FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


チルノ時計


山梨の有名な郷土料理というと、言うまでも無く「ほうとう」ですけど、山梨のほうとうは本当においしかったですね!
夏場よりも冬の寒い時に食べるあの熱いほうとうは堪らなかったですし、
がほちゃのほうとうやじゃがいものほうとうは特に美味しかったです!
山梨の隣の県の長野は「信州そば」がとても名高くとても美味しいのですけど、山梨県内においては、
私の印象では、そば屋さんがほうとう店も兼ねている事が多く、メニューとしてもそばよりもほうとうの方が充実
していたような印象がありました。
ほうとうというとどちらかというと「これがほうとうの定型」というものは厳格には存在していないようにも感じられますし、
味付けも具材も使用する味噌の味もそれぞれの家庭で微妙に異なっていたようにも感じられます。
私自身、1990年~96年の約6年間とある金融機関在籍時に山梨の店舗に異動ということで山梨で生活をしていましたけど、
どちらかというと山梨の皆様は日常的にほうとうを食べているという感じではなくて、一度聞いてみたら
「ほうとうはもう食べ飽きてしまったずら・・」とか「あれは県外の人が山梨名物として食べるものだから、山梨県人は
それほど食べるものではない」とか言われていたのは印象的です。
そういう意味では、ほぼ毎日かはたまた週に2~3回程度なのかはよくわかりませんけど、うどん県の香川県の方が
頻繁にうどんを食べられていたり、大阪の方が頻繁にたこ焼きを食べられるというのはある意味すごいことだと思いますし、
ああいうのをその府県独自のソウルフードといえるのだと思います。

ほうとうは、基本的には小麦粉を練りざっくりと切った太くて短い麺をカボチャ・里芋・にんじん・じゃがいもなどの野菜と共に
味噌仕立ての汁で煮込み、アツアツの状態で食べる郷土料理です。
作り方はとてもシンプルで、上記の野菜をカットして出汁に投入し煮込み、そこにほうとうの麺を粉がついたまま投入し煮込み、
肉などの追加具材があれば投入し、最後に味噌をいれて味をととのえて完成です。
本来的には具材は野菜とこんにゃくぐらいなそうですけど、最近は鶏肉・豚肉・貝・エビを入れたりすることもあるようです。
味噌や調味料も各家庭や店舗によって微妙に違いがあったりして、それが家庭の味・お店の味という事になるのだと
思います。
具材に関して言うと概して家庭のほうとうは野菜と油揚げがメインで、お店のほうとうだと野菜に加えて肉類が入ることが
多かったような印象もあります。
(店によっては具材として山梨名物のアワビの煮貝をうすくスライスした豪勢なものもあったと記憶しています)
最近ではほうとう用の市販の生麺やほうとう用のスープも販売されていますし、出汁や味噌を用意することもなく気軽に
作れそうですし、秋~冬にかけてのスーパーではレンジでチンするだけのほうとうセットも普通に販売されていたりもします。

ほうとうの麺の生地は、うどんやきしめんと違い、生地を練るときに塩を使わずに小麦粉と水のみで練るため独特な食感に
なりますし、うどんより幅広く、やや薄い形状であったりもします。
具は野菜が中心となり、夏にはネギ、タマネギ、ジャガイモなど、冬ではカボチャやサトイモ、ニンジンやハクサイ、シイタケ、
シメジなどのキノコ類を入れる事が多いです。
私個人の好みですけど、ほうとうの具材としてはジャガイモ、にんじん、タマネギがベストだったような印象も
ありますけど、冬場のかぼちゃのほうとうは食べるととにかくポカポカと温まったのがとてもよかったです。

名古屋にも「味噌煮込みうどん」というほうとうと似た食べ物がありますけど、あれはあくまでうどんであり、ほうとうとは
味噌ベースのスープという共通点はあるものの、麺の形状から考えると似て非なる食べ物といえそうです。
山梨の人に言わせると「ほうとうはあくまでほうとう、うどんはうどん、きしめんはきしめんずら」という事なのだと思います。


283a4c91-s_convert_20200903135017.jpg

なでしこ : これ知ってる!野菜がたくさん入った味噌煮うどん!

ほうとうの話はゆるキャン△第8話においても、なでしこ・千明・あおいの三人が身延駅前のアウトドアグッズ専門店に
立ち寄った際にもちらっと登場しています。
これは第9話の後半で各務原家でほうとうを作る羽目になってしまった千明の話の前振りなのかもしれなかったです。


b7a7c44e-s_convert_20200903135123.jpg


ほうとうの話が本格的に出てきたのはゆるキャン△第9話です。

試験休みになでしこをキャンプに誘ったリンですけど、タイミング悪くなでしこは風邪を引いてしまいます。
「私に構わずキャンプへ行って!」と懇願され、リンは一人、長野の上伊那へひとりキャンプに事前に特にプランも立てずに
出向くことになります。
(この際は、通行止めにあったり寝過ごしたり結構ハプニング続きであったりもします・・)
一方、風邪を引いたなでしこのお見舞いに来た千明は成り行きでほうとうが食べたいというなでしこのために
ほうとう作りをすることになってしまいます。

ゆるキャン△のメインキャラ4人のうち、生粋の山梨育ちはリンと千明の二人だけなのですけど、
(なでしこは静岡育ち、犬子じゃない・・あおいは言葉から察するに関西育ちです)
最近の若い世代は自宅でほうとうを作ること自体少ないと思いますし、なでしこにほうとう作りをリクエストされた千明は
実は実質的に初めてほうとうを作ったという事になるのも今風らしい事なのかもしれないです。
(最近はクックパッドなどのネットでのレシピサイトも充実していますので、ほうとうは前述のとおり手順としては
それほど難しい料理ではないので、千明でも作れてしまうのがほうとうの一つの魅力なのかもしれないです)

千明 : そうだお見舞い持ってきたんだった。ほれ!

なでしこ : あ!ほうとうだ!

千明 : おめぇ食ったことねぇって言ってたろ?全快したら母ちゃんにでも作ってもらいな!

なでしこ : けほけほ。あきちゃんの作ったほうとうが食べてみたいな~

なでしこ : 梨っ子のあきちゃんが作る本場のほうとう楽しみだな~

それにしても仮病のごとくけほけほと演技するなでしこはとてもかわいかったです~♪

千明が作ったほうとうは、かぼちゃ・はくさい・しいたけといったオーソドックスなかぼちゃほうとうだったみたいです。


a3db9176-s_convert_20200903135101.jpg


なでしこ母 : ただいまー

なでしこ : あ。お母さんお帰り~。梨っ子あきちゃんが本場のほうとう作ってくれるんだって~

なでしこ母 : そういえばまだほうとう作った事なかったわね

なでしこ : 食べた事無いから楽しみだね~

千明 : (あれ?なでしこ母の分まで作ることになってないか?)

それにしてもなでしこ母はゆるくて人がよさそうな雰囲気はなでしこそっくりですけど、外見はなでしこ姉とそっくりですね~♪

9d29d3b7-s_convert_20200903134934.jpg


なでしこ父 : や~。よく寝た~

なでしこ : あ。お父さんおはよ。風邪うつしちゃってごめんね

なでしこ父 : ははは!いや~おかげで昼のバラエティが見放題だ!

なでしこ : 今梨っ子あきちゃんが本場の絶品ほうとう作ってるんだよ~

なでしこ父 : おお!ほうとうか! 会社の人に聞いたんだけどな。地元の人が家で作るのはどろどろしててお店のやつとは
また違ったうまさがあるらしいぞ~

千明 : (気付いたら一家全員分作ることになっとるがな!)

千明 : (いや待て!私だって山梨県民!県民の本能が本物のほうとうの味を知ってるはず!私にだって本場の激うまほうとうが作れるはずだ~!!)

なでしこ父は意外とワイルドな外見ですけど、母親同様いかにも人がよさそう・・という感じですね~

なでしこは生粋の山梨育ちの千明を「梨っ子」と呼んでいましたけど、これはとてもすてきな呼び方だと思います。
私自身小学生の頃、実は長野にも2年ほど住んでいたこともありましたけど、昔も今も山梨と長野は大変仲が悪く、
当時長野の人は山梨県人を「あいつらの通った後はぺんぺん草も生えない乱暴でガラの悪い山猿」と
言っていたと思いますし、私自身山梨在住6年間の印象はやはり「甲州人=気性が荒く荒っぽい」という感じでした。
ゆるキャン△のメインは山梨は山梨でも荒っぽい甲州ではなくて静岡に近い温厚な峡南地方なので、
千明は確かにがさつで喧しいJKさんだけど一般的な粗野な甲州人ではないというのはむしろ妥当なのかもしれないです。


e4a84422-s_convert_20200903135144.jpg


なでしこ姉 : ただいまー。何作ってんの?

千明 : (また増えてるし!)

最終的には千明は、なでしこ・その父母、そしてなでしこ姉という各務原家全員分のほうとうを作ることになってしまったのも
なんだか笑ってしまいます・・


6f464ae9-s_convert_20200903134913.jpg


なでしこ一家 : おいしい!もちもちしてうどんとは別の食べ物だよ!あきちゃん!ほうとう最高だよ!

千明 : あったりめぇよ~(プロのレシピ通りだからな。でも思ったよりうまくできたな~。あたしすげぇ)

それにしてもなでしこは本当においしそうにモノを食べますけど、それは各務原家全員にいえそうですね~♪


894e8fe2-s_convert_20200903135037.jpg




上記はほうとうの話ですけど、ゆるキャン△第6話のCパートのいえキャンにおいて、ほうとうではなくてうどんとそばに関連して
あおいの謎の?「そばうどん」についての話が出てきます。

なでしこ : ねぇあきちゃん。山の方に行くとそばやうどんのお店がたくさんあるけどあれなんでだろ?

千明 : 言われてみるとそうだな~…

千明 : 材料が少なくても作れるからとか水が綺麗だからとかじゃないか?

あおい : それはちゃうで~。あれほんまはそば・うどんやなくてそばう・どんやったんよ

あおい : そばうの「う」は鳥の「鵜」や 餌にそばを混ぜて育てた鵜を肉を甘辛~いタレで煮て山菜混ぜご飯の上に乗せた
とある山間部の郷土料理。これが蕎麦鵜丼やで~

あおい : ところがだんだんそばうどん言うて間違えられ蕎麦鵜丼は歴史から姿を消したらしいんや

なでしこ : そ…そうだったんだ

あおい : 嘘やで~

あおいはアニメ本編でも漫画版でも意味のないウソでよくなでしこと千明をからかっているシーンが多々ありますけど、
最後に「うそやでー」 と〆るところはとても楽しかったです!
「うそやで~」と言う時は漫画では白々しい表情を、アニメでは顔に影がかかるのも一つのパターン化していました。

アニメ版では、クリスマスキャンプの相談の際に「彼氏がいる」と発言し、全国のあおいファンをその場で硬直させた
のですけど、その際にも最後は「嘘やで~」と落としていたのはあおいらしい話でもありました。

ここ数年は山梨に行っていないですけど、新型コロナが終息したら山梨観光もしたいですし、その際にはおいしいほうとうも
是非食べてみたいです~♪
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |