FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


縺セ繧翫&_convert_20190416121408


先週の当ブログの記事として、「東方香霖堂」に登場している名無しの本読み妖怪(朱鷺子)のフィギュアレビュー記事を
させて頂きましたけど、東方香霖堂の主人公は東方では大変珍しい男性キャラの森近霖之助(もりちか りんのすけ)でも
あったりしますが、森近霖之助というとそのカップリング相手としてはもちろん霊夢もいますけど、
霊夢以上に森近霖之助と縁が深いのは魔理沙だと思われます。

魔理沙と森近霖之助の二人の関係性を一言で言うと年の離れた幼馴染ともいえそうですし、
はたまた近所のお兄さんに頻繁にちょっかいをかけるおせっかいな世話焼き妹みたいな感じでもありそうですし、
半分人間で半分妖怪の森近霖之助が将来的に幻想郷の誰かと婚姻関係を結ぶ可能性と言う事はかなり低いものが
あるといえそうではありますが、もしも森近霖之助が誰かと結ばれるというのならば、その最も可能性の高い
ベストパートナーは魔理沙と言えるのは間違いでもなさそうです。
(他には、ゆかりんが強引に口説きに掛かるとか、半分人間・半分妖獣である慧音先生というカップリングも有なのかも
しれないですね~)

森近霖之助は過去、魔理沙の実家である霧雨店で修行していた経歴がありますし、その後独立を果たした後も
霧雨家とは交流があったようで、魔理沙が生まれた時からの付き合いがありますし、魔理沙自身も物心ついた頃から
香霖堂を訪れ、森近霖之助に接しているようです。
魔理沙は霖之助から様々な影響を受けていて、蒐集癖、ミニ八卦炉、星の魔法といった魔理沙を魔理沙たらしめる要素は、
実は森近霖之助から影響を受けたといえそうですし、
森近霖之助のために食事を作りに行ってあげたり雑用を引き受けたりと、その関係性は霊夢よりも強いと言えそうです。
(ちなみにですけど、霊夢の巫女さん衣装やお祓い棒を作成しているのは実は森近霖之助であったりもします!)

東方香霖堂の登場人物のデザインは全体的に幼く見えるのが大きな特徴でもありますし、霊夢と魔理沙の雰囲気は
普段の東方作品ではJKさんっぽく見えそうな中で、東方香霖堂においてはJCさんのような雰囲気すら漂わせていると
思いますし、その中でも特にゆかりん=八雲紫様の少女らしさは群を抜いていて、
東方妖々夢や東方萃夢想で見せるアダルトな姿とはまったく雰囲気を異にしているのには驚きすら感じさせます。
ゆかりんの事をBBAと陰口を叩いている皆様たちは是非あの東方香霖堂でのゆかりんをご覧頂ければ幸いでもあります!

魔理沙というとこれまでもメーカー正規品・プライズ系・ねんどろいど等たくさんの種類の商品化が既に実現されている
のですが、「東方香霖堂」に登場している名無しの本読み妖怪(朱鷺子)のフィギュアが既に発売されているくらいですので、
東方香霖堂版の魔理沙のフィギュアが制作・販売されているのは極めて自然な流れであるのだと思われます。

そんな訳で本記事は、霧雨魔理沙が「東方香霖堂」のイメージそのままに可愛らしい姿でフィギュア化されたものを
簡単にレビューさせて頂き、最後にdream fantasy
アミグリさんが2019年4月に描かれた東方香霖堂のちょっと幼い雰囲気の魔理沙を彷彿とさせる魔理沙のイラストを
転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

この魔理沙は東方香霖堂作中の雰囲気をそのまま立体化したかのような繊細な魅力の詰まった造形そのものです。


縺セ繧翫&縲€鬥咎恂蝣・convert_20190416121257


この魔理沙の商品概要は下記の通りです。

商品名 : 霧雨魔理沙 東方香霖堂版

仕様 : ABS&PVC製塗装済み完成品

全高 : 約17センチ

原型 : icon(藍色空色)

彩色 : 920-3(藍色空色)

発売 : キューズQ

価格 : 13,800円(税抜)

発売時期 : 2018年4月

魔理沙のこの微笑んだ表情が天使そのものですし、あの長くたなびく金髪も毛先までシャープな造形で再現されています。

全体的には10代前半の魔理沙という雰囲気なのですけど、そのせいなのか他のフィギュア作品との違いは
魔理沙のこのふっくらとした少女のほっぺたなのかもしれないです。
例えは悪いのですけど、不二家のペコちゃんの頬っぺたみたいな感じでもありそうですし、東北の方言で例えると
「めんこい~」という仕上がりなのだと思います。

緑色のグラデーションが綺麗な瞳とうっすら笑みが浮かぶ口元は少し大人びていてかっこよく、かわいらしさとは少しだけ
対照的なものを感じさせてくれていると思います。





全体的にはこの流れるような美しい金髪のボリュームは圧巻なのですけど、特に左側だけ編み込まれた金髪の精緻さは
素晴らしい仕事をされていると思います。

他のフィギュア作品は白黒の魔法使いのモノトーンな印象が強いのですけど、この東方香霖堂の魔理沙は
ゴスロリ風のロリータ的な魔理沙が表現されているようにも感じられます。

ゆるくウェーブした髪は毛先まで柔らかそうで、思わずこの魔理沙フィギュアをつんつんしてみたくもなりそうです~(汗)


縺セ繧翫&縲€譚ア譁ケ鬥咎恂蝣・convert_20190416121320


魔理沙の後ろ姿です。

霊夢のチャームポイントは髪のあの大きなかわいいリボンなのですけど、魔理沙はあの魔法使いの帽子なのだと思います。
そして魔理沙のこの帽子は着脱可能で、帽子を取った状態で髪だけの魔理沙もフィギュアとして提示する事も
可能でもあったりします。

反面、右手のポーズは帽子を被っている事が前提のボースでもありますので、この魔理沙を展示する場合は帽子を
被らせておいた方がナチュラルだと思います。

リボンやレースの情報量は霊夢に決してひけを取らないモノであり、後ろから見ても華やかな雰囲気が伝わっています。


縺セ繧翫&marisa-_convert_20190416121431


魔理沙の宝物であるミニ八卦炉が魔法の箒の先に結ばれているというのも細かい演出だと思います。

帽子に振れている右手と箒を支える左手は、どちらも指先まで丁寧に作り込まれています。

白いレースに黒いリボンを添えた袖口もいい仕事をしていると思いますし、エプロンやペチコートの裾にあしらわれたレースの
表現も繊細で素晴らしいです!

ふわっと宙に浮いている様子が再現されていますし、こうやって浮いているような浮揚感のある魔理沙は、やっぱりすてきな
魔法使いといえるのだと思います。


繝槭Μ縺廟convert_20190416121342


フリルたっぷりの可愛らしい衣装も丁寧に作り込まれており、全高約17センチというサイズながらも
見ごたえのある仕上がりとなっています。

浮遊することでふわりと浮き上がった金髪に東方フィギュアらしい線の細い造形も相変わらず素晴らしいです。

メーカーによって年齢感のかなり変わる東方フィギュアですが、この東方香霖堂 魔理沙は少女らしい可憐さが
前面に出たデザインとなっていて、東方香霖堂という公式書籍の世界観の雰囲気を的確に伝えていると感じられます。


20190413marisa-01_convert_20190413184648_convert_20190417023920.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログがいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんのイラストのご紹介コーナーです!

今回転載&ご紹介させて頂く作品は言うまでもなく魔理沙で、今年・・、2019年4月に描かれたばかりの魔理沙です。

霊夢は紅白巫女さんと言う事で元々の色の配色に華があるのですけど、
魔理沙は基本的には金髪を別にすると白黒という配色と言う事で、
描き方によっては意外と地味になってしまうのかもしれないですが、
アミグリさんの描かれる魔理沙はどの作品も表情が多彩で元気一杯の魔理沙もあれば
ファンタジー感の漂う魔理沙もあれば、魔法使いそのものっぽい魔理沙もいれば、荒ぶる魔理沙もいたりして
その変幻自在さが全く地味さを感じさせないです。

上記の魔理沙は、背景とキラキラを抑制した中で魔理沙そのもののかわいらしさがストレートに伝わってきますし、
ちょっと口を開いて「びっくりしたなぁ~もー」みたいなちょっと驚きのお顔もとってもかわいいと思います。
全体的な雰囲気は少しロリロリっぽい所もありそうな魔理沙ですけど、全体の白黒配色に流れるように美しい金髪が
プラスされると、少しおませな美少女さんという雰囲気もありますし、大人っぽさも十分伝わっていると思います。
この流れるように美しい流麗なゆるゆるふわふわ金髪が素晴らしいですし、アミグリさんがこれまで描かれてきた魔理沙の
中ではこの魔理沙の髪の長さは過去最長と言えるのかもしれないですし、この長髪金髪が大人っぽさを
演出しているといえるのかもしれないです。
霊夢のショート黒髪も巫女さんらしくてすてきですけど、
魔理沙のこうした金髪ロングは少し大人の魔法使いっぽい雰囲気も漂わせてくれていて、
華やかさも十分伝わっていると思います!

上記のアミグリさんが描かれた魔理沙はオールデジタル作品なのですけど、アミグリさんに言わせると
「オールデジタル作品は傾向的にロリロリ感が増している感じがしている」との事ですけど、
そうしたデジタルゆえのロリっぽい感じと金髪ロングのおとなっぽい雰囲気の二つの側面が絶妙に融合した魔理沙と
言えるのだと思います。

上記のアミグリさんが描かれた魔理沙の権利は、この魔理沙の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいい魔理沙を描かれる方のブログってどんなもんなのだろう・・? 」と興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
スポンサーサイト



吹奏楽コンクールの課題曲の歴史の中で最難関の課題曲は私も含めて多くの皆様は
1994年の課題曲Ⅲ/饗応夫人を推されると思います。
「饗応夫人」に関しては正直評価は思いっきり別れる曲だと思いますし、私自身はこの課題曲はどちらかというと苦手な
部類で、この課題曲を通して作曲者が何を意図したいのかいまだにほとんどわからないです・・(汗・・)
ソロ楽器の扱いも含めて演奏する上での技術があまりにも高すぎて、この課題曲をアマチュア向けのコンクールとして
出題した意義は正直疑問を感じざるを得ないという印象がありますし、
1994年の吹奏楽コンクール全国大会・中学の部でこの難解課題曲をまともに消化できていたチームは、
総社東・土気・野田ぐらいだったと思いますし、中学生にこんな難解課題曲を吹かせる事自体がなんだか気の毒という
印象を当時は感じていたものでした。
1994年の課題曲は今現在でも相当の賛否両論の声は耳にしますけど、私もどちらかというと否定論者側です。
だけどこの年の課題曲Ⅰ.ベリーを摘んだらダンスにしようだけは後世に絶対に受け継がれて欲しい不滅の名曲だと
確信していますし、この課題曲は吹奏楽コンクールという枠を離れて、演奏会等でも是非是非演奏して欲しい曲の一つだと
私は思っています。

1994年の課題曲Ⅲ/饗応夫人は技術的に大変難解だけど、音楽の内容としては私個人としてはかなり疑問点が付く曲
ではあるのですけど、技術的に難解であると同時に音楽の内容の点で大変優れている課題曲の一つとして
大いに推したい課題曲が三善晃作曲1988年の課題曲A/吹奏楽のための「深層の祭り」です!

最初に三善晃が吹奏楽コンクールの課題曲を書き下ろしたと耳にした際は「え~、すごーい!」と感じたものでした。
(それは間宮芳生も全く同じでしたけどね・・)
三善晃というと1988年時点では既に日本のクラシック音楽作曲家の重鎮の一人であり、とてつもない大物先生であり、
交響三章・響紋・夏の錯乱・レクイエム・協奏的決闘・変容抒情短詩・管弦楽のための協奏曲や数多くの合唱曲を既に
作曲されていて、「そんな恐れ多くてこんなアマチュアを対象にした吹奏楽コンクールの課題曲を委嘱するなんて怖いかも・・」
といった雰囲気もあったと思いますけど、逆に言うとそれだけこの当時の吹奏楽コンクールは既に
大変なレヴェルの高さを有していましたので、こうした大御所の作曲家の先生に課題曲作品を委嘱しても
全然問題ないという感じだったのかもしれないです。

それにしてもこの吹奏楽のための「深層の祭り」はあまりにも奥が深くて音楽的内容が充実した素晴らしい名課題曲だと
思います。
演奏時間4分程度の決して長くは無い曲なのですけど、この4分程度の時間にはぎゅ~っと凝縮した
音楽的緊張感と張りつめた内省的充実感が漲っていると思いますし、
確かに聴いていて「楽しい」と感じる部類の曲では全然ないのですけど、あの精神的にピンと張りつめた空気が醸し出ている
曲だと思いますし、発表した場がたまたま吹奏楽コンクールの課題曲だったという感じでもあり、
この曲はブロの管弦楽団の定期演奏会の一曲目として(管弦楽と打楽器だけで)演奏しても全然遜色のない曲
なのだと思います。
「祭り」というと「ローマの祭り」とか「フェスティヴァル・ヴァリエーション」などのように「華やかさ」というイメージがありますが、
三善晃の「深層の祭り」は内面の葛藤とか精神的緊張感を高らかに謳い上げた曲のようにも感じられます。
吹奏楽コンクール課題曲には、楽器編成・難易度・演奏時間といった制約が色々と課せられるのですけど、
そうした足かせを感じさせない完成度の高い内容を持つ曲であると言えるのだと思います。

「深層の祭り」は技術的にも表現するにも難しいと思います。
この課題曲は、私が大学を卒業し社会人としてスタートを切った年の課題曲のため、私自身は演奏した事はありませんが、
大学の吹奏楽団の後輩のクラリネットのパート譜を見た時はあまりの難解さに思わず絶句してしまいました!
そのくらい技術的にも表現する上でも難解極まりないやっかいな課題曲だと思うのですけど、
作曲者の故・三善晃氏は、この課題曲をきっかけとしてその後何曲か吹奏楽オリジナル作品を残してくれましたので、
その意味でもこの課題曲の功績は大きいと思います。


CwRFVvGVMAA6hP-_convert_20180724125716.jpg


吹奏楽のための「深層の祭り」ですけど、曲の冒頭はファゴットのソロで開始されます。
曲がファゴットのソロで始まる事や曲の最後の一音前に前打音的にタンブリンが奏される点や
タンバリンのリズム感が大変面白い点は、ストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」と少しばかり近いようなものが
あると思います。
深層の祭りの最後は全体合奏でのffで閉じられるのですけど、あの部分を注意深く聴いてみると
実はタンバリンだけ、全体のバン!!というffの閉じられ方よりもほんの0.1秒程度瞬間的に早く前打音的に叩かれていますので、
この課題曲の事を何も知らない人が聴いてしまうと
「あれ、このタンバリン奏者間違ってフライングしてしまい、全体が閉じられるより0.5拍早く叩いてしまったのかも・・!?」と
誤解される可能性が高いようにも感じられます。
ラストの一音のタンバリン奏者はとてつもなく神経を使ったと思いますし、かなりのプレッシャーがあったと思います。
全体で閉じられるよりほんの0.1秒早く叩かないといけないその緊張感と技術的な難しさは、
この課題曲のフルスコアを事前に読みこんでしまうと、何も知らないで聴くよりは数倍難しさを感じると思われます。

中には、都大会での乗泉寺吹奏楽団のようにタンバリン奏者が間違えてしまったのかどうかは定かではありませんけど、
全体が閉じられるのと同時にタンバリンも叩いてしまい、タンバリンの前打音効果が発揮されない事例も中には
あったものです・・(汗)

この「深層の祭り」は木管セクションも金管セクションも、そしてなによりも指揮者が一番大変だったと思うのですけど、
打楽器セクションの一人一人も大変だったのは間違いないと思います。

基本的には、ティンパニ・トムトム・小太鼓・大太鼓を4人の奏者が担当し
残りのサスペンダーシンバル・タムタム・トライアングル・タンバリン・コンサートチャイム・マラカスを一人の奏者が担当している
ケースがかなり多かったような気もします。


髻ソ縺狙convert_20180301181916

453d23f1-s_convert_20180724125240.jpg


吹奏楽コンクールは一般的にはティンパニ奏者を別にすると、打楽器奏者が複数の打楽器を掛け持ちというのは
よくある光景ですし、全然珍しくないです。

上記の吹奏楽のための「深層の祭り」ですけど、実際のコンクールにおいては6人程度使っているチームもたくさん
ありましたけど、中には5人の打楽器奏者で演奏する場合、中盤以降の展開は結構大変な事になってしまう事も
散見されていたと思います。

中盤以降は、5人の打楽器奏者のうち4人の奏者は
打楽器奏者その1→ティンパニ
打楽器奏者その2→大太鼓
打楽器奏者その3→トムトム
打楽器奏者その4→スネアドラム

といった自分の担当楽器にほぼ掛りっきり状態になってしまうので、
残った打楽器奏者その5が残りの打楽器を一人で掛け持ちするという事態になるのも全然珍しい話では
なかったように思えます。
確か都大会だったかな・・?私が目撃したとある演奏においては、
打楽器奏者その5が、左手にタンバリンを持ち右手にドラのマレットを持ちながら、タンバリンを6回叩いて
その直後にドラを鳴らし、これを何度か繰り返し、
右手と左手で同時にドラのマレットを握り、二台のドラを鳴らすという離れ業を見せた次の瞬間に
マラカスに持ち替え、マラカスを小刻みに鳴らし、そして次の瞬間に
トライアングルを数秒鳴らし、そしてまたまた数秒後にコンサートチャイムの位置までダッシュし、チャイムを4音響かせ、
そしてまたまたサスペンダーシンバルの位置に戻ってサスペンダーシンバルをロール奏法で響かせ、
ラストは上記で書いた通りの前打音的に
タンバリンを強烈に全体とは半拍わざとずらして叩き付けるという荒業までお披露目してくれていたのは
大変印象的でした!

パーカッションセクションはティンパニ奏者が全体の華と言えるのかもしれないですけど、こうした小物打楽器を
掛け持ちして「見せる=魅せるパーカッション」を華麗にみせてくれる奏者は本当にすてきなものが
あったと思います!

吹奏楽のための「深層の祭り」は1988年の全国大会・高校の部と大学の部で素晴らしい名演が続出していましたけど、
個人的には、神奈川大学・天理高校・洛南・習志野の演奏が大変素晴らしかったと思います。
中学の部では後半に、課題曲がこの深層の祭り、自由曲にダフニスとクロエ第二組曲という組合せが
4チームほぼ連続していましたけど、あの競演は圧巻のものがありました!
(表面的には4チームとも共通してブートゥリーのダフクロのアレンジ譜面を使用しているはずなのに、4チームとも
そこから出てくる音は全て違っているというのもなんだか面白いものがあったと思います)

 | BLOG TOP |