FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


蝓シ邇雲convert_20190517023948


同じ日本でも例えば関東と関西では言葉が全然違うと言えるのかもしれないですし、
関東関西に限らず、日本には各地方によって方言というのか言葉の違いはかなりあるのかもしれないです。
埼玉県と言えば世間一般的には方言がほとんど無いという感じもありますし、私自身が東北の田舎から初めて
親元を離れ埼玉県大宮市(現・さいたま市大宮区)で一人暮らしを始めた際も、周辺の人たちも大学のクラスメイトの人たちも
(東北のあのズーズー弁とは異なり)方言を使っている人はほぼ皆無で、基本的にはほとんどの人達は
いわゆる標準語を話されてていたと思いますし、そうした感覚は今現在もほぼ変わりがないです。
全国各地には様々な方言があり、一つの県でいわゆる標準語だけを使用している県と言うのはそれほどないようにも
感じられます。
そして私の感覚としては、一つの県で使用されている言語がほぼ標準語だけで基本的にはほとんど方言を使用していない
珍しい県というのは埼玉県がもしかしたら日本の47都道府県で唯一該当するのかもしれないです。
人によっては「東京都だってそんな感じでしょ・・」と思われるのかもしれないですけど、
私自身が1990年代に金融機関に在職し、一時的に都内の城東方面の葛飾支店に勤務していた時、顧客の中でも
結構な数の人が「ぺらんめえ」とか「あたぼうよ!」とか「やってやらあ!」といったチャキチャキの江戸弁を使用されていたと
思いますし、今現在はどうかわかりませんけど、感覚としては、台東・葛飾・江戸川・墨田あたりの区では
そうした粋で威勢のいい江戸弁が今でも結構普通に使われている様な印象もあったりします。

だけど埼玉では基本的にはそうした方言や俗にいう関東訛りみたいな言葉を話されている人って、私自身も埼玉に在住して
通算23年になりますけど、まずお目にかかった事がないです。
人によっては秩父方面は山梨の甲州弁に影響された言葉を使用される事も稀にあるとか、
深谷・行田・熊谷といった群馬と県境を接するエリアでは群馬方言に多少は影響された言葉があると言われる人もいますけど、
私自身仕事で秩父・熊谷方面の方と接した事も何度かありますけど、そうした方言を使用されている方は皆無で、
ほとんどの方は普通の標準語を話されていたようにも感じられます。
渡邉ポポ先生のコミック「埼玉の女子高生ってどう思いますか?」は行田を舞台にした話ですけど、この中で
生れも育ちも埼玉県行田市のアグリや小鳩が方言を使っているシーンは全く皆無であったりもします。

うちの奥様は生まれも育ちも埼玉県川口市で、彼女は実は今まで住民票を移した事も他県で過ごした事も一度も
ありません。
引っ越し経験は新築工事の施工中の3ヶ月程度の仮住まい期間のみです。
そうした彼女が話す言葉はまさしく標準語そのものであり、彼女が方言らしきものを話しているのを聞いた事は一度もないです。
そうした意味でも、もしかしたら埼玉県は基本的には方言が無い県で、ほとんどの埼玉県民はオーソドックスな
標準語を話しているという事は意外と正しいのかもしれないです。
そして方言が無い事というのは、もしかしたら私のように元は他県出身者がすんなりと埼玉に溶け込んでいける一つの要因に
なっているのかもしれないです。

たただ、うちの奥様が言うには、埼玉にも方言らしきものも微妙にあるとの事です。
それが何かというと、彼女が言うには、埼玉では「そうなの?」と本来言うべきところを「そうなん?」というのは
実は埼玉方言だとの事です。

他にも
「どうしたの?」→「どうしたん?」
「来るの?」→「来るん?」
「行くの?」→「行くん?」
「やるの?」→「やるん?」
「今日暇なの?」→「今日暇なん?」
「今日何するの?」→「今日何するん?」といった言葉もこれに相応するとの事です。

この疑問形の語尾が「~ん?」になるのは、関西圏の響きと少し似ていて、ダウンタウンの松本さんなどもテレビで
「そうなん?」と言っていると思います。
厳密には関西弁だと「そうなんや?」「ほんまなん?」であったり、また、「どうしたん?」は「どないしたん?」、
「来るん?」は「きーひん?」などになるのかもしれませんが、
語尾が「ん」となるところは少しニュアンスが似ていると感じます。
だけど全体的には関西弁とこの埼玉の方言らしきものは似て非なるものがあるという事なのだと思いますし、
そうなんとかどうしたんという言葉自体標準語と大して違いがないのかも~と感じてしまいそうですね。

山梨県は埼玉県と県境を接しているのですけど、山梨と埼玉は方言も住んでいる人達の気質は全然違うように
感じられますね~!

山梨県は、東京の隣の県で、たかだか特急で新宿から一時間半の所なのですが、
1990~96年の約6年近く実際に山梨に住んでいた私から言わせて頂くと
「何でこんなに山梨は田舎なの? 本当にここは東京都の隣接県?」と感じる位後進性が顕著な地域でした。
住んでいる人の言葉がまず全然違うことに、当時は違和感どころかカルチャーショックを感じていたものです。
山梨の言葉の基本的な語尾は、「・・・ずら」なのです。
(「ずら・・」という言葉は静岡方言かと思っていたら山梨にも息づいていたのですね。
 ちょっと古いアニメですけど、「ドカベン」で登場してくる殿馬と毎日話しているような感覚です。)
「ラブライブ! サンシャイン!!」の国木田花丸ちゃんが「~ずら」と話していても「かわいい~!」としか感じないのですけど、
粗野で荒っぽい甲州人が「~ずら」と話していても、「この田舎もんが~」とか「かわいくない言葉を使っているね・・」としか
感じないのは、やっぱり花丸ちゃんの人徳なのかもしれないです・・(汗)
甲州弁は基本的に、肯定形の場合の語尾は「・・・・し」で、否定形の場合の語尾は「・・・ちょし」なのです。
例えば、標準語で「行け」は、山梨では「行けし」となりますし、
「行くな」は、「行っちょし」という風な感じです。
他にも、標準語で「せわしい」→「やせったい」
「奥様・家内」→「おんなし」などなど例を挙げれば切りがありません。
他にも・・・・
へちょごむ→ 座り込む 、つるしんぼう → 干し柿 、ちょべちょべ → 口が軽い 、 すいよろ → お風呂、
じょける → ふざける 、おぼこさん → 蚕 なと色々とあったと思います。
とにかくあの独特な甲州弁には最初はとてつもなく抵抗があったものです・・
東京の言葉と言うと、「江戸っ子の江戸弁」というのは、早口でまくしたて気風がいいとか威勢がいいみたいな
感じですけど、全体的には洗練されているという印象が大変強いです。
だけど、甲州弁は言葉がきついし、言葉のニュアンスに独特のトゲがあり、言っている本人にそんな意識は無くても
甲州弁を全然知らない人間にとっては、
「一体何を怒っているの・・・? 失礼な事言ったのかな・・?」みたいな意識が大変強かったです。

そうした意味では基本的には標準語しか話さない埼玉県はある意味凄い事なのかもしれないですね~
スポンサーサイト



アメリカの吹奏楽オリジナル曲というとクロード・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などに代表されるように
輝かしく明るい華麗なるサウンドという印象もあったりはするのですけど、
中には内省的な名曲も色々あったりしてその多様性に感銘を受けたりもします。

そうしたしっとりとした内省的な曲の一つが、R.プレスティの「あるアメリカ青年へのエレジー」だと思います。

この曲のタイトルの「あるアメリカ青年」とは、実は暗殺されたジョン=F・ケネディの事であり
ケネディ大統領の暗殺による非業の死に対しての追悼の曲は、管弦楽・吹奏楽などジャンルを問わず色々と作曲されました。

一例を挙げると・・

〇バーンスタイン/交響曲第3番「カディッシュ」

〇ロイ・ハリス/勇気ある人、J.F.ケネディへのエピローグ

〇ストラヴィンスキー/ケネディのための悲歌

などがありますが、吹奏楽オリジナル作品で名高いのは、R.プレスティ のあるアメリカ青年へのエレジー だと
思います。
ただ曲の内容が大変内省的でおとなしい曲想ですので、吹奏楽コンクールで演奏されることはほとんどありません。
(フェネルが東京佼成と録音したCD集の中にこの曲やグールドの吹奏楽のためのバラード、チャンスのエレジーが
収録されているのはフェネルの見識の高さを示唆するものだと思います)

R.プレスティのあるアメリカ青年へのエレジーは、冒頭のクラリネットによるゆったりとした祈るような悲しいメロディーが
実に印象的で、既にこの部分だけで全体の哀しさ・祈りを雄弁に物語っていると感じられます。
アレグロに入っても終始悲しい感じが維持され続け時折感情が爆発しています。
そしてラストは静かに閉じられ、
全体的に難しい要素は特になく、イメージがしやすい悲歌と言えますし、追悼の音楽に相応しい吹奏楽オリジナル作品と
言えると思います。
そしてその分かりやすさ・シンプルさが一層この曲「悲しいイメージ一色にさせていると感じられます。

この曲は、フェネル指揮/東京佼成の「シンフォニックソング」のCDに収録されていますけど
他のアメリカの古典的オリジナル曲と合わせて
是非現在の若いスクールバンドの皆様にも聴いて欲しい一枚だと思います。

アメリカの吹奏楽オリジナル曲の中には、地味ながらも内省的にしっとりと歌い上げている作品も多々見られ、
中にはこのまま誰にも演奏されず埋もれてしまうのが勿体ないと感じさせる曲も多々あったりします。

一例をあげると・・・

〇チャンス/エレジー

〇モルトン・グールド/吹奏楽のためのバラード

〇クリフトン・ウィリアムズ/パストラーレ

〇  同上 / カッチアとコラール

〇A・リード/イン・メモリアム

上記に挙げた曲の中で、かなり心に響いてくるのが、J.B.チャンスの「エレジー」です。

チャンスと言うと、吹奏楽コンクールでも既にお馴染みの、呪文と踊り・朝鮮民謡の主題による変奏曲・
管楽器と打楽器のための交響曲第2番が断トツに有名なのですけど、エレジーは吹奏楽コンクールではまず演奏されない曲
ではあるのですけど、あの不思議な響きには心打たれるものがあります。
チャンスはフェンス接触による感電死という事で30代の若さで突然の早逝をされます。
そしてその死の直前に完成した作品こそが「エレジー」なのです。
作曲家としては「これから先が大変楽しみ」と大変期待をされていた方でもありますので、本人としても無念の極みと
思うのですけど、自分の「死」に対してもしかしたら予感めいたものがあったのかどうかは定かではありませんけど、
この「エレジー」という悲歌がチャンスにとっては遺作の一つになってしまいます
結果的に「自分自身に対するレクイエム」になってしまった事は本当に惜しまれます。 
決して直感的な曲とか霊感漂う曲という雰囲気ではないのですけど、そうしたエピソードを耳にすると
どことなくですけど、予感的なもの・死の香り・この世への未練と諦観といった感情は不思議と痛いほど伝わってきます。

最後に・・そうした死への予感という感じで大変印象的な吹奏楽オリジナル作品は、C.ウィリアムズの「カッチアとコラール」だと
思います。
ウィリアムズの作品は、交響組曲・交響的舞曲第3番「フィエスタ」・ファンファーレとアレグロ・ザ・シンフォニアンズ等で
日本の吹奏楽コンクールでもかなりお馴染みの作曲家なのですけど、この「カッチアとコラール」はコンクールでも演奏会等でも
ほとんど演奏されないのは大変勿体ないです。
(私自身は、1994年の関東大会・中学B部門で聴いたのがこれまで唯一の生演奏です)
「カッチアとコラール」は、もともと単一楽章のカッチアという楽曲として構想されていたらしいのですけど、
作曲途上でコラールが書き加えられた経緯があるそうです。
カッチアは大変明るく華やかでエキサィティングな曲であるのに対して、コラールの部分は大変重厚で重苦しく
カッチアとコラールの対照性はかなり際立っていると思います。
ウィリアムズの意図としては対照的な二つの楽章の提示という事も多少はあるのかもしれないですけど、
この曲が作曲された頃にウィリアムズ自身に肺ガンが発見され手術を受けたものの術後の経過が芳しくなく
自らの死期を悟ったウィリアムが一旦書き上げたカッチアの部分にコラールを追加させたと言う事は、
「死を目前にして何かを後世に自分のメッセージとして残しておきたい」という意図の方が強いようにも感じられます。
前述の通り華麗なカッチアの部分が終結した頃に、コンサートチャイムの鐘の音が静粛に響き渡り、
金管楽器で祈りの音楽が重厚に響き、フルート・コールアングレ等のソロを挟み、荘厳且つ安らかな音楽が展開されて
いくのですけど、最後の方で突然心臓の鼓動のリズムがずんずんとビートを刻み、これはかなりインパクトがありますし、
不安感を感じさせます。
そしてこの心臓のピートは、F.マクベスの「カディッシュ~ユダヤ人の死者のための葬送音楽」のラスト近くの
壮絶な心臓のビート音に極めて近いものを感じさせていると思います。
そしてエンディングはそうした未練・不安を吹っ切ったかのように静粛でやすらかに閉じられていきます。

この「カッチアとコラール」は肺ガンで余命わずかなウィリアムズが人類に対する警鐘の意味も兼ねて作曲したと
言われていたりもしますけど、それよりはむしろ「一人の人間としての人生の閉じられ方」についての葛藤と祈りを提示した
作品と言った方が良いようにも感じられます。
とにかく胸にじーーんとくる不思議な曲です。

日本でも「カッチアとコラール」の魅力が少しでも広まればいいなぁと感じたりもします。

 | BLOG TOP |