FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


2013年頃の記事で一度「最近生まれて初めて白髪が生えた・・これって高齢者への第一歩・・!? ショック・・」と
記した事がありましたけど、実はそれ以降2019年末までは白髪が一本たりとて生えてくることは幸いありませんでした。
しかし、2020年に入ると、耳たぶ付近の生え際に結構な本数の白髪が出てきている事を発見してしまい、
これはこれで結構ショックではありましたけど、同時に「年相応だから仕方ないかも・・」と諦めにも似た感情も湧いてきた
ものでした。

30代~50代の皆様を対象にした「どういう時に自分が年を取ったなと感じますか?」というアンケート調査において、
体力が落ちた・階段をダッシュすると息切れを起す・物覚えが悪くなった・人の名前が覚えられなくなってきた・
お酒に弱くなった・出不精になってきた・休みの日はテレビを見てボーっと過ごすことが多くなった・お腹がぽっちゃりしてきた
といった結果が上位に入っていましたけど、その中で特に共感を覚えたのは
「鏡を見て白髪が増えてきているのを見た時」という項目でした。
最近まで白髪という現象がなかっただけに急に目立つように感じられたので、そのような共感を覚えたのかもしれないです。

以前ですけど、大学の吹奏楽団の記念懇親会というものが開催されていて、私自身は出席は出来ませんでしたけど、その後
OBやOGにその時の写真がOB会報として送付されてきました。
その写真には、何人か知っている同期・先輩・後輩が写ったりもしていましたけど
「あれれ・・この半分白髪の御方は、当時パーカッションを担当していたあの可憐なお姉さまなの・・!?」とか
「パート練習中、個人練習しているよりは髪をいじくったり化粧している時間の方がどうみても長そうなあのクラリネットの
お姉さまも髪の毛が1/5程度真っ白になっているじゃん・・」と感じる事もあったりして
「やっぱり人と言うものは高齢化はさけられないよね~、よかった・・自分だけじゃなかったんだ・・」と感じたりもしたものでした。

やはり白髪が髪に目立ち始める=見た目の高齢化が始まるという事で、白髪が目立つ人を見ると
「あ・・ご年配の人なのかな・・?」みたいな印象をついつい持ってしまいますからね・・
うちの奥様は髪が腰まで達しているいわゆる黒髪ロングなのですけど、最近はさすがに彼女も高齢化のようでして、
その長髪に白髪もちょいとまじるようになり、長髪ロングに白髪が入り込むと
「なんだか雪女さんみたいな妖怪なのかも・・」とついつい思ってしまいます。
数十年後にもしも彼女の髪が全て長髪白髪になってしまったら、「妖怪」とほとんど大差がないのかもしれないですね~
東方の世界では、幻想郷における最大の罪は「人間が妖怪化する事」でもありますので、うちの奥様は
霊夢やゆかりん・マミゾウ親分にとっては粛清の対象なのかもしれないです・・

私自身、「自分自身が既に会社の定年を迎え会社勤めをしなくなった場合、もしも髪の毛の薄毛・後退がひどくなったり、
髪の毛が半分以上白髪になったとしたら、思い切って丸坊主というかスキンヘッドにした方がまだマシかもしれない」と
思っていたりもしました。
実際、街中でたまに見かける高齢者のスキンヘッドは怖いというよりはむしろ「すがすがしさ」みたいなものも感じたりもします。
上記で耳の生え際あたりで白髪が目立つようになってきたと記しましたけど、実はよーーく鏡で見てみると、
白髪というよりはなぜか銀髪っぽく見えたりもします。

私の感じ方なのかもしれないですけど、白髪は嫌だけど銀髪はなんだかかっこいい・・というイメージもありますけど、
アニメ・ゲーム作品等での銀髪の美少女の皆様は、美しさ・ミステリアスさ・神秘さ・おとなっぽい・凛々しいという
好意的なオーラを感じさせてくれていると思います。
そんな訳で、もしも自分自身に白髪ではなくて銀髪っぽいものが増え出したら、逆に「スキンヘッドなんかもってのほか!」と
感じてしまうのかもしれないですね。
というか・・希望としては白髪びっしりのいかにも年老いたジジイになるよりは、むしろ数十年後?においては、
銀髪が良くお似合いのちょっと?シブいくそじじいくらいにはなりたいものです。

話はそれますけど、白髪の前兆みたいなものは数年前にあったような気もします。

それが何かと言うとちょっと汚い話かもしれないですけど、鼻毛に白髪が出てきた事でもありました。

白髪というとやはり頭の髪というイメージが強く、鼻毛・胸毛・脇毛にもそうした白髪が生えてくる事は
全然珍しいことではないという事がその後分かったのですが、
振り返ってみると、昭和の頃に胸毛というと巨人軍の長嶋選手というイメージがあったものですけど、
長嶋が現役を引退しそのまんま巨人軍の監督に就任したものの、皆様ご存じの通り第一次長嶋政権は、
初年度の最下位とか日本シリーズに出場しても阪急に一度も勝てなかったとか、色々と大変な面は多かったと思います。
そうした第一次政権時の監督時代に長嶋監督も相当悩まれストレスが溜まった結果、トレードマークの一つに胸毛に
白髪が目立つようになってきたと確か当時の新聞・スポーツ新聞等でネタにされていましたけど、
髪に限らず、鼻毛・胸毛の白髪も確かに環境とか遺伝とか食生活等の原因があるのでしょうけど
ストレスというものも相当大きな因果関係がありそうな気がしますね。

本来は黒いはずの鼻毛に白髪が生えてしまう原因はそもそも一体何なのでしょうか?
白髪が生える基本的な理由には下記のようなことが考えられると思います。

①メラニン細胞の機能不全
②食生活の偏りと生活習慣の乱れ
③遺伝
④ストレスや疲労

このあたりは頭の白髪とほぼ発生メカニズムは同じなのだと言えそうですね。

人によっては「頭の白髪も鼻毛も引っこ抜くともっと白髪が生えやすくなってしまう」みたいに言われる方も結構多いかとは
思うのですけど、これは必ずしもそうとばかりいえないものがあるらしいです。
白髪は抜いても良いのかというと、そういう訳ではないです。
白髪を抜くと毛母細胞やメラニン細胞を傷めるため、健康な毛が生えてこなくなる危険がありますし、
特に鼻毛の場合は抜く事はやめた方が宜しいかと思われます。
どうしてかと言うと、鼻毛はデリケートな粘膜に生えているからで、抜くと粘膜を傷つけ、炎症を起こしやすいからと
言われてもいるようです。

鼻毛に白髪を見つけたときは、抜くのではなく「切る事」の方が大切だと言えそうですし、同時に
ハサミでカットして、外から見えないようにするのが鼻毛の基本のケアなのだと思われます。

話を銀髪に戻しますと、銀髪の美少女は金髪・黒髪の美少女とは別の意味でとても魅力的で美しいものがあると思います。
(今から2週間ほどまえに記事にしたアイドルマスターシンデレラガールズのアナスタシアの銀髪はとっても魅力的だと
改めて感じたりもします)
リアルにおいて、ばあさまたちが誰がどうみても白髪の皺くちゃクソババアのくせに「私の髪は銀髪」と言い張っているのを
見かけたりしますけど、
「あんたの髪は誰がどうみても単なる白髪! 美少女たちの銀髪と一緒にするな~」と文句の一つも言いたくなりそうです。

それでは具体的にアニメ・ゲーム作品においてどんなすてきな美少女銀髪キャラがいるものなのでしょうか・・?
下記に少しばかり一例を挙げてみたいと思います。

〇アイドルマスターシンデレラガールズ / アナスタシア 神崎蘭子

〇アイカツ / 藤堂ユリカ

〇艦これ / 翔鶴お姉さま 多摩 由良 浜風 鹿島 響 武蔵など

〇ダンベル何キロ持てる? / ジーナ・ボイド

〇プリキュアシリーズ / イース・トワイライト様

〇Rrゼロ / エミリア

〇球詠 / 中田奈緒 陽秋月

そして・・東方Projectキャラの中で銀髪キャラと言うと、永琳・サグメ様といった月の民関連が印象的ですけど、
東方で銀髪キャラと言うと苦労人ポジション・短髪・刀使いといった共通項を持つ妖夢と咲夜さんが
大変印象的であったりもします。

妖夢は二刀流なのですけど、接近戦で無いと勝機がほとんど無いのですけど
咲夜さんの場合は、至近距離からの攻撃もナイフで全然可能ですし、
ナイフ投げという事で遠距離からでもぶんぶんナイフを投げられますので、もしも妖夢VS咲夜さんのバトルが勃発したとしても、
このバトルは元々、咲夜の方が有利なのかもしれないです。
というか、妖夢VS咲夜さんのバトルに関していうと、経験・技量・技の切れ味・体力等を考えるとどうみても
咲夜さん圧倒的有利という感じしかないです・・
もっとも本年度の東方人気投票ではそうした咲夜さんを差し置いて?? 妖夢が霊夢すらも抑えて初の1位を獲得していたのは
意外だけど大変印象的でもありました。


螟「螯棒convert_20190226123706


2019年に発売されたベルファイン制作の妖夢のNONスケールフィギュアは、
人気イラストレーター・スコッティ氏がフィギュア用に描きおろしたイラストをベースに、刀を構えて凛とした姿として
立体化されていて、楼観剣と白楼剣の二振りを操る凛々しく躍動感のある姿が大変印象的です。
これまでの「ちょっと子供っぽい・・」みたいな雰囲気がメインだった妖夢フィギュアのイメージを一変し
かなり大人っぽいお姉さんとしての妖夢がそこにはいそうです!

それにしてもこの妖夢は本当に大人っぽい剣士だと思います。

この雰囲気からはいつものあのへたれとかゆゆ様にからかわれて少しムッ・・としている妖夢ではなくて、
大人になった妖夢が自らの頭で考えそして行動し、
着実に成果を挙げている妖夢といえそうです!

半霊部分の人魂も、従来の少し白濁としたものではなくて透明な感じがしているのも妖夢の存在感を更に引き立たせている
ようにも感じられそうです。

妖夢のスカートがふわっ・・と浮いた感じや妖夢の太ももの眩しさや
今この瞬間にも相手を問答無用でたたっ斬る!といった間合いの迫力を感じてしまいます。
妖夢のこれまでのイメージは、かわいくて少しあどけない女の子が物騒極まりない剣を二つもぶんぶんと振り回しているという
そのギャップがとても魅力的というものでしたけど、
このベルファインの妖夢からは、ギャップではなくて、美少女剣士が真剣な気持ちで相手に真摯な気持ちで挑んできている
という真剣勝負としての妖夢を見事に表現していると思います。

この妖夢の眼差しは「隙あらば本当にたたっ斬る!」といった気迫が十分すぎるほど伝わっていると思います。


蜥イ螟・1_convert_20160921152045

上記の咲夜さんは、2010年に 月刊コンプエース5周年記念として、誌上通販限定されたコトブキヤ制作の咲夜さんの
フィギュアです。

舞い上がるスカートや腰のリボンが、とにかく素敵な躍動感を感じさせてくれています。

咲夜さんのメイド服はかなりシンプルなデザインで、ベースカラーが明るめのスカイブルーで、一見すると、
メイドさんというよりはどちらかというと喫茶系のウェイトレスさんみたいなイメージに近いと言えるのかもしれないです。
「メイド服=エロい」みたいなイメージもあったりする中で、ウェイトレスさんっぽい雰囲気の方が咲夜さんらしい
完璧な美を追求できるのかもしれないです。
エプロンも腰から下だけのタイプですけど、後ろのリボンが大きめに取ってある点はメイドさんっぽい雰囲気全開だと思います。

咲夜さんといえば投げナイフの人ですけど、両手に三本づつを握り右手を振りかぶったこの躍動感というのが、
静と動と言えば明らかに「動」をイメージさせるこの動きが素晴らしいと思います、
このフィギュアは、いかにも「今からナイフをぶん投げるよ!」みたいな雰囲気がビシビシと伝わってくる感じが伝わります。
スカートの流れ方が、上から下に飛び降りてきた直後を思わせているのも動的な演出に一役買っているようにも感じられます。
スカートがふわっと舞っているのは、咲夜さんのセクシーさをアピールするとの同時に、
右太もものナイフホルダーをチラ見せさせる意図もあるのだと思います。

妖夢も咲夜さんも東方屈指の銀髪キャラですけど、それぞれ持ち味や魅力は異なるものの二人とも
「やっぱり美少女金髪キャラはすてきだよね~♪」と感じさせる魅力は間違いなく有していると思います!
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |