FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私自身高校を卒業するまで東北在住でしたけど、あの当時は実は今ほど「とんこつラーメン」が全国的にメジャーに
なってはいなかったと思いますし、東北の地ではどちらかというと濃い味系の醤油ラーメンやどさんこラーメンや味噌ラーメン
の方が馴染み深かったような気もします。
関東に移住して以降、外食の際に食べるラーメンは基本的に東京ラーメンが多かったと思うのですけど、
東京ラーメンのあのあっさりとした鶏ガラをベースにした薄味系の醤油ラーメンを最初に食べた時は、
「東北のあのどちらかというとしつこい味の縮れ麺に比べてなんて洗練されてさっぱりとしたおいしい味~!」と
感動したのはよく覚えていますし、基本的に埼玉・千葉・東京都内で食べるラーメンはそうした薄味系の東京ラーメン系が
ほとんどだったような印象もあります。
トッピングも、薄いチャーシュー・ほうれん草・のり・メンマと大変シンプルで、全体的にはシンプル・イズ・ベストを追求した
ラーメンのように感じたものでした。

とんこつラーメン自体は、明星食品のカップ麺の「うまかめん」や袋麺のうまかっちゃんなどでも既に馴染みもありましたけど、
屋台や店舗のとんこつラーメンをいっちば~ん!最初に食べたのは、大学の吹奏楽団の先輩に
西新宿のとんこつラーメン専門店に連れていって頂きご馳走になった時でした。
最初にとんこつラーメンを食べた印象は、とにかく豚骨の臭いがあまりにも強烈で、最初は
「これは人間が食べるものでは無い・・これは獣味的スープに近いのかも・・」と感じたほどでしたし、
あの強烈な匂いと濃厚な味の豚骨スープもそうでしたし、麺がバリカタといわれるように東北ではありえないほどの硬い麺で
あった事も強烈でしたし、替え玉といって麺のおかわりが一回あたり50円で自由に出来た事も感動ものでしたし、
高菜・紅ショウガ・ゴマ等のトッピングが自由に出来た事も私にとってはカルチャーショック以外の何物でもなかったです!
いきなり最初に高菜をたくさん入れようとしたら、その先輩に「おまえはアホかっ!?」と言わんばかりに止められ
「最初の麺は純粋にスープそのものを味わい、替え玉以降に高菜ゆ紅ショウガをドバドバ入れて、スープの味の変化を
楽しむのが本場の味わい方」と言われ、その時は「東西の文化の違いはラーメン一つとっても大変な違いがあるものだ・・」と
感じましたし、先輩のレクチャーを聞いてまるで東方のルーミアの如く「そーなのかー」という感じでもありました。

現在ではとんこつラーメンは全国通津浦々メジャーな麺類ですし、とんこつラーメンは、醤油ラーメンに次ぐメジャーな味と
言えると思うのですけど、私が学生の頃は、関東ではとんこつラーメン自体がまだちょっと遠い存在であり味というのは、
時代を感じさせる話なのかもしれないです。
ちなみに当時の西新宿はまだ都庁も建替えされていませんでしたし、確かに既に高層ピルはそびえたっていましたけど、
西新宿全体は普通の戸建ても普通にありましたし、近くの北新宿~新宿百人町や新大久保はあの頃から
既にコリアタウン化しつつあったような気もします。


001_convert_20191010162616.jpg


さてさて、とんこつラーメンのカップ麺の世界ではすでに九州のメーカーさん等によってたくさんのすてきなとんこつラーメンの
カップ麺が世に出ていますしけど、
その代表的な商品としてサンポ― / 九州とんこつ味 焼豚ラーメンが挙げられると思います。
このカップ麺は九州の方なら絶対に一度は食べたことがあるとんこつカップ麺との事らしいです。
最近発売40年を迎えた大変なロングセラー商品であり、九州エリアのスーパー・CVSのカバー率は90%以上という
驚異の認知度を誇っているのだと思うのですけど、関東ではほとんど見かけないというのもとても勿体ない気がします。

そしてサンポ―さん以外ではマルタイのとんこつラーメンも印象深いです。
マルタイというと「棒ラーメン」が名高いですよね~!
関東でも最近はマルタイのカップ麺は取り扱いが無くても棒ラーメンだけは店頭に陳列されている店舗が
増えているような感じもあります。
マルタイさんというと、とんこつラーメンでは、長浜とんこつ博多ラーメンや焦がしねぎ入りとんこつラーメン 鹿児島なども
大変印象的です。

冒頭で九州の豚骨ラーメンは、替え玉以降のトッピングとして辛子高菜を入れるととても美味しいと記しましたけど、
そうしたピリ辛の辛し高菜をメインの具材にしたとんこつラーメンがマルタイさんから既に商品化されています。
九州産の高菜を使用した「高菜ラーメン とんこつ味」がそうなのですけど、本記事はマルタイさんの高菜ラーメンを
先日とある九州物産展で発見しましたので、その高菜ラーメンについて少しばかりレビューさせて頂きたいと思います。


001_convert_20191010162519.jpg


付属品はかやく入り粉末スープ・お湯を入れる前に既に入れる辛子高菜・後入れ調味油の3つとなっています。

この商品で特に注目大なのは辛子高菜です!

この商品の辛子高菜はフリーズドライではなくて、レトルトのパックで入っています。
高菜本来の風味がそのまま入っている感じで、この辛子高菜がとてもピリ辛で美味しくて、
これだけで白いご飯のおかずに十分なり得るくらいの美味しさがあると思います。
そして量もかなり多いと言うのも特筆に値すると思います。
このマルタイさんの高菜ラーメンの麺をすすっているとほぼ100%の確率で高菜が絡んできますので、高菜のボリュームとしては
インスタントの領域を超えているようにも感じられます。

コーンはフリーズドライで入っていて、麺は普通のフライ麺で、いわゆるバリカタまたはハリガネの硬いストレート麺の
再現ではないです。


003_convert_20191010162642.jpg


具材が辛子高菜とコーンだけというのも寂しいので、日清の「行列のできる店のラーメン 焙り厚切りチャーシュー&メンマ」も
追加トッピングさせて頂きたいと思います。

ちなみに日清のこの追加トッピングは一つ120円程度ですけど、この分厚いチャーシューはとてつもなく美味しいですし、
本格的な肉感を楽しめます!


004_convert_20191010162707.jpg


まずは焙り厚切りチャーシュー&メンマを入れない状態で純粋に辛子高菜ラーメンを味わいたいと思います。

辛子高菜の存在感とボリュームが強いため、とんこつ独特の匂いはかなり弱く、
とんこつラーメンというよりはほぼ完全に高菜ラーメンと言えそうです。

高菜のしょっぱさと存在感が麺とスープに打ち勝っていて、豚骨の香りを感じさせつつ辛子高菜の強烈な存在感を
味合うとんこつラーメンといえそうです。

辛子高菜の風味が前面に出ていてピリリとした辛さが病み付きになりそうです。

高菜のサクサクとした歯ごたえがすてきなアクセントになっていると思います。


005_convert_20191010162726.jpg


ここに焙り厚切りチャーシュー&メンマを追加で投入するとゴージャスな豚骨ラーメンに早変わりそうです。

厚切りチャーシューで肉の味わいを楽しみつつ、辛子高菜のピリッとした辛さがスープに溶け込んでいるのを
しっかりと味合う事が出来ると思います。

本場の博多や東久留米の豚骨ラーメンはもっともっとスープ自体の豚骨臭が濃厚と思うのですけど、そうした本場の
豚骨ラーメンのスープにピリッと塩辛い高菜が溶け込むともっともっとおいしくなりそうな予感もあったりします。

とんこつラーメンのスープのトッピングとして紅ショウガも欠かせないですけど、この辛子高菜も欠かすことはできない
すてきなトッピングと言えるのかもしれないです。





「ラーメン大好き 小泉さん」の原作漫画第6巻の欄外の一コマに小泉さんが
「博多豚骨ラーメンにはちょっと辛すぎるくらいの辛子高菜がよく似合う」と言われていたのもよく分かる気がします。
小泉さんが言われるには「とんこつラーメンのトッピングとしては、白ショウガ・辛子高菜・白ごまがお勧め」とも
言われていたのも「なるほどね~」という感じです。

とんこつラーメン店等では、替え玉無料といううれしいサービスを提供するお店もあったりしますけど、
既に上記でも触れたとおり、
いきなり最初の麺から無料トッピングの辛し高菜や紅生姜をいれないで、静かに純粋にそのまま提供された
とんこつラーメンのバリカタの麺とスープを味合い、スープを半分以上残したまま替え玉をオーダーし、
その時に初めて紅生姜や辛子高菜をトッピングして、味の変化を楽しむことがとんこつラーメンのすてきな楽しみ方の一つと
言えるのかもしれないです。

博多名物のひとつである辛子高菜は、高菜の漬物を油で炒め唐辛子などで味付けしたものですけど、
辛し高菜は白のご飯のお伴としても大変魅力的ですし、もちろんラーメンにトッピングしても美味しいです。
替玉をオーダーした際には、麺を追加するとスープの味が薄くなってしまう場合もあったりします。
そこで辛子高菜を追加すると、辛子高菜の塩気と辛味がスープの味を濃くする意図もあるそうです。
替え玉をオーダーした場合は、
一杯目は麺とスープ本来の味を楽しんで、二杯目は辛子高菜投入による味の変化を楽しむと言えるのだと思います。

やっぱりラーメンは奥が深いものですね!

それをちゃんとわかっていらっしゃる小泉さんもすてきだと思います~♪


蟆乗ウ雲convert_20190312130410


それにしても小泉さんは後ろを振り向いた時もお美しいですよね~!

小泉さんは一日に5~6杯もラーメンを食べることは珍しくもなんともないのですけど、それでもこうした美しい
プロポーションを保たれているのは「ラーメン大好き 小泉さん」の最大のミステリーと言えそうですね~♪
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |