FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計





またまた性懲りもなく「ラーメン大好き小泉さん」原作漫画第5巻の川越・つけ麺編に関する記事なのですけど、
実は原作漫画のこの川越編をよーく見てみますと、小泉さんの世界にさりげなくですけどあくまでちらっと「だがしかし」の世界が
入り込んできています。

小泉さんたちは埼玉県川越市までつけ麺を食べにやってきたのですけど、到着が少し早すぎでつけ麺店がまだ開店前
という事で少しばかり川越散策する事になります。
その時訪れた場所の一つが「Go! プリンセスプリキュア」でもトワイライト様、じゃないトワさまたちが参拝した川越氷川神社で
あったりもします。
川越は「蔵の街」という事で江戸時代的な情緒漂うとてもすてきなスポットですし、氷川神社や時の鐘という有名スポットの
他にも蔵の街の街並みや小粋な商店街とか、川越というとさつま芋のスイーツ等でも有名ですので、
もしも埼玉にお立ち寄りの際には、時間があれば是非ぜひ川越の街にも立ち寄って頂ければ、埼玉県民の私も
とっても嬉しいです~♪
(そして埼玉のお土産は「うまい、うますぎる」でお馴染みの十万石まんじゅうもお忘れの無いようにお願い申し上げます・・笑)

つけ麺店開店前に小泉さん達が立ち寄ったお店の一つが駄菓子屋さんでもありました。

ここで悠と美沙は特段このシーンで「だが」とか「しかし」というワードを入れる必要もないのですけど、半ば強引に
「だがしかし」というワードを挟みこんできているのがとっても楽しいですし、作者の鳴見なる先生の粋な演出を
感じますね。
「ラーメン大好き小泉さん」原作漫画第5巻のこの川越編の連載は2016年夏頃だったと思うのですけど、この当時は
「だがしかし」のアニメ第一期が既に大好評のうちに放映終了となっていたものの、「ラーメン大好き小泉さん」の方は
この時点ではまだアニメ化の話すら出ていなかったと思います。
それから2年後の2018年の冬アニメとして、小泉さんと「だがしかし」の第二期が放映されていたのですけど、
実は「ラーメン大好き小泉さん」のヒロインの小泉さんと「だがしかし」のメインヒロインのほたるちゃんの声優を
担当されていたのは「けいおん」のあずにゃん役等でお馴染みの竹達彩奈さんでしたが、
ほたるちゃん役ではあんなにもハイテンション演技をお披露目された一方で、小泉さんではあんなにもクールボイスを
私たちに見せてくれていて、ほたるちゃんも小泉さんも「とある食べ物に関するうんちくと知識と情熱はすさまじい」という
共通項を持ちながらもまるで声質とキャラ設定が異なるあの二人の役柄を見事に演じ切られておりまして、
改めて「声優さんの声の演技は素晴らしい!」と感銘を受けたものでした。

そうした意味においても小泉さんの原作漫画において、小泉さんがアニメ化される2年前すら既にこうやって「だがしかし」の
世界がほんとチラッとですけど再現されていたのは素晴らしいと思いましたし、ほたるちゃんと小泉さんという二人の
食べ物ヒロインの声優さんとしての??接点らしきものが示唆されていたのはとても興味深いと感じたものでもありました。


002_convert_20190907164322.jpg


今更言うのも何ですけど、声優さんの声の演技というのかあの使い分けは素晴らしいと思います。
例えばですけど「けいおん!」に登場するさわちゃん先生と「デート・ア・ライプ」で登場するとにかく私が大好きキャラの「時崎狂三」が同じ声優さんと言うのもいまだに信じられない話であったりもします。
やはり声優さんの演技力はすごいと思わざるを得ないですね!
けいおん関連で言うと、律ちゃんの声優さんと「氷菓」の千反田えるの声優さんが実は同一人物であると知った時は
驚き!以外の何者でも無かったですね~

小泉さんのすてきなストーカー(?)ともいえる大澤悠役の声優さんは、あやねる・・佐倉綾音さんですけど、
あやねるが「ご注文はうさぎですか??」のココアと同じ声優さんである事も私にとっては驚き以外の何者でもないです!

それにしても漫画の様なこうした駄菓子屋さん自体最近あまり見られなくなりつつある光景なのかもしれないですけど、
一個10~30円ぐらいの駄菓子が数多く並んでいる駄菓子屋さんの店内のあの様子は、もしかしたら
失って欲しくない日本の光景の一つなのかもしれないです。
大澤悠や美沙が駄菓子をたくさん買いまくっていたのもなんだかわかる気もしますね~

ちなみにですけど、イオンの大型店に行くとゲーセンの隣に駄菓子販売コーナーが設けられているような気もしますけど、
こういう形で駄菓子屋さんが残されていくのもアリなのかもしれないです。


_convert_20190909121333.jpg


上記で「駄菓子屋さんは最近あまり目にしなくなりつつある・・」と記しましたけど、そうした駄菓子屋さんをメイン舞台にして、
駄菓子に関する様々なうんちく話を提供していった作品が二度にわたってアニメ化もされた「だがしかし」です。

だがしかしは「ボーイ×ガール×だがしコメディー」というキャッチコピーの通り、駄菓子屋の息子・鹿田ココノツと、
駄菓子をこよなく愛するお菓子メーカーの令嬢・枝垂ほたるによるドタバタな日常が描かれる作品であります。
作中には、「うまい棒」「ヤングドーナツ」「ブタメン」などなど、誰もが1度は食べたことのある懐かしくもあるけど、
今現在でもコンビニやスーパー等でも普通に売られていて人気の駄菓子が実名で多数登場していて、
例えば「都こんぶ」が登場していた回は私自身も「なつかしい~!」と感じたものでした。


003_convert_20190907164339.jpg


ラーメン脳でありラーメン以外興味がないような感じの小泉さんですけど、意外にも駄菓子屋さんでは
興味津々で眺めているシーンもありました。
小泉さんと潤の会話から察するに、小泉さんが興味津々な駄菓子とはラーメンスナック関連だと思われますが、
例えばベビースターラーメンやブタメンなどは小泉さんの自室にも結構な量のストックがあるのかもしれないですね。

小泉さんが自宅でもラーメン以外のモノを食べるとはちょっとありえそうにもないのですけど、
スナックとして食べてるのはベビースターラーメンやブタメンなのかもしれないです。


bdcc7dac_convert_20160517120039.jpg


「だがしかし」のアニメ一期においては当然ながらブタメンも登場していました~♪

「だがしかし」(第一期)の第3話においては、懐かしいと同時に今現在も現役で
スーパー等で普通に店頭に並んでいるおやつカンパニーの「ブタメン」が登場していましたけど、
あの回の中で、暑い真夏の駄菓子店にてあえてエアコンを止めて、美味しそうに汗だくで
このブタメンを食べているほたるちゃんは、とてもなく可愛かったですし、ある意味天使でした~
(天使といってもラブライブ! サンシャイン!!の津島善子・・堕天使ヨハネではないです・・汗・・)

「ブタメンにも味に種類があるわ。とんこつ、しょうゆ、タン塩、カレーに焼そば」
「でも私はやっぱりとんこつ味」
「ブタメンは他の駄菓子と比べて少し高価で、お金を握りしめ駄菓子屋へ行った子ども達は
 何個も買えないブタメンの未知の味を試してみるなんてリスク、とれる訳がない」

うーーん、ほたるちゃんのうんちくには「なるほど~」という言葉しか出てこないですし、そうした豊富な知識量という意味では
小泉さんとほぼ同じですけど、違いは、ほたるちゃんはオーバーアクション気味のハイテンションと怪しく妖しい目つきで
あるのに対して、小泉さんはあくまで無表情・クールボイス・ミステリアスな雰囲気が両者の大きな違いです。

あの真夏の炎天下の中、美味しそうにブタメンをすするほたるちゃんはかわいいけど、同時に少しエロかったです・・・(汗・・)
確かにあの薄着であの汗だと誰しもがそう感じるのかもしれないですね~


004_convert_20190907164357.jpg


小泉さんは真夏でもあまり薄着にはなりたがらない傾向がありますし、小泉さんは真夏でも学校の制服着用で
汗だくでアツアツラーメン食べているシーンは何度かありましたけど、日本一暑いあの熊谷と同じ埼玉県の川越も
真夏は相当暑いと思われるのですけど、つけ麺開店の待ち時間の際に、暑さ防止のために小泉さんが頭に巻いていた
タオルはなんだかとてもかわいかったですし、大澤悠が写真撮りまくっていたのも分かる気がしますね~

ちなみに小泉さんが頭に巻いていたのは、池袋のあの全国的名店でもあった大勝軒の名物オーナーでもあられた
故・山岸一雄氏がされていた「大勝軒巻き」と呼ばれる白い太タオルを頭に巻いたスタイルでもあります。


005_convert_20190907164415.jpg


大澤悠と美沙が食べていたスイーツは川越名物のさつまいもを使用したむらさきいもソフトクリームというパープル色の
ソフトクリームです。
このソフトはとっても美味しいですし、ラーメン以外にも実は甘いモノ好きでもあられる小泉さんが食べても、間違いなく
ふはーとされてしまう美味しさはあると思います。


37af522f-s_convert_20190908170755.jpg

208854bf-s_convert_20190908170927.jpg


いつもでしたらここから下記の展開はアミグリさんのイラスト紹介コーナーに入るのですけど、今回はその前にほんの少しだけ
「邪神ちゃんドロップキック」の小ネタに触れさせて頂きたいと思います。

上記にて、声優さん絡みのネタを取り上げましたので、ここでも少しばかりアニメ作品でちらっと思いがけず登場してきた
声優さんネタを記したいと思います。

「邪神ちゃんドロップキック」3話にて、2話にて登場していた氷族の小さい子のお姉さん(遊佐)が登場してくるのですけど、
お姉さんが人間界に降り立ってきた理由とは、第2話で妹が邪神ちゃんにいじめられていたため、その成敗に
やってきたという事でもあったりします。

遊佐 : 幼少期からある程度の力は持ちますが…成人すると私のような姿となり、名前を貰い、一人前の悪魔となるのです

ゆりね : へぇ、そうなんだ…じゃあ将来、氷ちゃんに付ける名前…

遊佐 : 浩二でどうでしょう?

アニメにある程度お詳しい方でしたら、この時点でピーンとくると思うのですけど、遊佐浩二というのは日本を代表する
男性のアニメ声優さんの一人でもあるのですけど、まさか邪神ちゃんの漫画とアニメで、こうした声優さん絡みのネタを
持ってくるとは予想外でしたけど、冒頭の「だがしかし」ネタと同様にこうした身内ネタというのもなんだかくすっ・・と
なってしまいそうですね~


4453a55c-s_convert_20190908170835.jpg

0fa7e33c-s_convert_20190908170733.jpg

fdaeda08-s_convert_20190908170859.jpg


ゆりね : それで?今日はどんなご用件で?

遊佐 : えぇ、突然でご迷惑かとは思ったのですが…妹がゆりねさんに会いたいとせがむもので。

遊佐 : それと・・そこに居る方が妹を大変可愛がってくれたそうで…そのお礼に・・

邪神ちゃん : 成人した氷族は上級悪魔クラス…下手したらマジでぶっ殺されちまう…!

ゆりね : 邪神ちゃん、あんた、またなんかやらかしたの?

ゆりね : え?嫌がってるのに耳元でフエガム鳴らされたり…パンに付いてた値札シールを背中に貼られたり?

邪神ちゃん : テメェ浩二!告げ口してんじゃねーですの!

そしてこの後の展開は第2話同様、氷族姉妹より氷漬けにされた挙句、氷結された体を叩き割られた邪神ちゃんが
いたものでした・・
邪神ちゃんは何もしゃべらず何もしなければ普通のかわいい魔物ちゃんなんですけどね・・(汗)


sidare-hotaru-01_convert_20160224105151.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!

これは前から一度やってみたかったのですけど、ほたるちゃんと小泉さんの声優さんは
竹達さんという同一声優さんという事で、アミグリさんが描かれた小泉さんとほたるちゃんを並べてご紹介させて頂きたいと
以前からずっと思っていたのですけど、いい機会ですのでそれを今回実現させて頂きたいと思います。

「だがしかし」のほたるちゃんのイラストは、アミグリさんが2016年2月に描かれた作品です。
ほたるちゃんが手にしているのはうまい棒です~♪

ほたるちゃんの原作における確かに美少女なんだけど少し変わっているとかあの独特なハイテンションな感じとか
幾分焦点が定まらない感じの目つきを尊重された上で、
アミグリさんらしいビューティフルでファンタジーな感じがとてもよく出ていると思います。
アミグリさんが描かれると、ほたるちゃんの目つきも全然ヘンじゃないというのか
普通の恋する美少女の眼差しのようにも感じられますね~♪
もっともほたるちゃんが恋しているのは駄菓子であり、「ラーメン大好き 小泉さん」のヘンな謎の美少女JKの小泉さんが
恋しているのはラーメンです。

アミグリさんが描かれたほたるちゃんは、原作の「ちょっとあぶない・・」みたいな雰囲気を尊重された上で、
アミグリワールドらしいビューティフルでファンタジーな雰囲気を描かれていて、
普通のアニメ作品の模写・描写ではなくて、アミグリさんの感性・感覚としての
「私はこのように感じたからこのように描く!」という気持ちも伝わってきていて、素晴らしいと改めて感じます。


20190418-koizumisan-03_convert_20190418223735_convert_20190419022939.png


続きまして「ラーメン大好き 小泉さん」のミステリアスなヒロインの小泉さんです!

上記のアミグリさんが描かれた小泉さんは、当ブログの通算小泉さんカテゴリ100記事到達の記念イラストとして
アミグリさんにリクエストをさせて頂き、2019年4月に描いて頂けた記念作品です!

小泉さんを小泉さんたらしめている外見的要素は1.ミステリアスな雰囲気 2.無愛想 3.流れるように美しい長髪の金髪
だと思うのですけど、アミグリさんが描かれた小泉さんは1~3を全てを兼ね揃えられていますし、
全体から伝わってくる小泉さんの冷徹な女神様のようなクールビューティさが素晴らしいですし、
そこから感じ取れるのは無愛想というよりはむしろ「私は自分のラーメン道を歩むだけ」という小泉さんの
意思の強さといえるのかもしれないです。
アミグリさんが描かれた小泉さんもそうした全く動じずぶれない小泉さんの強さを立派に表現されていると言えると思います。

「ラーメン大好き 小泉さん」原作コミック第5巻のつけ麺の際の小泉さんは、
小泉さんのラーメン愛にスイッチが入ってしまったという事で、普段以上にラーメンに関してだけは饒舌で
そのラーメンうんちくがお披露目されていましたけど、それを語っている際の小泉さんの表情は熱さ・嬉しさはほぼ皆無で
いつも通りのクールなミステリアスな雰囲気を終始キープされていました。
(例外はラーメン完食時のふはーと大勝軒巻きをお披露目されたシーンぐらいですね・・)
アミグリさんの描かれた小泉さんはまさにそうしたクールでミステリアスな美少女そのものだと思いますし、
クールビューティそのものなのだと感じられますね~♪

上記のアミグリさんが描かれたほたるちゃんと小泉さんは、ほたるちゃんと小泉さんの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもすてきなクールビューティの小泉さんを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと
興味がある方は、 是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

なんだか私も駄菓子やラーメンが無性に食べたくなってきました~♪
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |