FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


ハープという楽器はヴァイオリンと同様に大変優雅で美しい楽器だと思います。
そうした見た目の雰囲気の美しい楽器というイメージが定着しているのは、その形状や音色の美しさも大きいですけど、
ハープ奏者のほとんどが 女性奏者であるという事もあるのかもしれないです。

ハープがどうしてそんなに優雅に感じられるのかと言うと、グリッサンドといってずらっと並んだ弦を指で華麗に弾くというか
擦る様子はその幻想的で華麗な音の響きと合せて、視覚的にも聴覚的にも絶大なインパクトがありそうです。

ハープのグリッサンドが大変印象的な楽曲というと例えばですけど・・

〇ラヴェル / ダフニスとクロエ第二組曲(夜明け~パントマイム~全員の踊り)、マ・メール・ロワ

〇ベルリオーズ/ 幻想交響曲~Ⅱ.舞踏会

〇R.シュトラウス / 楽劇「サロメ」~七つのヴェールの踊り

〇リムスキー・コルサコフ / 交響組曲「シェヘラザート」、スペイン奇想曲

〇ドビュッシー / 三つの交響的素描「海」~特に第二楽章、三つの夜想曲~Ⅱ.祭り

などが挙げられそうですし、グリッサンド多様ではないものの、マーラーの交響曲第5番~Ⅳ.アダージェットにおける
弦楽合奏に対する伴奏的位置付けのハープの美しさはとても幽玄で素晴らしいです。

吹奏楽コンクールにおいて、ハープが使用OKという事でピアノと共に解禁になったのは1981年以降の話ですけど、
(その時にヴァイオリン・チェロ・チェレスタも使用可という事になっていましたけど、これらの楽器は現在の規定では
使用不可となっています)
ピアノが吹奏楽コンクールの場で大変効果的に使用された事例は、私自身が聴いた限りでは、1981年の
東北大会での大曲高校の自由曲の三善晃 / 交響三章~第二楽章だと思いますし、
ハープに関しては1981年と82年の埼玉県の市立川口高校の自作自演シリーズの「無言の変革」シリーズが
多分ですけど全国大会でハープが使用された第一号のような気もします。
今でこそハープは全国大会でラヴェル・ドビュッシーを自由曲にするチームの大半で用いられている楽器と思いますが、
ハ―プが吹奏楽コンクールで定番楽器として定着するのは実は平成以降の話だと思います。
ラヴェルのバレエ組曲「ダフニスとクロエ」は1970年代に一時期盛んに演奏されたものの、著作権の問題で
演奏しにくい状況があった中で、再度この曲がブレイクし現在まで引き続き大人気自由曲となっているきっかけを作った
演奏が1986年の埼玉栄高校の歴史的名演だと思うのですけど、この年の埼玉栄には実はハープは含まれておりません。
あの夜明けのハープの繊細でひそやかなグリッサンドの部分はクラリネット・エスクラ・フルート等で補い、あの細かい動きを
管楽器だけで見事に再現している様子は今にしてみると大変貴重なものがありそうです。
翌年の1987年の習志野高校の自由曲は同じくダフニスとクロエ第二組曲でしたけど、この時はⅡのパントマイムを前半に
チョイスした事情もあるからなのかハープは用いられ、あのグリッサンド奏法はかなりの演奏効果をもたらしていたと
思います。
だけど1988年までの昭和の頃の吹奏楽コンクールにおいては、ハープはまだまだ珍しい特殊楽器という雰囲気は
あったと思いますし、ハープが本格的にスクールバンドでも普通に使用されるのは平成に入って以降において、
常総学院がハープの魅力を存分に発揮させて、他校がそれを取り入れ始めて以降の話なのだと思います。

昭和の頃ですと、前述の通り吹奏楽団内にハープが無いチームがほとんどですので、クラシック音楽アレンジverを
吹奏楽で演奏する場合、ピアノで代用するか木管楽器を使ってうまくごまかすか、ヴィヴラフォーンで代用という事が
多かったと思います。
私自身母校の高校でリムスキー・コルサコフのスペイン奇想曲を演奏した際には、第Ⅳ曲のハープのあの華麗なカデンツァは
ヴィヴラフォーンで代用していましたし、ウインターボトムアレンジ版のスコアにも確か「ハープが無い場合はピアノ又は
ヴィヴラフォーンでの代用も可能」と記されていたと思います。
同じくリムスキー・コルサコフの交響組曲「シェエラザート」のⅡとⅣにおけるハープのグリッサンドの美しさは
大変素晴らしいものがあるのですけど、1973年の花輪高校と74年の秋田南高校のⅡ・カレンダー王子の物語においては、
ハープではなくてクラリネットをメインとする木管アンサンブルでもってハーブの代用を果たすというある意味苦労の痕が
うかがえるアレンジとなっていました。
1985年の関西大会にて、学校名はど忘れしてしまいましたけど、シェエラザート~終楽章を自由曲に選んだある学校は、
序盤のハープのグリッサンドの部分をなんと・・! ギターで代用するという凄まじい?荒業アレンジを披露していて、
後日この演奏を収録したブレーンのカスタムテープで聴いた際には、そのギターによるグリッサンドが終わった後に
会場内からのおーーーっというざわざわとしたどよめきがしっかり収録されていて、今にして思うと
これも古き良き時代の昭和の頃の吹奏楽コンクールの一コマといえるのかもしれないです。

ハープは共鳴胴の両端に2本の棹を立て、2本の先を結び、棹のうちの曲線状になった方と共鳴胴との間に
平行に弦を並べて弦を張っています。そしてこの弦を指で弾いて演奏します。
現代の西洋音楽において、独奏やオーケストラ、室内楽などで広く用いられているコンサートハープは、
ダブル・アクション・ペダル・ハープの事であります。
ダブル・アクション・ペダル・ハープは主に47本の弦を変ハ長調全音階で張られていて、ピアノに例えると、
黒鍵無しの状態で白鍵だけの音階で並んでいるようなものです。
そしてドレミファ・・の各音対して一つずつ合計7つのペダルが付いていて、それぞれ二段階に踏み分けて
一つの音を半音高めたり全音高めたりします。
ハープの弦は47本でペダルを踏まない状態で変ハ長調の全音階に調律されています。
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シの各音に対して1つずつペダルを割り当て、それらのペダルを音階に合わせて設定することで
演奏できる仕組みになっています。
一例を言うと、例えばト長調の場合は、「ド・レ・ミ・♯ファ・ソ・ラ・シ」ですから、
まずは全てのペダルを1つ踏み変ハ長調から半音階上のハ長調にして、「ファ」のペダルだけもう1段踏み込み
半音上げればト長調になります。
ハープ奏者はそうしたペダルでの調律を演奏開始前もそうですし、曲の途中でも絶えず行っていますので、
見た目の手の優雅な動きとは対照的に、ペダルを踏む足は終始ドタバタしているという感じでもあります。
白鳥が優雅に泳いでいるその水面下では足をドタバタ動かしているという事に似ているのかもしれないです。

それゆえハープ奏者は優雅なイメージとは裏腹に人目に付かない所で大変な苦労が付き物で、左足で三つ、右足で四つと
計7つのペダルを絶えず忙しく操作をしないといけない大変さがあったりします。
おまけにハープ奏者は固い弦を指で弾き、時にグリッサンドしないといけないものですから、指先は常にマメ状態と化している
のが実はその日常でもあったりするそうです。
ハープ奏者の指はいつもタコが出来ている様なモノなそうで、指先があまりにも堅いと弦を弾く時に音が汚くなってしまう
こともあるそうでして、ハープ奏者は時に堅くなった自らの指先をヤスリで削るというのか研ぐ場合もあるそうです。
これはクラリネットやオーボエ奏者が日常的に行っているリード削りの難しさに匹敵する程デリケートなケアなのだと
思います。

とにかく、優雅で華麗なイメージがあるハープもなにかと裏では色々とご苦労が絶えないという事なのだと思います。


_convert_20191112114146.jpg


「ららマジ」の舞台の器楽部におけるハープ奏者は3年生の南さくらです。

南さくらは器楽部を支える副部長で、振り回されることの多い苦労人でもあったりします。
器楽部創立メンバーの一人で、部長であり指揮者でもある草薙百花がメチャクチャな楽器編成を無理やりどうにかこうにか
まとめてしまう剛腕でもあったりしますので、そうした剛腕ぶりに不満がありそうな下級生たちを時に脅しつけ、
時に笑顔と愛嬌で押し通してしまうのがこの副部長兼ハープ奏者の南さくらといえそうです。
そしてららマジでは珍しい部類の眼鏡っ娘でもあったりします~♪

バトル時においては、グランドハープの形をした長弓を武器とし、光の矢を放って攻撃します。

演奏中は優雅な手の動きとは別に、足元では調音のためにペダル操作をするに当たっては、聴衆や指揮者の見えない所で
いろいろと苦労が尽きないのかもしれないです。
スポンサーサイト



モーリス・ラヴェルというと世間一般では「ボレロ」、吹奏楽経験者の皆様にとっては「ダフニスとクロエ」第二組曲、
ピアノ奏者の皆様にとっては「夜のガスパール」・「ソナチネ」・「クープランの墓」やピアノ協奏曲なのかもしれないですけど、
「鏡」というピアノ組曲の中の一曲を後日ラヴェル自身が管弦楽版に編曲した「道化師の朝の歌」という楽曲も、8分程度と
短めの曲ですけど、そこにはラヴェルのエッセンスがぎゅぎゅっと詰まったすてきな管弦楽曲だと思います。

「道化師の朝の歌」の原曲は「鏡」というピアノ曲組曲です。

「鏡」は以下の5曲から構成されています。

Ⅰ.蛾

Ⅱ.悲しい鳥

Ⅲ.海原の小舟

Ⅳ.道化師の朝の歌

Ⅴ.鏡の谷

この5曲の中で、海原の小舟と道化師の歌がラヴェル自身によって管弦楽作品用にご仁アレンジされています。

ラヴェルと言うと、一般的にはオーケストラの魔術師と称賛され、管楽器の使用方法やオーケストレーションの巧みさから
リムスキーコルサコフやレスピーギと並んで作曲テクニックに秀でた天才というイメージがあります。
ラヴェルの作品リストを眺めると分かるのですが、これほどまでオーケストラの魔術師と言われた人でさえ、
実は最初から純粋に演奏会用管弦楽曲として作曲された作品は、「スペイン狂詩曲」ぐらいであり、
それ以外の作品は大別すると、バレエ音楽または原曲がピアノ曲を後日管弦楽用にアレンジしたものなのです。
ちなみに、ダフニスとクロエ、ボレロ、マ・メール・ロア、ラ・ヴァルスは元々はバレエ音楽で、
クープランの墓、亡き王女のためのパヴァーヌ、高雅にして感傷的なワルツは元々はピアノ曲であったりもします。

道化師の朝の歌は、ピアノ曲として聴く方が印象としては非常にすっきりと聴こえるようにも感じます。
リズムの鋭さ・けだるさ・すがすがしさ、一見矛盾する要素を内在させながらも
非常に生き生きと描いているところにこのピアノ曲の素晴らしさがあります。
ピアノ曲として「道化師の朝の歌」を聴く場合、
私的には小山実稚恵さんのラヴェルピアノ作品集のCDの演奏が非常にしっくりきますし大好きな演奏です。
「道化師の朝の歌」を管弦楽曲として聴く場合、ピアノ曲とは全然別の曲のようにも聴こえたりもします。
管弦楽版の場合、中間部のかなりけだるい部分のソロは主にファゴットが担当していますけど、このファゴットが実に
いい味を出していると思います。
ピアノ曲として聴くと、ついつい聞き流してしまう箇所なのですけど、 管弦楽曲として聴く場合、
あのファゴットソロの部分は、だるさとおとぼけ的要素が絶妙にミックスした感じが非常に素晴らしいと思います。
それでいて音楽全体が粋な感覚で洗練されているのが聴いていても実にアンニュイでリラックスできますし、
打楽器も、タンバリン・カスタネット・シロフォーン・トライアングル・小太鼓など多種多様な楽器を駆使し、
色彩感を出すのに良いスパイスの役割を果たしています。
特にカスタネットの響きはスペインからの風みたいなものも感じたりもします。
ラヴェルの作品って音楽評論家的に言うと、水・スペイン・子供・魔法の要素が欠かすことが出来ないエッセンスと
書かれることが多いですけど、 確かにラヴェルの作品には、「スペイン」という要素はかなり重要なウェイトを占めているようにも
感じられます。
それが最大限発揮されているのが「スペイン狂詩曲」だと思いますけど、「道化師の朝の歌」もあのリズム感は、
スペインの響き以外の何物でもありませんし、さすがバスク地方の血を受け継ぐ作曲家という感じが濃厚です。

そうそう、ラヴェルの要素って、個人的にいうと、前述の要素に加えて 「悪趣味」・「最後に奈落の底に突き落とす」という要素も
加味したいです。
それが象徴される作品が、「ラ・ヴァルス」・「ボレロ」・「左手のためのピアノ協奏曲」だと思います。
いずれも精密な作品ながらも、曲の最後の方でこれまで保っていた精密さ・美学・バランス感覚を
全て崩壊させるという手法は、悪趣味以外の何物でもないと思う時もあります。

道化師の朝の歌は、スペインの要素を濃厚に出しながらも、ラヴェルの悪趣味的要素と美的感覚がギリギリのところで
折り合った 不思議な作品なのかもしれないです。

道化師の朝の歌は吹奏楽verとしてもアレンジされていて、吹奏楽コンクールの自由曲としてたまに演奏されることもあります。
2019年現在で、過去の全国大会でこれまで8回自由曲として演奏されていますけど、
1979年の愛工大名電以外は正直あまり印象に残る演奏ではないですし、吹奏楽の色彩感ではなくて分厚い響きの方が
強調される傾向があり、どちらかというともっさりとした粋な感覚ではないちょっと冴えない演奏の方が多いのは、この曲を
正しく表現するには管弦楽でないとかなり厳しいというものがあるからなのかもしれないです。

その中にあって、吹奏楽コンクールの中で演奏された道化師の朝の歌としては、私の中で最も印象に残り素晴らしい演奏と
感じるのは1979年の愛工大名電(当時は名古屋電気高校という校名です) に尽きると思います。
1979年に名古屋電気高校の道化師の朝の歌は、ドイツ的な重厚感あるサウンドでフランス的繊細さは皆無ですけど、
かなり個性的な演奏を聴かせてくれていたのは大変印象的でした。
79年の名電のファゴット奏者はこの道化師の朝の歌において大変素晴らしいソロを聴かせてくれていた事は
大変印象的でした。
余談ですけど、名古屋電気高校=愛工大名電の1990年の矢代秋雄 / 交響曲~第四楽章の吹奏楽アレンジ版の演奏は、
序奏から展開部に入るまでのピッコロとファゴットのデュエットアンサンブルは「お見事!」としか言いようがない
素晴らしい二重奏を聴かせてくれていたのが大変印象的でした!
90年の名電のあのピッコロとファゴット奏者のお二人には当日の「アンサンブル大賞」を贈呈したい気分で
一杯でもありましたし、あの年の名電が銀賞とはあまりにも意外であり、
私としてはあの演奏は課題曲A / ランドスケイブの演奏を含めてグランプリクラスの金賞と予想していた事もあり、
あの評価は今でも納得いかないものがありますね・・

1979年の「道化師の朝の歌」演奏当時は学ランの男子校で、サウンドもかなり骨太のような印象もありました。
もしかしたらなのですけど、この当時には後に西武・巨人等で活躍され、ホークスの監督を務められている工藤公康投手が
在籍していたのかもしれないです。
愛工大名電はフーサ・ネリベル・バーンズ等の吹奏楽オリジナル曲を取り上げることも多々あり、
このチームの骨太サウンドを最大限発揮したネリベルの「交響的断章」やフーサの「プラハ1968」といった厳しい音楽の世界の
素晴らしく精緻な表現は素晴らしかったです。
当時の指揮者の松井先生というと私的にはやっぱりフーサのプラハ1968の印象が大変強いですし、この曲を初めて聴いたのが
1985年の松井先生指揮による素晴らしい名演でもありました。
それと個人的には1980年のパーシケッティの「吹奏楽のための仮面舞踏会」というあまりにもマニアックすぎる吹奏楽オリジナル
作品をあそこまで内省的に精密に表現されていた印象も捨てがたいものがあります。
反面、1977年と95年の「エル・サロン・メヒコ」とか1993年と96年の「ローマの祭り」のようにクラシックアレンジものを華麗に
鳴らしてみたり、矢代秋雄・名取吾郎・大栗裕等の邦人作品をきめ細かく仕上げたりとその多様性は「凄い・・」としか言いようが
ないと思います。
松井先生の音楽は、クラシック作品のアレンジものだったら、ワーグナー等の重厚な作品の方がぴったりのような気も
するのですけど、松井先生が全国大会でドイツ系を取り上げたのは、リエンチ序曲とトッカータとフーガニ短調だけというのも
今にして思うと「ちょっともったいないのかも・・」とすら感じてしまいそうです。

1979年の名電の「道化師の朝の歌」という選曲はこのチームにとっては珍しいタイプの選曲なのかもしれないです。
(フランス系としては、支部大会落ちでしたけど78年に「幻想交響曲」を取り上げ、94年には「ダフニスとクロエ」第二組曲を
自由曲に選んでいたりもします)
79年の名電の道化師の朝の歌は、意外とどんびしゃの演奏を聴かせてくれています。
当時の名電のサウンドは骨太で重厚なので、こうしたラヴェル作品との相性はいいはずはないのですけど、
ラヴェル自身、スペイン系の血が混ざっていて時に武骨な面も見せる事もあるのですけど、
名電の演奏はこうしたラヴェルの武骨な面を巧みに演出していたような気もします。
この演奏はどのパートもみな巧いのですけど、特に抜群に光っていたのはファゴットでした!
曲の中で何度もファゴットの完全ソロの箇所があるのですけど、全て完璧に決まっていましたし、
とぼけていて、悪趣味で、不気味で、姑息で、時には澄ましていて、多様な表情をファゴット奏者は実に見事に
演出していたと思います。





ららマジ器楽部のファゴット担当は橘レイナです。

アルトサックス担当の橘アンナは、レイナの双子の姉の方です。

橘レイナは、橘姉妹のミステリアスな可愛いお姉さんの方でしてアンナの双子の妹の方です。
バトル時の武器はファゴット型の狙撃銃で、複数の銃を同時に発射することもできるそうです。

お顔は双子という事でアンナとかなり似ている雰囲気もありますけど、アンナがボーイッシュな雰囲気なのに対して、
レイナの方はいかにも女の子という感じで、かわいらしい!というオーラに溢れていると思います。


_convert_20191204160742.jpg


橘レイナのウェディングドレス姿です! 女の子の憧れのシンボルとしてのウェディング衣装がとてもよくお似合いだと
感じられます。


_convert_20191204160809.jpg


同じく橘レイナのおしゃれな私服姿です!

美少女はどんな衣装でもよく着こなしお似合いという事を立証していると思いますね~♪

橘レイナのソロによるラヴェルの「道化師の朝の歌」のファゴットのウィットに富み洗練されているけど、どことなくとぼけた
雰囲気のソロをぜひ聴いてみたいものですね~♪

 | BLOG TOP |