FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


私、生まれ自体は青森県八戸市、育ちは高校卒業までは仙台、高校以降は主に東京~千葉~埼玉に在住していますけど、
(というけど実態はほぼ埼玉県民といっても過言ではないと思いますし、自分自身は埼玉県民であると心から麦稈しています!)
仙台のお土産というと定番お土産が選ぶのに悩むほどありますので、そうしたお土産選びというのも旅の楽しみの一つと
言えるのかもしれないです。
仙台のお土産と言うと、何といっても、萩の月・笹かまぼこ・牛タンが王道とも思ったりもします。
この他にも、支倉焼とかずんだもちとか白松がモナカ・うーめんなども人気があると思います。

私自身は1990年~96年の間は、勤務先の異動の関係で山梨県甲府市に6年近く在住しておりました。
山梨も仙台ほどではないにしても、お土産には「これで決まり!」という定番中の定番が存在していて、
お土産選びで迷う事は全く無かったと思います。
山梨の場合、定番は何といってもワインと信玄餅だと思います。
この他にも、ぶどう・煮貝・ほうとうなどが有名なのかなとも思います。
食べ物以外では、水晶・印鑑・象牙なども一つの定番お土産なのだと思います。
山梨の有名な郷土料理というと、言うまでも無く「ほうとう」ですけど、山梨のほうとうは本当においしかったですね~♪
夏場よりも冬の寒い時に食べるあの熱いほうとうは堪らなかったですし、とにかくポカポカと温まりますし、
がほちゃのほうとうやじゃがいものほうとうは特に美味しかったです!
山梨の隣の県の長野は「信州そば」がとても名高くとても美味しいのですけど、山梨県内においては、
私の印象では、そば屋さんがほうとう店も兼ねている事が多く、メニューとしてもそばよりもほうとうの方が充実
していたような印象がありました。

上記で記した山梨の定番お土産以外でも、例えば・・・

竹林堂の生クリーム大福とかバターカステラの富士川もとてもおいしいです!

他には、信玄餅のメーカーでもある桔梗屋が製造販売している桔梗信玄餅生ロールもとても美味しいです。

それとやはり桔梗屋さんですけど「月の雫」という
皮が付いたままの甲州ぶどうを1粒丸ごと砂糖の衣で包んだ昔ながらのシンプルなお菓子も捨てがたいものがあります。


譯疲「怜ア祇convert_20180919161901

菫。邇Юconvert_20180919161931


埼玉県の定番お土産というと、草加せんべいと十万石まんじゅう以外んまり思い浮かばないというのは
「何もないない埼玉県の定番ネタ」の一つでもあるのですけど、
他に思い浮かぶところでは、「彩香の宝石」やくらづくり本舗の「福蔵」という最中とか、
菓匠右門の「いも恋」なども全国的な知名度では弱いのかもしれないですけど、とても美味しい銘菓ですのでお勧めしたいです!

山梨県のお土産には「これがいっちば~ん!」という定番中の定番の全国的にも知名度がとてつもなく高い銘菓が
あると思います。

それが言うまでも無く桔梗屋さんの信玄餅です~♪

風呂敷を模したビニールで包まれたポリ製の器のきな粉にお餅がが3切れ埋没しており、それを別添の黒蜜をかけて食べる
ものですけど、これって本当にとっても美味しいと思います!
きなこと黒蜜が融合したお菓子というのは、実は山梨に異動するまでは食べた事もありませんでしたので、
仕事の外回りで山梨県内の顧客をお伺いしたい際には
「おまん、これ食っていけし!」と甲州弁で勧められ、最初は「なんだ、このヘンなお菓子は・・」と思って半信半疑で
食べた所、これがまたうまいのなんのってという感じで、最初に信玄餅を食べた際は感動しまくりでした~♪
スター☆トゥインクルプリキュアの宇宙人キュアのララちゃんがもしも桔梗屋信玄餅を食べたとしたら、美味しくて感動のあまり
「おいしいルン~♪」というのは間違いなさそうだと思いますルン!

京都においては「八つ橋」の本家・元祖を巡る名称の訴訟が発生していたこともありますけど、
実は信玄餅にもかつてそれに近い話もあったそうです。
山梨県の信玄餅でいっちば~ん!有名で売り上げも圧倒的に多いのは桔梗屋さんの桔梗信玄餅なのですけど、
実は桔梗信玄餅以外にも金精軒が製造・販売する「信玄餅」というのも存在しています。
桔梗屋さんと金精軒はお互いに訴訟回避という意識があったようで、
桔梗屋さんは、信玄餅に桔梗という名称を付け、「どちらが元祖・信玄餅なのか?」という紛争を事前に回避しています。
要は、最初に信玄餅を売り出したのは桔梗屋ですけど、「桔梗」が付かない「信玄餅」という商標を取得して売っているのは
金精軒であったりもします。
私としては、桔梗信玄餅も金精軒の信玄餅も「どちらも似たようなものだし、どちらもおいしいからどっちが元祖でも
いいじゃん・・」という感じです。

新型コロナウイルスの感染がなんとか収束し、ワクチン開発と接種が無事に進行し、別にマスクをしなくても
安心して県境を越えての旅行ができるようになってもしも山梨県に旅行に行かれる機会がありましたならば、是非ぜひ
あのおいしい信玄餅を食べて頂きたいです!
そして他にもぶどうやワインやほうとうにも舌鼓をうって頂き、石和温泉や下部温泉等の信玄の隠し湯的な名湯で
のんびりまったりする事ができれば最高だと思います。





さてさて、そうした信玄餅ですけど、思いがけず? 「いえキャン△」第2話でも登場していました~♪

もっとも「ゆるキャン△」(「いえキャン△」はゆるキャン△のCパートともいえる5分ショートアニメです)の舞台は
山梨県ですので信玄餅が登場するのは自然な流れなのかもしれないです。
埼玉県はアニメ聖地の宝庫とも言われるほど埼玉の地が舞台になっている作品は数多く存在していますけど、
アニメ聖地不毛の地とも揶揄された山梨県にこうしたすてきな作品が聖地になっているのは素晴らしい事だと思います。

ゆるキャン△の登場人物が住んでいるのは、山梨県の南部を流れる富士川沿いの地域です。
(具体的には南巨摩郡身延町~南部町~富沢町あたりだと思います)
なでしこが第1話で「南部町から一直線の道で本栖湖周辺までやってきた」と言っていましたのでそれは間違いないと思います。
当ブログでも何度か実際に山梨県に居住した人間の立場から言うと「甲州人は気性が激しいし荒っぽいのが県民性」と
記しましたけど、ゆるキャン△の登場人物は温和で温厚なやさしい人たちばかりです。
これも私自身の実体験ですけど、山梨県民は峡北・峡南・富士吉田・甲府盆地周辺ではキャラクターが全く異なっているように
感じるし、峡北・甲府の気性の荒っぽさに比べると、峡南・富士吉田方面の温厚さはとてもじゃないけど同じ県民とは
思えないと言えなくもないと思います。
峡南地方というのは静岡県と県境を接する山梨県の最南エリアですし、南部町もここに含まれますので、
ゆるキャンメンバーの温厚さは峡南エリアの温かい人柄に由来するものが大なのだと思います。
なんとなくですけどゆるキャンメンバーの温厚さは静岡県沼津を聖地とする「ラブライブ! サンシャイン!!」の平和なキャラに
極めて近いものがあるのかもしれないです。
ちなみになでしこは山梨出身ではなくて静岡出身でもありますので、あのほんわかとしたキャラは静岡が育んだもの
なのかもしれないです。

さてさて、そうした山梨を代表する銘菓でもある信玄餅がいえキャン△第2話でも登場していました~♪

その中において、黒蜜をかけて食べる時にきなこが飛び散ったりして食べにくいんだよね~というシーンがありましたけど、
それはよく分かりますね。
というのも桔梗屋信玄餅の1パックには3切れの信玄餅が入っていますけど、3切れにかけるにしてはちょっと多いほどの
黒蜜ときなこが入っていますので、きなこが飛び散るという事もよくある話ではあると思います。

そうした時にこの回において、きなこが飛び散らないゆるキャン流の?食べ方が紹介されていました。


_convert_20200714202413.jpg

_convert_20200714202216.jpg


そこで登場したのが黒蜜ときなこを混ぜて揉み込むという方法です。

きなこと信玄餅をフィルムの上に移して黒蜜をかけて、フィルムの四すみをつまんで全体をもみもみ~ともみこんでいき
全体にきなこと黒蜜をなじませていく方法です。

なるほど! 確かにこの方法ですときなこは飛び散りませんし、バランスよく食べられそうです。


_convert_20200714202329.jpg


それにしてもなでしこは美味しそうに食べますよね~♪

ゆるキャン△の中では特に第一話のカレー麺と第三話の鍋をリンと一緒に食べていましたけど、
あのシーンにおいてはなでしこは本当に心の底からおいしそうに食べていて、あのおいしそうに食べている表情は
「ラーメン大好き小泉さん」の歓喜のふはーすらも超越しそうですね~♪
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |