FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


毎年、真夏の時期が到来すると自分が出場する訳でもないのに、
「さー、夏だ! 野球は高校野球の夏の甲子園での筋書きのないあのドラマと熱戦が楽しみだし、
吹奏楽コンクールでのとてもアマチュアとは思えないあの素晴らしい名演の続出が毎年とっても楽しみ~♪」と
感じていましたので、今年に関しては夏の甲子園も吹奏楽コンクールの中止も残念とか無念という一言では割り切れない
無慈悲なものを感じたりもします。
特に「今年が最後・・」との思いを秘めていた3年生の気持ちを考えると本当にいたたまれないものがあります。
誰が悪い訳でもない・・憎むべきはあの新型ウイルス・・という事で、今現在は心の整理もつかない皆様も多いとは
思いますが、下級生たちは悔しい思いをした3年生の気持ちを受け継ぎながら、来年度の活動を頑張って頂きたいと
思いますし、3年生は心の整理がつき少し吹っ切れた状態になったら、試合とかコンクールは一旦置いておいて
純粋に野球や音楽そのものを楽しんで頂きたいと思います。

昨年の埼玉県代表の花咲徳栄高校は残念ながら一回戦で明石商業に惜敗してしまいましたけど、
私自身、埼玉県に通算して23年以上在住していますので、小学から高校まで過ごした宮城県の学校が甲子園に出場しても
「あっ、そ・・」みたいな感じになってしまい、
「どうせいつもの仙台育英と東北の二大私立高校しか出場しないから・・」というかなり醒めた感覚で見ているのに対して、
なぜか埼玉の学校は思いっきりエールを送りたくもなってしまいます。
これは私自身、「自分にとっていっちば~ん!ゆかりがある県は埼玉だし、埼玉に愛着を感じている証」という事なのかも
しれないですし、私自身の埼玉愛なのかもしれないですね~ ♪
埼玉もこの10年間において、春の選抜で浦和学院が全国制覇を成し遂げ、花咲徳栄も3年前に全国制覇を実現していますので
来年以降の頑張りに期待をさせて頂きたいと思います。

吹奏楽コンクールにおける埼玉のレヴェルの高さは昔も今も驚異的だと思いますし、
私自身、普門館が解体されて以降は全国大会・都大会を聴く事はなくなりましたけど、それでも毎年埼玉県大会または
地区予選が開催される南浦和のさいたま文化センターが自宅から歩いてでも行ける距離という事で、
毎年県大会または地区予選は必ず聴きにいくようにしていますけど、とにかく埼玉県の吹奏楽のレヴェルの高さは
誇りうるべきものがあると思いますし、西関東大会の埼玉以外の県の皆様には大変申し訳ないですけど、
「埼玉県大会が事実上の西関東大会」といっても過言ではない程のレヴェルの高さがありますし、
埼玉栄・伊奈学園総合・春日部共栄といった現在の名門校の他にも、与野・川口・松伏・秋草学園・狭山ヶ丘といった
古豪もありますし、小編成部門も大変レヴェルが高いと思います。
関東大会が西関東と東関東に分離したのが1995年ですので、分離から今年でちょうど25年目にあたります。
東関東の場合、茨城・千葉・神奈川の3県が毎年熾烈な全国への代表権争いにしのぎを削っていますけど、
西関東の場合は、昔も今も「代表はほぼ例外なく埼玉」という事で、率直に言って埼玉と新潟・山梨・群馬の間には
超えられそうもない壁は確実にありそうです・・
(あ・・、上記の話は高校の部の話ですので・・・)

野球と吹奏楽というと忘れていけないキーワードは甲子園での応援ですね~♪

最近の吹奏楽部による甲子園の応援演奏というと習志野高校の例のあの美爆音サウンドが有名になっていますけど、
習志野高校吹奏楽部は、新妻先生時代の洗練された美しい響きも素晴らしかったですけど、現在の石津谷先生の
自由自在なあのサウンドと表現も素晴らしいと思います。
そして吹奏楽コンクールでのあの美しいサウンドを活かした習志野高校の美爆音による演奏は、テレビの画面からも
その迫力と美しい音がよく伝わってきていると思います。
習志野高校の美爆音も素晴らしいけど、それ以上に私の中で大変インパクトが強い甲子園での吹奏楽部による応援というと、
新子先生が指揮されていた頃の天理高校吹奏楽部によるサウンドだと思います!
特に金管セクションのかなりメタリックなサウンドだけど、どんなに強烈なfffでも決して音が割れないあのサウンドの
クリアさは今現在の習志野高校の美爆音にも決して引けをとらないものだったと思いますし、そうした天理の強烈で
シャープで洗練された金管セクションのサウンドが最大限発揮された名演が、
84年のフェスティヴァル・ヴァリエーションであり、85年のセント・アンソニー・ヴァリエーションであり、はたまた
1988年のディオニソスの祭りなのだと思います。

時期は忘れてしまいましたけど、たしか1980年代中盤から後半にかけて、とある年の夏の甲子園にて
関東一高と天理高校が対戦をしていました。
天理高校は最近は関西大会で大阪代表の強豪チームによって代表を逃す事が大変多くて、しばらく全国大会でも
その名を耳にしなくなりましたけど、1980年代中盤から後半にかけての天理高校の名演の連続は今現在でも
伝説になっていると思います。
関東一高も1993~95年の3年連続全国大会金賞という事もあり、90年代以降は一気にサウンドがよくなっていたと
思います。
だけど80年代は「都大会を突破しても全国では冴えない演奏ばかりで銅賞の常連校」というイメージもあった中、
実は1985年においては、名称は忘れましたけどとある吹奏楽の世界コンテストでグランプリを取った事もあります。
もっとも日本からの出場チームは関東一高だけでしたし、そのコンテストもレヴェルが高いとは思えませんでしたし、
あの当時は「関東一高がグランプリ取れるのだから、支部大会銀賞クラスの演奏でも余裕でグランプリ取れるんじゃないの?」と
やっかみすらありましたけど、それはその当時の吹奏楽事情からはある意味妥当だったのかもしれないです。
関東一高は夏の甲子園にも出場し天理高校と対戦していた際に、
あまり吹奏楽事情に詳しくもなさそうなアナウンサーが「応援紹介コーナー」にて、
天理と関東一高の二人の奏者を並べて音を出させ、
「日本一の天理高校吹奏楽部と世界一の関東一高の吹奏楽対決はいかに?」とか何とか言っていましたけど
知っている人から言わせるとあれは「おいおい・・」という感じのモノもありました・・





昨年の事ですけど、昨年夏の甲子園大会出場した立命館宇治高校の吹奏楽部は、星稜高校との2回戦で、
放火殺人事件の被害に遭った京都アニメーションが制作した「響け!ユーフォニアム」の主題歌を応援曲として演奏されていて
野球部とと京アニへの思いを込めたメロディーがアルプススタンドに鳴り響いた光景には胸を打たれるものがありました。

残念ながら立命館宇治高校は試合には敗れてしまいましたけど、
放火事件の関係者の皆様たちを励ます意味も込めて「響け!-」の主題歌「DREAM SOLISTER」を応援曲とされていて、
堂々と立派に演奏されていた光景は素晴らしいものがあると感じたものでした。

新型コロナウイルスは来年にはなんとか治療薬・ワクチンの開発が進み、終息して欲しいですし、
収束したら今までのように夏には甲子園と吹奏楽コンクールを楽しむ事ができる日々が戻ってきてほしいと
願わずにはいられないです!
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |