FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計




_convert_20191125181031.jpg


既に2020年度の冬アニメは始まっていて大分馴染んできましたけど、昨年の秋アニメは大豊作だった夏アニメと比べると
異世界転生ものがやたらと多いという作品の被りも多々あり、途中で視聴自体を止めてしまった作品もいくつかあったものの、
アズールレーンを筆頭に、私、能力は平均値でって言ったよね!・アサシンズプライド・慎重勇者・放課後さいころ倶楽部などは
とても面白かったです。
そうした中でもアニメやコミックというと基本的に美少女やJKさんがメインキャラとして登場してこない作品は見る気が
しない私にとっては、2019年の秋アニメの中では「神田川JET GIRLs」や「ライフル イズ ビューティフル」は
絶対に外せない作品の一つであり、思いっきり楽しまさせて頂きました~♪

「ライフル イズ ビューティフル」は実弾を使用しないビームライフルの射撃競技を主軸とした部活動漫画となっていて、
小倉ひかりたち千鳥高校射撃部の4人のJKさんをメインヒロインに据え、他校との競技や切磋琢磨を繰り返し
ついには全国大会にまで辿り着くというお話であったりもします。
射撃とか全国大会とか他校との切磋琢磨というとなんだかとてつもない熱血スポ根漫画のように感じられますが、
基本的にはとてつもなくゆるい射撃作品であったりもします。
ただこのアニメは昨年暮れに第11話が放映され、最終回があるということは予告されましたけど、なかなか放映されず
実際に第12話の最終回が放映されたのは1月18日ということで、三週間以上も間隔があき、しかも放映曜日も時間帯も
元の放映枠とは全然違っていましたので、最終回を見逃された方は意外と多いのかもしれないです。

ビームライフルとは何かというと、小銃型の射撃競技用光線銃を使用した競技で、銃規制の厳しい日本のために
日本ライフル射撃協会が開発を進めた競技でもあります。
実弾を使った銃と異なり資格や免許などが不要で、身近な射撃スポーツやライフル射撃の入門として普及が図られた経緯が
あります。
ビームライフルの銃本体は光線銃であること以外はエア・ライフルの仕様に準じたものを使用しているそうです。

スポーツとしては動きが少なく競技の性質上一発逆転の展開がなく、コンスタントに高得点の維持を求められ、
試合自体は大変地味で、試合中の応援・声援は禁止となっていますので、他の人の試合中はとてつもなくヒマなそうです。
(アニメ「ライフル イズ ビューティフル」でもそうしたシーンが多々ありました・・)
その一方で、当日の好不調で下克上が起こりやすいと同時にミス一つで大きく影響が及びやすく、
「まさかあの子に負けるなんて・・」というまぐれみたいな事も起きるそうです。
(アニメでも練習試合や普段の練習ではボロボロであったひかりがまさかまさかの集中力をたまたま発揮し、周囲も予想しない
全国大会出場を果たしていたりもします)

アニメでも描かれていましたけど、ビームライフルという競技自体が大変マイナースポーツという事で、
競技人口が少なくて全国大会に行きやすいという実情もあるそうです。
アニメの県予選においても、出場者は20人程度だったと思いますが、その上位5人が全国大会に行けるようです。
ひかるも総合順位は6位でしたけど、ビームライフル部門とは別にエアライフル部門もあり、
エアライフ部門とビームライフル部門の両部門を一人で複数以上参加は規定上出来ないという事で、
エアライフル代表者は必然的にビームライフル部門での出場不可という事で、棚ボタ式にひかりが全国大会出場を果たした
という事になっています。
しかし・・エアライフル全国枠が5名に対し、アニメにおいては出場者が2名という事で、
エアライフル予選会に出場するだけで全国大会へ行けるというぐらいマイナースポーツと言えそうです。


_convert_20191125181105.jpg

_convert_20191125180935.jpg


一般的には銃とかライフル銃というと危険で物騒な武器以外の何者でもないですし、
「女子高生とライフル銃」という意外な組合せが大変面白いといえると思います。
(この物語で扱う銃は実弾ではなくて、人には全く危害がない光光線という事で、学校の教室内で普通に練習しています)

メインヒロインの小倉ひかりは見た目がふわふわかわいい萌え系の天然さんという雰囲気で、誰がどう見ても
銃を手にするようなキャラではなさそう・・というギャップが大きな魅力だと思います。
運動神経も学校の成績も悪く、ビームライフル自体も基本的には大変能力が高いものの、集中力にかなりのムラがあり、
アニメ中でも練習試合では散々でしたけど、県大会という一発勝負の本番では思いがけない集中力を発揮し、
全国大会出場を果たしていたりもします。
見た目は幼いけど、実はかなり胸は大きかったりもします・・(汗)

他にもひかりの幼馴染で同時にひかりの保護者みたいな役割も担っているおかんキャラみたいな渋沢泉水や
ハーフのお嬢様で少しツンデレ気味な姪浜エリカや、
無口で発言に掴み所がなく何を考えているかよく分からないクール系少女の五十嵐雪緒などひかり以外のキャラ達も
魅力的で楽しいメンバーに溢れていると思います。
ちなみにこの4人の中で圧倒的に実力が高いのは五十嵐雪緒であったりもします。
五十嵐雪緒(ひかりからはがっちゃんと呼ばれています・・)は表情に乏しく何を考えているかわかりにくいのですけど、
時折見せてくれるあのかわいらしい茶目っ気と時に見せる毒舌のギャップもまたまたとてもかわいいと思います~♪
雰囲気的には「ハイスクール・フリート」のタマちゃんとよく似ているものがありますけど、タマちゃんは基本的には
話す言葉は「ウィ・・」ぐらいですけど、がっちゃんは無口は無口ですが、喋るときは結構しゃべります。
姪浜エリカは高飛車な割に脇が甘くプレッシャーに弱いものの、後半で巻き返すタイプであったりもします。

とにかく「ライフル イズ ビューティフル」は「女子高生とライフル銃」という意外な組合せがとても楽しかったです~♪


_convert_20191125025358.png


外界における女子高生とライフル銃の組合せはとてつもなく斬新だと思われますが、それでは常識に囚われてはいけない
幻想郷においては銃は使用される事はあるのでしょうか・・?
その答えに関しては、基本的に幻想郷においては銃が使用される事は基本的にはありません。
銃と刀という観点では、刀に関しては咲夜さんのナイフ投げという長距離戦、妖夢の接近戦による二刀流、それと霊夢による
お祓い針のぶん投げ程度だと思います。
「魔法は火力だぜ~」というのは魔理沙と思われますけど、魔理沙がいう火力とはあくまで魔法の事でありますし、
幻想郷で銃を乱射なんかしたらそれこそゆかりんによって即刻スキマ送りの刑に処せられそうですので、基本的には
使用されていないという事なのだと思われます。
幻想郷でそうした銃器を使用しそうなキャラというと美しきクールなスナイパーと言えそうな咲夜さんとやはりクールなアリス
なのかもしれないです。

しかし・・そうした状況に変化が生じたのが「東方深秘録」の異変の前後だと思われます。

なにかというと永遠亭のうどんげちゃんが何やら妙なモノ・・見た感じラッパでもありそうですし拡声器でもありそうな武器
なのですけど、それこそがうどんげちゃんが東方紺珠伝~東方深秘録~憑依華で使用していた
「ルナティックガン」という一種の銃器です。

「東方深秘録」のPC版の正式製品頒布日は2015年5月で、同年の秋に「東方紺珠伝」の製品頒布が実施され、
年が明けて2016年に「東方深秘録」のPS4版が発売されたという経緯があります。
東方深秘録のPS4版は単にゲームのハードという器を追加されただけという事に留まらず、実はとある重要な
変更事項もあったりします。
その中で最大の変更事項は「東方紺珠伝」であの大活躍を見せてくれたうどんげちゃんの追加キャラ設定です。
発売当初のPC版にうどんげちゃんは存在していませんでしたけど、PS4版になって重要キャラとして
うどんげちゃんが追加設定されているという大変珍しい変遷があったりもします。
そしてそそれ以降、うどんげちゃんが武器アイテムとして手にしているのがルナティックガンなのです。

ルナティックガンは月の玉兎たちが武器として所有していた武器アイテムの一つです。

真正面に飛ぶ実弾の他、パワーアップによってうどんげちゃんの周囲に発生する魔眼的オブジェクトから幻影の銃弾を
バラバラ撒き散らすという何気に結構ヤバい雰囲気の戦闘道具でもあったりします。
紺珠伝においてはメガホン並の大きさでしたけど、深秘録のPS4版ではそれ以上の巨大サイズに変更されていて、
戦闘状況に応じて小銃型など別の形態に一瞬で変形したり、メガホンのように波長を拡散したり、
それとは別に素手でも銃弾を放ったり、はたまた実はもう一丁隠し持っていて二丁拳銃みたいな感じにもなったりしていて
ツッコミ所は満載であったりもします。
幻想郷内の最大の技術屋の河童のにとりをして
「未知の技術で出来ている」とか「(原理や仕組みは)何一つ分からん」と言わしめる月の高度な技術を結集した銃器
と言えるのだと思われます。
ちなみにですけど、清蘭も似たようなルナティックガンを所持しているものの、うどんげちゃんほどの破壊力は無いですし、
今一つ使いきれていないという印象もあります。
そうした点から考えると、うどんげちゃんの能力の高さがここでも立証されているようにも思えます。




eaa23c3c_convert_20181228133517.png


このルナティックガンは東方憑依華という夢の世界の本音で生きるうどんげちゃんも手にしていました。
そして夢の世界という本音の世界において、うどんげちゃんVS妹紅というバトルも実現されていました!

妹紅 : なるほど口だけではなさそうだ

うどんげ : もう時間が無いの! 本気でかかってこい!

妹紅 : よいだろう、一発で決めてやる!

妹紅 : 無限に焼かれろ! 命の炎でな!

うーーむ、やっぱりこの二人は輝夜VS妹紅以上にガチバトルの方がよくお似合いなのかもしれないですね・・

この時うどんげちゃんに憑依していたのはドレミーという事になるのですが、
ドレミーは夢の世界の管理人または支配者という事で、本来でしたら今回のこの完全憑依の異変は
夢側の世界の住人が現の世界に出現し大暴れするという事でドレミーにとっては望ましくない事なのですし、
現の世界の滞在が長くなり過ぎてもバランスを失うという事でドレミーにとっては本来は避けたいはずなのでしょうけど、
ドレミーはうどんげちゃんの普段の苦労もよくわかっていますし、なによりも「東方珠伝」におけるうどんげちゃんの多大な貢献を
誰よりもドレミーは認めていますので
「普段の現の生活のストレスが溜まっているようだし、たまにはうどんげのストレスを発散させるのも悪くは無いのかも」と考え、
妹紅VSうどんげちゃんのバトルの行方については、黙認しておいた方がむしろうどんげちゃんにとってメリットがあると
考えたのかもしれないです。

妹紅というと、うどんげちゃんにとって不本意ながらいつも輝夜のバトルに付きあっている時の対戦相手という事で、
普段は渋々嫌々ながら妹紅とのバトルをさせられているのかもしれないですけど、
うどんげちゃんの方から妹紅を挑発している辺りは、うどんげちゃのストレスの大きさを示唆しているのかもしれないですね。
うどんげちゃんとしては、永琳・サグメという月のリーダーたちへの不満も相当大きいけど、妹紅・慧音という危険分子を
永遠亭の管轄内に放置し存在を黙認している永琳への不満・ストレスも相当大きいと言えるのかも
しれないです。

それにしてもうどんげちゃんが本気でぶっ放すルナティックガンの威力は、不老不死の妹紅に通用するのかどうかは
なんだか興味津々であったりもしますね~


_convert_20191125025809.png


幻想郷で銃らしきものを使用したもう一人のキャラは「東方深秘録」で外界から幻想郷入りを果たした外界のJKさんの
宇佐美菫子です。
その際に宇佐見菫子が使用したスペルカードの一つが銃符「3Dプリンターガン」であったりもします。

薄い青色の拳銃のようなものを使用しているようですけど、使用に際してその弾丸とも言うべきものが何であるかの具体的な
描写は無いようです。
菫子は外界にいる頃より、幻想郷の存在を信じスペルカードルールを見知っていたようですので、
東方深秘録作中でも並み居る猛者たちと対等に渡り合ってもいました。
一方で菫子は幻想郷への敵対的な行動が目的ではないため、スペルカードでのバトルも
弾幕ごっこという幻想郷ならではのお遊びの範疇と思っていた節もあるため、あえて本格的に3Dプリンターガンを
使用しなかったと言えるのかもしれないです。

そんなものを本格的に幻想郷でぶっ放したら、さすがにゆかりんが放置しなかったのかもしれないですし、菫子にゆかりん自ら
お仕置きを食らわせていたのかもしれないです・・





ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasyのアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです。

上記の作品はアミグリさんが2013年6月に描かれた「ウェディングうどんげちゃん」です!

東方キャラのウェディングというとアミグリさんは過去作品の中にウェディングチルノとかウェディング早苗さんという
とっても素晴らしい作品があるのですけど、
こちらのウェディングうどんげちゃんも負けず劣らずとってもすてきだと思います!

この幸せ絶頂みたいなうどんげちゃんのこのかわいい笑顔! このチャーミングなウィンクに魅了されまくりです!
こうしたミニの純白のウェディング衣装は人類の宝物だと思います~♪

このハッピー感に溢れるうどんげちゃんは本当に最高だと思います!

一体幻想郷のどの幸せな殿方がこんなかわいいうどんげちゃんをお嫁さんにしてしまうのでしょうか・・?

ミニスカートのウェディングドレスと言うのも意外な発想でもあるのですけど、うどんげちゃんにはとってもよくお似合いだと
思いますし、
この溌剌とした笑顔のうどんげちゃんは「私は地上の兎!」と開き直りふっきれたうどんげちゃんに他ならないと思います!

上記のアミグリさんが描かれたうどんげちゃんは、その権利は全てこのうどんげちゃんの作者であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素晴らしいイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいうどんげちゃんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |