FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


チルノ時計


繝ゥ繝繝浩convert_20170827172926


現在既に6月下旬という事で間もなく本格的な真夏の到来の7~8月がやってきます・

暑い時に瞬間的に暑さを忘れさせてくれ喉を潤してくれる清涼飲料水の一つがキンキンに冷えたラムネなのかも
しれないですし、夏の風物詩の一つは「ラムネ」と言えるのかもしれないです。

ラムネは最近は確かに昔ほど夏の絶対的に必要不可欠な清涼飲料水という訳でもないですし、
昔と違って生産量も消費量も激減しておりますし、
なによりも、あの昔懐かしいガラス製の瓶にビー玉が入っていて飲むたびにカラカラと音を鳴らすタイプのものは
めっきり少なくなってしまい、今現在はコーラ・ファンタ等と大して違いが無いペットボトル式が主流になっているのは
昔懐かしい瓶ラムネを知っている者にとってはちょっと寂しいものがありますけど、
それでもラムネは日本人の夏の心のふるさとと言える夏の風物詩なのかもしれないです。
ラムネと言うとやっぱりイメージにあるのは縁日・お祭り等での屋台にて冷たい氷でキンキンに冷やされた瓶ラムネ
なのかもしれないです。
今年に関しては例のあの新型コロナウイルスの感染防止の観点より「新しい生活様式の徹底」という事もあり、
人混みを作る事の回避という事でお花見の時と同様に、全国各地での神社等でのお祭り・縁日は中止になる所が
続出という感じでもありそうですし(現に花火大会の中止が早々に決定された自治体もありました・・)
縁日やお祭りが中止という事は屋台や露店も中止という事で、キンキンに冷えた瓶のラムネを飲む機会が減りそうなのは
少し残念です。
確かにほとんどのスーパーに行けばラムネは一年中販売されている店舗が多いのですけど、一般小売店で取り扱いが
されているラムネはペットボトルですので、瓶だからこその風情があまり感じられないですので、
夏祭り等での瓶入りラムネはやっぱり貴重なのだと思います。

真夏の暑い日に夏休みのプール帰りの子供たちがゴクゴクと飲み干していたり、
お祭りとか花火大会における屋台にて、このラムネを美味しそうに飲んでいたりとか
真夏の縁側にて、蚊取り線香を立てながらとうもろこしを頬張りながら麦茶とかラムネを飲み干すというのは
昭和の頃の日本の夏の風景だったのかもしれないですね。

明治から大正そして昭和にかけて、ラムネは気軽に喉をうるおせる庶民の飲み物として広まりました。
生産のピークは1953年で、全国生産量は当時の炭酸飲料の約半数を占めていたそうです。
その後飲料が多様化し、また容器の主流もビンから缶・ペットボトルに移り変わることになり、現在の生産量は
最盛期の5分の1程度になっているそうです。
しかし「夏の素敵な風物詩」として、今も根強い人気を誇るラムネの存在感は相変わらず高いと思いますし、今後とも
良き日本の伝統としてラムネはずっと残り続けて欲しいものです。


2bcb4dd0-s_convert_20170827173026.jpg

58514a92-s_convert_20170827173106.jpg


「だがしかし」の第一期においてラムネも登場していました~♪

第11話のAパートはコーラガム、Bパートに都こんぶが語られていましたけど、
ほたるちゃんが都こんぶを食べすぎちて喉が渇いたことが、ラムネへと話が展開していくきっかけになっていました。
ほたるちゃんの 「こんな暑い中で都こんぶ食べるんだから、事前にラムネを用意するのは当然よ」というセリフがいかにも
駄菓子マニアらしい話なのだと思います。

都こんぶのうんちく話の前振りとしてほたるちゃんとココノツの会話が楽しくある意味エロくて、とても楽しかったです。

ちなみに下記の会話の「しゃぷる」とは言うまでもなく都こんぶの事ですので、あまりヘンな想像はしないで下さいね~

ほたる : 暇よね…。じゃあちょっと、しゃぶりましょうか…

ほたる : 電車が来るまでの時間潰しにね、ちょろっとしゃぶろうかなって

ココノツ : ちょろっと しゃぶる?ど… どこを!?

ほたる : 心配しなくても大丈夫よ。ココノツ君もしゃぶっていいから

ココノツ : でも、こんなパブリックな場所ではその…

この辺りはなんとも楽しい展開ではありましたよね~♪

そしてこの展開の後で、ほたるちゃんが美味しそうに美味しそうにラムネを飲み干すシーンに続いていきましたけど、
ああやってほたるちゃんが美味しそうにラムネを飲んでいるのを見ると、
やっぱり私もついつい「今すぐラムネが飲みたい!!」となってしまいそうです~♪





そうした日本の夏の風物詩の飲料水がラムネなのですけど、先月に神戸屋さんからラムネをあんに使用したあんぱんが
発売になっていました。
商品名は「ラムネあん」で、しっとりやわらかな生地にさわやかなラムネ味のあんを包みこんだ菓子パンです。

同時期に神戸屋さんからは「コーラあん」という姉妹品も登場しています。

コーラあんの方はもしかしたら好みが分かれそうな気もしまして、コーラあんの味はなんとなくですけど、昔駄菓子屋で
売られていた水で溶かして飲むという粉末コーラの味になんとなく近いものを感じ、あのいかにも胡散臭い人工的な感覚の
コーラの味のあんパンという感じもあり、私的にはちょっとパスです・・
それに対してラムネあんの方は袋から出した瞬間にあの甘くて清涼感を感じさせるラムネのふわっ・・とした香りが
伝わり、一口食べてみてもコーラあんのような人工的な味はあまり感じず、自然体としてのラムネをパンとして
楽しむ事が出来たようにも感じます。
例えると、最近発売されていた「ハイチュー ラムネ味」のあのマイルドな味に似ているといえそうです。

ラムネあんは言うまでも無くシュワシュワっとという炭酸の感覚はないのですけど、あんの味がラムネっぽいから
気のせいか炭酸が入っているようにも感じられなくもないです。
パン生地との相性も悪くは無いと思います。

しろあんをベースにしつつ、ラムネアイスのような爽やかな味わいと色合いをパンとして再現したものであり、
あんが薄いラムネ色になっていますので、色彩的にも味覚的にも「これってラムネだよね~」となってしまいそうです。

ラムネ特有の爽やかな清涼感が口の中にもやさしく広がり、抵抗感なく味合う事ができると思います。

コーラあんもラムネあんも期間限定商品という事で、夏の終わりには多分店頭からは消えると思われますので、
お店でこの商品を見つけた場合は、「物は試しに・・」という感覚で早めに購入された方がいいのかもしれないです。

それにしても改めて日本人のモノづくりの発想の豊かさは素晴らしいです!

スポンサーサイト



 | BLOG TOP |