FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計





現在の日本は人手不足社会なのかもしれないです。

住宅・建築業界では、特に職人さん・大工さん・作業員さんの人材確保がどこの会社でも深刻な問題になっているようですし、
うちの会社でもほぼ一年中ハローワーク等に人材募集の求人を出しているのですけど、面接以前に
募集の電話さえこの一年間ほぼゼロに近いという惨状のようです。
多分ですけど、そう遠くない近未来の日本では、AIが事務職等の仕事にどんどん進出してくると思われますし、
熟練を必要としない単純作業の労働はロボットにとって変るようになるのかもしれないですし、
今現在の人材不足を理由に海外からの就労者を大量に門戸開放したとしても、日本の国自体の景気が後退してくると
そうした海外からの就労者を一体どうするのかという問題も起きてきそうでもありますし、
雇用における需要と供給とか仕事のマッチングとミスマッチの問題は本当に難しいものがあるのだと思われます。

さてさて、幻想郷においてはそうした人手不足問題というものは存在するものなのでしょうか・・?

幻想郷にはめぼしい近代的な産業は存在していなくて、雰囲気的には幻想郷の人里の人間たちの仕事というものは、
農業または雇用主と従業員といった労務関係が発生しないような一人で仕事をしている自営業的な製造小売がメインと
言えるのかもしれないです。
幻想郷の人里にはそもそも論としてそれほど多くの人間が居住していませんし、その主導権はゆかりんをはじめとする
妖怪サイドが握っていますし、産業が生育する土壌が元々ないと言う事で人手不足とか人材過剰という問題は発生しようが
ないという事なのかもしれないです。
人間が運営するお店に妖怪たちが買い物・飲食に来る事は日常の光景なのですけど、印象としては妖怪たちのそうした
人里への接触が人間たちの新しい産業育成と言う事には繋がっていないし、元々がそうした発想がないのかもしれないです。
妖怪サイドとしても、妖怪の食料というものは、公式では必ずしも明確な描写がないものの、それは多分、
ゆかりんたちが外界でちょいと悪さを働き、外界で「この人物が突然消滅したとしても誰にも気が付かれない・・」といった
人たちを事前にリサーチした上でそうした人を外界から幻想郷にさらってきて、妖怪の食料として供しているという事なのかも
しれないです。
だからそうした観点では幻想郷の妖怪たちはある意味「食」が保証されているから、妖怪たち自身がなにか新しい産業を
興してみようという発想自体起きにくいものと思われますし、
幻想郷において「山の産業革命」というかエネルギー革命を起そうと目論んだのは、外界から幻想郷に移住してきた
八坂神奈子というのも妥当と言えるのかもしれないです。

そうした幻想郷ですので、人材募集といった求人広告自体が珍しいと言えるのかもしれないですけど、
実はほぼ一年中人材不足のために人材募集の募集広告を出している所もあったりします。
それが紅魔館における妖精メイドの大募集なのです。

紅魔館の主要メンバーは、レミリア様・フランちゃん・咲夜さん・パチュリーさん・美鈴・小悪魔で、命蓮寺よりは少ないけど、
永遠亭・白玉楼・八雲一家など幻想郷の他の主要メンバーよりは大人数ですし、なによりも紅魔館は毎晩のように
レミリア様が宴会やパーティーを開催し派手なお遊びをされているようですし、
その準備やら料理の準備やら片付けも大変そうですし、紅魔館は地下まであるかなり広いお屋敷でもありますので、
その日常の清掃やらお屋敷の維持管理も相当なものがありそうですし、
何よりもご主人のレミリア様はわがままなおぜうさまでもあられますので、その気まぐれなわがままにお応えするためにも
ある程度の大人数のメイドは必要と言う事なのだと思います。
そして幻想郷においてメイドさんをやりそうな種族は妖精が最も適任だと思われますし、妖精は元々がそれほど知能が
高くないし、衣食住を保証するからうちで働かない・・? と声を掛けられれば、妖精も案外簡単に
「紅魔館は他のおっかない妖怪たちが手出しできない聖域でもあるから、ここで住み込みしていれば、妖怪に襲われる事も無く
安泰なのかも~」という事で妖精メイドとして働く事にも応ずるのかもしれないです。

冒頭の紅魔館の妖精メイド大募集の広告は、文ちゃんが発刊した「東方文果真報」の広告ページなのですけど、
咲夜さんも「なんとか一人でも多くの妖精メイドを確保したい」と思っての求人広告掲載なのかもしれないです。
外界のこの手の人材募集の求人広告においては、実態とはかなり違うような甘い事、おいしい事、うまい事が書かれていて
それにホイホイと釣られてその会社に面接に行き無事に採用されたはいいけど、入社後のあまりにも募集広告とは違う
実態に気が付き後悔したものの既に後の祭り~という事例は腐るほどあると思うのですけど、
紅魔館の妖精メイド募集の広告もそれに近いものがあるのかもしれないですね。
広告では「アットホームな職場」・「楽しい毎日」・「カリスマ溢れる雇主とやさしい上司」と謳われていますけど、
雇主がおっかない畏敬の対象の吸血鬼であり、やさしい上司というのが確かに有能だけどひと癖もふた癖もありそうな
咲夜さんですので、紅魔館の妖精メイドとして雇われた妖精たちも初日に「これはやばいかも~」とさすがに感じるのかも
しれないですね。
実際広告の絵も笑顔の咲夜さんに対して、ちょっとひきつった苦笑い気味の妖精メイドが印象的でもあります・・

「東方求聞史紀」の設定では、紅魔館の大量妖精メイドは衣食住は保証されているものの、お給料はゼロで、
その代わりにおやつ・紅茶・食事は支給されている、紅魔館を退職するのもその後に紅魔館に再就職するのも自由で、
辞めたければいつでも自由に辞められる」という事でしたけど、上記の求人広告においては、
「給与は雇用主と相談」となっています。
これはさすがに「給料ゼロでは誰も応募してこないよね~」という反省の上に立っての事なのかもしれないですし、
はたまた幻想郷内にて「紅魔館は実はブラック企業」みたいな噂が流れたのかもしれないですね。
だけど妖精たちがレミリア様という吸血鬼を目の当たりにしてしまうと当然びびってしまって
「お給料をいっぱい下さい!」とは中々言い出しにくいのかもしれないですし、もしかしたら「いえいえ・・お給料はゼロでいいです」
とも思わず言ってしまうのかもしれないですね。

この「東方文果真報」の広告としては、魔理沙の魔法の箒やドレミー・スイートの安眠枕も印象的ですけど、
慧音先生が運営する寺子屋の生徒募集の記事も大変印象的です。
慧音先生と阿求が「わたしたちが合格させます!」というのはなんだか一定の説得力はありそうですけど、
幻想郷には受験がありませんので、それも一つの過大広告なのかもしれないですね。
幻想郷の知識人というと慧音先生や阿求が思い浮かびますので、この二人が講師と言うのも凄いことだと思います。
特に二人の「歴史」の授業はかなりの説得力がありそうです。
幻想郷の歴史の講師というと本来的には幻想郷の創設者の一人であるゆかりんが務めるのが適任なのかも
しれないですけど、ゆかりんが歴史の話を始めたら妖怪にとって都合のいい話しかしないのかもしれないですね~
そうそう、幻想郷の知識人というとパチュリーさんもいるのですけど、パチュリーさんの話し方は、小声でせっかちで早口
と言う事もありますので講師には不向きなのかもしれないですね。

咲夜さんは言うまでもなく紅魔館の優秀なメイド長です。

紅魔館には上記の通り、大勢の妖精メイドが雇われていて一年365日ほぼ全て
「メイド募集中!」みたいな人材募集をかけていますが、実際に応募に来た妖精に対しての面接とか採否決定とか
慣れるまでの間の教育・指導を行っているのは咲夜さんなのだと思います。
そうした意味では、咲夜さんは紅魔館全体の人事権を握っているのはレミリア様ではなくて、実は咲夜さんなのかも
しれないですね!
(レミリア様は、そうしたメイドの雇用とか教育等の面倒くさい事は絶対にやらなさそうですね~)

そして咲夜さんの人事権というのは妖精メイド以外の採用以外にも及ぶのだと思います。

紅魔館の地下の大図書館には「動かない大図書館」とも言われている知識人でもある魔法使いのパチュリーさんが
既にいるのですけど、パチュリーさんは咲夜さんが紅魔館にメイド長としてお仕えする以前に既に紅魔館内に
居候として住みついていた可能性が濃厚なのですけど、そうした居候とかフランちゃんの家庭教師とか
何か新しい役職を担った新しいキャラの紅魔館への就職(?)の採否を決定する権限を持っているのは、
もしかしてレミリア様ではなくて、咲夜さんなのかもしれないです。
それを示唆していたのは、東方永夜抄の中での、フランちゃんの家庭教師候補としての慧音先生」巡る
レミリア様と咲夜さんの会話だったのかもしれないです。

「東方永夜抄」において

慧音:判らんのか? そもそも、人間は居なかった事にした。
    今、ここの里の歴史は全て私が保護している。
レミリア:咲夜。この人、妹の家庭教師に良いんじゃない? 郷土歴史学の先生って感じで。
咲夜:うちにはもう知識人は要りませんわ……。

という場面がありましたけど、これはとっても興味深いですね!
レミリア様の妹のフランちゃんは、大変惜しまれる事にこの永夜抄においても未登場なのですけど、
レミリア様が妹のフランちゃんの事も実は大変気にかけて心配しているみたいな事が示唆されるシーンでも
ありましたけど、メイド長の咲夜さんとしては、
「私の仕事が増えるからパチュリー以外の居候がこれ以上増えるのは迷惑千万!」みたいな気持ちも垣間見えて
とっても面白いです!
同時にレミレア様に対して、やんわりと(?)咲夜さんの人事権を発動して
「慧音先生の不採用決定」を発令させているようにも感じられたものでした。
そして咲夜さんとしてはパチュリーさんは確かに「知識の豊富さ」・「学問としての知識」はあるのかもしれないけど、
実践としてはほとんど役に立たない頭でっかちのものだから、
うちの紅魔館には大して必要とされないから、これ以上ややこしい頭でっかちな知識人は勘弁して~!
これ以上私の仕事を増やさないで!みたいな事を想われていたのかもしれないですね・・(汗)

とにかく咲夜さんは、今日も明日も明後日も大忙し!

そして多分ですけど咲夜さんには公私の区別なくレミリア様からのわがままに日々振り回されていて
実はかなり大変ではないかと思います。
よく二次創作においては、咲夜さんは紅魔館には大量の妖精メイドがいるのだけど、紅魔館内の仕事は
咲夜さんがほぼ一人で取仕切り、本当にテンパった際に咲夜さんの時間を操る程度の能力によって時間を止める事で
何とかしてしまうという事が描かれてはいるのですけど、さすがにそんな事していると、一応は人間設定でもある
咲夜さんは心身ともにボロボロになってしまうのかもしれないです。
そうした多忙でプライベートも何もあったもんじゃない咲夜さんをフォローしてあげるのが、一応形式的には
咲夜さんと同じメイドとも言える妖精メイドなのかもしれないですけど、
咲夜さんの言葉と阿求の解説では「妖精メイドは役立たずばかり・・」という設定になっているようです。
これってどうなのかな・・?
儚月抄においては、パチュリーさんの指示に基づいて実務的に月まで行けるロケットを組み立てたのは
その妖精メイドですし、三月精の中では、妖精メイドはお掃除等ちゃんと働いている描写はあったと思います。
妖精メイドの使い方次第では咲夜さんの負担も相当減り、咲夜さん自身のプライヴェートのお時間も増えるのではないのかなと
思うのですけど、そうさせないのは咲夜さん自身の
「レミリア様・・そして紅魔館を取り仕切れるのはこの私だけ!」という強いプライドみたいなものがあるせいと
言えるのかもしれないです。
咲夜さんの心の深層としては「忙しいのはむしろ大歓迎! 私にはそんなに自分の時間は今は必要ない・・」と考えているのかも
しれないです。

そうした点を考慮すると、咲夜さんの紅魔館の仕事は、紅魔館全体のスケジューリングの調整と実質的管理運営と
実務の料理やレミリア様のお相手・買い出し・他の幻想郷主要メンバーとの打ち合わせ等であり、
大量の妖精メイドがしている仕事は咲夜さんの補助的な役割と片付け・洗濯・掃除等に留まっているのかもしれないです。

咲夜さんのお給料がどのくらいなのかとか、もしかしたら無給なのかも?という話は永遠に謎なのかもしれないですが、
「こんな有能なメイド長を万が一にも守矢神社とか白玉楼とか永遠亭、そしたはたまた古くからいるあの困ったスキマ妖怪の
お屋敷に転職されて引き抜かれるのは絶対に困る」という事で、レミリア様としては、多少は咲夜さんにお給料を
支給しているような気もします。
今現在ですと、咲夜さんのレミリア様に対する意識というと「お嬢様の命令には絶対服従」という感じなのかも
しれないですが、「東方紅魔郷」においては意外にもそうした意識が希薄であり、
「飯さえ食えればそれでいい」というなんだかやる気が今一つ感じられないサラリーマンみたいな意識で紅魔館のメイド長を
されていたのが大変意外でもありました。


mizusakuyasan-_convert_20120819165214.png



ここから下記は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!

私が何かの間違いで幻想郷入りを果たし、紅魔館に数日間滞在することになった場合、
私がいっちば~ん! お話させて頂いたり幻想郷をご案内して欲しい御方は言うまでもなく咲夜さんだと思います!
ま・・スカーレット姉妹はなんだかんだいっても吸血鬼ですし(フランちゃんはとってもかわいいですけどね・・笑・・)
パチュリーさんはなんだか地下深くの図書館に籠りっきりでなんだかかび臭い魔女っぽい感じもありそうですし(汗・・)
咲夜さんの見事なプロポーションと美脚を拝見させて頂きながら色々とお話しできれば至福のひと時を過ごせそうですね~!

上記の咲夜さんは、アミグリさんが2012年8月に描かれた「水着咲夜さん」です。

ほのかで上品なお色気が感じられる初夏の季節に相応しい爽やかな咲夜さんだと思います!

咲夜さんは東方の世界においては、少しばかりエロネタ的要素で描かれる絵師様が多いような気もしていて、
あまりにも過激すぎるエロネタとしての咲夜さんを目にするたびに
「ちょっと違うんだよなぁ・・」と内心苦虫を噛み潰していた(?)私は、やはりアミグリさんが描かれるこうした健全で
健康的で明るい咲夜さんをお目にかかるとホッ・・・とするものはあります。
アミグリさんの素晴らしい点は、水着咲夜さんであっても大変上品に美しく仕上げられていて
まっすぐで健全でうしろめたさが微塵もない!という所もその一つの美点だと思います。
アミグリさんが昨年の7~8月に掲載されていた「東方水着シリーズ」もそうした点を見事に描かれていたと思います。

水着がとってもかわいいですし、咲夜さんのメイドスカートがたまらなく 素敵です!
上半身が水着で下半身がパレオみたいなスカートというちょっと意表をついているのもすてきな発想だと思います。
そしてこの作品の素晴らしい点は、背景がとても美しく爽やかに描かれている点だとも感じます。

咲夜さんが運んでいるクリームソーダも美味しそうですね!

私もぜひぜひけだるい幻想郷の真夏の午後に、水遊びをしながら、時にメイドの咲夜さんが運んでくる
クリームソーダに舌鼓を打ちたいものです!

上記のアミグリさんが描かれた咲夜さんの権利は全て上記作品の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素晴らしいイラストの転載を了解して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなに美しい咲夜さんを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |