FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


「ヒーリングッとプリキュア」の放映が開始された2020年2月は既に新型コロナウイルスの感染リスクが高まりを見せ、
商業活動に規制が掛けられ始めた時期とも重なりますので、
例年ですと毎年2~3月においては新プリキュアのお披露目ともいえそうなプリキュアショーは全国各地で開催されるのが
通例ではありましたけど、例えば緒方商業施設でのプリキュアショー開催は三密そのものを招いてしまいそうですし、
そこが感染源になってしまっては、ヒーリングっとプリキュアの敵はビョーゲンズである事を考えるとシャレになりそうにも
ないですので、ヒーリングっとプリキュアショーが最近までほとんど開催されていなかったのはある意味やむを
得なかったのかもしれないです。
特にイオンやイトーヨーカドー等における大型商業施設内でのプリキュアショーの開催は、三密回避や
ソーシャルディスタンスや新しい生活様式という観点においては開催自体が大変難しそうでもありますし、
屋外の少人数で開催される事の多い住宅展示場におけるプリキュアショーならば実現の可能性もまだありそうなのかも
しれないですけど、実は3月以降の住宅展示場自体が通常の誰でも自由に入れるオープン営業は中止し、
モデルハウスの見学自体が完全予約制度になっていますので、プリキュアショーの開催による集客効果という目的自体が
既に喪失していますので、集客目的としての住宅展示場でのプリキュアショー開催もかなり厳しいものがあったのかも
しれないです。

最近においては確かに新規感染者の数も依然として高止まりにある事にかわりは無いのですけど、私達自身が
ある意味新型コロナウイルスにいい意味でも悪い意味でも慣れが生じてしまい、
「ある程度の感染者の発生は避けられないし仕方がない」
「来年度以降のワクチン接種が本格的に開始されるまでは新型コロナウイルスとある意味共存して生きていかないといけない」
「会話を極力控えて、マスク着用と手洗い・アルコール消毒をしソーシャルディスタンスを徹底していれば
以前のような商業活動の再開やイベントを開催して経済活動をある程度回していかないと、経済が死んでしまい、
大恐慌を招きかねない」という認識は出来つつあるのかもしれないです。
そうした背景もあるのか、イベント会場の収納人数の制約も緩和されつつあり、例えばクラシック音楽の演奏会においても
100%の客席収容も可能との事ですし、プロ野球等のスポーツイベントも2万人を上限として最大収容人数の50%までは
観客を入れてもOKという流れになりそうですし、
そうした流れを売れたのかもしれないですけど、9月に入るとボチボチと住宅展示場などを中心に小規模開催では
ありますけどプリキュアイベントも開催されつつあるのはとっても喜ばしい事だと思いますルンツ~♪
住宅展示場も概して7月辺りまではクローズまたはモデルハウスの見学は完全事前予約制という制約が
課せられていたようですけど、8月中旬以降からは元の営業スタイルのフリーオープン式に戻りつつあるようですし、
誰でも自由に見学できるという事は、集客活動もある程度必要になってくるということで、プリキュアショーも少しずつ
開催がされているという事なのかもしれないです。
但し、以前のように全プリキュアや敵幹部・敵の怪物などたくさんのキャラたちがバトルを展開する本格的なプリキュアショーの
開催はまだ少し厳しいものがありそうですし、そうした戦闘を伴う大規模なプリキュアショーを大型商業施設等で
開催するのはまだ少し先の話なのかもしれないです。


CIMG4035_convert_20200914014707.jpg


先日、とある埼玉の住宅展示場で開催されたプリキュアショーもバトルを伴う全プリキュアや敵幹部が登場する
本格ショーではなくて、この日はキュアグレースのみの撮影会のみでしたルンッ~♪

それでもたった一人のプリキュアの出演であったとしてもこうやってプリキュアショーが久しぶりに拝見出来た事だけでも
大変尊いものがあると思いますルン!

この日の住宅展示場は決して混雑している訳ではなくて、キュアグレースの記念撮影会に来ていた親子連れは
7~8組前後であり、一通り写真撮影が終わってしまうとキュアグレースもなんだか少し手持ちぶたさにしていたのは
仕方がない事なのかもしれないです。
ただその分、いつもよりは一組当たりの撮影にかける時間も倍以上あり、家族連れでプリキュア撮影会に来ていた
皆様たちもキュアグレースと何枚も写真を撮られていたり、なかには
「グレースちゃん、ちょっとこんなポーズしてみて~♪」とリクエストしているファミリーもいたりして、なんだかそれが
とても微笑ましい光景のように感じたものでしたルン!





記念撮影のバックは花壇でしたので、花のプリキュアと言うべきキュアグレースにとってはぴったりの背景なのですルン!

ちなみにですけど、キュアグレースって何ですか?と知らない方のためにごく簡単に解説をすると、
キュアグレースとは、ヒーリングっど♥プリキュアに登場するプリキュアで、花寺のどかが変身する花のプリキュアです。
イメージカラーはピンクで桃キュアに相当します。
パートナー妖精はウサギ型のヒーリングアニマルの女の子・ラビリンです。
変身時の名乗りの「重なる二つの花」とはのどかとラビリンのことであり、名乗りセリフも二人が同時に発していたりしもします。

のどかはおっとりしていてマイペースなものの明るく芯が強く、幼少期は病弱で入院していた過去があり、
中学に入学したあたりよりやっと自由に歩けるようになったというのも、歴代ピンク系プリキュアはやたらと明るく元気溌剌な
おバカ娘か武闘系が多かった中ではむしろかなり異色な存在なのかもしれないです。
第一話の開始時点で病気自体は治っていますけど、ずっとベッドの上か車椅子で過ごしていたため、
身体が全く鍛えられていなくて、元気と体力だけが取り柄のおバカ系ピンク系キュアが圧倒的に多い歴代プリキュアとしては
かなり異色な存在ともいえそうです。
運動が苦手……どころか基礎体力と筋力がかなり乏しく、特に体のバランスを取る機能が弱く、
ちょっとしたことでつまづいたりよろめいてしまい、 第1話ではダッシュして来たひなたにぶつかって、
のどかだけが倒れ込んでしまったり、体育の授業で剣道の防具をつけただけでヘロヘロになってしまうのも
病み上がりプリキュアらしい話だと思うのですけど、今作の敵がビョーゲンズである事を考えると、のどかほど
ビョーゲンズと戦うにふさわしいプリキュアはいないのかもしれないです。


CIMG4030_convert_20200914014548.jpg


プリキュアファンのおおまかな分類としてちいさなおともだちとおおきなおともだちに分けられると思いますけど、
この日は(私も含めて)何人かのおおきなおともだちもプリキュア撮影会に来ていたようです。

どの顔も気のせいか「久しぶりのプリキュアショー」という事で感慨深い雰囲気でもありました。

キュアグレースも手持ちぶたさであったようなので?? おおきなおともだちからの写真のポーズをいろいろとおねだり
されていても快くそうしたリクエストに応じていたのは微笑ましモノがありましたルン!

かなり昔の話ですけど、義妹が小さい子供たちを連れて遊びに来ていた時に、暇そうにしていた一番下の姪を連れて
プリキュアショーを見学した事がありますけど、こういう時は堂々と?写真撮影会や握手会に参加できるのは
いいものですし、「こどもにかこつける」とはこういう事を言うのかもしれないですね~


CIMG8890_convert_20150922153115.jpg


最近のプリキュア撮影会や握手会というのはイベント開始と同時に撮影会等が開始される傾向にありますけど、
ハピネスチャージの頃辺りまではこうした単独プリキュアの撮影会であっても、撮影会の前に
ダンスお披露目やクイズ大会、じゃんけん大会等があったりしてそれもまたとても楽しかったですルンッ~♪

ちなみに上記のラブリーの単独イベントの際には、司会者のお姉さんが噛んだり言葉に詰まったり
プリキュアの登場人物の名前をど忘れして空白が生じていた時には、ラブリーが背後で司会者のお姉さんを
軽くどついたりしていて、それもまた楽しいハプニングでしたルン!


CIMG4029_convert_20200914014515.jpg


住宅展示場にはたくさんのキュアグレースののほりが立てられていて、のほりが風でひらひら舞っているのは
なんだかグレースがかわいく舞っているようにも感じられとてもかわいかったです。

もちろんあののぼりは当日のショーが終了するとイベント主催者が全て回収してしまうのですけど、
ヒーリングっとプリキュアが最終回を迎え次のプリキュアが登場してくるシーズンになると、そうしたのぼりも不要に
なってしまうのかもしれないですので、かわいいかわいいグレースののぽりはイベント主催者にダメもとで
「一本譲って下さい」と本気のお願いをしたら譲ってくれるのかな・・??
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |