FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計





当ブログでは過去記事の中で何度か「牛丼よりは豚丼の方が大好き」と記しましたけど、
吉野家では昨年、従来の豚丼が廃止になり「新味豚丼」という私的には改悪商品が出て以降は全く食べなくなりましたし、
吉野家・松屋・すき家という牛丼チェーン店御三家の中で私自身がいっちば~ん!美味しいと感じていた松屋の豚めしも
かなり以前にメニューから消え、そして最後の豚丼の牙城と思っていたすき家ですら、
牛丼チェーンのすき家を運営するゼンショーグループは先日なのですけど、
豚丼関連商品の販売を2019年6月上旬から順次終了すると発表されていて、
「すき家よ~お前もか!?」と正直かなりガッカリというか残念な気持ちになったものです。
すき家で販売終了する豚丼関連商品は、豚丼・お子様豚丼・豚あいがけカレー・豚皿定食・豚皿となっていて、一気に
豚丼関連商品がすき家から消滅する事になってしまいます。
これはかなり残念ですね・・
というのも私自身は前述の通り、牛丼よりは豚丼大好きという事で、松屋・吉野家・すき家の各社の豚丼の違いを
結構楽しんで味わっていたものでした。
こうした牛丼チェーン店での豚丼メニューというのは実は歴史が浅く、2003年12月のアメリカBSE問題により
牛肉の調達が困難となったことで、各牛丼チェーンがこぞって豚丼関連商品を開発・商品化してきた経緯があったりもします。
面白いのは、「豚丼」の呼び方が各社によって異なっている事ですね~
吉野家では「豚丼(ぶたどん)」、松屋では「豚めし(ぶためし)」でしたけど、すき家では「豚丼(とんどん)」と呼んでいました。

最近、吉野家で久しぶりに牛丼を食べたのですけど、「あれれ・・?? 牛丼ってこんなに脂っこい食べ物だったっけ~!?」と
感じてしまい、以前でしたら牛丼並盛一杯程度軽く平らげる事は全く問題なかったのですけど、
あの時は、牛丼並盛一杯がとてつもなく重たく感じ、胃の中で「なんだかもたれるね~」と感じたものでした。
以前の吉野家の牛丼よりはなんとなく赤みよりも脂身部分が増えているようにも感じた事がそうした感想の一因なのかも
しれないですし、最近の記事でも触れたとおり、人が「自分は年取ったよな~」と感じさせる出来事の一つとして
脂っこい肉よりも魚の方を好むようになったという味覚の変化もそこにはあるのかもしれないです。

そうした点からも肉系の丼を食べるのだったら、牛よりも豚の方がさっぱりしていて肉の赤身感を感じられるのかなと
思っていただけに、松屋に続いてすき家の豚丼メニュー販売終了はあまりにも痛すぎますね・・

それにしてもどうして牛丼チェーン店はこんなにも豚丼を冷遇するのでしょうか・・?

すき家の牛丼並盛は税込350円で、豚丼並盛は税込380円。吉野家の牛丼並盛は税込380円で新味豚丼並盛は税込350円が
今現在の価格です。
すき家で豚丼メニューを無くし、吉野家で改悪とはいえ豚丼がまだメニューとして存在している事は何を
意味するのかと言うと、すき家は牛肉の調達に相対的なコスト優位性があり、逆に吉野家は豚肉の調達に
相対的なコスト優位性があると言う事で、すき家は強みがある牛肉調達をより強化する方向性にシフトしていくという
経営戦略がそこにはあるのかもしれないです。
ただすき家の豚のおいしさが詰まったあの豚丼が食べられなくなってしまうのはちょっと残念ですね~

すき家は過去に豚丼を販売終了して再開している経緯もありますので、もしかしたら・・?
数年後にはさり気なく「豚丼復活!」なんていうキャンペーンを展開するのかもしれないですし、そうなったらとても嬉しいです。

以前の記事でも既に書いた事なのですけど、吉野家の豚丼は2018年の3月にリニューアルされ新しく「新味豚丼」として
発売されています。
しかし私としては正直に書くと「リニューアル以前の豚丼の方が全然よかった」と感じていますし、あの新味は改悪とすら
思っています。

リニューアル前の吉野家の豚丼は、牛丼より脂っこくないし柔らかいし味がしっとりと染み込み全体的にマイルドで
優しい味のようにも思えますし、食べやすいという印象が強いようにも感じられます。
吉野家の牛丼という大変コアなファンの皆様にとっては豚丼というと「何を異端な商品を・・」と思われる方も
多いのかもしれませんけど、私はリニューアル以前の豚丼はとっても大好きでした。


譁ー蜻ウ雎壻クシ_convert_20181018172801


吉野家のHPには、
リニューアルされた「新味豚丼」は、豚肉の旨みと食感を活かした豚の煮肉を提供前に特製の甘辛タレで和えることで、
さらにおいしく食べ応えある商品になりましたと記されていますけど、
リニューアル以前の豚丼とこの新味豚丼は「似て非なるもの」といっても差し支えは無いと思います。
それだけ劇的に味が変わったと言えると思います。

リニューアルに合わせてさりげなく20円値上げし、以前の330円というリーズナブルな価格から350円に値上げをした事で、
現行の吉野家の一杯380円の並盛牛丼と価格差はあまり感じられなくなってしまい、
私の正直な感覚としては、「新味豚丼の並盛を食べるのだったら、牛丼並盛を食べた方が納得感はある」という事だと
思いますし、「かつやの490円カツ丼や松屋のプレミアム牛丼の方がいいのかも~」と感じてしまいますし、
「吉野家に行くメリットが以前よりは小さくなったのかもしれない」と感じざるを得ないです。

「新味豚丼」は、以前の豚丼で可能だったつゆぬきもつゆだくも不可となっています・・

味に関しては甘さがとにかく強く、甘辛いというより甘味が勝っている印象です。
味もしっかり染みこんでいる感じでは無く牛丼よりも煮込みが少ない印象もあったりします。
以前の豚丼より良くなった点を挙げると「肉感」がかなり強調されている点だと思います。
甘めの味付けで豚肉の甘さを引き立てて煮込みを少なくして豚肉の食感を残していると言えるのかもしれないです。

ただ私的にはリニューアル以前の豚丼の方が圧倒的に好きです。

今回のすき家の豚丼販売終了、そして随分前に松屋では豚めし自体が販売終了となっていて、
吉野家も新味豚丼といういわば従来の素晴らしき豚丼をむしろ改悪してしまったという事で、結果的に豚丼というメニューが
既に食べたくても食べられない幻の味になりつつあることはなんだかとても残念なものがありそうですね。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |