FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


8月真っ盛りという事で外は歩くだけでうだるような暑さです!

おまけに今年は新型コロナウィルスの事もあり、マスクを付けての外出は「新しい生活様式の確立」においてはほぼ必須と
なっているようですけど、息苦しいと蒸し暑さも感じられ、マスクを装着するだけで只でさえ暑い中、更に日々のストレスも
マシマシになりそうです。

そうした暑い夏を忘れさせ少しでも涼しく感じられそうな吹奏楽作品や管弦楽作品を挙げてみると、
吹奏楽オリジナル曲としてはパーシケッティーの「ああ、涼しい谷間」を強く推したいですし、管弦楽曲としては
アルヴェーンというスウェーデンの作曲家のスウェーデン狂詩曲「夏の徹夜祭」という曲を推したいです。
(余談ですけど、「なつのてつやさい」と入力するとワードでは「夏の鉄野菜」となってしまいます・・・)

日本では、スウェーデンの作曲家、アルヴェーンの知名度は「知る人ぞ知る」という扱いなのかもしれないですけど、
欧州のクラシック音楽界では、ヴィルヘルム・ステーンハンマルとともに、スウェーデンの主要な作曲家の一人という
評価は既に定着されていると思います。
5曲書かれた交響曲も再評価の声もあるみたいですけど、ごめんなさい・・この方の交響曲は一曲も聴いたことがないです・・
アルヴェーンは、どちらかというと作曲家というよりは指揮者としては著名だったようですね。
ちなみにアルヴェーンは、没年は1960年ですので、どちらかというと「最近まで生きられていたクラシック音楽の先生」
みたいな印象もあったりします。

日本のプロのオーケストラにおいて、アルヴェーンというと唯一演奏されるのが「夏の徹夜祭」という曲だと思います。

吹奏楽コンクールでも、吹奏楽アレンジ版として自由曲で演奏された事例は私も聞いたことは無いですし、
プロの管弦楽団の演奏でも、私自身もこの曲は、東京交響楽団のサマーコンサートでしか聴いたことがないです。

正式名称をスウェーデン狂詩曲第一番「夏至の徹夜祭」というこの曲は、曲自体は大変親しみやすく軽妙で
聴いていてとても愛くるしさも感じる洒落た粋な曲だと思います。
北欧の短い夏を「思いっきり楽しんでみよう!」みたいなおおらかさがあるのがすてきですし、北欧のどちらかというと
涼し気で短い夏を粋に涼しげに音楽として表現したラプソディーと言えそうです。
うだるような最近の日本の暑さにおいて、この曲を聴いてみると少しは癒しを感じられるとは思います。

冒頭のクラリネットがとってもいい味を出していると思います。

冒頭の弦楽器のピッチカートによるバレエ音楽風のリズムに乗って、
クラリネットなどの木管楽器によって奏でられる音楽がまさに短い夏のお祭りの始まりと言えるのかもしれないです。
スウェーデンでは、夏至祭のころが1年で最も気候のよい時期でもありますので、まさに、人々の夏を待ちかねた気分が
生き生きと描かれているとてもすてきな導入部だと思います。
中間部では一転、北欧特有の白夜の情景となり、コールアングレが奏でる哀愁を帯びたメロディーが
とてつもなく印象的です。あのコールアングレには何かうっとりとさせられるものが間違いなくあると思います。
後半からラストは、若者たちの踊りみたいな印象となり、音楽が高揚としていき、盛り上がった気分のまま
楽しく曲は閉じられます。
演奏時間は12分前後かな・・? この曲をCDで聴く場合、ネーメ・ヤルヴィ(パーヴォ・ヤルヴィの父親)指揮の
ストックホルム・フィルハーモニー交響楽団がお勧めです。

「夏の徹夜祭」の冒頭のクラリネットで奏でられるあのほのぼのとしたメロディーって
このアルヴェーンの「夏の徹夜祭」という曲を一度も聴いたことが無い方でも、多分ですけど、
「あれれ・・この曲どこかで聴いたことがあるのかも・・!?」と間違いなく思われるかもしれません。
と言うのも、あの冒頭部分を聴くと、NHKの「きょうの料理」のテーマ曲(→マリンバで奏でられるあの曲です!)に
似ているというか・・部分的には「なんかそっくりじゃん・・!」と思わせる部分も間違いなくあると思います・・
NHKの「きょうの料理」のテーマ曲の作曲者は、既にご逝去されたあのシンセサイザーの富田勲なのですけど、
地理的と時間を超えたクラシック版空耳アワーの世界と言えそうです。
クラシック音楽版空耳アワーと言うと最も名高いのが、ドヴォルザークの交響曲第8番~終楽章と童謡「黄金虫は金持ちだ」と
言えそうですけど、「きょうの料理」とアルヴェーンの「夏の徹夜祭」にも同様の事は言えそうです。

大変古い話になってしまいますけど、「のだめカンタービレ」という漫画・アニメにおいては大変珍しい
クラシック音楽をテーマにした作品がありましたが、
その中で、なぜかこの「きょうの料理」のあのテーマ音楽が登場する場面もあったりしました~♪

それは、アニメ版「のだめカンタービレ」第22話 において登場します。

憧れの千秋先輩が指揮者としてどんどん進化・成長を遂げている中、「自分だけ蚊帳の外・・」とあせるのだめが
マラドーナピアノコンクールに出る決意をし、そのコンクールで演奏した3曲のうち、最後の一曲が
ストラヴィンスキーの大変な難曲、「ペトルーシュカからの三章」だったのですけど、この曲の演奏中に、
なぜか、のだめの頭の中になぜか「きょうの料理」のテーマがなだれ込んでしまいます!
どうして唐突に「今日の料理」が乱入したのかと言うと、会場への移動中に聞いた携帯の着信音が「きょうの料理」であったという
事なのですけど、本番中にそれが頭に乱入するだけでなく、そっくりそのまま引用してしまうのもなんだかすごいものが
ありそうですし、「バカと天才は紙一重」を見事に示唆する話でもあったように感じられます。

のだめのストラヴィンスキーの「ペトルーシュカからの3章」を弾いていると、
「きょうの料理」のテーマが混ざってしまい、まさに演奏は収拾不能のごちゃ混ぜ状態になってしまいます!
原作的には、ペトルーシュカときょうの料理がごちゃまぜになって、
ピアノを弾いているというよりは、テキトーに即興で作曲してしまっているのがオチみたいな感じになっていましたけど、
アニメ版的にはきょうの料理のテーマをそのままペトルーシュカ風のタッチで演奏していたという感じになっていたのが
なんともポンコツ野生児ののだめらしいエピソードでもありました。

ちなみに「きょうの料理」の乱入シーンは原作漫画・アニメ版・ドラマ版ではそれぞれ微妙にニュアンスが違っていたりも
しますので、興味がある方はDVD等で比較してみるのも楽しいものがありそうです。


縺ョ縺溘y繧\convert_20161001173012


アルヴェーンの「夏の徹夜祭」という原曲に似た感じの「きょうの料理」のテーマを
のだめがストラヴィンスキーの「ペトルーシュカからの三章」とごちゃ混ぜしてしまった!とも言えるのかもしれないです。

ストラヴィンスキーのバレエ音楽「ペトルーシュカ」自体、ロシアの民謡を結構無許可状態で(?)
自作のバレエに強引に引用した曲でもありますので、のだめが即興で少しパクってもバチは当たらないかもしれないです・・

最後に話を「夏の徹夜祭」に戻しますと、
のだめのエピソードに象徴されるように、なんか「くすっ・・」みたいな雰囲気もあったりしますし、
「北欧の短い夏を精一杯楽しもう!!」という雰囲気はよく伝わってきますし、
ほのぼのした曲だと改めて感じてしまいそうです。
スポンサーサイト






一つ後の記事がのだめカンタービレとアルヴェーンの「夏の徹夜祭」とNHKの「きょうの料理」のテーマ曲に関するもの
でしたので、本記事は統一する意味で「のだめカンタービレ」に実名で登場していた2005~08年のシーズンに
都響の常任指揮者を務められていたJ.デプリーストについて簡単に取り上げさせて頂きたいと思います。

惜しまれる事にJ.デプリーストは2013年に76歳でご逝去されています。

J.デブリーストは1960年代より既にアメリカ楽壇で頭角を表し、当時は黒人差別が平然と行われていた状況下でも
当時としては大変珍しかった一流のアメリカ楽壇の指揮者として認識と高い評価を受けていたという事は
称賛に値するものと思いますし、
なによりもデプリースト本人は26歳の時に急性灰白髄炎(ポリオ)に倒れたものの、その病を乗り越え、
病床からの復帰以降はバーンスタインに見出されてニューヨーク・フィルハーモニックの 1965-1966 シーズンの准指揮者に
就任しましたし、1969年、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団を指揮しヨーロッパ・デビューを果たしてもいます。
1971年には、アンタル・ドラティによりワシントン・ナショナル交響楽団の准指揮者に任命されています。
そうした多大な功績もあり、2005年にはアメリカ国民芸術勲章を時の米国大統領、ジョージ・ブッシュより授与される栄典も
受けています。
ポリオの後遺症が生涯残った事もあり、指揮スタイルは座りながらの指揮または電動車椅子で舞台に登場し、
車椅子から指揮をされています。

私自身は都響を指揮するデブリーストは多分7~8回ほど東京文化会館・東京芸術劇場・サントリーホールで
聴く事が出来たのは大変幸せな事だったと思います。
最初にデプリーストを見たのは、1997年の都響の定期演奏会で、この時は小山実稚恵さん独奏のモーツアルトの
ピアノ協奏曲第24番とベートーヴェンの交響曲第7番のプログラムでしたけど、正直この時のお目当ては小山さんのピアノ
でしたので、「デプリースト・・誰それ・・??」という感じでしたが、特にベートーヴェンの交響曲第7番の生命力溢れる
生き生きとした自然な音楽の流れに一気に引き込まれ、一瞬でデプリーストのファンになってしまったほどでした!
1997年時点では、杖をついて舞台に登場し座って指揮をされるスタイルでしたけど、都響の常任指揮者に就任以降は
電動車椅子での舞台移動と車椅子からの指揮をされていました。
デプリーストの指揮自体は特に派手さとか全身を駆使しての動きというものはほぼ皆無でしたけど、大振りはしない
代りに奏者の自発性を大切にしつつ細部と全体のバランスを大切にしながらも、全体としての音楽の流れが実に自然であり、
自然体で音楽自身と対話をしているという印象もありました。
聴いていて妙に説得力があるというのか自然とデプリーストの考える音楽に引き寄せられてしまうという印象も
ありました。
都響とデプリーストの組合せで今でも鮮烈な印象があるのは、上記でも触れましたけどベートーヴェンの交響曲第7番と
ベルクのヴァイオリン協奏曲とマーラーの交響曲第1番「巨人」とショスタコーヴィッチの交響曲第12番「1917年」でした!
デプリーストの残したCDの録音としては、ヘルシンキ響とのショスタコーヴィッチシリーズとオレゴン交響楽団との膨大な
録音が大変印象的ですし、我が家にも実はデプリーストのオレゴン交響楽団のCDは結構たくさんあったりもします。

知名度的には確かに弱い指揮者なのかもしれないですけど、とにかくあの生き生きとした演奏のライブ演奏を何度か
聴く機会に恵まれたことは私にとっても大変な幸運でした!
無名指揮者でもそのライブ演奏が生き生きとした名演であるのならば、よっぽとメジャー指揮者の手抜きの凡演を
高いチケット払って聴かされるよりは数百倍も尊いものがあるのだと思います!

さてさて、そうしたジェイムズ・デプリーストですけど、なんと・・! 「のだめカンタービレ」の原作漫画・アニメ版、そしてドラマ版
においてそれぞれ実名で登場し、しかもドラマ版に至ってはデプリーストご本人様がご出演をされています!
のだめカンタービレの千秋が常任指揮者を勤めるルーマルレ・オーケストラ(架空)の音楽監督という役での登場という
事なのですけど、日本のアニメ・オーケストラに対してここまで多大な貢献をされた指揮者もいないのかな・・??とすら
感じさせてくれます!

2006年のテレビドラマ化の際にはオリジナル・サウンドトラック制作にも参加され、
ベートーヴェンの交響曲第7番第4楽章やブラームスの交響曲第1番などを、東京都交響楽団の演奏で自ら指揮を
されていました。
その楽曲を収録したCD「のだめオーケストラ」LIVE!はクラシックとしては異例の35万枚を超えるヒットを記録して大きな話題
を集めてもいました。
楽曲に携わるだけではなく原作には実名で登場しドラマでは本人役で出演するなど、
指揮者という立場を越えてのだめの世界に関わられ。
クラシック音楽を身近なものにしてくれたデプリーストの日本での多大な功績に改めて心から敬意を表したいと思います!


_convert_20200517194004.jpg


2008年を最後にデプリーストは都響の常任指揮者を退任され、あの時は結構残念でした・・

デプリーストの前任指揮者が超大物指揮者のベルティーニ、そして後任指揮者がまたまた超大物のインパルでしたけど、
私個人としては名高い超大物指揮者よりもデプリーストの心温まるものがありながらもライブ感覚重視のあの
生き生きとした躍動感に勝るものは無い・・と感じています。

 | BLOG TOP |