FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


夏休みに入ってお子様たちもプールに遊びにゲームなどなど楽しい日々を過ごされているのかもしれないですけど、
世のお母さまたちはお子様たちの昼ご飯の準備等普段以上になにかとやる事が増えて大変なのかも
しれないですね~(汗・・)
そしてお子様たちにとって大変なのは夏休みの宿題なのかもしれないです・・

埼玉県限定ローカルショートアニメの「浦和の調ちゃん」の最終回でもそうした夏休みの宿題についてのネタも
出ていたものでした。
調の「プールにお祭り、かき氷、そしてそして肝試し♪」というセリフに対して、
南の「どこの小学生かよ!」というツッコミはとても楽しかったですし、調に対しては他のキャラからもツッコミが色々と入り、

常盤 : 宿題もやりなさいよ
調 : 大丈夫。最終日もう空けてあるから 
南 : だから小学生かよ

という会話の流れはとっても面白かったですし、更に輪を掛けるようにして、

桜 : 読書感想文はどうするんですか?
調 : あらすじだけ読んで書く
緑 : あらあら
南 : もう小学生からやり直してこいよ~!

という会話の流れは大変軽妙で流れがよかったです~!

浦和の調ちゃんの舞台は高校ですので、夏休みの宿題はそれ程でないとは思うのですけど、夏休みの宿題と言うと
大変なのは小学生・中学生の方なのかもしれないです。

今現在の小・中学生の宿題の質量は私もちょっとわからないのですけど、私自身が小・中学生の頃は、
あの分厚いテキスト(問題集・漢字の書き取り・英単語書き取り・計算ドリル)自体が厄介極まりないのに、ここに
追い打ちをかけるように、自由研究・自由工作・読書感想文・花や植物の観察日記などが加わり、
「結構面倒くさい・・」と当時はブツクサ言っていたものでした。
中学に入ると夏休みというものはほぼ全てが吹奏楽部の練習に明け暮れてしまい、中一の夏休みの際は、
私自身まるでドラえもんののび太などのアニメのダメダメキャラの如く、夏休み最終日に突貫工事みたいな感じで
夏休みの宿題の仕上げに追われていたものでした・・(汗・・)
ちなみにそうした苦い経験が余程堪えたせいなのか、中二と中三の夏休みの宿題はどうしていたのかというと、
「どうせ今年の夏休みも吹奏楽コンクールの練習で終わってしまいそう・・」という予感がありましたので、夏休みに入る直前に
夏休みのテキスト帳・自由研究・読書感想文・本棚作成という課題はは事前に提示されていましたけど、そういった
夏休みの宿題は夏休みに入る直前に既に完成させるという早業を敢行していたものでした~!
(ただ中三の時はここに翌年の高校受験のお勉強というものもありましたので、昼間は吹奏楽部、家では受験勉強
みたいな事をしていましたので、もしかしたらこの時期が私が生涯でいっちば~ん!お勉強した時期なのかもしれないです・・汗)

そうした小・中学校の夏休みの宿題で、私的に最も困った課題が一つありました。

それが何かと言うと美術の課題としての「ポスター作成」でもありました。
当ブログでは何度も語っている通り、私自身は小さい頃より全く絵心を微塵も持ち合わせていないものでして、
小学校の図工や中学の美術の授業は私にとっては苦痛以外の何物でもなかったです・・(汗)
だけど中学の美術の宿題では毎年毎年判で押したように「ポスター作成」の課題があり、そのポスターのテーマが
毎年毎年、「万引きは絶対だめ!」または「ゲームセンターに行くな!」というものでした。
私が中学生の頃は、これまた大変な昭和レトロな話になってしまいますけど、全国的にインベーダーゲームが大流行し、
当時のゲーセンや喫茶店等ではテレビモニター付の二人掛けのテーブルのインベーダーゲームがあちこちに設置され、
大人も子供にも大人気だったと思います。

最近のゲームセンターやアミューズメントセンターというのはとっても綺麗ですよね~!
私が中学~高校を過ごした1980年代のゲーセンなんていうのは何となくですけど「薄汚れたイメージ」とか
「入りにくいイメージ」とか「不良のあんちゃんたちがたむろしているちょっとやばい場所」みたいなイメージもあったのですけど、
そうした視点から見てしまうと、現在のゲームセンターというのは、親子で楽しめる遊戯場という雰囲気があり、
とっても清潔で安全で親しみやすいみたいな雰囲気がとても強いです。
そして今現在の私にとってのゲーセンというのは、艦これ等のキャラのフィギュアをゲットするための主戦場
という感覚もあったりします。
当時のゲーム機というのは、今のものと違って、小さいテーブルのようなものに南北で二人掛けという
スタイルが定番だったと思います。
椅子というのも汚いパイプ椅子とか背もたれが何にも無いただのイスというのがごく普通でした。
勿論一人でも出来るのですけど、二人組でゲームをする事の方が多かったような気がします。
一人がゲームをしている間は、もう一人の方は相手が敵にやられて一機または一人のプレイヤーを失うまでは
待たなくてはいけないというのもなんかレトロ感満載ですね・・
ゲームが巧い奴とゲーセンに行くとそうした待機時間がやたら長く、
ゲームがうまい子ががゲームをしている間は、ひたすらゲームを見つめているか「ヒマだな・・」と連発するしかないという
感じでした。
あまりに待ち時間が長いとトイレにうっかり入ってしまうと、トイレから出てきたら、相手の自機がやられていて、
いつの間にか自分の番がやってきて慌ててゲームを始めるみたいな事もあったりしていたのも懐かしい思い出です。

1970年代後半~1980年代初期の頃は、インベーダーゲームが大人気でしたし、
インベーダーゲームの「名古屋打ち」というワードをご存知の方は立派な昭和育ちと言えるのかもしれないです・・(汗・・)
他には「ドンキーコング」というスーパーマリオシリーズの元祖みたいなものも出現していましたし、
ムーンクレスタ・セピウスというシューティング系ゲームも登場しかけていた時代だったと思います。

ただ私が中学生の頃の雰囲気としては、世間一般や街の繁華街ではインベーダーゲームは大人気でしたけど、
学校の校則では、ゲーセン等に行ってインベーダーゲームをする事は厳禁という感じでしたし、
街の繁華街等ではPTAやマッポ(ママポリス)の巡回活動もあったりして、インベーダーゲームをプレイしている所を
見つかってしまうと大抵翌日に学校に報告が入り、生活指導の教師からこっぴどく怒られるというのが
当時の一般的な雰囲気だったのかもしれないですし、そうした意味において、夏休みの課題として
「ゲームセンターに行かないようにしよう!」みたいなポスターを強制的に描かされてしまうというのは当時としては
自然な雰囲気だったのかもしれないです。





令和の時代ではさすがに子供さん達にゲームをするな!とかゲーセンに行くな!と指示する事自体が既に時代錯誤的な
ものになっていますので、「ゲーセンに行くな」みたいなポスターは現在では皆無と思われますが、
「万引きをするな!」というポスターは、昭和の時代でも令和の時代でもこれが無くなると言う事は多分ないのかも
しれないです。
昭和の頃のこの種のポスターは手描きで啓蒙的なものであったと思いますが、最近のこの種のポスターにも変化の雰囲気が
感じられ、アニメキャラをメインに使用しているポスターが増えているのも最近の風潮なのかもしれないです。

埼玉県は、県として「アニメだ! 埼玉」と言う事でアニメの聖地化に大変力を入れていますし、県や市としてのアニメコラボの
イベントも他県よりは相当多いようにも感じられます。
そのせいなのか「万引きは絶対にだめ!」というポスターにおいて、ここ埼玉では「らき☆すた」や「ソードアートオンライン」
という埼玉を舞台にしている作品が登場していて、特にソードアートオンラインが万引き防止のポスターとして使用されていた
ことは驚きでもありました!

上記はらき☆すたのメインキャラの皆様による万引き防止のポスターです!

「らき☆すた」は、「クレヨンしんちゃん」と並んで埼玉県を代表するアニメ作品だと思います。
女の子たちだけのゆるい日常を描いた作品なのですけど、この作品をきっかけにして、その後たくさんの
女の子たちだけのゆるい日常を淡々と描く作品が出てきたようにも感じられますし、この作品の意義は相当大きなものが
あると思います。

「らき☆すた」はコンプティーク等で連載されている四コマ漫画が原作で、一度アニメ化もされましたし、
その原作はまだ続いており、この手の作品としては少し珍しいかなりの長期連載が継続中であったりもします。

一時期の全国的なブームや勢いはうすれているのかもしれないですけど、ここ、埼玉ではまだまだ「らき☆すた」人気は
健在ですし、時折ですけど「らき☆すた」をモチーフにしたポスター等が埼玉県内では見られる事は嬉しいですね~!

「万引きは絶対にしちゃダメだよ~!」という内容のポスターなのですけど、埼玉県警・久喜市商工会・
埼玉県万引き防止官民合同会議などがこのポスターの協讃先となっているようですね。
「らき☆すた」のゆるいキャラの人たちから「やっぱり欲しいものは自分で買ってこそだよね!」と言われると
なんだかついつい「そうだよね~」となんか妙に共感しそうです・・

万引きなのですけど、以前ですと不良少年たちによるコソ泥とか興味本位とかスリルを求めて・・みたいなイメージも
無くは無かったのですけど、最近はどちらかというと年金暮らしの高齢者の皆様による生活苦からのやむにやむなくという
感じの万引きも増えつつあるという事で、こういう所にも現代日本の縮図みたいなものが見え隠れしているようにも
感じられますね。

「らき☆すた」というと「響け! ユーフォニアム」等と並んで京都アニメーションの作品の一つでもあるのですけど、
先月発生した京アニスタジオの放火事件は本当に哀しい事ですし残念なことですし、
犠牲者の皆様には心の底より哀悼の意を表させて頂きたいと思います。
らき☆すたの舞台の埼玉の久喜では毎年「らき☆すた」神輿を担ぐお祭りが開催されていますが、今年に関しては
そうした事件が発生した事により中止やむなしという意見もあったそうですが、
「京アニの復活と再生を応援したい!」という強い意向もあり、今年も無事にらき☆すた神輿のお祭りが開催された事は
とてもよかったと感じます。





それにしても「ソードアートオンライン」が、埼玉の「万引きは絶対にダメ!」というポスターに使用されていた事は
驚きでもありました!
ソードアートオンライン自体は仮想空間を主な舞台としていますけど、
主人公とその家族の居住地が川越と言う事で、
オープニングとエンディングでは川越市と所沢市の施設が登場していたりもします。

ゲームの世界で死亡すれば、現実世界でも死亡してしまうオンラインゲームの世界にダイブした主人公のキリトが、
ゲームを終わらせるべく立ち上がり、そして旅の中でヒロインのアスナや他の仲間と出会い、
紆余曲折しながら最終ボスとの戦いに赴いていくというのが主なストーリーですけど、
テレビアニメでは第一期から第三期まで既に制作され劇場版まで制作される程の大人気アニメですし、
SAOのアリシゼーション編も爆発的に人気がありますけど、この素晴らしき作品のリアルでの聖地の一つが埼玉というのも
嬉しい話でもあります~♪

メインヒロインのアスナもとても美しいですし、この御方はホビーショップのフィギュアコーナーには間違いなく確実に
置かれているほどの大人気ヒロインでもあります!
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |