FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


四反田素幸は東京藝術大学で黛敏郎や浦田健次郎に作曲を師事された日本の作曲家であり、
現在は秋田大学教育文化学部教授を務められています。
といってもこのお名前は正直ほとんど知られていないのかもしれないですし、作曲の先生と言われてもその作品自体極めて
少ないというか、曲自体はもしかしたら相当数作られているのかもしれないですけど、対外的にはほとんど知られていない
という事なのかもしれないです。

そうした四反田素幸ですけど、マニアックでコアな吹奏楽ファンの皆さまですと、もしかしたら何人かは
「あー、花輪高校の平成元年の自由曲の作曲者の方ね・・」と反応されるのかもしれないです。
そして1989年に花輪高校が吹奏楽コンクールの自由曲で演奏していたのが、四反田素幸の吹奏楽のための幻想曲「壁画」で
あったりもします。
壁画は全国大会では花輪高校以外の演奏実績もありませんし、支部大会でも2019年時点で確か5~6チームぐらいしか
演奏されていません。
つまり本当に「知る人ぞ知る吹奏楽邦人オリジナル作品」といえそうです。

吹奏楽のための幻想曲「壁画」は前述のとおり、1989年、秋田県立花輪高等学校吹奏楽部の全日本吹奏楽コンクールの
自由曲として委嘱を受け作曲され、
2015年に花輪高校吹奏楽部が再びコンクールの自由曲としてこの作品を取り上げることになり、全面的に改訂が
なされた経緯もあります。
このときは残念ながら秋田県大会でダメ金に留まり、東北大会出場は果たせませんでしたけど、1989年当時の指揮者の
小林久仁郎先生のこの曲への想いを26年後に再現された2015年当時の花輪高校指揮者の阿部先生に
心から賛辞の言葉を埼玉の地から送らさせて頂きたいと思います。
阿部先生は2009年に小林先生最後の花輪高校での吹奏楽コンクール出場時の自由曲のブリスのバレエ音楽「チェックメイト」を
自由曲に選ばれて、この時は花輪高校をA部門として1992年以来の東北大会出場に導かれていましたので、
おそらくは関係者の皆様にとっても相当感慨深いものがあったのかもしれないです。

吹奏楽のための幻想曲「壁画」 については作曲者の四反田素幸は
「インドのアジャンター石窟や中国の敦煌莫高窟など、アジアに広く点在する多くの仏教遺跡は私を魅了して止まないが、
それらの造営に携わった往時の人々の情念に思いを馳せる時、私は計り知れない人間のエネルギーをいつも感じる。
吹奏楽のための幻想曲「壁画」は、ある特定の遺跡の壁画を描写しようとしたのではなく、
圧倒するような、強烈な存在感を放つ巨大壁画を目の当たりにした時の衝撃を描こうとした作品である」と述べられていますが、
確かに曲のいたるところからアジアの民衆のエネルギーの推進を感じたりもします。
なんとなくですけど私自身の勝手なイメージでは、松村禎三の交響曲にあける圧倒的なアジアパワーみたいなものを
彷彿とさせられてしまいそうです。

吹奏楽のための幻想曲「壁画」 が全国大会で初演された1989年の
前年の88年は、小林先生にとっても初めてとも言える東北大会での金賞以外の賞を受賞という事で
小林先生にとっても部員にとっても大変残念な思いが強かったと思いますし、
小林先生としても1989年のコンクールは雪辱に燃えるものもあったのではないかと推察されます。
前述の通りこの頃の花輪高校は、85年・87年と相当気の毒としか言いようが無い全国大会銅賞という評価も
受けていましたので小林先生にとっても部員にとっても「よーし、今年はなにかやってやろう!」みたいな
心機一転の気持ちもあったのかもしれません。

そうした想いがもしかしたら多少力みにつながったせいなのか、課題曲B/WISHは少しやりすぎというのか
花輪高校にしては珍しい粗さの方が目立っていたような気もします。
音が幾分粗削りで、既にこの頃の吹奏楽コンクールは、習志野・常総学院に代表されるような「洗練された響き」が
高く評価される傾向にもありそれが時代の最先端という雰囲気もあった中で、こうした花輪高校の少し粗野な響きは
審査員・聴衆にとっては「少し時代遅れじゃないの・・??」みたいな印象をもたらしたのかもしれないです。
私としては、確かに常総学院みたいなとてつもなく洗練された響きも大好きですけど、
それと同じくらい花輪高校みたいな個性的で大地に根をおろしたような素朴なサウンドも大好きです!
自由曲は、87年に続いてこの年も邦人作品を取り上げていましたけど、
その演奏も大変気持ちが入ったもので、確かに少し粗削りで武骨な響きもあり、
曲自体が「どこかおぞましい・・あまりにもドロドロしすぎている」みたいな印象も与えかねない曲でしたので、
そうした泥臭さが吹奏楽コンクールの評価としては、結果的にマイナスに作用したといえるのが
この年の花輪高校吹奏楽部の銅賞という評価ではなかったのかな・・と今更ながらに感じたりもします。
四反田素幸の吹奏楽のための幻想曲「壁画」は
あの不気味な感じは確かに「おどろおどろしい」と思われても仕方がない曲&演奏だとは思うのですけど、
あそこまで邦人作品を内面深く掘り下げて演奏した事例が当時は少なかっただけに
「影の名曲&知る人ぞ知る隠れた名演」と私としてはかなり高く評価しています。
小林先生自身、1993年以降の秋田南への異動後は、三善晃・黛敏郎といった邦人作品をこれまた魅力的に
斬新に斬り込まれていましたので、
一般的には小林先生というと「ロシア系マイナーシンフォニー」というイメージが大変強いのですけど、
こうした邦人作品との相性もよかったと言えるのかもしれないです。
「壁画」の演奏は、何を言いたいのか今一つ伝わってこないみたいなもどかしさはあったと思いますし、
一言で言うと、名取吾郎の詩曲「地底」みたいな暗い怨念のこもったおぞましい曲というせいも
あるとは思いますが、花輪らしい個性が少し強すぎて、 この泥臭さが当時既に洗練さがコンクールの
評価基準になりつつあった時代に今一つそぐわなかったと 言えるのかもしれないですけど、
私は花輪高校の邦人路線は、ロシアマイナー路線と同じくらい大好きです!
それが人の好みによって評価が真っ二つに割れがちなのはこれはある意味当然な事ではないのかな・・?と思ったりも
しますけど、それは一つの立派な個性なのだと思います。

花輪高校は、翌年の1990年は「三角帽子」で東北大会ダメ金だったのですが、
翌年の「バッカスとアリアーヌ」・翌々年の「チェックメイト」は生まれ変わったような
洗練されたサウンドに生まれ変わり、当時私も大変驚いたものですが、
これは小林先生自身ももしかして、「さすがに今までの表現スタイルは時代にそぐわないから、自分たちも
チェンジを図る必要がある」と思われて、小林先生としての変化」示した演奏と言えるのかもしれないです。
1992年を最後に小林先生は秋田南高校へ転任され、それ以降花輪高校は、
現在に至るまで吹奏楽コンクールの全国大会の表舞台から姿を消してしまいますけど、
別に吹奏楽コンクールだけが全てではありませんし、何よりも花輪高校吹奏楽部の偉大なる歴史は永遠に不滅ですし、
少なくとも私の心の中では私が生きている間はずっと継承され続けていくと思います。

上記の補足ですけど、1992年の小林先生として最後の花輪高校での自由曲は
ブリスのバレエ音楽「チェックメイト」というまさに小林先生らしいマイナーだけど音楽的魅力が満載の曲を
最後に普門館でお披露目出来た事は、本当にありがたいものがありました。
1992年の演奏を聴くと誰もがそう感じるかもしれないのですけど、
花輪の1992年のサウンド・音色は、究極の繊細さ・洗練さの域に達しているように感じられます。
小林先生が初めて花輪高校を引き連れて普門館にやってきた1978年の音色・サウンドと単純に比較すると、
雲泥の差があるようにも感じたりもするのですが、これは別にだから78年の演奏はダメ・・と言っている
訳ではありません。78年のラフマニノフには、当時なりの美点もたくさんあります!
そうしたサウンドの違いと言うのは、小林先生が1978年→1992年にかけて花輪高校で 育んできた「一つの進化」としての
結果なのだと思います。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |