FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム





2020年のプロ野球は異例ずくめの展開の中、ペナントレースは11月上旬まで展開され私の愛する千葉ロッテマリーンズは
11月の残り試合2の段階で埼玉西武ライオンズにどうにかこうにか勝利しCSに進出できましたけど、
CSではホークスに2試合とも先制しながら破れてしまったのはホークスとの差はまだまだ大きいという事を物語っているのだと
思います。
それでもマリーンズのCSでのホークス相手のあの善戦は、日本シリーズでホークス相手に2年連続4タコを食らうという
大失態の巨人様と比べるまでもなくマリーンズの意外な強さを示唆していたのかもしれないです。

あのCSから既に2か月近くしか経過していませんけど、一か月後にはもうキャンプインとなってしまう事を考えると、
昨年から今年のプロ野球選手の疲労回復度合いは大丈夫なのかな・・?と心配もしてしまいますし、何よりも怪我だけは本当に
注意していただきたいものです。

昨年・・2020年の千葉ロッテマリーンズはペナントレースで唯一あの強い強いソフトバンクホークスに2年連続シーズン勝ち越しを
果たし、2016年以来のAクラスとCS進出を果たしただけでなく、パ・リーグの最終順位も2位に入るなどシーズン開始前の
下馬評を大きく覆す大善戦を見せてくれていたと思います。
その一方で2位に入りながらもパ・リーグのタイトルを獲得した選手やベストナイン、ゴールデングラブ賞を獲得した選手が
ゼロというのもこれまた実にマリーンズらしい話なのだと思います。
というか・・、チーム打率は12球団で最も低く、防御率も一応はパ・リーグ2位ですけど、1位のホークスとの防御率差は
一点差近くにまで及んでいますし、得失点差もリーグ2位なのにマイナス18というのもすごい話だと思いますし、
改めて「よくこの数字でパ・リーグ2位に入れたものだ・・」と感心するばかりですし、いかにマリーンズは「個」が弱くて
それをチーム全体の戦術でカバーしていたのかがよくわかると思います。
今年に関してはマリーンズの課題は一にも打撃力、二にも打撃力、三に打撃力といえそうです。
そのためにも昨年のCSでその能力の高さの片鱗がおぼろげながらも見えてきた安田と藤原というマリーンズの近未来の
スター選手候補のさらなる一層の進化と躍動だと思いますし、他にはベテラン勢のさらなる奮起と特に井上選手の覚醒なのだと
思います。
(昨年10月以降に急遽一軍に召集され、思いがけない活躍を果たし、あの思いっきりの良いバッティングを
見せてくれ、おまけにとてつもないルックスの良さを見せてくれた藤原選手は素晴らしかったです!)
そして今年は和田選手はもっともっと試合に出てほしいですし、ホークスの周東選手とマジで盗塁王を競い合ってほしいです。
打撃力と言うと、パ・リーグの中では確かに昨年のシーズンは不発でしたけど埼玉西武ライオンズのあの山賊打線は
圧巻で驚異的で羨ましい限りです!
中村・山川・源田・外崎・森・金子といった打線は他チームから見ると脅威以外の何者でもないですけど、
マリーンズもああいう打線を組めれば投手陣がそこそこいいだけにリーグ制覇だって決して夢物語ではないのかも
しれないです。
昔は秋山・工藤等が在籍していた頃の憎ったらしいほど強い西武はロッテにとっては天敵以外の何者でも無くて、
そのせいもあり以前は私は大の西武嫌いでしたけど、最近の西武のもろさや山川やおかわりくんといった愛されキャラや
埼玉西武ライオンズという埼玉愛を感じさせるチーム名等によって私の西武嫌いは相当減っていますけど、代わりに
ソフトバンクホークスに対しては年々憎たらしさがマシマシになる一方ですね・・
あ・・言われてみると秋山や工藤はソフトバンクホークスの前・現監督でしたね・・

そうした中でも昨年と一昨年のマリーンズにおいて輝きを増していたのはチーム全体の守備力だと思います。

守備というと確かに地味という印象もあるのかもしれないですけど、数年前の西武のようにいくら破壊的な打撃力を有しても
チーム全体のエラーや記録に残らない守備のミスがあまりにも多いと、点をとってもとっても次から次へと失点する事にも
なりかねないですし、守備というのは攻撃と同等なのだと思います。
千葉ロッテマリーンズは実はあまり知られてはいないのですけど、守備はかなり鉄壁です!
(それはホークスから招聘された鳥越ヘッド・二軍監督の存在はかなり大きかったと思います)
そしてほとんど世間からは認知されていませんけど、マリーンズは実は2年連続でパ・リーグの6球団においてリーグ最少の
エラー数を記録しています。ちなみに2020年のマリーンズのチーム失策数はわずか53です。
但し、2年連続でリーグ最少の失策数を誇りながら、この2年でゴールデン・グラブ賞を受賞した選手が荻野選手のみというのは
ちょっと納得いかないですね~
一塁の井上も2020年は打不振でしたけど守備ではかなり貢献し、実はゴールデングラブ賞の選考でも一位とはほんのわずかな
投票差でもありましたし、3塁の安田もシーズン当初はかなり不安定さはありましたけど、終盤の安定感はさすがなものを
感じました。
外野でも特にマーティンの肩の強さとレーザービームによる相手チームの進塁阻止や本塁生還阻止は何度もあり、
マーティンというとチャンスに強くてあの勝負強い打撃力は助っ人に相応しいものでしたけど、守備においても十分すぎる
チームへの貢献があったと思います。

マリーンズ守備陣の中では特に、セカンド・中村奨吾、ショート・藤岡裕大の二遊間コンビは数多くの好守備でチームを
救っていたと思います。
個人的にはパ・リーグの鉄壁二遊間というと西武の源田-外崎というイメージもありますけど、マリーンズの中村-藤岡も
素晴らしかったと思います。
球詠で「中村」というと中村希ちゃんで、パ・リーグで中村というとホークスの中村晃という印象が強いですけど、
マリーンズの中村奨吾も忘れないでほしいですね~♪

一例をあげると、中村奨は7月30日の楽天戦、3-2の6回無死満塁、島内が放ったセンターへ抜けそうな打球を
ダイビングキャッチし三塁走者の生還を許したものの、二塁フォースアウトで大量失点を防いでいたり、
8月18日のソフトバンク戦では、3-1の7回一死走者なしから中村晃が放った強い打球を横っ飛びでキャッチし、
一塁へ送球しアウトにしたことが印象深いです。
途中交代はあったものの、セ・パあわせて12球団で120試合全てセカンドの守備に就いたのは中村奨吾のみというのは
大変立派だと思いますし、バッティングも昨年よりは格段に進化していたと思います。
(ただやっぱりホークスの中村晃に比べるとまだまだ貧打ですね・・)
藤岡も貧打は一旦置いておいて、守備での貢献は素晴らしかったです。
一例をあげると、7月4日の楽天戦では、初回に浅村栄斗が放った三遊間寄りショートゴロを逆シングルでキャッチし、
素早く二塁へ送球しアウトにしたり、9月18日の日本ハム戦でも、2回に大田泰示が放った三遊間寄りの打球を
二塁でアウトにするなどスピード感がこれまでよりは格段にupしたという印象が強かったです!

さてさて、埼玉が誇る埼玉ご当地アニメの一つとも言える2020年春アニメにして私自身の今年度のマイベストアニメでもある
「球詠」ですけど、第2話において新越谷高校女子野球部に二遊間コンビとなる中学からの同級生でもある
ショートの川﨑稜とセカンドの藤田菫が入部してきました。
最初に藤田菫を見た時の印象は「野球の世界においては相当珍しいツインテールだけどとってもかわいい~♪」という
ものでした!


83efca40-s.jpg

e807c000-s.jpg


上記で触れた通り、「球詠」2話「一緒に野球やりましょう」にて新越谷の二遊間コンビが入部してきます。

稜 : ちゃーっす

菫 : こんにちは。二人共1年よ

詠深 : じゃあ二人はどこ中だったの?

菫 : 私達は二人共南相模よ

息吹 : へー!隣の学区じゃないの。私達は向陽台桜よ

ちなみにですけど・・、埼玉には桜区という区もありますし、越谷とは逆方向ですけど、飯能寄りの入間市内には
入間向陽高校という学校もあったりします。
(埼玉の大変レヴェルの高い吹奏楽コンクールにおいて、入間向陽高校は1990年代前後では主に高校B部門で
毎年のように埼玉代表の一つとして支部大会に出場し毎回金賞を受賞していました)

そして稜と菫の二遊間は芳乃のシートノックを受けることとなり、その俊敏で巧みな守備力を見せつけることになります。

珠姫 : さすが経験者

芳乃 : だよね~。二人共いい動き!

だけど二人とも息は大変良く合っていて本当は仲がよい腐れ縁同士なのにそのプレースタイルの違いから
原作漫画でもアニメ版でもしばしば言い争いをしていたのはとても楽しかったです。

稜 : 菫のプレイは上品すぎるんだよ。つまんねー

菫 : でもアウトを捕ったのは私よ。わざわざ横跳びしなくても取れるでしょ?目立ちたがりなんだから

菫 : いい加減チームプレイを理解しなさいよ

稜 : 球際が強くて何が悪い!個人あってのチームだろ!

菫 : また人の守備範囲に!

稜 : あそこはショートが捕った方が1塁に投げやすいだろ』

詠深 : ねぇたまちゃん。あの二人って仲悪いのかな?

珠姫 : …そうでもないんじゃない?

芳乃 : 思った通り二人共上手だよ。いくよ!

ショートの川﨑稜は、ショートカットの髪形をしたボーイッシュな容姿・言動の女の子で、見た目の雰囲気的には
2年生の岡田怜先輩に近いものがありそうです。
派手で大味なプレーを好む時々何でもない打球をエラーやミスする一方でファインプレーも見せるというのは
どことなくミスター・・往年の長嶋さんを彷彿とさせられそうです。
足はかなりの俊足で、足の速さは岡田怜に近いものがありそうです。
芳乃評では「稜ちゃんは自由に打たせた方が良いタイプ」ということで、思い切りのよい打撃を買われて3番や5番・6番などの
打順を任されることが多いようです。

セカンドの藤田菫はツインテールの髪型で上品で丁寧なプレーを好み、大の甘党であり、チームのオシャレ番長でもあります。
打順は常に2番で、練習試合から夏の県大会まで一度も打順が変わっていません。
芳乃評では「菫ちゃんは無死1塁では四球やバントで確実にランナーを進めるタイプ」と堅実なプレースタイルゆえの、
打線のつなぎ役を期待されている事が多く、堅実な2番打者とも言えそうです。

昨年の記事でも既に書いていますけど球詠のキャラ達は実在するプロ野球選手に由来するというかモデルとなった選手も
多々いるようです。
ちなみにマリーンズの選手がモデルとなっているのはセンターの岡田玲キャプテンです。
作者の先生がホークスファンということでモデルとなっている選手に福岡ソフトバンクホークスの選手が多いというのは
仕方がない話なのかもしれないです。
ちなみに球詠のファーストで4番打者の中村希ちゃんのモデルはホークスの中村晃です。

新越谷高校の二塁手・藤田菫のモデルは楽天の藤田一也選手と思われます。
藤田一也選手といえば守備の名手として有名で、堅実な守備を持ち味とする藤田菫のイメージとも近いといえそうです。
新越谷高校のムードメーカーでもある遊撃手・川崎稜のモデルは元ソフトバンクでメジャーでもプレーした
川崎宗則選手だと思われます。
川崎宗則選手は守備範囲自体はそれほど広くなく、それが川崎稜の派手なプレーを好むスタイルの元となったのかも
しれないですし、ムードメーカー要素は共通していそうです。


f185ec2e-s.jpg

886a3c23-s.jpg


球詠第2話においては、2年生の岡田怜と藤原理沙も登場しています!
(岡田怜のクールビューティさと藤原理沙先輩の美少女振りは素晴らしかったですね~♪)

二人とも1年生の時から新越谷の女子野球部に所属していましたけど、しごき・暴力事件による不祥事による
活動停止で実質的に部が廃部状態になっていた時も、退部をせずに二人でひっそりと常にグラウンド整備をし、
1年生が入部して来たら自分達は身を引くという考えが当初の頃はあったようです。

だけど詠深ちゃんは上級生の二人に是非ぜひ野球部に留まり続けて欲しいと懇願し、二人に勝負を挑む事にします。

早い話が、詠深ちゃんの例のあの落ちる魔球を外野まで飛ばす事ができなかったら野球部に戻ってきてくださいという
事なのですけど、なんだか最初から怜・理沙の両先輩たちが戻ってきてくれる事を想定していたかのような感じでしたし、
口では「私たちの役割はもう終わった」と口にしていた二人でしたけど、本心は
「やっぱりこの子たちと野球がしたい!」というのはどことなく見え見えという感じでもありました~

怜 : 外野に強い当たりが飛んだら私の勝ち。それ以外はそっちの勝ちでいいよ

詠深 : サービスいいですね…

そして勝負の方は読深ちゃん-珠姫のバッテリーが怜をツーストライクまで追い込みます。

詠深  : 先輩!この勝負負けた方が何でも言うことを聞くってどうですか?

理沙 : まぁ。あの子完全有利になってから賭けを持ち込むなんて

怜 : ったく…何があんなに楽しいんだか…

珠姫 : 中学の時いなかったんです。あの球を捕ってくれるキャッチャーが

珠姫 : だから…投げるのが楽しくてしょうがないんでしょうね

そう言う珠姫が実は最も楽しんでいたのかもしれないです。そして勝負の方は怜がなんとか外野にまで飛ばす事は
出来ていましたけど、怜さんはさすが大人ポジションと言うのか
「私が外野だったらあの打球は簡単に捕球できていたから、この勝負は私の負けだ」ということで、
怜と理沙の二人は野球部に復部することになり、同時に怜先輩は新越谷女子野球部のキャプテンに就任する事になります。

岡田怜は、新越谷高校野球部の2年生キャプテンで、中学時代は地域のクラブチーム「荻島ガールズ」で活躍しており、
不祥事で野球部が活動停止処分を受けていた期間中も新入生が入部するまで部を守り、
詠深ちゃんたち1年生部員に請われてキャプテンに就任した経緯もあります。
攻守走の揃った実力者で、チームトップの俊足に高い外野の守備力というのは元ロッテの岡田選手と共通していますけど。
初見の詠深の「魔球」をセンターに打ち返すほどの打撃センスでチームを牽引し、長打力があるパワーヒッターで、
希中村と並ぶ新越谷のポイントゲッターの役割を担い「打点マニア」と呼ばれる点は
岡田幸文さんとはあまり似ていないのかもしれないです~♪

岡田怜というと忘れてならない存在は同じく2年生の藤原理沙ですけど、
理沙は怜ともう一度野球をやるために野球部所属であり続けていた経緯もあり、
理沙の怜に対する思い入れは深く、理沙にとっては怜と同じチームでプレーすることが野球の全てと言っても過言では
なかったのかもしれないです。
球詠というととに見所はたくさんありすぎるのですけど、その一つの要素としてこうした百合要素も忘れてはならないですね~♪

珠詠の稜と菫の二遊間も大変息があっていますけど、千葉ロッテマリーンズの中村-藤岡の二遊間コンビも今年更に
進化と躍動をしてほしいですし、それが一つの起爆剤となって打倒!ホークスをパ・リーグ全体でやってのけることが
できると嬉しいですね~♪
マリーンズの内野には今年から元メジャーの新外国人も参入しますので、チーム内の競争がチーム全体の戦力アップに
繋がる事が出来れば尚よしだと思います。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |