FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


20143301_convert_20110715150259.png


本日で4月も終わります。

今月も当ブログをご閲覧・拍手・コメントを頂けた皆様に対しまして改めて御礼を申し上げたいと思います。

5月も当ブログの基本方針でもある「毎日更新、出来れば一日2記事」というのはなんとか実現していきたいと思いますが、
一日2記事という事には全然こだわらず、無理のない更新活動が出来ればいいと思っています。
2018年はおかげさまで2014年以来久しぶりに毎日記事更新というブログ皆勤賞を達成する事ができましたけど、
今年は出来れば2年連続皆勤賞達成にもチャレンジさせて頂きたいと思います。
まだ先の話ですけど、おそらくは8~9月あたりに「通算5000記事到達」という大きな節目もなんとか迎えられそうですので、
こちらの方も出来るだけ早期に実現したいと思っています。
(2019年4月末時点で通算約4820記事ですので、まだまだ道は遠いという感じでもあります)
そして5~6月においては、「ラーメン大好き 小泉さん」カテゴリと「艦これ&アズールレーン」カテゴリがダブルで通算100記事に
到達しそうでもありますので、その時には何かお祝い記事でも書ければいいなぁ~と思っています。
そうそう、実は当ブログの根幹カテゴリでもある「東方Project」カテゴリも多分ですけど、5~6月に通算600記事に
達すると思います。
こちらもその際には何か記念記事でも掲載できればいいかも~と思っていたりもします。
東方カテゴリは実は昨年12月に通算500記事を迎えたばかりなのですけど、分かる方にはお分かりなのかもしれないですが、
当ブログの1~4月の東方記事の更新ラッシュがかなり凄まじくて、
1~4月においては、各月の更新記事のうち40%近くが実は東方関連記事であったという事からも窺えると思います。
そして東方以外では「ラーメン大好き 小泉さん」カテゴリの快進撃も自分で言うのもなんですけど、かなりハイペースなものが
あったと思います。
「ラーメン大好き 小泉さん」は昨年の冬アニメで全12話から構成されているのですけど、原作漫画の話も含めても
正直それほど100記事も書けるようなボリュームではないのですが、
当ブログの「浦和の調ちゃん」カテゴリで明らかな通り、当ブログの一つの大きな特徴は、
ネタの遣い廻しと一つのネタをとにかく「これでもか~」と言わんばかりにひっぱるひっぱるひっぱる~という感じでも
ありますので、自分で言うのもなんですけど「よく100記事もひっぱれたものだ・・」と感心したりもします・・(汗)

とにかく5月の当ブログも何卒宜しくお願いいたします。

皆様方においては大半の皆様は10連休のGWを満喫中と思われますが、GW連休がある方は、滅多にないこうした
大型連休を存分に楽しんで頂き、
はたまた私のように連休中も出勤・・という皆様にとっては
「お互い大変ですよね~」と申し上げたい気持ちで一杯です。

そして本日は言うまでもなく「平成」最後の一日となります。

皆様方にとっては「平成」とはどんな時代だったのでしょうか・・?

私自身は昭和生まれの昭和育ちで、小さい頃に明治生まれの方をお見かけすると
「明治・大正・昭和と三つの元号をまたがって生きていたなんてなんかすごい!」と感じていたものでしたけど、
その時は自分自身も昭和・平成・令和の三つの年号をまたがって生きるなんて思いもしにかったものですので、
やはり少しばかり感慨深いものもあったりもします。

私自身の「平成」とは、社会人生活の開始とさまざまな波乱万丈と丸被り状態であるのですけど、
新社会人生活の開始→金融人としてのスタート→25歳の若さで山梨へと異動(左遷??)→金融機関の破綻→
住宅業界への転身→結婚・家の新築→ブログの開始という大まかな流れの中でも
「色々とあったよね~」と感慨深いものがありますし、同時に
「令和という新しい時代も体が動く限りはまだまだ働きたいし社会と繋がっていたいし、こういうブログという目に見えない繋がり
ではあるけどSNSの方でもこうやって例え取るに足りないものであっても自分らしいことを発信し続けたい」という
想いもあったりもします。

平成という時代は社会の上でも昭和の時代とは比べ物にならない大きな変化もあったと思いますし、
それを象徴しているのが携帯・スマホ・PCといったSNS社会の到来という事なのだと思いますし、価値観の多様さと
個が尊重される時代・格差社会という事なのかもしれないです。
そして恐らくは令和の時代に入ると、本格的なAI社会が到来するのは間違いないと思われますし、
確かに私たちの生活はますます便利になっていくのかもしれないけど、どこか閉塞感とか何かに絶えず監視されている様な
違和感というのは更に続いていくのかもしれないです。
だけどそれでも私たちは生きていかないといけないのです!
「新しい元号、そして新しい時代が始まる」という事で「これからなにかすてきな日々が続いていくのかも~」という希望も
ありそうですし、はたまた
「これからますます混沌とした不透明な時代が続いていき、AI社会の到来の下、果たして新しい時代にうまく適合できるの
だろうか・・
そして自分達の生活は果たして破綻せずに暮らし続けることは出来るのだろうか・・?」といった身に見えない不安もあるのも
間違いなさそうです。

人と言うものは生きている間は多分ですけどずっと不安を抱え込まざるを得ないのだと思います。

そうした不安に対して不安でもって対処するのが現代人のドライな生き方なのかもしれないですけど、大部分の人は
そうしたドライな割り切りは出来ずに「誰か私を助けて・・」とか「誰かにすがらざるを得ない」という気持ちを
持ってしまうと思うのですが、その一方で「溺れる者藁をもつかむ」という諺が示唆する通り、
誰かにすがりつきたい・・誰かに救いを求めたい・・と思う気持ちこそが「救い」なのだと思いますし、そこに「祈り」という
気持ちが発生していくものなのかもしれないですね。
祈りは別に宗教的行為ではなくて、人間誰しもが感じる「共通の感情」と言えるのかもしれないですね。

明日より令和という新しい元号が始まるのですけど、平成の時代において最高によかった事を一つだけ挙げたいと
思うのですけど、それはとにかく平成の時代の日本が平和であり、戦争がなかった事と言えるのだと思います。
徳川幕府の江戸時代の日本も大きな戦争がない太平の時代であったともいえるのですけど、
(関ヶ原と大阪の陣以降の1600年代~1700年代に掛けて国内で大きな戦乱も無かったというのは世界史的には珍しいと
いえるのかもしれないです)
明治・昭和の時代には戦争でたくさんの尊い命が奪われました・・
特に第二次世界大戦下の広島・長崎の原爆投下や沖縄におけるとてつもない流血による犠牲を考えると
戦争で亡くなった多くの皆様への追悼の想いが深まるばかりですし、平成の時代が平和であった事に感謝の気持ちを
感じずにはいられないです。
そしてこの平成の時代の平和というものは、長年の日本人の「平和な世の中がずっと続いて欲しい・・」という祈りの想いが
ようやく具現化出来たものといえるのかもしれないです。

人間の祈りという本来は透明な感情であり、決して現世利益だけを求めるものではないばずだと思うのですが、
人の祈りといった「神との対話」みたいな神聖なイメージをもって描かれたのかなぁ・・と思われる絵画というのも
古今東西色々と描かれていたのだと思いますが、冒頭で転載&ご紹介をさせて頂きました
dream fantasy の管理人のアミグリさんが
2011年7月に「オリジナル」とタイトルが付けられたこの幻想的なイラストもそうした「祈り」がテーマに
なっているのかもしれないです。

私のイメージとしては「七夕の日に神聖な祈りを捧げる女の子」という印象です。

私自身はアミグリさんが描かれたこのイラストから「神聖なる祈り」といったイメージを感じました。

夜空を背景とした幻想的な作品なのですけど、この純白の衣装の少女の雰囲気は私にとっては
「祈り」そのものと言えるのかもしれないです。

月の光に照らされる真夜中に少女が一人そこに孤独に佇み、 一人「物想い」に耽っているみたいなシーンを
想像してしまいます。
紫のトーンが幻想的光景をナチュラルに演出しているとも感じられます。
少女の両目を閉じているのもそうしたイメージに合致していて とても美しいと思います。

この少女は、どのような想いを巡らしているのでしょうか・・?

皆さんはどのようにお感じになりますか・・? 私、とても気になります・・・

そして平成最後の日を迎えるに当たって、平成の時代を「祈り」の気持ちでもって厳粛に閉じるという事も素晴らしい事だと
感じますし、そうした気持ちにふさわしいすてきな祈りの作品だと思います。


flower_convert_20110220180508.png


平成最後の記事を迎えるにあたり、冒頭で(平和への)祈りの気持ちをイメージしたアミグリさんの作品をご紹介
させて頂きましたが、「明日からは新しい元号が始まり、新しい時代の幕開け」という祝賀的で希望溢れるという観点において、
dream fantasy のアミグリさんが2011年2月に
描かれた「flower」ほど相応しい作品はないのかもしれないです!
もしかしてなのですけど、この「flower」は、当ブログにおけるアミグリさんご紹介記事の中で、
最も数多く転載されてきたイラストなのかもしれないです。
それだけ私にとってはこの「flower」は「希望」の象徴であり、明日より始まる新しい元号の門出としてこんなにも
相応しい作品は無い!と確信しております!

改めてですけど、この「flower」は本当に素晴らしいと思います!!

見ているだけで「今日はあんまりいい事なかったけど、明日は気持ちを入れ替えて頑張ろう!」と
思わず感じさせてしまう素晴らしきパワーと明るさが一枚の絵の中に漲っていると思います。
この「flower」は、黄色と赤の暖色系をベースにされているせいもありますが、
とにかく「明るい! そう全てが明るい!!」みたいな眩しいくらいの健康的な雰囲気がよく伝わってきて、
見ているだけで「元気」を貰えそうな生命感溢れる素晴らしいイラストだと思いますし、
こういう素敵なイラストを描けてしまうアミグリさんのその「まっすぐなお気持ち」に強く共感しますし、
改めて敬意を表させて頂きたいと思います。

太陽とお花のすてきな精霊さんみたいな女の子という印象を私自身はこのイラストから感じたりもします。

見ているだけで「希望の灯」が点灯するような素晴らしいオリジナル作品だと私は思います。

それでは過ぎゆく平成の時代に祈りの気持ちを持ちながらも、明日から始まる令和の時代を
アミグリさんの描かれた「flower」のように希望をもって迎えたいと思います!

そして令和の時代の当ブログも今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト



koisichandesuyo!!!_convert_20130312123438.png


本日で「平成」の時代に幕が下ろされます。たくさんの思い出がつまった平成の時代が去りゆくこの喪失感に、平成恋し・・の
気分を感じます。
そして春もいよいよ本格的に到来し初夏の季節を迎えつつあると、春こいし・・という気持ちにもなったりします。

転載イラストはアミグリさんが2013年3月に描かれた「春こいし」です。

過ぎ去りし平成の時代も恋しいし、明日より迎える令和の時代にも期待感と希望をこめた「恋し・・」という気持ちも感じます。


 | BLOG TOP |