FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日実施された健康診断なのですけど、今回も昨年同様に「血圧高め、要経過観察」と診断されてしまいました。
私自身、10~20代の頃はどちらかというと低血圧の傾向があり、あの頃は吹奏楽部の朝練習や会社の出勤等で
毎朝毎朝起床するたびに朝起きるのが実は結構つらいのかも・・という感じでしたし、健康診断等でも低血圧とか
言われていたものでした。
そしてあれから既に数十年の歳月が流れ(汗・・)、上記で書いた通り今ではすっかり「血圧高め」という診断結果が
もはや毎年恒例の結果になりつつあります。
やっぱり人間というものは、年を重ねてくると自然に「今年はこの数値が悪くて、昨年に比べてこの数値は改善されたけど
その代わりにこの数値が悪くなった」という事になるのかもしれないです。
今回の健康診断の結果は後日会社に郵送されるのですけど、診断結果を見ながら社内で
「おまえなんてまだマシじゃん・・実は自分は・・」みたいな自分の健康の悪い自慢大会が開催されていく流れになるのは、
ある意味仕方がない事なのかもしれないです。

私自身の場合、毎年毎年血圧高めと尿管結石の症状が大きなテーマになるのですけど、尿管結石の方は
おかげさまで最近は尿酸値の値が完全に正常範囲となったせいもあり、ここ数年はそうした症例も出なくて
大変ありがたいと感じていますけど、血圧の方はなかなか若い頃の数値には戻りませんよね~(汗・・)
ここ数年は軽めの降圧剤の薬の効果もあり、家で計測すると、上が130台前半、下が80~90前半という事で
大体正常~やや高めの範囲で収まってくれるのですけど、
いざ健康診断で病院のああした検査室で測定をされてしまうと、毎年なんだか「今年は下がっていないと・・」みたいな気持が
出てしまい妙に身構えてしまうのか、毎回毎回、普段の計測よりも10~20前後も上がってしまい、
健康診断で「要経過観察」という結果になってしまいます。
先日の健康診断も、家を出る直前と検診前の病院ロビー内の血圧計測器で測ったら、上が110台後半、下が70台でしたので
「今年はいけるじゃん」と思っていたら、実際の測定では毎年の結果とほぼ同じで、思いっきりガッカリしたものでした・・

病院の検査だと血圧が上がってしまうという話はよくある話で、
医師の診察時や健康診断にて血圧測定を受けると血圧が高くなる症状を「白衣高血圧症」と呼ばれることもあるそうです。
血圧が高いといわれている人の3分の1の方が診察時に血圧が高めになるという話もあるようです。

どうして健康診断の場だと血圧が上がってしまうのかというと・・

1.医師の前に座ると緊張してしまう
2.待ち時間が長くてついイラッとしてしまう・・
3.待合室での周囲の会話で不安になった
4.待っている間、健康診断の結果のことを考えているうちに不安と緊張に襲われた
5.普段とは異なる環境にいるので少し緊張した

と言った事が挙げられるそうです。

以前病院の先生から直接聞いた話ですと、白衣高血圧症は特段心配する事もないし、家で計測するときに比べて
病院では普段の1割程度血圧が上がるというのは病院内でも大体織込み済ではあるのだけど、
そうした白衣高血圧症よりもむしろ厄介なのは、病院の診察や健康診断ではむしろ血圧低目なのだけど、実際の生活の場では
逆に血圧の数値が飛びぬけて高くなる「仮面血圧症」の方が要注意との事です。


a6c7337e-s_convert_20160527151312.jpg

fd911398-s_convert_20160527151410.jpg


最近の歯科検診記事の中で、
「中年おやじの歯科医から偉そうに上から目線でアドバイスを貰ってもついつい反発してしまうけど、
東方で言ったら、早苗さんやアリスのような美少女キャラまたはゆかりんのような美しいお姉さまからやさしくアドバイスを
頂いたらどんな無茶振り指示でも、案外簡単に言う事聞いちゃうのかも~」と記しましたけど、
健康診断の血圧測定といった場面では、早苗さんやアリスのような美少女キャラまたはゆかりんのような美しいお姉さまに
血圧測定されてしまったら、嬉しさのあまり気分が高潮し、普段よりも50~70程度も血圧が上がってしまい、
「あらあら、ダメね~」と諭されるのかもしれないですね・・(汗)

東方キャラでそうしたお医者さん・看護師さん系キャラというと、実は幻想郷内には正式なお医者さんはいないという事もあり、
人里で病人が出た場合に対応するのは、永遠亭の永琳とその弟子のうどんげちゃんなのかもしれないです。
そして歴代プリキュアにおいてそうした看護師がお似合いそうなのは、フレッシュのブッキーまたはハピネスのゆうゆうなのかも
しれないです!
そして実際にかわるんるんで看護師さんに変身したゆうゆうは白衣の天使以外の何者でもなかったです!
ゆうゆうというすてきなな天使さまに健康診断で血圧測定をしてもらったら
ゆうゆうの発する癒し効果でリラックスして普段の家で測定するような数値が出るのかもしれないですし、
ついつい嬉し」のあまり妙にテンションが上がって、血圧が200近くまで一気に上昇する可能性すらあるのかもしれないです。

やっぱりゆうゆうは天使ですよね~!

ゆうゆうの安定さ・万能さ・癒しは自己に対しての自信感なのかもしれないです。

それを示唆していたのが、ブルーに対して攻撃を仕掛けようとするファントムに対して
プリキュアに変身せずに人間体のまま、ファントムと会話し諭していたゆうゆうの存在だと思います。
あのシーンを改めて見ると、プリキュア5で不老不死を手に入れてもなお悩み続けるデスパライアに対して
意図的にプリキュアの変身を解除し、人間体としてデスパライアと対話しようとしたのぞみの姿を彷彿とさせるものがあります。

それにしてもこのファントム、羨ましすぎますね~

私も怪我してゆうゆうに額で熱を測って貰ったり、優しくおかゆを食べさせてほしいなぁ~としみじみ思ってしまいます!
ファントムの熱を測定するために髪をあげておでこをさらしたゆうゆうは、とってもかわいかったです!

上記で触れた通り、幻想郷には意外にも正式な医者はいないのですけど、その代わりに凄腕薬師の永琳という存在が
あったりもします。
だけど永琳に幻想郷内で診察をされると、診察と称してなんだかよくわからない薬を飲まされ、臨床実験という名の
人体実験をされそうで、ちょっとこわいのかも~という感じでもありそうなので、万が一幻想郷内で倒れた場合や
病気になった場合は、むしろまだ頼りなくて経験が浅いのかもしれないけど、永琳の弟子のかわいいかわいいうどんげちゃんに
依頼した方がまだマシなのかもしれないですね~(汗)
スポンサーサイト



一番最初に三善晃の「管弦楽のための協奏曲」というタイトルを耳にした際は微妙な違和感を感じたものです。
というのも普通の感覚として「協奏曲」と言うと、個の楽器と全体の管弦楽団の音楽の対話というイメージがあるのですけど、
「管弦楽のための協奏曲」というと、全体対全体の対話つまりみたいなものをついつい連想してしまいます。
この「管弦楽のための協奏曲」というタイトルは、20世紀に入って以降色々な作曲家がこのタイトルで作品を残していますけど
私が知る限りでは最初にこのタイトルの作品を作曲した方ってヒンデミットなのかな・・・・?
このタイトルで圧倒的に有名なのは、言うまでも無くバルトークの作品なのですけど、
他にはどんな作曲家がこのタイトルで作品を残しているかと言うとコダーイ・シチェドリン・セッションズあたりだと思います。
バルトークの「管弦楽のための協奏曲」の第二楽章:対の遊びを聴くと
このタイトルの意味が何となく分かるような気がします。
ファゴット・クラリネット・フルート・オーボエ・トランペットの各楽器が2本ずつ対となって繊細なメロディーラインを
吹き、それが全体と鮮やかな「対比」を示しているような感じがありますし、
音の薄い部分又はソロ対トゥッティ(全奏)の対比を何か意図しているようにも思ったりもします。

「管弦楽のための協奏曲」というと私にとってはどうしても外せない曲が一つありまして
それが三善晃が1964年に作曲した「管弦楽のための協奏曲」です。
私自身大変残念ながらこの曲が生の演奏会で実際に演奏されたのは聴いたことがありませんし、
管弦楽団によるCDの音源としては岩城宏之指揮/N響の演奏しか私はこの曲のCDを持ってはいません。
かなりマイナーな曲ではありますし、演奏時間も8~9分程度の比較的短い曲なのですけど
例えは悪いのかもしれないですけど、三善晃の後年の吹奏楽コンクールの課題曲「吹奏楽のための深層の祭」の世界と
極めて近いと言うのか、音楽的緊張感を短い音楽の展開の中で凝縮した邦人作品といえると思います。
曲自体は大変難解で捉え所が無く、この曲を初めて耳にされる方は多分「何を言いたいのかさっぱりわからない」と
言われるのは目に見えているのですけど、音楽的密度というのかとにかく緊張感が半端なく強い曲ですので、
聴いているだけで胃がギリギリ痛くなってくる感じもするのですが、
なぜかメロディーラインがすんなりと脳に入ってくる不思議さは伝わってきます。
換言すると、
「慣用句とか古典的言い回しが多く言葉遣いは難しいのだけど言っている内容はすごく分かり易い趣旨の事を
伝えている音楽」みたいな感覚があったりします。
音楽的緊張感は極めて強いという三善晃の似たような音楽というと交響三章~Ⅲの世界が近そうにも思えますが、
交響三章の世界はどことなく「亡びの美学」というのか日本のもののあはれみたいな情感を感じさせるのに対して、
管弦楽のための協奏曲は、耳にすんなりと入ってくるメカニックな曲と言えそうですし、この曲の最大の魅力は
まるで「音楽によって表現された建物の精密な設計図」という感じなのかもしれないです。

三善晃の「管弦楽のための協奏曲」は三つの部分から構成されていますけど、休むことなく続けて演奏されます。

Ⅰ.確保と二つの展開

Ⅱ.複合三部

Ⅲ.変奏と復帰

Ⅰは、とにかくめまく゜るしい変化が最大の魅力です。特に出だしの音楽的緊張感はすさまじいものがあります。
全体的に音量のコントラストに圧倒される感じがあります。
Ⅱは一転して抒情的な感じも漂い不気味な曲想が展開されていきます。
あの雰囲気は四谷怪談の世界なのかもしれないです。
(混声六部合唱、尺八、打楽器、十七絃のための「変化嘆詠」 ~一休諸国物語図絵より と言う作品も三善晃にはありますが、
この曲の雰囲気は管弦楽のための協奏曲のⅡの世界に通ずるものがあるのかもしれないです)
Ⅱのラスト近くの大太鼓三連発の不気味な響きが印象的ですけど
あの部分は矢代秋雄/ピアノ協奏曲の第二楽章の幽霊とか夜明けの悪夢を彷彿とさせるものがありそうです。
Ⅲは一転して再度激しい音楽に回帰されますけど、ラスト近くのホルンの雄叫びがとにかく凄まじいと思います。
このホルンの雄叫びをバックに曲は一気呵成に閉じられますけど
聴くだけで圧倒されまくりの曲としか言いようが無いほどとにかく緊張感の強い作品だと思います。
前述の通り一言で表現すると「精密な設計図」を音楽にしたようなものと言えそうですけど、矛盾するような事をいって
申し訳ないのですけど、なぜか耳にはすんなり入ってくる音楽だと思います。
ちなみにですけど、耳にすんなり入ってくるというイメージと言うと、実は三善晃は1979年のアニメ「赤毛のアン」の主題歌や
挿入歌・EDを担当されていたりもしました!
赤毛のアンのあのOPのファンタジー感やアルトサックスのソロの扱いの巧みさは三善晃っぽい感じもありそうです!

三善晃の「管弦楽のための協奏曲」はプロの管弦楽団の演奏は滅多に聴く事ができないと思われますが、
この曲は吹奏楽コンクールでたまにですけど自由曲として演奏されることもあり、実際2018年時点において、これまでこの曲は
通算6回全国大会で演奏されています。
そしてこの曲の過去最大の圧倒的名演は誰がなんといっても1978年の秋田南高校吹奏楽部の演奏に尽きると思います。
秋田南による1978年の演奏は、言うまでも無く秋田南高校が全国大会初演なのですけど、
通算6回の全国大会演奏のうち、今の所唯一の金賞受賞が1978年の秋田南による演奏です。
確かに、磐城高校・湯本高校の演奏も素晴らしいのですけど、秋田南高校を超越するまでには全然至っていないようにも
感じられますし、そのくらいあの演奏は素晴らしいです。
「吹奏楽アレンジ演奏なんてしょせんは管弦楽のモノマネに過ぎない」などと言われる方には是非是非一度
聴いて欲しい演奏ではあります。
あの演奏を聴くと吹奏楽の無限の可能性を心の底から感じてしまうのですけど、難曲中の難曲を普通の高校生がさらっと
いとも簡単に吹いてしまうなんてとにかく凄いものがありますし、
当時の秋田南高校吹奏楽部の高橋紘一先生をはじめとする当時のメンバーの演奏の表現力・音楽的緊張感には
心の底から共感しますし、三善晃が後日秋田南の演奏をレコードで聴いた際にその演奏を絶賛され高く評価されたというのは
当然の話だと思います。

あくまでも私自身の個人的主観なのですけど、 1978年の高校の部の評価において、
もしも1970年以前の順位制度による表彰だったとすると、この年の高校の部の文句なしの圧倒的な一位は秋田南高校
だと思います。
2019年時点での現在の感覚・視点で聴いてもそうした感想・評価は揺るぎがないものがあるとすら感じてしまいますし、
むしろ今現在のコンクールにおいても 十分通用する素晴らしくハイレヴェルな演奏だと思います。
この演奏は残念ながらレコードとレジェンダリーシリーズのCDと課題曲も収録されたカスタムテープでしか
聴いたことが無いのですけど、
もしもタイムマシーンがあったとして過去に遡って昔の名演を生演奏で聴けるという事が出来るとしたら
この年の秋田南とか1977年の秋田南の「春の祭典」、同じく秋田南の1980年の三善晃/交響三章は
絶対に聴いてみたい演奏の一つです。
そして出来れば1979年の市立川口の「二つの交響的断章」や1980年の花輪高校のハチャトゥーリアンの交響曲第2番「鐘」も
是非聴いてみたいものです。

1978年の秋田南なのですけど、前年と前々年においては、 ペトルーシュカと春の祭典というストラヴィンスキーの
バレエ音楽路線を圧倒的名演でもって後世に間違いなく語り継がれるべき演奏を聴かせてくれていましたけど。
この年、1978年からは路線変更を行い、この年から1982年までは邦人路線においては、
ストラヴィンスキー以上の素晴らしい感覚で研ぎ澄まされた演奏を後世の私たちに残してくれていて、
いわばこの年は、秋田南の偉大な邦人作品シリーズの始まりの年という記念すべき年でもありました。

1978年の秋田南の演奏なのですけど、パターンとしては前年の1977年の構成と似ている感じがあります。
端正で正統派の雰囲気が漂う課題曲に対してあまりにも大胆不敵な自由曲という課題曲と自由曲の構成において
共通性があるようにも感じられます。
自由曲の管弦楽のための協奏曲は課題曲で見せつけた端正な仕上がり・正攻法みたいな感じではなくて
むしろ積極的に冒険している感じが漂います。
ホルンの高音域とかクラリネットの細かい動きとかトランペットの鋭い切れ味とか 技術的にはとにてつもなく高い水準を
求められる曲なのに、 そうした難しさは微塵も感じさせないで、確実に指揮者の高橋紘一先生から求められている音と表現を
立派に音にされていると思います。
三善晃の「交響三章」の世界を更にぐぐっと凝縮させたこの研ぎ澄まされた世界を見事に表現していると思います。
プロでも手に余る難解なこの曲をアマチュアの高校生が、しかも吹奏楽というアレンジ版という変化球を駆使して
ここまで立派な音楽的表現が出来ている事自体が奇跡だと私は今でも確信しています!!

上記で書いた通り三つの部分から構成されているのですけど、Ⅰのめまぐるしい変化に各管楽器が立派に対応できている事や
Ⅱの木管の艶っぽい響きが素晴らしいですし、Ⅲのホルンの荒ぶる調べが大変印象的です。
演奏終了後に、ブラボーという声援がこの時代しては珍しく入っていますけど(多分OBなのかもしれないです・・)
あれはやらせとかそういうのではなくて むしろ感極まった自然体としての唸り声みたいにも聞こえてしまうほど
とにかく見事な演奏でした。

最後に・・三善晃の「管弦楽のための協奏曲」の全国大会演奏の中で、秋田南以外として大変印象に残る演奏が
あるのですけど、それが1993年に八戸北高校が演奏したものでした。

前年度の1992年のホールジンガーの「春になって、王達が戦いに出かけるに及んで」の
とてつもない雑で粗野で荒削りのとんでもない演奏なのですけど、奏者と指揮者の熱い気持ちがひしひしと伝わってくる
あの演奏と93年の「管弦楽のための協奏曲」のクールで精密な演奏のあのとてつもない落差にはいつ聴いても
驚かされるものがあります。
この時の指揮者の佐々木先生の事は当ブログの吹奏楽カテゴリの中の「1981年~82年の東北大会」で色々と書いた記憶が
ありますけど、あの時のシベリウスの1番とかマーラーの1番のように佐々木先生は内向的な演奏を好む傾向が
あるのかねもしれないですけど、
92年の「春になって・・」のエネルギー大爆発の演奏は極めて意外でそのギャップがとても痛快に感じたものでしたけど、
改めて93年の「管弦楽のための協奏曲」の演奏を聴くと、
「佐々木先生にはこうした緻密な演奏がよく似合うのかも・・と感じたものでした。

指揮者の先生が、学校のチームカラーや「これまでの伝統にばかりにこだわって
毎年毎年生徒たちに同じような型をはめこんでしまうよりは、佐々木先生のように
その年の生徒さん達の個性や音質等に合わせて演奏スタイルとかを変えていった方が、
むしろ高校生にとっては自然体なのかもしれないです。

八戸北高校の92年と93年のあまりにも極端な演奏スタイルの違いから、ふとそのようにも感じたものでした。

 | BLOG TOP |