FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


10月より消費税が10%に上がってしまいました・・(汗)

日本に初めて消費税3%が導入されたのは1989年の竹下内閣の時でしたけど、導入当時は、
「どうして何かモノを買った時まで税金を取られるの~!?」みたいな素朴な疑問があったものですし、当時の日本の政財界は
リクルート事件で大揉めに揉めていた時でもありまして、確か当時の内閣支持率の世論調査においては、
当時の消費税率の3%程度にまで竹下内閣の支持率が急落した・・みたいな結果も一部の調査ではあったように
記憶しています。
導入当時、将来の高福祉を維持するためには必要不可欠とか当時から既に潜在問題化していた日本の慢性的赤字財政
救済の切り札的存在とか言っていたような気もするのですけど、あれから30年近い歳月が流れても、
医療福祉年金関連の財政支出は増加の一途ですし、日本の財政赤字と赤字国債は増加する一方ですし、
結局この間の日本のお役人・政治家の皆様の「未来へのつけ回し」ともいうべき「放置」によって、これらの問題は何一つ
解決されていないし、良くなる兆候は一つもないと言えるのかもしれないです。
導入当時はバブル絶頂の頃でしたので、大儲けしていた大企業・投資家に相応の負担(法人所得等課税強化・金融資産課税)
をきちんと図っていて、大企業の過剰な内部留保にもちんと課税させるシステムをきちんと財務設計していれば、
今頃は少しは国家全体の赤字体質の脱却にも少しは貢献できていたかもしれない事を考えると、
勿体無いなぁ・・と今更ながら痛感してしまう事もあったりします。

今回の消費税10%は、なんとなくの感覚・空気感ですけど、国民全体が「ま・・しょうがないね・・」もたいな諦め・閉塞感を
共有しているようにも感じられますし、前回5%→8%に引き上げた際は特に大きな小細工はしていなかったと思いますし、
それを考えると一部の小売店で混乱を招いている軽減税率の導入は、
「特に必要とも思えない余計な愚策」としか思えないですね~
別に消費税上げるなら上げるだけでそれでいいじゃん、そこに余計な制度設計を入れるから余計ややこしくなってしまうじゃん・・
と感じたりもします。
食べ物だけ税率を据え置くとかキャッシュレス決済だと期間限定でポイントが付くとか
同じ食べ物でも店内飲食と持ち帰りでは税率が変るとか、とてつもなく面倒な事のように感じられますし、こんな面倒な事して
余計なストレスや店側にとっての余分な仕事を増やしたり、
購入する店や購入者のキャシュレス決済可否によってポイントが付く付かないというヘンな不公平感が生じている事の方が
問題のようにも感じたりもします。

私の感覚的には「自分が生きている内に日本の消費税は将来的に20%近くまで上がる可能性がある」と感じていますけど、
今回の10%はその途中経過の一つに過ぎない・・とも感じていますし、
上がるものは仕方がないからこれ以上つべこべ言わない・・という諦めムードと言えるのかもしれないです。

ただそうはいっても実際に10/1以降スーパー等で買い物しても「なんだかいつのまにか自分の気づかないうちに
物価が上がっている・・」という感覚もあったりします。
例えば9月末まで一つ258円の箱ティッシュを購入すると税込みで278円だったけど、10/1以降は283円になっていて、
「たかが5円の違い・・されど5円・・その5円も月間・年間を通ずると塵も積もれば山となる」みたいな印象も
あったりします。
そして食べ物関連は軽減税率導入により10/1前後も価格は上がらないはずだったと思うのですけど、なんとなくですけど
消費税UPのどさくさまぎれ的便乗値上げみたいなものもあるようにも感じられ、具体的には
調味料・パン・カップ麺関係がいつのまにかじわじわと値を上げている・・みたいな感覚もありそうです。
消費税とは関係がないのですけど、千葉県の例のあの台風の甚大な被害により、トマトを中心とする生野菜が
品不足によりかなり値を上げているようにも感じられます。

これですと当面は我が家の緊縮財政も続きそうです・・(汗)

仕事的にはうちの会社は住宅関連と言う事で消費税UPの影響は特段ないです。

あ・・少しだけありますね・・

なにかと言うと、工事代金の支払い時期によって税率が異なるという事です。

一般的に施工会社は請負金額に関しては、契約金・工事着工金・中間金・最終代金と顧客の支払い状況と希望によって
代金が一度ではなくて2~3回程度に分割されることも多々あります。
新築住宅や大規模改修だと一般的には、契約金で30%、着工時に20%、完了時に残り全額というパターンが多いです。
(顧客によっては着工前に全額どーんと支払われる太っ腹な方もいたりもします)
工事という目に見えないモノを取扱い、実際に完成してみないと良し悪しが判断できないから最初からいきなり
全額支払うのは怖いし、万一施工業者にトンズラされたら泣きっ面に蜂・・という事で、この業界の支払いは何度かに分けて
行われるのが一般的慣例です。
住宅業界の消費税は基本的には、契約時期・完成時期で消費税が異なってくるという訳ではなくて、
あくまで着工金でも中間金でも契約金でも最終代金でも、請求書によるお金を支払った日付によって
消費税が異なるというものです。
例えば、9月29日に1000万の工事契約を交わし、9月30日に500万円の契約金を支払った時は8%の消費税が
適用されますけど、11月12日に200万円の着工金を支払った時は、その際は10%の消費税が適用されます。
そのため、今回の消費税増税に関しては、いつもよりは契約金の金額が多かったり、9月末までに工事代金を支払っておこうと
いう顧客が多かったようにも感じられます。
ただ今回少しばかり問題になっているのは、9月の千葉の未曾有の台風被害が予想以上に深刻で、房総半島付近の
屋根修理工事がとてつもなく増加し、屋根工事関連の職人さんとか板金関連の職人さんがごっそりと千葉に流れてしまっている
傾向があったりして、うちの会社も特に屋根工事等の外装工事に関しては、9月月末にご契約があったとしても
着工は早くて11月中旬以降で、完成は12月にずれ込むという傾向が当面続きそうで、
顧客としては「消費税UPがあるから契約金を多めに支払ったのに、施工開始が11月以降とはちょっと納得いかない・・」
みたいなお声を頂く事も多々あるのですけど、それは天災だからやむを得ない・・としか言いようがないのかもしれないです。

そうそう、消費税UPとは直接の関係は無いのですけど、10/1以降結構多くの店で「レジ袋完全有料、1枚5円」という
エコ化が導入されているようにも感じられます。
もちろん9/30以前も多くの大手スーパー等では、レジ袋完全有料化、レジ袋辞退すると2円割引または2ポイントTポイントが
貯まるなどという事は既に定着化していたと思いますし、近い将来コンビニのレジ袋完全有料化も適用されると思われますが、
今までそうしたルールが適用されなかった中古ホビー店・惣菜店・書店等・地元の中規模小規模スーパーなどでも
そうしたレジ袋完全有料化を導入する所が増えているようにも感じられます。

レジ袋の1枚5円とか2%の消費税増税分の負担増は長期的には「塵も積もれば家計を圧迫する・・」と言う事にも
なっていくのかもしれないですね。

そのため、私自身も今までもマイバッグというのかエコバッグとしてのトートバッグを利用する事も多々ありましたけど、
それを全店舗で習慣化していく必要があるのかもしれないです。





今現在は味も素っ気も何も無い全く華に欠ける無地のトートバッグを利用していますけど、それだとなんだかつまらないから、
もっとかわいくて魅力的なトートバッグがうちにないかな~?と思っていたら、うちにもありました!

上記のとっても可愛い霊夢とゆかりんのトートバッグは、
月の宴2でサークル「あとりえ雅」から頒布された【東方小町トートバッグ 博麗霊夢&八雲紫ver.】です。

それにしてもゆるくてかわいいキツネ耳のゆかりんと霊夢ですね~♪

このシリーズには、他にも、魔理沙×アリスとかゆゆ様×妖夢などもあったようですが、
魔理沙×アリスなど他のシリーズも興味津々ですね~

霊夢とゆかりんは、姉妹・・年の離れた(汗・・)姉と妹という感じではなくて、なんとなくですけど親子っぽく見えてしまうのは
やはりゆかりんの「貫禄」なのかもしれないですね。

このキツネ化した状態の二人なのですけど、博霊神社の縁日における何かの余興なのかもしれないですし、
はたまた縁日の宴会でかなり酔っぱらってしまったこの二人に、古狸のマミゾウ親分が
「ちょっといたずらでもしてやろうかのう・・」と思い立ち、二人をキツネに化けさせてしまった・・みたいな脳内妄想も
おきそうですね・・(笑)

近場のスーパーのお買い物の際にこの霊夢&ゆかりんのトートバッグで行っても楽しいものがありそうです~♪
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |