FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


夏の甲子園もベスト8も間もなく出揃い、いよいよ佳境に入ってきました!

埼玉県代表の花咲徳栄高校は残念ながら一回戦で明石商業に惜敗してしまい、あの時は艦これの明石お姉さまですら
瞬間的に大嫌いになってしまったほど、悔しい想いはあったものでした・・(汗)
私自身、埼玉県に通算して23年以上在住していますので、小学から高校まで過ごした宮城県の学校が甲子園に出場しても
「あっ、そ・・」みたいな感じになってしまい、
「どうせいつもの仙台育英と東北の二大私立高校しか出場しないから・・」というかなり醒めた感覚で見ているのに対して、
なぜか埼玉の学校は思いっきりエールを送りたくもなってしまいます。
これは私自身、「自分にとっていっちば~ん!ゆかりがある県は埼玉だし、埼玉に愛着を感じている証」という事なのかも
しれないですし、私自身の埼玉愛なのかもしれないですね~
埼玉もこの10年間において、春の選抜で浦和学院が全国制覇を成し遂げ、花咲徳栄も2年前に全国制覇を実現していますので
来年以降の頑張りに期待をさせて頂きたいと思います。

夏の甲子園の熱戦が繰り広げられている阪神甲子園球場においては、そのテレビ中継・ラジオ中継で聴こえてくるのは
吹奏楽部による様々な応援歌でもあったりします。
あのメロディーは私にとっても「懐かし!!、自分も高校生の頃はよくああやって野球部を応援していたよなぁ・・・」という
何とも甘酸っぱいメランコリーのようにも感じられますね・・

高校野球の応援ソングの中で今でも耳にする曲を幾つか挙げさせて頂きますと・・

〇タッチ

〇さくらんぼ

〇ルパン三世のテーマ

〇サウスポー

〇狙い撃ち

〇ポパイ ・ザ・セーラーマン

〇銀河パラダイス

〇君の瞳に恋している

〇スカイ・ハイ

〇エル・クンバンチェロ

〇We will rock you

あたりかな・・・?

考えてみると、さくらんぼ以外は全て昭和の頃に作曲された作品ですし
(銀河パラダイスは平成の曲かな・・?と思っていたら、昭和63年に大ヒットした曲でもありました)
いかに高校野球の吹奏楽部による応援ソングには定番応援ソングが存在し続けていて、
それが30年以上もずーーっと代々受け継がれている事にはすごいものがあると思いますし、
逆に言うと最近の歌謡曲・J-POPというものには「誰の耳にもすーーっと入ってくる曲」が少なくなっているのかを
立証しているのかもしれないですね。
というか、最近のJ-POPはあまりにもキーとか転調とかメロディーラインとか難しいものが多すぎて
カラオケに行っても歌えそうもない曲ばかりですね・・・(汗・・)
その点、アニソンというのは昔も今もやっぱり親しみやすいというのか歌いやすい曲が多いという印象もありそうです。

私自身が高校生の頃は、7月下旬というと吹奏楽部の吹奏楽コンクールの毎日のハードな練習に加えて、
野球部の試合がある際はほぼ全試合応援団と共に駆けつけ、上記の曲も含めて吹いて拭いて吹きまくっていた記憶が
今でも強いですね~♪
真夏という事で陽射しが強いという事で、さすがにオーボエ・ファゴットといった繊細な木管楽器は持ち込めなかったですし、
クラリネットも基本的には木の楽器ですので、あまり強い日差しに晒され続けると、湿気と乾燥によるひび割れという
危険性もあったので、野外の野球応援時には学校備品のとてつもなく激安のおんぼろのプラスチック製を使用していたと
思いますし、チューバはそうした際にはスーザフォンに切り替えて応援演奏をしていたと思います。
当時のうちの学校は男子校という事で(今現在は学校統廃合という事で男女共学校になっています)
応援も結構荒っぽくて、うちの学校は制服が無くて私服OKの学校なのに、応援団は学ラン・高下駄・無精髭での
汚い野次を飛ばしてのもので、例えば相手校が農業高校の場合は
「ヘボバッター、バットを持たずに鍬を持て~」と結構ひどい野次ばかり飛ばしていたものでした・・(汗)

あ・・、でも吹奏楽部はその辺りは意外とエレガントでして、通常応援の際はコンバットマーチとかサウスポーとか狙い撃ちなどを
吹き続けていましたけど、回が進むにつれて暑くて大変になっていき、頭に氷が入った袋を乗せるとか
頭から水をぶっかけあう等ひどい恰好になっていったものでした・・
現在においてもアニメ「タッチ」の主題歌はアニソンとしても高校野球の応援ソングとしても定番中の定番の曲の一つですけど、
私自身が大学の吹奏楽団に所属し、六大学ではなくて東都リーグの応援の際に、既にタッチは演奏していた記憶が
ありますので、タッチというと平成以降の応援ソングと思われがちですけど、実は昭和末期の頃にも既に
応援ソングとして定着していたのかもしれないです。

最近の吹奏楽部による甲子園演奏というと習志野高校の例のあの美爆音サウンドが有名になっていますけど、
習志野高校吹奏楽部は、新妻先生時代の洗練された美しい響きも素晴らしかったですけど、現在の石津谷先生の
自由自在なあのサウンドと表現も素晴らしいと思います。
そして吹奏楽コンクールでのあの美しいサウンドを活かした習志野高校の美爆音による演奏は、テレビの画面からも
その迫力と美しい音がよく伝わってきていると思います。
習志野高校の美爆音も素晴らしいけど、それ以上に私の中で大変インパクトが強い甲子園での吹奏楽部による応援というと、
新子先生が指揮されていた頃の天理高校吹奏楽部によるサウンドだと思います!
特に金管セクションのかなりメタリックなサウンドなのだけど、どんなに強烈なfffでも決して音が割れないあのサウンドの
クリアさは今現在の習志野高校の美爆音にも決して引けをとらないものだったと思いますし、そうした天理の強烈で
シャープで洗練された金管セクションのサウンドが最大限発揮された名演が、
84年のフェスティヴァル・ヴァリエーションであり、85年のセント・アンソニー・ヴァリエーションであり、はたまた
1988年のディオニソスの祭りなのだと思います。

さてさて、先日なのですけど、休みの際に何気なくテレビで甲子園大会を見ていたら、なんだかどこかで聴いたような
メロディーが流れてきます。
しかもそのメロディーは明らかに最近の歌謡曲やJ-POPやアニソン等とは明らかに異なる作風です。
そして数秒後に気が付きました・・

あ・・! この曲って1970年代の頃の吹奏楽オリジナル作品としてはかなり高い頻度で演奏されていたものの、最近では
どちらかというと忘れられつつある吹奏楽オリジナル作品の一つであるV.ネリベルのフェスティーヴォじゃん!!と
気が付いた時は、大変なつかしいと同時に、吹奏楽オリジナル作品としては不朽の名作の一つでもあるフェスディーヴォを
吹奏楽コンクールではなくて高校野球の応援ソングとして使用して頂けたことに大変感激をいたしましたし、
このフェスティーヴォを応援ソングのメインに据えられた青森県の八戸学院光星高校吹奏楽部の皆様と指導者の方に
敬意を表させて頂きたいと思います。

吹奏楽オリジナル作品としてのフェスティーヴォは決して明るく華やかな曲ではないだけに、こうした曲を吹奏楽の応援ソング
として演奏された事はネリベル大好きの私にとっても大変嬉しい事でしたし、天にも昇る想いでもありました~♪
ネリベルのフェスティーヴォは、忘れることなく吹奏楽コンクールでも演奏はされ続けていますけど、21世紀以降は
傾向として中学小編成部門とか小学校部門で演奏される傾向が強かっただけに、甲子園という晴れの舞台で
応援ソングとして使用されていた事は本当に素晴らしい事だと思いますし、吹奏楽オリジナル作品は、こういう形での
後世への受け継がれ方もあるものだと感心したものでした。

ネリベルの「フェスティーヴォ」の大きな特徴のひとつとして執拗な打楽器の繰り返しが挙げられると思います。
スネアドラムの執拗なビートの反復もそうですし、シロフォン・グロッケン・コンサートチャイムによる鍵盤打楽器の中間部に
おける執拗な繰り返しもそうなのですけど、こうした打楽器セクションの繰り返しが伴う曲というと
オールド吹奏楽ファンの皆様ですと、マクベスの「マスク」を挙げられるのかもしれないですけど、
マスクは精神的重圧感が半端なく陰気で重苦しい曲であるのに対して、ネリベルのフェスティーヴォは、確かに執拗な反復は
目立つのですけど、マスクみたいな重厚感・精神的圧迫感はほぼ皆無で、どちらかというとドビュッシー等の印象派の音楽の
ように聴こえたりもしますし、爽やかな空気も意外にも感じたりもしますし、
特にあの中間部はみずみずしさというのかたとえると日本の夏の夕べのような雰囲気すらあるのかもしれないです。

フェスティーヴォの冒頭部分は、華やかでテンポの速い打楽器群の16分音符のビートに乗っかる形で
全合奏による8分音符の打込みが作り出すリズム・パターンによって開始されます。
そしてこの打楽器群のビートのパターンは冒頭~導入部分、そして後半の再現部と終結部に至るまで終始変わらず
刻まれ続けていき、ここに中間部における前述の鍵盤打楽器の執拗な反復がありますので、
曲全体が打楽器のビートの繰り返しという印象は非常に強いです。
但し、繰り返しますがマクベスのマスクのような悲壮感・圧迫感は皆無ですので、どちらかというとポール・モーリアの音楽でも
聴いているかのような軽妙さはあるといえるのかもしれないです。
終始、打楽器、低音セクション、木管群が入れ替り立ち代り対比的な動きを見せ、ここに打楽器の執拗な反復も加わり、
ネリベルの腕に冴えを感じさせてくれます。
終結部の重厚で濃厚なコーダも圧巻で、うねる打楽器群とともにff の分厚いサウンドとして聴いている人たちのハートを
直撃していると感じられます。





最後に・・・

例のあの京アニ放火事件の犯人の自己勝手さと無慈悲さを断じて許す訳にはいきませんし、道半ばでご逝去された
関係者の皆様やご遺族の皆様の気持ちを考えると本当に残念な想いで一杯です。

そうした中、夏の甲子園大会出場した立命館宇治高校の吹奏楽部は、星稜高校との2回戦で、
放火殺人事件の被害に遭った京都アニメーションが制作した「響け!ユーフォニアム」の主題歌を応援曲として演奏されていて
野球部とと京アニへの思いを込めたメロディーがアルプススタンドに鳴り響いた光景には胸を打たれるものがありました。

残念ながら試合には敗れてしまいましたけど、
放火事件の関係者の皆様たちを励ます意味も込めて「響け!-」の主題歌「DREAM SOLISTER」を応援曲とされていて、
堂々と立派に演奏されていた光景は素晴らしいものがあると感じたものでした。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |