FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今から一週間前の関東の大雨被害は、台風19号の被害がいまだに色濃く残っている最中でのものでしたし、
千葉県のあの大雨被害や河川の一部氾濫のニュースを耳にすると、
近未来の日本はまるで亜熱帯にいるかのようなゲリラ豪雨・モンスーン(台風)の深刻な被害・河川氾濫といった
天災が日常化されるような懸念を感じたりもします。
数年前ですと、台風と言うと九州・中国地方の被害が凄まじいという印象で、言葉は大変悪いのですけど、どちらかというと
そうした台風被害は対岸の火災的な雰囲気で見ていたものですけど、今年に関してはこうまで関東での被害が大きいと
嫌でもそうした台風による河川氾濫の危険性とか床上浸水の怖さや大規模停電の深刻な被害等について
恐怖を感じますし、「自分の住んでいるエリアに何か起きた場合の避難所はどこなのかな・・?」という事も多少は
意識せざるを得ないと言う事なのかもしれないです。

台風19号による豪雨で全国各地で河川の堤防が決壊し、ニュースでも盛んに報じられている通り、
多摩川周辺の川崎や世田谷付近でのタワーマンション近くの浸水や停電や断水は、それまでそうした想定がなかっただけに
ショックに感じる人も多かったのかもしれないです。
東京都内を流れる大きな河川と言うと多摩川もそうですし荒川もそうだと思います。

よく言われる話ですけど、都内の江戸川区周辺は海抜0m地帯と言う事で、荒川が万一氾濫した場合の被害は相当甚大で
深刻なものになると予想されますし、実際江戸川区の区としての案内でも「そうした河川氾濫の場合は、他の区や県に
速やかに避難してください」と明記されている通り、河川の氾濫によるダメージは凄まじいものがあるといえそうです。

しかし幸いなことに、台風19号においては、江戸川周辺でのそうした河川氾濫や堤防決壊や家屋の床上浸水と言う被害は
かなり少なくて、甚大な被害を出した千葉県・福島県・茨城県等に比べると、なんとか踏みとどまったという印象もあります。
その背景として、東京都ではなくて東京の隣接の埼玉県の巨大な地下調節地や公園を利用した遊水地など
さまざまな治水対策が有効に機能した事が大きいのではないのかなと感じたりもします。
台風19号接近時の墨田区は、隅田川と荒川に挟まれる形の地形ゆえに満潮を迎える13日の午前4時30分頃まで
全く気の抜けない状態が続いていたと思われますし、
水害ハザードマップで、江戸川区は一面真っ赤でもありました、
東に江戸川、西に荒川、そして海にも面していて超危険地帯とも言えそうです。
しかしそうした大雨や河川決壊の危険性を孕んでいた時に最悪の事態を防ぐことが出来たのは、東京都内の設備も大きいとは
思いますが、同じくらい大きな役割を担っていたのが埼玉県の二つの施設だと思います。
その一つが、通称「地下神殿」と呼ばれる首都圏外郭放水路であり、もう一つが彩湖でありました、
地下神殿は地底50メートルを流れる世界最大規模の放水路で、雨水をため川の氾濫を防ぐ役割を担い、
首都圏外郭放水路は地底50メートル、長さは春日部市上金崎から小渕までの約6.3キロを流れる世界最大級の地下放水路
でもあります。
施設全体で雨水を67万トン貯水できます。近くを流れる5つの川の水の一部をためて比較的余裕のある江戸川へ流すことで
首都圏の川の氾濫を防ぐ事ができます。
台風上陸の前日まで空だった地下神殿に水が入り始めたのは12日正午ごろです。そして、ためられた水が江戸川へ
放水され始めたのは午後7時ご頃で、放水した量は東京ドーム約9.2杯分だとも言われています。
中川・綾瀬川流域の洪水を江戸川へ流し、江戸川へ流した水の量は1151万立方メートルで、50メートルプール約7673杯分と
なるそうです。

一方、彩湖は埼玉県の荒川河川敷にある調整池の事であり、荒川中流で降った雨を彩湖内で位置的に貯めることができます。
彩湖の正式名称は荒川第一調節池と言う事なのですけど、荒川中流部に位置し、
荒川の洪水調節機能を持たせて下流域の水害軽減を目的として整備されてきました。
普段の平常時においては、東京と埼玉の飲料水確保という利水目的も担っています。
荒川で洪水懸念が起きると、調節池排水門が閉まり、
小洪水時には鴨川を遡上した洪水が田島ヶ原サクラソウ自生地を冠水させ、
中規模の洪水懸念時には羽根倉橋付近にある越流堤から調節池の上流ブロックに洪水が流入し、
大規模の洪水懸念時には上流ブロックの水が流入堤を越えて彩湖のある貯水池ブロックへ流入します。

春日部の地下神殿と戸田市周辺の彩湖が東京都内の街を洪水から守ってくれていたとも言えるのかもしれないです。

川崎~世田谷の多摩川付近ではあのような甚大な浸水被害が出たというのに、海抜0メートルという事で
多摩川付近よりももっと危険な都内の江戸川区~江東区~墨田区~足立区を浸水や氾濫の被害から守った事に
実は埼玉県の地下神殿と彩湖が大きな役割を果たしてくれていた事も、埼玉県民としては
「埼玉は基本的には何も無いけど、たまにいいことするのが埼玉県!」と誇りに感じたいですね~♪

来年は東京オリンピックイヤーなのですけど、
「東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー競技場について、当初開催予定地の都内の海の森水上競技場の
建築コストが予想以上に膨らんだ」という事で、2016年に「もっとコストを安く抑えられる代替候補地は他にないのか?」という
議論が湧き起こり、宮城の長沼と埼玉の「彩湖」がその候補地と挙がっていた事は記憶に新しいですよね~

普段の彩湖というと、緑と水に溢れた落ち着いたスポットでもありますし、さいたま市民にとっては
絶好の散策スポットでもありますし、散歩とかジョギングを行うに当たっては抜群のエリアの一つだと思います。
彩湖周辺には最寄駅がないものでして、車で行くしか交通手段が無いという事情もありまして、
桜の花見の季節以外は、そんなに混雑していないエリアですし、
お金をかげずに自然を満喫されたい方とかお金を掛けずに気分的にリフレッシュされたい方には
手頃のスポットではないのかなとも感じたりもします。
埼玉県はご存じの通り、海が無い県でもありますし、例えば琵琶湖とか富士五湖とか榛名湖とか霞ヶ浦とか諏訪湖
などのような大きくて有名な湖がある訳でもない所でもありますので、
こうした水に関わるエリアと言うのは、結構貴重なものがあるのかもしれないです。

彩湖は静かな環境ですし、そうした所に東京五輪の競技なんてわざわざやることないじゃん!
当初の構想通り、基本的には都内でやってよね~! みたいな事を私的に感じていましたので、
正式にボート会場が当初の予定通り海の森水上競技場で開催する事が決定した時には正直安堵したものでした。

来年の東京五輪については、埼玉県内で建築関係の仕事に携わる私としては、正直、苦々しく感じている事も多々あります。
只でさえ、現在の日本は慢性的な職人・大工不足が深刻な状況となっているのに、
東京五輪関係の設備関連の工事とかそれに付随する大型公共事業案件が大詰め段階になってくると
五輪関係関連の仕事の方が職人・大工さんの日当は高いと思われるため、結果的に埼玉エリアでの人件費の高騰は
今でも頭の痛い問題になっています。
現状只でさえ、現場職人の絶対的不足は深刻なのに、台風15号・19号での被害が追い打ちをかけ、
職人さんが千葉・栃木に流入している傾向は当面続きそうです。
東京五輪に元々大反対であった私としては、あんまり騒々しい事はやって欲しくないないと苦々しく感じていますし、
開催後の反動も大きい事が予想されるしねぇ・・という感覚でもありまして、
早いところ、こうした喧しい事はさっさと終わって欲しいとすら感じております(汗・・)





彩湖というと、埼玉県ローカルショートアニメの「浦和の調ちゃん」にも、そうした名前のキャラが登場していました~♪

そう! それがこの浦和の調ちゃんたちのメンバーが通う浦和第三高校のカリスマ生徒会長の沼影彩湖なのでした!

「浦和の調ちゃん」は2019年にも「2019年に浦和の調ちゃんの続編のむさしの!の放映が決定」と告知されていましたけど、
やはり今年も放映されず、もしかしたら永遠にその二期や続編制作はないのかも・・と半分あきらめかけていたりもします。

沼影彩湖の名前の元ネタなのですけど、沼影とはさいたま市南区の武蔵浦和駅近辺の地名で、
彩湖とは、上記で触れたとおり、今回の台風19号での荒川での河川氾濫防止に大きな役割を果たした彩湖の事であり、
ちなみに彩湖の正式名将は荒川第一調整池であったりもします。
この彩湖周辺はというか、荒川土手沿いは、上記で書いた通り豊かな自然と風景と水と公園に溢れていて
行ってみるだけで癒される気持ちになれると思いますし、春とか秋葉の散策には手頃なエリアだと思います。
この彩湖の周辺には、さくら草公園とか秋ヶ瀬公園などすてきな散策スポットも結構あったりして、
特に春になると、緑豊かな風景が広がり、彩湖~秋ヶ瀬公園周辺を散策するだけで何か爽快な感じを
味合う事は出来ると思います。

彩湖は、琵琶湖などのような巨大な湖という訳ではありませんし琵琶湖に比べると全然スケールの小さい
所詮は調整池なのですけど、海が無い埼玉県にとっては、数少ない憩いの水のスポットなのだと思います。


002_convert_20150327172009.jpg


彩湖と言うと、地元民の感覚としてはさいたま市南区とさいたま市桜区にまたがっているような感じもしたものですけど、
実際は、戸田市に属しています。
(部分的にさいたま市南区の管轄でもあるようですね)

この彩湖周辺には、
「荒川彩湖公園」と言う彩湖北東部に位置する15haくらいの比較的新しい公園があったりします。
この公園は、全面ほぼ全て芝生敷きなので、夏にはここでゴロゴロと寝っころがるのもいいのかもしれないです。
荒川彩湖公園には、上記写真の左に写っていますけど、カマキリ型のアスレチック遊戯器具もあったりして、
地元の一部の方は、ここの公園を「カマキリ公園」と呼んでいるそうです。

この公園は、アクセスが少しわかりにくいかもしれないです。

新大宮バイパスから国道40号線を入っていき、秋ヶ瀬橋直前の信号を左に曲がるのですけど、
ボケっとしていると、この信号をスルーしてしまい、橋まで行ってしまいそのまま朝霞方面へ進行なんて事もありそうですね。


_convert_20191025163910.jpg


この荒川彩湖公園内(通称、カマキリ公園)のカマキリ型のアスレチック遊戯器具付近においては、台風19号接近時の
10月12日23時35分に越流提から河川の流入が始まり、その後、さくらそう水門付近にある流入提からカマキリ公園へ
河川が流入し、結果的に翌日の13日の時点においては、
この公園内で一番高い巨大遊具のカマキリの頭部と管理棟の一部が見える他は全て水没という事になっています。
(現在では水も引いているそうです)

彩湖のお陰で荒川下流への負担が相当程度軽減されたと思われますし、結果的にカマキリ公園が一時的に水没してしまった
事は、地下神殿と同じくらい彩湖の重要性を示唆しているのだと思います。


resize_image-2.jpg

a5838165_convert_20150519080424.jpg


「浦和の調ちゃん」で登場するメインキャラの一人、沼影彩湖なのですけど、
キャラ設定としては、調たちが通う浦和第三高校の生徒会長で、自称カリスマ生徒会長という事ですが、
「浦和の暴走天使」というキャッチコピーが何か妙にしっくりくる感じはありますね~♪

自信満々の上から目線というキャラ設定がとにかく楽しかったですし、もしかしたら彩湖は「中二病」なのかもしれないですね・・
彩湖の傍にいつも寄り添う別所子鹿は、いかにも有能な秘書という感じですね。
彩湖と子鹿は幼馴染設定ですけど自信満々の彩湖に対して
「自分は会長よりは大人ですから・・」と少し背伸びをする子鹿のコンビは全ておいて息もピッタリという感じで
幼少の頃の関係が現在に至っても変わらず継続しているみたいな雰囲気も漂っているのが素敵でしたね!

この彩湖なのですけど、その外見なのですが、いかにも小悪魔風キャラの雰囲気で、多分コスプレのつもりなんでしょうけど、
まるで吸血鬼みたいな背中の羽とか頭のネコ耳なんかはとっても可愛かったですね!

参考までに、この彩湖の声優さんは、「スイートプリキュア」のアコちゃん=キュアミューズ役の大久保瑠美さんでした!

更にいうと、沼影彩湖は、設定の上では武蔵浦和駅周辺の模型屋の娘という事でチョコレートが大好きキャラでもあります。
実をいうと、武蔵浦和駅周辺には、ロッテ浦和球場と言う千葉ロッテマリーンズの2軍球場があるのですけど、
もう一つ名物施設があり、それが何かと言うと「ロッテ・浦和工場」なのです。
このロッテ浦和工場は、武蔵浦和駅からも結構近いのですけど、この工場の近くは、
微かに「チョコレート」の甘い香りが漂っているような気がします。
この浦和工場では、雪見だいふく・ガーナチョコレート・コアラのマーチが主に生産されていて、
工場見学会も開催されていた事もあるそうです。

沼影彩湖のチョコレート好きというのは、こうした武蔵浦和駅周辺らしい設定と言えるのかもしれないですね。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |