FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計





艦これ一番くじでは私的になにが最大の楽しみであるのかと言うと、その多種多様な景品もそうなのかもしれないですが、
A賞・B賞またはラストワン賞等での艦娘のすてきなフィギュアなのだと思います!
2017年夏の艦これ一番くじにも金剛お姉さまと時雨の割烹着姿のフィギュアがとても素晴らしくて
「あのフィギュアはなんとか引き当てたいよね~」と感じてはありましたけど、
艦これ一番くじは、ポスター・缶バッチ・グラス・ストラップなどどちらかというとしょぼいものが多く
本命グッズのフィギュアとそれ以外の景品の落差が激しすぎるのかも・・と感じる点は正直多々あるのだと思います。
しかも一回のくじが600円~800円前後ですので、「一回600円のくじをたとえ10回やったとしても大本命のフィギュアを
ゲットできない危険性の方が限りなく高い」という事でもありますので、
艦これにおいて、「一番くじは確かに魅力はあるのだけど、しょぼい缶バッチやグラスばかり揃ってもしょうがないし、
フィギュアを確実に引き当てる保証が何もない」という事でついつい二の足を踏んでしまいます。
「ラーメン大好き 小泉さん」における大澤悠の「私はいつだって攻めの気持ちで行くよ!」という不朽の名言も確かに
わかるのですけど、一番くじに関してはあまりにもハズレと中々当たらないジレンマが強い為、なかなかそうした攻めの
気持ちにはなりにくいものです。

艦これ一番くじシリーズなのですけど、実は一番最初に艦これシリーズが一番くじとして展開されていた際には、
第一弾と第二弾においては「フィギュア」の景品はありませんでした。
艦これ一番くじで初めてフィギュアが景品として登場していたのは第三弾からというのも意外な話なのかもしれないです。
2014年8月に発売されたこの第三弾の「一番くじ 艦これ -第三次作戦 空母機動部隊 見参!」は、一回600円でしたけど、
この記念すべき初フィギュアのキャラとして抜擢されていたのが翔鶴お姉さまと妹の瑞鶴だったのでした~♪
艦これ一番くじの初フィギュアとして翔鶴お姉さまを抜擢するなんて一番くじを主宰するバンプレストは
よく分かっているね~!という事なのかもしれないです。

「一番くじ 艦これ -第三次作戦 空母機動部隊 見参!」はA賞からJ賞までの10等級全25種 + ラストワン賞から
成り立っていましたけど、フィギュアとして登場していたのが下記の賞でした。

●A賞 翔鶴 フィギュア(全1種)
●B賞 瑞鶴 フィギュア(全1種)
●C賞 特色仕様 翔鶴 フィギュア(全1種)
●ラストワン賞 特色仕様 瑞鶴 フィギュア(全1種)

ちなみにですけどラストワン賞とは、その店舗の一番最後のくじを引いた人が無条件で貰えるものでして、
この2014年の際のラストワン賞はB賞「瑞鶴 フィギュア」に特殊塗装を施したスペシャルバージョンでもありました。
この時の一番くじは、多分ですけど誰しもが上記のA~C賞及びラストワン賞の翔鶴お姉さまと瑞鶴を
狙っていたのかもしれないですね~!

艦これ一番くじ商品もそのくじ販売から数か月から数年経過すると、結構安い価格で
中古ホビーショップ等に未開封状態の中古品として流通している事も実は多々あったりもします。
昨年8月にレビューさせて頂きました翔鶴お姉さまの一番くじA賞のすてきなフィギュアもそんな感じでかなりお安い価格で
入手させて頂いたものですけど、本日レビューさせて頂く艦これ一番くじのラストワン賞の瑞鶴も、
ヤフオクやアマゾン等では一体3000円前後で流通されているのに、その1/3以下の価格でしかも未開封状態の
ラストワン賞の瑞鶴をとある中古ホビーショップで発見し購入いたしましたので、本日はその瑞鶴フィギュアを
レビューさせて頂きたいと思います。


002_convert_20190811180110.jpg

004_convert_20190811180129.jpg


艦これ一番くじ ラストワン賞 : 特色仕様瑞鶴フィギュア の商品概要は下記の通りです。

■種類 : 艦これいちばんくじ プライズ系 全1種
■サイズ : 全高約18cm
■ABS製台座付属
■発売時期 : 2014年8月
■販売 : バンプレスト

ラストワン賞の特色仕様の瑞鶴は、B賞の通常verの瑞鶴との違いとして艤装がすべて黒鉄色に鳴った事であり、
その他の仕様はB賞と同じです。
以前レビューいたしましたプライズ系フィギュアと同様に一番くじの瑞鶴も多種多様なパーツが付属されておりまして、
残念ながらそのパーツをどこにはめればいいのか等の組立説明書が元々ありませんので、組立は少しばかり面倒なものが
ありました。

瑞鶴の手首は翔鶴お姉さまのパターンとは異なり二種類付属されています。

一つは何も持っていない状態で、上記2枚の瑞鶴はそうした何も無い状態のものです。

この状態だと「お前は誰だ~!?」となんだか指さし状態の瑞鶴っぽい雰囲気もありそうです。


012_convert_20190811180245.jpg


瑞鶴が身につけ手にしているアイテムは、翔鶴お姉さまと同様の弓、弓矢、噴進砲、増設バルジ小、増設バルジ大、
飛行甲板、矢筒、胸当てなどがあります。
飛行甲板はボールジョイント接続によって結合しています。

矢筒に何本かの矢が詰まっている所に芸の細かさ・こだわりを感じてしまいます。

この写真からは瑞鶴の手首をチェンジし、左手首に弓を持ち、右手に矢を手にしている瑞鶴にチェンジしたいと思います。

瑞鶴がこうした弓と矢を手にしてしまうと、なんだか危険度がマシマシになってしまうように感じられるのは、
翔鶴お姉さまとの気品さ・洗練度合いの違いなのかもしれないですね~
こうした瑞鶴はまさに武闘派の航空母艦といえそうです!

翔鶴お姉さまの一番くじ・A賞もそうでしたけど、この瑞鶴の艦装備の赤スカートの皺の造型は大変精緻で見事な造型だと
思います。


009_convert_20190811180146.jpg

011_convert_20190811180225.jpg


内股気味でおとなしめの翔鶴お姉さまに対して、瑞鶴はしっかりと弓を構えたポーズが大変印象的です。
つがえた矢は他のよりも大きく彩色も加えられています。
ツインテールになっているので背中の矢筒もはっきりと識別できますし、各所の艤装の曲面の美しさは翔鶴お姉さま同様に
見事!としか言いようがないです。

肩の飛行甲板のデザインが空母の滑走路を再現するようなイメージが翔鶴お姉さま同様に凛々しく伝わっています。

翔鶴お姉さまも瑞鶴と全く同じ飛行甲板を肩に担いでいてその迫力はとてつもないものを感じたりもしましたし、
「こんなおとなしい女の子にこんなごっついものを艦装させるのもちょっとね・・」という想いも無くは無かったのですけど、
妹の瑞鶴が同様にこの飛行甲板を担いでいても
「よくお似合い!」という感想になってしまうのは、おしとやかなお姉さまに対してのやんちゃな妹というこの姉妹の違いを
立体フィギュアとして見事に表現されているという事なのだと思います。


010_convert_20190811180204.jpg

016_convert_20190811180305.jpg


瑞鶴の後姿です。

翔鶴お姉さまとは特に後姿は大きく雰囲気が異なるものがありそうです。

翔鶴と瑞鶴は姉妹艦の航空母艦ということで共通点も多いです。
巫女装束風の色合いの弓道着を身に着け、背中には艦橋と煙突の付いた赤い矢筒を背負い、
胸には黒の胸当てを付け、脚には主機と対空機銃の付いたブーツを履き、飛行甲板を肩に付けているという点は
二人の姉妹の共通艦装なのだと思います。
甲板識別文字以外に相違点を見つけるのは難しいと言われていた実際の翔鶴型航空母艦なのですけど
(それを示唆した話が冒頭の乗組員の間違い乗船なのかもしれないですね・・)
艦娘としては艦装と装備の面では相当な共通点が多いのに、全体の雰囲気はかなりの違いも感じさせてくれていると
思います。
そしてそれを立体化フィギュアでも一番くじという低予算というハンデがありながらも、雰囲気の違いを立派に表現されている
点はさすがだと思いますし、ここにも日本のモノづくりの素晴らしさが示唆されていると思います。

翔鶴お姉さまと瑞鶴の見た目的に一番大きな違いは髪型なのだと思います。
姉の翔鶴お姉さまはもさらりとした銀髪のロングヘアーなのに対し、瑞鶴は黒髪ツインテールとなっているのは
最大の違いとも言えると思います。

瑞鶴のツインテールがふわりと風に舞っている様なデザインも素晴らしいですね~♪


017_convert_20190811180325.jpg

018_convert_20190811180342.jpg


この瑞鶴からはいかにも気が強そうな顔立ちが感じられます、

翔鶴お姉さまとのおしとやかで上品な雰囲気とは対照的なのですけど、ツインテールが二次元的にはかわいらしさのツボでもあり
萌え要素が伝わっていると感じられます。

改めて記しますと・・
翔鶴型航空母艦というと1番艦のお姉様の翔鶴と2番艦の妹の瑞鶴の姉妹艦なのですけど、
この二人は空母という事もありその華やかな雰囲気は素晴らしいと思います!
姉妹艦といっても性格は対照的そのものであり、おしとやかで淑やかな上品な雰囲気をにじませる翔鶴お姉様と
やんちゃで面倒くさがり屋で自由奔放で押しが強い妹の瑞鶴というのは、姉妹艦が結構多い艦娘の中でも
かなり際立っているとと言えるのかもしれないですね。

そうした違いが一番くじフィギュアからも見事に伝わっていると思います。


019_convert_20190811180359.jpg


空母艦娘にふさわしい凛々しく堂々としているけど、同時に萌え・かわいらしさも感じさせる立体フィギュアだと思います。

艦これ一番くじも、もう少し一回当たりの金額を下げて、フィギュア以外の賞品を魅力的にしてくれれば、もっともっとチャレンジ
したいのですけど、今の所、フィギュアで無かったら白露お姉ちゃんや夕張ちゃん以外だったらあまり欲しくないというもの
ばかりなので、その辺りの改善が今後の一番くじの課題なのかもしれないです。
その点、ごちうさの一番くじの商品ラインナップは一定の評価をすべきなのかもしれないです。


azrn-yunico-n-001_convert_20180710155710_convert_20180712193439.png


ここから先はいつもの「dream fantasy」のアミグリさんが
描かれたイラストのご紹介コーナーです。
本記事は艦これ航空母艦の瑞鶴の一番くじフィギュアレビューでしたけど、空母繋がりでアズールレーンより
アミグリさんが2018年7月に描かれたアズールレーンからロイヤル陣営のユニコーンを転載&ご紹介をさせて頂きたいと
思います。

ユニコーンは10/3に放映開始されたアニメ「アズールレーン」の第1話でも登場していて、あのロリロリっとしたかわいらしさは、
とてもすてきでした~♪

ユニコーンとは、アズールレーンのロイヤル陣営所属の艦船少女で、艦種はゲーム上では軽空母なのですけど、
自身は「自分は支援空母」と自称されています。
ユニコーンの性能として特に注目したいのは、

1.前衛の装填値を上昇させる装填指揮

2.航空機発艦時に前衛の耐久値を回復する支援空母としての役割

と言えると思うのですけど、そうした二つの性能により前衛艦隊をサポートする強力な後方支援艦船と言えると思います。
ユニコーンは指揮官のことを「お兄ちゃん」と呼び、
同じくロイヤル陣営所属の空母イラストリアスのことを「イラストリアス姉ちゃん」と慕っているのですけど、
ユニコーンの設計時のモデルになったのが空母イラストリアスでもありますので、その事が空母イラストリアスを
「お姉さま・・」として慕っている背景になっているのかもしれないですね。

アミグリさんの描かれたユニコーンは多分ですけど多くの皆様の第一印象としては「なんという清楚で清らかなお嬢さん!」と
感じられるのかもしれないです。
私ももちろんそのように感じております。
清楚で可憐でまるで妹のように守ってあげたい・・といった雰囲気があるのは間違いないと思います。
淡いパープル色の長い髪の美しさにまずは目を釘付けにされそうですし、
シュシュで結わえたサイドテールもとてもよくお似合いだと思います。
艦これの時雨・夕雲等のアホ毛とはちょっと違ってアズレンのユニコーンだとアホ毛というよりは
むしろ一角獣の象徴のように感じさせているのが素晴らしいと感じました。
白ワンピのふわっとしている所もとても美しいものがあると思いますし、そこにいつものキラキラ仕様が加わり、
清楚の中にも華やかさが十分に伝わっていると感じられます。
他の絵師様のユニコーンですと、白ワンピが部分的に透けて見えるように描かれている事が大変多くて、見方によっては
「ちょっとエロ過ぎじゃないの・・?」と感じる事もなくはないのですけど、
アミグリさんのユニコーンは、衣装の透けをセーブされユニコーンの清楚・清純な雰囲気を全面に出し、
ユニコーンの純粋さをむしろ見ている人たちに印象付けているのではないのかなと思います。
そしてやっぱり何度見てもユニコーンのこの流れるような繊細で美しく淡い藤色の長髪は見れば見るほど
見とれてしまいそうです!

そして更に素晴らしいと思うのはゆーちゃんですね!
ちなみにゆーちゃんとはユニコーンが抱きかかえているぬいぐるみの事です。
ゆーちゃんの一角はユニコーンのためなら「自分は死ねる!」みたいなゆーちゃんの決意みたいなものも感じさせますし、
設定の上ではぬいぐるみになっていたけど、バトルでは動いているようにも感じられる目撃情報も多発しているようですので、
ゆーちゃんはやっぱりユニコーンの騎士なのかもしれないですね~!
アミグリさんの描かれたゆーちゃんはとっても丁寧に描かれていて、私的にはぬいぐるみというよりは
ユニコーンを心から慕う魂のこもったドールのようにも感じられたりもします。
例えて言うと東方のアリスに常に行動を共にしている上海人形みたいな一心同体みたいな雰囲気すら感じさせてくれるものが
あると思います。
一角獣のユニコーンの角には毒を中和したり病気を治癒させる効果がありますけど、ユニコーン自体も
航空戦で故障をし傷ついた航空機を修復・補修を行う支援空母という任務を担っていますので、
そうした意味ではアズールレーンのユニコーンがゆーちゃんを抱きかかえているのも道理だと思いますし、
そこにあるのはユニコーンの「傷ついた人・モノを癒す」という慈愛なのかもしれないですし、
アミグリさんが描かれたユニコーンからは清楚で慈愛みたいな雰囲気が醸し出されるのも当然と言えるのだと思います。


azrn-yunico-n-004_convert_20180725213211_convert_20180728173712.png


そしてアミグリさんは上記のユニコーンを描かれて数日後にまたまたとってもすてきなユニコーンを描かれていました。

一つ前の絵のユニコーンのちょっと哀しそうな表情というのか、どことなく心、ここに在らず・・という雰囲気というのか
少しばかりきょとん・・としたユニコーンではなくて、ここにいるユニコーンは
笑顔が溢れていて、しかも背景にハートマークをたくさん飛ばされているすてきな美少女だと思います。

アミグリさんが描かれるユニコーンは儚くもの哀しい表情もすてきですけど、笑顔のユニコーンもどちらも素晴らしいと
思いますし、そこにあるのは「絵と言うものは背景や表情が変化しただけでも見る人の印象が大きく変化する魔法のようなもの」
と言う事なのだと思います。

笑顔のユニコーンも少し悲しい表情のユニコーンのどちらも私は大好きですし、どのユニコーンにも魅了されてしまいそうです!

上記のアミグリさんが描かれたアズールレーンのユニコーンのイラストは、
その権利は全てユニコーンの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも素晴らしいイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいいユニコーンを描かれる人のブログってどんな感じなのだろう・・? 」などと
興味がある方は、是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |