceb185-s_convert_20190114152625.jpg


アニメ版でも原作漫画版でも欄外的エピソードとして、

小泉さん : ちなみにあの仕切りは可動式です

悠 小泉さん!次は絶対隣同士で座ろう!

小泉さん : お断りします

そういった話がありましたけど、小泉さんは全て分かっていてやっているのですよね~♪

新型コロナウイルスが収束を迎え、いつもの日常が戻ってきたら、小泉さんと味集中カウンターにて
仕切りを可動させた状態で二人きりでラーメンを食べてみたいものですね~♪

こうした味集中カウンターのような仕切を作り「店内で食べても誰とも会話しなくて済み結果的に店内の飛沫感染を
抑制でき、黙食が実現出来る」という方策は、現在の飲食店で最も求められる「会話で飛沫を飛ばさない事」に
最大限貢献できるのかもしれないです。

非常事態宣言発令下で飲食店に求められる事は、20時以降の飲食店の閉店ではなくて、
どうやって来店されたお客様が会話をしないで黙々と食べて頂く事ができる環境を作れるのかという事なのかもしれないです。



とにかく小泉さんがマスクなしに自由にラーメンを食べ歩く事ができるような以前のような日常が戻ってくることを
願うばかりです。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |