FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


昨日、⑨月⑨日は「チルノの日」でしたけど、昨日記事の通り、私の大好きな千葉ロッテマリーンズですてきなニュースが
飛び込んできたため、そちらの方を優先してしまい、チルノの日記事は一日遅れになってしまいましたけど、
チルノはそんな細かい事にほとんどこだわらないキャラでもありますので、「まっいっか~♪」と感じてしまいそうです。

9月9日は別にこの日がチルノの誕生日とかそういう訳でも無くて、東方の他の記念日のように語呂合せという訳ではなくて、
チルノ=⑨=おバカさんという事で、
毎年、⑨月⑨日はチルノの日とか、またまた更に細かく言うと、、⑨月⑨日⑨時⑨秒もチルノの日と言われております。

東方キャラの日としては、博麗霊夢の日(8月9日)とか早苗さんの日(3月7日)とかこいしちゃの日(5月14日)なども
ありますけど、この「チルノの日」は東方キャラの日としてはかなり盛り上がる方ではないのかな・・とも思います。

そもそも論になってしまいますけど、 どうしてチルノは「⑨」と呼ばれているの・・?という方も中に入ると思いますのて、
簡単に説明をさせて頂きますと、
東方花映塚オンラインマニュアルの中の「画面説明」という所で、用語説明がなされているのですけど、
その中において、
1.プレイヤー 2.現在のスコア 3.ライフ 4.現在のコンボボックス 5.チャージケージ 6.現在のカードアタックレベル
7.現在のポストカードレベルアタック 8.残機 とそれぞれ説明がなされている中で、
チルノの画像が表示されている所に⑨と記され、
「9.バカ」となんと・・・! はっきりと公式のゲームマニュアルにおいて
「チルノ=バカ」と記されていて、元々チルノは以前から「可愛いおバカさん妖精」と言われてはいたのですけど、
公式自体がまさかまさかの「バカ認定」をしてしまいましたので、
それ以降・・・チルノは⑨=おバカさんというキャラが成立してしまったという事なのです!

チルノはそれていいんです!

チルノなんなんだからしょーがないのです!

チルノは、本当に「愛されキャラ」ですし、あのおバカさんぶりとか
「あたいったら最強ね!」の言葉に代表される通り、本当はポンコツ妖精ちゃんなんですけど、少し強がっている所とか
本当に可愛くて可愛くてたまらない!という感じでもあります!
チルノは「冷気を操る妖精」という事で、チルノの周辺は寒くてさむくて堪らないという設定ではありますけど、
なんかああいう可愛らしさを目の当たりにしてしまうと、
今すぐチルノをとっつかまえてきて、頬をすりすりしたいような愛くるしさがあると思います。
チルノの言動はポンコツ以外の何者でもないのかもしれないですし、
チルノがなにかやらかす度に、そうですね・・それを見ている方も
「ま・・・またあの頭の悪い妖精ちゃんが何かやらかしたのね・・くすっ・・」みたいな雰囲気にさせてしまうのは、
チルノの「人徳」という奴なのかもしれないですし、 チルノ愛されキャラ説を立証していると思います。

今現在そうしたイベントがあるのかどうかは分かりませんけど、小学校や中学校の際には学期末近くに
道徳の時間やホームルームの時間を活用して、ジュースやお菓子の持ち込みOKの
かくし芸とか手品とか小話とかミニ劇・ミニコント・モノマネ・歌謡曲熱唱・ダンスといった一発芸お披露目会みたいなお楽しみ会
みたいなイベントも開催されていたような記憶があります。
そうした場合、何人かつるむ場合と単独で行う場合がありますけど、こういう時って「芸は身を助ける」というのは多少は
あるのかもしれないです。

当ブログでは何度も書いている通り、私自身は小学の頃は管楽器クラブにて打楽器を担当し、
中学以降は吹奏楽部でクラリネット・アルトサックスを吹いていましたので、
こうしたイベントの際には「楽器で一曲を吹く」という芸をお披露目すれば周りからは結構「おおー、すげーじゃん!」といった目で
見られることも多々あったと思います。
中学の頃、アルトサックスで当時流行っていたサザンオールスターズの「思い過ごしも恋のうち」を吹いたら、
まさかのアンコールが起きてしまい、しかも「違う楽器でなんかやれ」と担任教師から無茶ぶりまでされてしまい、
仕方ないので昔取った杵柄という訳ではなかったのですけど、部室からシロフォーン(木琴)を持ち出し、
ハチャトゥーリアンのバレエ音楽「ガイーヌ」~剣の舞をお披露目したら、「さすが吹奏楽部のお家芸!」とべた褒めされて
いたこともあったものでした~♪
金融機関在籍時に、老人会・町内会の一泊二日の慰安旅行に添乗員として同行させられ、宴会で
「おまえたちもなんかやれっ!」みたいな際にも、その旅行時にクラリネットを一本持ち込んで
懐メロかなんかテキトーに一曲吹く事が出来れば、やはりそれだけで「すごいじゃん!!」みたいな目で見られたりもしましたので、
やはりこういう「一芸」はあると助かりますよね~
ちなみにご老人ばかりの旅行時には「青い山脈」・「上を向いて歩こう」・「津軽海峡冬景色」・「川の流れのように」あたりを
吹くとかなりウケはよかったと思います。
一度当時流行っていたパフィーの「渚に関するエトセトラ」を吹いたら「なんじゃそれ・・!?」と全然受けなかったのは
やむを得ない話なのかもしれないです。

そうしたクラス内の一発芸お披露目会でネタがないクラスメイトは、無難に「なぞなぞ」を出題してお茶を濁していることも
多々あったような記憶があります。

「パンはパンでも食べられないパンはな~んだ?」 「正解はフライパンで~す!」みたいな他愛も無いばかりでしたけど、
中には・・「鳥は鳥でも飛べないし食べられない鳥はな~んだっ?」というなぞなぞに対して
ある一人の生徒がなぜかしりませんけど「借金取り!」と答え、周囲が「なんじゃそれ・・?」みたいな雰囲気になっている中、
その生徒が言うには
「だってうちにはよく真夜中にそんな借金取りの人たちがやってきてドアをガンガンぶっ叩くよ・・」と平然と言っていましたけど、
それって当時はあまりよく分からなくても今現在の感覚で思い出すと結構シュールな話なのかも・・??
そしてその十数年後にまさか自分自身が金融機関に在職したことにより「借金取り」の片棒担ぐ羽目になるとは当時は夢にも
思わなかったです。
ちなみに今現在は法律で夜21時以降の督促は電話でも訪問でも厳禁扱いとなっているようですので、真夜中の借金取りの
取り立ては昭和の頃の話といえそうですね~

こうしたイベントの際のなぞなぞの問題としてどんな出題がされていたものでしょうか・・?

記憶に残る範囲で少しばかり記してみますと・・

みんなから「とっても賢いね」と言われる楽器ってな~んだ? → 答え:リコーダー(利口だ)

数字の9が嫌いな動物ってってな~んだ? → 答え:スカンク(好かん9)

口から出てくる「くび」ってってな~んだ? → 答え:あくび

丸じゃなくて、四角いボールってってな~んだ? → 答え:段ボール

学校の中でどんどん歳を取る場所ってどこ? → 答え:廊下(老化)

陸上競技場にいつもある車って、どんな車? → 答え:トラック

カレーのルーにこだわりを持っているのはどこの国の人? → 答え:ルーマニア(ルーのマニアだから)

ある県に住んでいる人は、ハンガーを決して使わないといいます。その県とはどこでしょう?
→ 答え:福岡県 (服を掛けんばいっ!)

家電屋さんである物を買ったら、女の子が付いてきました。さて何を買ったのでしょう? → 答え:除湿器(女子付き)

「うちわ」はいいけど、「扇子」は持ち込み禁止の乗り物ってってな~んだ? → 答え:潜水艦(扇子イカン)

お墓参りに2回も行った人の調子はどうでしょう? → 答え:ぼちぼち(墓地×2)

上記の「パンはパンでも食べられないパンはな~んだ?」 とか「鳥は鳥でも飛べないし食べられない鳥はな~んだっ?」
といったなぞなぞなのですけど、これって別に正解は一つだけではないのですよね。
食べられないパンの回答としては、他には私が思い浮かぶ限りでは、ジャパンとかジーパンとかチノパンとか審判とか
ピーターパンとか前科一犯とかルパンなんかが思い浮かびます。
「鳥は鳥でも飛べないし食べられない鳥はな~んだっ?」のなぞなぞの答えは、そうですね・・これは色々とありそうですね。
例えば、しりとり・あやとり・ねずみとり・関取・鳥取・サントリー・てとりあしとり・ちりとり・うっとり・おっとり・シンメトリー
あたりなのかな・・?
東方好きの皆さまでしたら、正解は・・「にとり」ですよねっ!

考えてみるとこういうなぞなぞ・クイズって別に正解・答えが一つとは全然限らないのですよね~

他には例えばですけど、

「鯛は鯛でも泳がない鯛はな~んだ?」というなぞなぞの答えとしては、ネクタイ・期待・気体・死体・遺体・値などが
思い浮かびそうです。
東方の幻想郷のあるキャラの皆さまでしたら「あたい」とか言うのかな・・?

「イカはイカでも墨を吐かないイカはな~んだ?」というなぞなぞの答えとしては、
西瓜・Suica・トロイカ・配下・哀歌・追加・家庭科・文明開化などが挙げられそうです。
東方好きの皆さまでしたら、正解はやはり「萃香」ですよねっ!

他にも他にも・・

「栗は栗でも食べられない栗はな~んだ?」というなぞなぞの答えとして、
びっくり・しゃっくり・ゆっくり・こっくりこっくり・がっくり・九十九里などが思いつきそうです。

とにかく世の中というものは、なぞなぞに限らず生き方とか考え方一つとっても「正解」とか「唯一の答え」というものは
ないと言えるのだと思いますし、それが人それぞれという事なのかもしれないです。

さてさて、こうした他愛もないなぞなぞですけど、万が一ですけど何かの間違いで幻想郷入りを果たしてしまい、
そこでうっかり氷の妖精のチルノに遭遇してしまい、チルノから喧嘩を吹っ掛けられた場合の対処方法として
チルノになぞなぞを出題するのも一つの方策なのかもしれないです。
阿求の「東方求聞史紀」においても、「チルノに万一遭遇したとしても、あせらないで、とにかくなぞなぞをチルノに問いかけよう・・
間違いなくどんな問いでも答えられず迷ってしまうので、その隙に逃げよう!」みたいな書かれ方をしていますので、
阿求も「チルノ=おバカさん」という認識を持っているという事なのだと思います。
上記のなぞなぞの問題をチルノに出題したとしても間違いなく一問も答えられないと思いますし、それ以前に幻想郷に
除湿器やリコーダーは存在していませんからねぇ・・

チルノは冒頭で記したとおり⑨とかおバカさんという扱いをついついされがちなのですけど、チルノは本当に愛されキャラですし、
上記のようななぞなぞを出題すると丸一日考えても全然答えにたどりづけず、ずーーっと「??」となってしまうところにも
チルノ人気の一端が垣間見えそうです。


chicchiiiiiruru_convert_20100930121012.png


ここから下記はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた絵のご紹介コーナーです。
上記のなぞなぞ記事において「なぞなぞを出されても一問も正解を出せそうもないチルノ」について記させて頂きましたので、
ここではアミグリさんが描かれたかわいいかわいいチルノを2作品ほど転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

上記はアミグリさんが2010年9月に描かれたロリチルノです~♪

チルノは只でさえかわいい妖精ちゃんなのに、アミグリさんによってかわいらしさがマシマシになり、ロり化も果たした
ロりかわいいチルノだと思います。
デフォルメ化した訳では無いのだけど、アミグリさんのすてきな魔法によってちびっこ幼女化されてしまったチルノが
とてもかわいいと思いますし、見ているだけで思わずくすっ・・となってしまう癒されそうな素晴らしい一枚だと思います。
この作品はアミグリさんの中でもかなり初期の方なのですけど、はるか昔からアミグリさんのチルノ愛は
本物だったと言えるのかもしれないです。

何となくですけど「指人形」みたいな雰囲気も感じられ、 こんなちびっこくてロリロリ化したチルノを、手のひらに乗せて
一緒に遊びたいような気持にさせてくれるかわいい一枚だと思います。


crisutaru-chirno-_convert_20140709171803.png


続きましてアミグリさんが2014年7月に「ここどこ?」というタイトルで描かれたチルノです。

このチルノに関しては、色々と脳内妄想が発揮しまくりの一枚だとも思えます。

チルノは妖精なのですけど、まるで「スマイルプリキュア」のマジョリーナの「チイサクナール」によって
箱に入れるような小ささのチルノにちっちゃくされてしまったみたいな雰囲気がありますし、
さすがに「え・・なんであたい、こんなにちっこくなったの・・? 第一ここ一体どこなの・・?」みたいに
珍しく少々不安におびえている様なチルノがそこにいるんじゃないのかな・・?と思ったりもします。

果たしてチルノが閉じ込められたのはどんな世界なのでしょうか・・・?

氷の世界・・? 鏡の世界・・・? それとも普段イタズラしまくっている湖のカエルたちから仕返しといわんばかりに
オオガマ様の腹の中・・・?

このチルノの不安」という表情を絵にされている東方絵師様って実はそれほど見た事ないですし、
これはアミグリさんのすてきな感性と想像力がこうした普段見られないようなチルノの素敵な表情を
産み出したと言っても決して過言ではないと思います。

外界でもしもこうした「ちびっこい箱入りチルノ」が販売されていたとしたら、私なんか真っ先に買いたいですね!
ちびチルノを指でツンツンして少しイタズラしたり、
猛暑の際には室内のエアコン代わりに「冷気を操る程度の能力」のチルノを使用してもいいのかもしれないです
「東方三月精」で咲夜さんはリリーホワイトを瓶詰しようとしていましたけど、チルノをこうやって箱に閉じ込めても
楽しいものがありそうです。
そうしたチルノになぞなぞを出題したら、この絵よりも更にちょっと困った顔をするのかもしれないです。


42846130_p0_master1200_convert_20190520182259.jpg


上記の「え?」のデデンネは、アミグリさんが2014年4月にpixivで発表をされた作品です。
(このデデンネはdream fantasyの中では未掲載ですのである意味とても貴重な作品ともいえそうです)

デデンネのこのまんまるの雰囲気はかわいらしさそのものだと思いますし、
こうしたかわいいまんまるのキャラが「え・・?」とか「??」という表情をされているとかわいらしさも更にマシマシになるような
感じですね~♪

それともこの?のデデンネはなぞなぞを出題されて答えに窮して思わずきょとん・・みたいな表情をしているのかもしれないです。

上記のアミグリさんが描かれたチルノとデデンネは、チルノとデデンネの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいチルノを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログdream fantasy2 のを ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログdream fantasy2 のに一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

とにかく、万一ゆかりんのスキマ能力等によって幻想郷入りを果たし、チルノに遭遇したらなぞなぞを出題するのが
いっちば~ん!といえそうですね~♪
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |