FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


おにぎりやパンはとってもおいしいですし、朝ごはんや朝食を食べないで学校や職場に行った時の朝食代わりとか
少し小腹がすいた時の間食としてはうってつけだと思います。
つい先日までセブンイレブンでちょっとすてきなキャンペーンを展開しておりまして、
2019年6月1日(月)~お月14日(金)の2週間の期間中のAM4:00~11:00限定ですけど、
税込160円未満のおにぎりを組み合わせ自由で2個買うと税込200円で買えるという内容です。
朝セブンといえばコーヒーとパンのセットがお得に買えるというイメージでしたけど、今回の朝セブンは
税込160円未満のおにぎりを2個買うと200円という内容で、朝セブンとして時間限定でおにぎり2個をセットで行うのは珍しい
試みといえますけど、これはとてもありがたいです。
(こうしたおにぎりの朝セブンというのは通算2回目だったかな・・?)
実際私自身も最近出勤前に、ひとつ150円のおにぎりを二つ購入し本来ですと300円のところ200円で済んでいますので
大変重宝しておりました。

同様のキャンペーンはファミリーマートでも6/4~8の間に展開されていましたけど、こちらはキャンペーンとしては
大変中途半端であり、実施期間が短いし、160円未満のおにぎり2個購入で30円割引というもので、
上記の朝セブンですと、150円のおにぎりを二つ購入しても200円でしたけど、ファミマの場合は、150×2-30×2=240円
という事で朝セブンよりはインパクトは弱いようにも感じたものでした。
ただ朝セブンはあくまで時間制約がありますので、販売時間に関してはファミマに軍配ありなのかもしれないです。

普段なら一個130円~160円程度もする比較的高額なおにぎりが全て税込100円とは改めてありがたいものがあります。
普段ならば2つで300円相当するものがキャンペーン期間中は200円というのは大変ささやかなハッピーが
あるようにも感じられます。
そしてこうしたキャンペーンの良い点は、単に価格が安いという事だけではなくて、普段は一個150円以上もするので
ちょっと手が出しにくかったおにぎりを「果たしてどんな味がするのだろう・・?」とお試し的に食べてみることが
出来るある意味試食の場が提供されている事とも言えるのかもしれないです。
そしてこうしたキャンペーンが終わった後でも本当においしければ、たとえ定価であっても「また買ってみよう~」という気分に
なってしまうのかもしれないです。


_convert_20190610153008.jpg


その中でも今回特に美味しいのかも~! これは次回以降も購入しても損は無いと感じたおにぎりが「炭火焼牛カルビ」でした!

このおにぎりは中身の牛肉がとても柔らかくて美味しくて、白いご飯によくあっていると思います。
そして特筆すべきはおいしいだけではなくてかなりの量の牛肉が詰まっていて、全体的には質量ともに大満足の
おにぎりといえると思います。

ただ朝セブンで一つだけ改善を求めたい事がありまして、それは何かというと朝7:30~8:00頃の出勤時間帯にセブンに行っても
商品棚にほとんど陳列されていない店舗もかなり多かったような印象があります。
いっちば~ん!に欲しい時間帯にセブンイレブンに行ったとしても、おにぎりコーナーにおにぎりがほとんど陳列されていない
光景を見る度にしょぼん・・となったものでした・・(汗・・)
そしてそういう時に売れ残っているおにぎりは一個120円程度のおかか・こんぶ・梅・塩むすびぐらいで、
一個130~150円程度の比較的高価なおにぎりはほぼ完売というのは、朝セブンでおにぎりを購入されている方は
普通のサラリーマンの出勤時間帯よりも早い時間に家を出ている皆様という事なのかもしれないです。

だけどそうした事はちょっと高望み過ぎなのかもしれないですし、
コンビニにそうした無茶な高望みをし過ぎるから、最近社会問題とも化しているコンビニの24時間営業の是非という事にも
繋がっているのかもしれないです。
朝早い時間帯から深夜の時間帯まで、おにぎり・弁当・惣菜・サラダ・飲み物・日常雑貨品等が普通に売られていて、
コピーや公共料金や通販サイトやチケットの支払いも出来て、最近では宅急便やネット通販での品物の受取も出来ますので、
これ以上コンビニに利便性を求める方が酷と言えるのかもしれないです。
私が高校生だった1980年代前半の頃って、実はコンビニ自体がまだまだ珍しいという感じだったのかもしれないです。
もちろん、それは高校当時が東北のとある田舎だったからという背景もあるのですけど、
当時のコンビニというと、その営業時間は文字通り朝7時開店、夜11時に閉店という店が主体で、24時間営業はまだ
少ない方だったと思います。
この時代にローソン・ファミリーマートが既にあったのかどうかは記憶にありませんけど、
当時の記憶では、コンビニと言うとセブンイレブンまたはサンチェーンが主流だったような気もします。
サンチェーンは、後年どこかのコンビニに後年統合されていったと思います。
この頃のコンビニは、現在のように弁当は美味しくないし、
今では信じられない話かもしれませんが、冷たい飲み物売り場の飲み物がほとんど冷えていないとか、
デザートはアイスクリーム程度しか販売されていないとか、
今の感覚で言うと「まだまだ黎明期」という感じだったのかもしれないです。

1970~80年代初期のコンビニはスーパーよりもかなり価格が高いものをスーパーよりは多少遅い時間まで開けているという
程度に過ぎず、そこに置かれている商品も別に個性も何も無く、
純粋に普通の商品を普通に売っている店という印象に過ぎませんでした。
だけどそう思っていたわずか数年後にはあっという間にコンビニの世間認知度が広まっていき、商品の品揃えも豊かになり、
そのサービスも前述の通り、コピー機設置にはじまり写真現像などどんどんコンビニで利用可能なサービスも増えていき、
同時にコンビニオリジナルブランドのおにぎり・弁当・惣菜・冷凍食品・飲み物・スイーツ等のおいしい食べ物も
次から次へと登場し、
その進化には目を見張るものがあると思います!
コンビニで大変ありがたかったサービスの登場としては、90年代前半になって登場してきた電気・水道・ガス等の
公共料金の支払いがコンビニでも出来るようになった事でしたね!
80年代の頃ですら、そうした公共料金の支払いは郵貯と銀行でしかできなかったですし、
いちいち銀行等に行って長い待ち時間を経てようやく公共料金の支払いが出来たという不便さから解放された
あのコンビニでの公共料金支払いサービスはありがたいものがありました。

1980年代中盤のコンビニにおいてコンビニの良さを痛感した私でしたけど、そこから更に数十年後において
アマゾンみたいなありとあらゆる商品が何でも揃っているショッピングサイトが出来て、
その代金支払いも商品受け取りもコンビニ一つで完了してしまう時代が到来するなんて当時の私には
夢にも思っていませんでしたし想像もしていませんでしたね。

当時のコンビニの感覚から振り返ってみると、今現在は恵まれていると言えますし、むしろ過剰サービスともいえますし、
そこに人手不足問題が加わりますので、あのような24時間営業の是非が表面化しているのだと思いますが、
私自身は、コンビニも含めて日本全体が「過剰サービス社会」に陥っている感じもありますし、サービス業全体に
「他がやっているのならうちもやらないと」といったチキンレースがまかり通っているという感じなのかもしれないですけど、
近未来の日本が直面する高度高齢化社会や人手不足を考えると、確かにコンビニの営業時間見直しの是正は必然性がある
という流れになるのは当然なのかもしれないですね。
スポンサーサイト



1984年と言うと、私が親元を離れて初めて一人暮らしを始めた年でもあり、
東北の田舎を脱出し実家を離れる事が出来て、その開放感(?)に浸りきった年でもあり、
個人的には大変記憶に鮮明に残っている年でもあります。
あの頃の日本は、いかにも「古き良き時代」という感じでしたし、世間の雰囲気が「まっ、いっか・・」みたいなおおらかな空気が
まだまだ支配的でどこかのんびりとした雰囲気だったような印象があります。
今現在のような閉塞感とか常にピリピリと殺伐としているような空気では無かったと思います。
当時は今みたいに人間関係が無味乾燥という感じではありませんでしたし、
携帯もLINEもメールもパソコンも何にも無いない時代でしたし、
他人とのコミュニケーションは基本的には「直接会話」以外あんまり方法がなかったし、
何て言うのかな・・・まだ日本人らしい(?)「恥の文化」とか「奥ゆかしさ」とか
「そんなに言語明瞭にはっきり言わなくてもいいじゃん! そんなの行間を読み取ってよ」みたいな空気があったと思いますし、
少なくとも今現在よりは生きやすい時代だったような記憶があります。
むしろそうした時代に実家を離れて一人暮らしをスタートしたというのは、むしろ恵まれていたような感じもありました。

当時の私は、埼玉県大宮市(現、さいたま市大宮区)のぼろアパート【4畳半+3畳 風呂無し・トイレ共同 家賃2.2万円】に
居住していましたけど、あの頃ってお金は全然無い典型的な貧乏学生でしたし、
仕送り+毎月のバイト代で大体毎月8万程度で全てをやりくりしていたのですけど
(家賃→2.2万 光熱費→8千円未満 通信費→携帯はあの頃は存在していないし、固定電話は無いから0円
 銭湯代→4000円前後 吹奏楽団の部費・楽器消耗品・部の飲み代→1万円前後
 食費→3万未満 本→5000円ぐらい・・・)
別にお金が無くてもそれはそれでいいじゃん!、日々こうやって何とか生きていっているし、
学校は毎日通って、週に何度かは都内の吹奏楽団の練習に参加し、バイトもし、
お金が無くてレコードも聴けないけど、そういう時は・・上野の東京文化会館5階の音楽資料室で
丸一日レコードを借りまくってひたすら音楽漬みたいな事もしているし、
他に何か望む事ってあるのかな・・??

そういう楽観的な雰囲気が私の中に内在していたような感じがあったものでした。

当時はいわゆるバブルの発生の前の時代でしたし、まだ就職とか社会人生活なんてまだまだ先の話と思っていましたし、
日本全体がどことなく牧歌的な雰囲気が漂っていたのがそうした私自身「楽観さに繋がっていたのかもしれないです。
今振り返ってみると、この時代の日本は、「バブルの絶頂・日本経済の絶好調→バブルの崩壊・失われた10年」の
直前のお話という訳でして、なんとなくですけど私としては「滅亡前の微かな幸せの時代」という感じだったのかもしれないです。

冒頭から話が全然ヘンな方向にそれてしまいました(汗)

1984年と言うと、都内のとあるポンコツ大学に滑り込み大学の吹奏楽団に入団し、
無事にコンクールメンバーのオーディションを通過し、初めて大学の部として吹奏楽コンクールに臨んだ年でもあります。
結果論なのですけど、うちの学校は1982~83年に都大会にも出場していて、かつては全国大会にも出場していた実績は
あったもので、私としても「この4年間で一度ぐらいは普門館で開催される都大会には出場できるのかな・・?」と淡い期待を
抱いていましたけど、現実とは残酷なものでして私が在籍していた4年間は全て都大会予選で散ってしまい、
都大会本選に出場できず、結果的に普門館のステージに立つことは出来ませんでした・・(泣・・)

1984年の吹奏楽コンクール課題曲は、かなり粒が揃っていてかなり充実していたと思います。
前年の1983年の課題曲も、カドリーユとかインヴェンション第一番・白鳳狂詩曲などとこちらもかなり名作揃いでしたが、
一つ難を言うと、Dのマーチが「キューピットのマーチ」と言う吹奏楽コンクールの中でも
「歴史的な不人気作品」・「典型的な駄作」と酷評され、事実、吹奏楽コンクールでもこの課題曲を選曲するチームは
ほぼ皆無でした。
そうした中、1984年の課題曲は、AからDまで4曲全てが大変充実していたと思います。

この年の課題曲は下記の四曲でした。

課題曲A 池上敏 変容-断章

課題曲B 和田薫 土俗的舞曲

課題曲C 三上次郎 シンフォニエッタ

課題曲D 浦田健次郎 マーチ「オーパス・ワン」

課題曲4曲が全て充実しているなんて実は珍しい事なのかもしれません。
大抵一つぐらい不人気作品がある傾向にあるのですけど、どの課題曲を選んでも遜色ないという感じでしたし、
1984年の全国大会・大学の部の金賞受賞の4チームの課題曲は、それぞれA~Dと分散していたのは、
その課題曲の人気が平均して優れていたという事なのだと思います。
1986年も1990年の課題曲はA~Dの4曲とも大変内容が優れていたと思います。

Aの「変容-断章」は、現代的なメカニックな響きの中にも「和」の雰囲気を漂わせていたと思いますし、
Bの「土俗的舞曲」は、うちの学校のコンクール課題曲でもありましたし、
結果的にこの曲は後日、作曲者自身によって
「オーケストラのための民舞組曲」の第一楽章として管弦楽化もされていましたし、
(和田薫の奥様はフレッシュプリキュアのキュアパイン役の声優さんの中川亜希子さんです)
Cの「シンフォニエッタ」は、まさに急-緩-急の三楽章からなるミニシンフォニーみたいに大変中身が濃い優れた作品でしたし、
Dの「マーチ・オーバス・ワン」も短い曲ながらも大変親しみやすく、平易な技術で書かれている割には
充実感さえ感じさせる堂々とした響きというのが大変印象的でした。

マーチ・「オーパス・ワン」の際立った特徴として一つ指摘したいのは、
この課題曲以前のコンクール課題曲のマーチは、基本的には出だしから最後まで終始テンポが一定に保たれている
パターンが多かったと思いますが、この課題曲の場合、
冒頭のトランペットによるゆったりとしたテンポから開始されるファンファーレ的部分とその後に展開されるマーチの
部分を明白に分離されている事は大変興味深いものはあります。
そうしたファンファーレとマーチを区分している曲として
このオーバス・ワン以降、例えば1985年の「シンフォニックファンファーレとマーチ」とか2001年の「栄光を讃えて」などが
あると思いますけど
今にして思うとそうした曲の先駆者的な役割も担っていたような気もします。

冒頭のゆったりとしたファンファーレに続いて軽快なマーチの部分に展開されていくのですけど
このマーチのメロディーがとてもかわいらしくてキュートでしたし、同時に流麗みたいな勢いもありましたし、
スコアを見る限りではそれほど難しい個所も無く、
指揮者にとっても奏者にとっても吹き易くて演奏するのが大変楽しい本当に素敵な作品だったと思います。
シロフォーン奏者だけは「こんな速いパッセージ難しい・・」と言っていたのは印象的でした。
私達の学校の課題曲はBを選曲していましたけど、
気分転換の曲としてたまに、この「オーバス・ワン」も演奏しましたけど、クラリネットパートとしても
難しい指使いとか過度な高音は皆無でしたし、大変伸び伸びと吹ける曲だったと思います。
中間部のトリオのメロディーラインが大変美しくて、あの部分ではクラリネットが低音でメロディーを奏でているのですけど、
吹くだけでうっとりしそうですね。
そしてこの美しいトリオに比較的唐突な印象で金管が入り込み
そこから一気にラストまで駆け上っていくのですけど、あの追い込み方も 聴かせるツボを分かっているような印象もありました。

演奏時間は3分程度の短い曲なのですけど、内容的にはかなり充実していますし、
スコア上の平易さが少しも「手抜き」とは感じさせず、
むしろ、「シンプル イズ ベスト」を立証しているようにも感じられます。

この課題曲Dは、全国大会でも結構演奏されていて、この年の高校の部でも11チーム演奏していました。
そして意外な事に、関東代表の市立川口・習志野・野庭といった実績のある学校がこの課題曲を選んでいたのは
少し意外な感じもしたのですけど、
その分自由曲にエネルギーと練習時間を廻せるという点では作戦勝ちだったのかもしれません。

さてさて、このマーチ「オーパス・ワン」なのですけど、実はこの曲の作曲者は、
1979年のあのウルトラ超難解現代作品の「プレリュード」(1979年 課題曲B)を作曲された浦田健次郎と同一人物です!
最初にマーチ「オーパスワン」の作曲者が浦田健次郎と聞いた時には
「うそでしょ・・!? あの難解なプレリュードを作曲した人がこんな平易で親しみやすい曲も書けるなんて!」と
当時一部で話題にもなっていました。

あの「プレリュード」の世界を聞いてしまった後にこの「オーバス・ワン」を聴くと確かに同一人物による曲とは思えないですね。

吹奏楽コンクールの課題曲を振り返る時、一つの節目というか転換点になった曲があるようにも思えます。
私の世代よりも二世代ぐらい上のオールド吹奏楽ファンの方ですと、1964年の課題曲/序曲「廣野を行く」を
推されるのかもしれないです。
序曲「廣野を行く」以前の課題曲は、マーチがほとんどであったのに対して、マーチ以外の曲想の課題曲が
登場した初めての年と言えるのかもしれません。
当時、序曲「廣野を行く」は「難しい」と敬遠気味だったそうですけど、
現在の視点から聴くと一体どこが難しいのかな・・・?とも感じてしまうのですけど
それは吹奏楽コンクールの進化と奏者の技術力の圧倒的向上という事があると思います。
転換点と言うと、1974年の課題曲B/高度な技術への指標は今現在の視点から聴いても革新的だと思います、
こんなバリバリのポップスの曲をよく吹奏楽連盟が課題曲として認めたものだとある意味感心してしまいますし、
当時の吹連の役員さんの「太っ腹」には敬意を表したいです。

そして真の意味で大きな転換点になった課題曲はも1979年の課題曲B「プレリュード」ではないかと思います。
なぜ転換点かというと、吹奏楽コンクール課題曲の歴史の中で初めて、無調音楽のような現代音楽の感覚と形式を
初めてコンクール課題曲として成立させたのが、プレリュードだと思うのです。
この曲の譜面を初めて見た際に驚いたのは、冒頭50小節近くは、全ての管楽器奏者は全員休止状態で、
この部分はティンパニの完全一人ソロが静粛に緊張感をもって展開されていきます。
ティンパニソロ以降も変拍子に次ぐ変拍子で、メロディーラインが全然分からない現代音楽の要素を吹奏楽コンクールに初めて
本格的に持ち込んだ記念碑的な曲とも言えます。

この課題曲B/プレリュードを現在の視点から聴いてみると、とてつもなく面白いし斬新だと思います。

技術的には極度に難しくは無いようにも思えなくもないというか、曲全体が終始ゆったりとした曲なので、
アレグロのような早い部分はほぼ皆無ですけど、この曲を通して聴く人に「何か」を伝えることは大変難しいようにも感じられます。
楽譜に書いてある事だけをそのま魔音にしても、プレリュードは全くの無味乾燥になってしまうと思います。
この課題曲は後年CDやカスタムテープ等で様々なチームの演奏を聴いたのですけど、
演奏するチームによって、ここまで音楽の表現方法は変わるものなのかと愕然とするくらい
色々な表現スタイルがあったと思います。
そしてその中でも断トツに際立っている素晴らしい名演は誰が何と言っても市立川口高校の演奏に尽きるのではないかと
思います。
市立川口のプレリュードは、自由曲のネリベルの「二つの交響的断章」と合せて
神がかりな演奏以外の何者でも無いとさえ思います。
出だしのティンパニソロは緊張感漲る演奏が本当に素晴らしかったし、
後半のヴィヴラフォーン以降の木管セクションのひさやかさ、打楽器セクションの鼓動な文句のつけようがない演奏でした!
市立川口のあの演奏は、全国大会初出場でしかもプログラム一番と言う事で、そうしたハンディーを全く感じさせない
圧倒的な名演だったと思います。

課題曲B/プレリュードの特徴は大きく分けて二つあります。
一つは、小節ごとに拍子がコロコロと変わりまくるすさまじい変拍子の連続で、
そして二つ目は、これは最大の特徴とも言えるのですけど、曲の冒頭はィンパニの完全単独ソロから開始されます。
本当にティンパニだけのソロのみで展開され、この間は他の楽器は一つの音も入りません。
冒頭から約1分近く、ティンパニのソロ(しかも他の楽器なしの完全ソロ・)という
おそらく課題曲としては私が知る限りにおいて、唯一の快挙を成し遂げています。
さてさて、このティンパニのソロですけど、
38秒までが手で、それから52秒までが普通のマレット(バチ)、それ以降は木琴などのバチの柄の部分、
という3種類の演奏法により、音色の変化も出すようにスコア上で指示が出されています。
曲のエンディングは、冒頭同様に手で奏でるように指示されて、静粛に静粛に・・閉じられていきます。

浦田健次郎は、後年、ヤマハ吹奏楽団浜松から委嘱を受けて、
シンフォニックバンドのための「Ode」というこれまた素晴らしい作品を私達に提示してくれるのですけど、
この作品もプレリュードと同様に劇的な雰囲気、凄まじい静と動の落差に満ち溢れていて
聴く者に間違いなく「何か」を伝えてはいると思います。

 | BLOG TOP |