FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


縺・∩縺ィ繧サ繝シ繝ゥ繝シ譛浩convert_20190326110628


既に4月も中盤に入り、平成の時代もいよいよ終わりを迎えようとしています。

季節も既に4月に入り、すっかり春らしい暖かい陽気の日が多くなり、
新社会人・新入生の皆様にとってはフレッシュな季節であり、新しい環境にも慣れつつあるのではないかと思います。
この時期の通勤通学電車って何となくですけど、今年から新しく社会人や学生さんになった人って
雰囲気でなんとなく分かってしまうから不思議なものがありますよね・・・
あれ、なんでなのかなぁ・・?
雰囲気がいかにも「フレッシュマン」とか「新人さん」みたいなオーラが出ているせいもあるかと思いますし、
やっぱり身に取っているスーツとか制服がいかにも初々しいというのか、まだ馴染んでいない・・
そんな雰囲気が出ているからなんとなくわかってしまうのかもしれないですね。
そしてどことなくおどおどしているというのか、緊張しているような雰囲気が微妙に伝わってくるというのも
多少はあるのかもしれないですね。

そういう私も数十年前は(滝汗・・!) そうした初々しい時代もあったのでした~

初めて社会人になった時は、とにかく右も左もよく分からない・・という感じで毎日が戸惑いの連続の日々だったと思いますし、
なによりもあの時は、「朝早く起きて毎日会社に行く」という事自体に体が慣れるまでは結構大変だったような
印象があります。
当時は「何がわからないのすら実はよく分かっていない」という緊張感と手さぐり状態の連続だったようにも感じられます。
高校に入学した際は、とにかく周囲の上級生が大人っぽく感じられて
「学年が一つや二つ変わるだけで随分と雰囲気が変わるものだ・・」と感じていたものでした。
私の高校は田舎の県立男子校なのですけど、この学校の一つの売りは制服無し・規則校則も一切無しという自由さだったの
ですけど、自由ゆえに上級生たちの服装もてんでバラバラで、個性のかたまりみたいな雰囲気もあったと思います。
学校の慣例により新入生は4月だけは学生服を着ていないといけないのですけど、
学生服で校内を歩くと私服姿の上級生が眩しくも感じられましたし、おっかなくも感じられましたけど、
高校生というのは、この時期は成長が早いというのか、 学年が一つ違うだけでも全然雰囲気が違うという印象が濃厚でした!

今現在の中学校・高校の制服の主流はブレザーのようですね。

私が数十年前に(汗・・)中学生・高校生をしていた時は、男の子は学ラン、女の子はセーラー服というパターンが
比較的多かったと思いますし、逆にあの当時はブレザー制服の方が珍しいという感じすらあったと思います。
だけど最近はすっかり様変わりしてしまいましたね。
男女ともにブレザー制服が一般的になりつつあり、むしろ女の子のセーラー服が「少し珍しいのかな・・・?」とも
感じられるようにもなりました。
余談ですけど、最近とあるラジオ番組の中で
「セーラー服が制服であるJKさんたちが修学旅行でなんと・・! パリに行き、バスで移動をしていた際に
バスからセーラー服姿で降車した所、周囲のフランス人の皆様たちから、
わーー、日本からセーラームーンがやってきたぁーー!とちょっとした騒ぎになってしまい、
セーラー服姿のJKさんたちは、取り囲まれるわ、写真撮影を求められたり、サインを求められたりと、
周囲がちょっとしたパニック状態になった」とのエピソードが紹介されていましたけど、
フランスでは日本のアニメ作品が結構人気があるそうで、セーラー服姿のJKさんがバスから降りてくると
「セーラームーンがやってきたぁー」と子供たちとかアニメファンの人が狂喜乱舞する気持ちも分かる気がしますね~!

私自身が高校生の頃って、今現在と違って、「JKさんのスカートは長い方がステイタス」みたいな雰囲気もあり、
今みたいなあんな短い制服スカートをお目にかかる事はまず無かったと思います。
最近のJKの皆様のあの「とてつもなく短いスカート」は嬉しい反面(汗・・)
たまにですけど目のやり場に困ってしまう事もあったりします・・・(←本当は嬉しいくせに・・・汗・・!)

だけど・・! 最近のJKさんの皆様は、そんなに「ガード」が甘い訳ではありません!

ほとんどの人は、スカートの下に、スパッツ・ジャージ等を履いていますので「見えちゃう」なんていう事はまずないです!
そうは言ってもスパッツを穿いていても、スカートが風でひらひらと舞っている光景に遭遇したりしますと、
思わずドキッ・・となってしまうのは私に限らず全男性の習性なのかもしれないですね~

冒頭から話がそれまくりですけど、何を言いたいのかと言うと季節が春から初夏になってJKの皆様たちの制服が
夏服に衣替えをした際の夏服のセーラー服はとってもかわいいと思いますし、もちろんブレザー制服もすてきなのですけど、
古典的なセーラー服のかわいらしさ・清純さは男性視点で見てしまうと憧れのようなものを感じてしまいますね~!
そしてそうしたセーラー服のJKさんのポスターをたまに見かけるとやはりドキッ・・とときめくものもあるのかもしれないです!

冒頭のポスターは大阪南港フェリーターミナルの2階の待合室に貼ってある萌え美少女JKさんの夏服セーラー服ポスターです!

ちなみにこのポスターは大阪港カーフェリー活性化協議会の制作によるものですけど、今現在まだ貼られているかどうかは
不明です。
大阪南港を出発して福岡や大分、宮崎、鹿児島、沖縄へ行くことができるフェリーの宣伝用ポスターという事なのですけど、
この「フェリーに乗って出かけよう!!」という宣伝文は、埼玉・群馬・栃木といった関東でも海が無い県に住んでいる者にとっては
なんだかググッ・・と惹きつけられそうな感じですし、
海を普段見たくても県内に海が無いから見る事すらままならず、たまに海を見てしまうと思わず「海だぁーーーーッ!」と
テンションが上がりがちとも揶揄される埼玉県民の私にとっても
「たまにはのんびりとフェリーに乗って青い海という雄大な景色をボーー―ッと見つめてみたい・・」という気持ちに
なってしまいそうです!
最近というか・・ここ十年近くフェリーに乗っていませんし、考えてみるとここ数年海すら見ていないです・・
フェリーというか観光遊船に乗った最後の機会と言うと箱根の芦ノ湖の遊覧船ですので、
やっぱりたまにはフェリーにのって海を見てみたいですね~!

フェリーでの船旅とセーラー服のJKさんに果たしてどんな因果関係があるのか正直あまりよくわからないポスターなのかも
しれないですけど、こんなにかわいいのだから難しい理屈なんて不要ですね~!
セーラー服のJKさんが海に足までつかっていて、片手で自分のスカートの端を持ち上げてスカートをたくし上げている様子は
かわいいというか既に夏の女神様の領域に達しているのかもしれないです!
もともと海軍の水兵さんの制服がセーラー服っぽいものでしたし、実際艦娘たちの艦装デザインとしてセーラー服が
極めて多いという事もありますので、やっぱり海とセーラー服にはすてきな因果関係があるのかもしれないですね~!



縺セ縺・″繧峨→_convert_20190326110711

繧懷漉豬キ_convert_20190326110801


上記は大阪南港フェリーターミナルのポスターのセーラー服のJKさんでしたけど、フェリー関係で
こうした萌え・美少女を意識したキャラを登用したフェリー会社もあったりします。

それが2011年から南海フェリーのPRをしている高野きららと阿波野まいの二人のJKさんです!

高野きららは、和歌山県生まれで和歌山県育ちの高校二年生という設定で、
阿波野まいは、和歌山県生まれで小学三年生以降徳島県育ちの高校二年生という設定で
きららとは幼馴染という関係性でもあります。
それにしても阿波野まいとはいかにも阿波踊りをストレートに連想させる面白いネーミングだと思います!

きららはツインテの髪の方で、まいは長髪の方でもあります。

この二人が南海フェリーのイメージキャラクターに抜擢された当初は二人とも水兵さんというか艦娘っぽい雰囲気も
あったのかもしれないですけど、最近になってイメチェンが敢行され、今現在はテニスを意識したような
ポロシャツとミニスカートに変わっていたりもします。


蜊玲オキ繝輔ぉ繝ェ繝シ_convert_20190327093857


上記は当初の頃の水兵さんのような衣装の頃の二人です!

もちろん今現在の私服っぽい二人の衣装もとてもかわいいと思いますけど、フェリーとか海という事を考えると
やっぱりこうした水兵さんっぽいセーラー服の衣装の方がよりフェリー会社のイメージガールっぽいのかも
しれないですね~(笑)


繝繝ゥ繧オ2_convert_20170321153238


さてさて、東方Projectはいわゆる学園ものではありませんので、当然学校の制服なんてある訳ないです~

制服ではないですけど、例えば咲夜さんのメイド服とか霊夢・早苗さんの巫女さん衣装とか
永琳の薬師としての衣装とかあったりもしますし、
学生服関連というと印象的なのは、うどんげちゃんのブレザー制服ですね!
(しかもうどんげちゃんのブレザー制服は、最近のJKさんのスカートみたいにとてつもなくスカートが短いという
嬉しい設定もあったりします・・)
そして、東方旧作においては、北白河ちゆりという金髪ツインテール娘がセーラー服姿であったのですけど
(ちゆりの雰囲気は大変幼いものがあるのですけど、一応・・大学で助手を務められています)
ちゆりは旧作キャラであり、現在の東方作品に復活する可能性は極めて低いと思われるのですけど(泣・・)
現在の東方の世界で唯一のセーラー服キャラというと、言うまでも無く村紗水蜜(ムラサ船長)です。

東方のキャラデザインはどちらかというと和の雰囲気を重視している傾向にある中で、
JKさんみたいなセーラー服は大変貴重なものがあると思いますし、とっても素晴らしいものがあると思います。

ムラサが身に纏っているセーラー服とは、外界のJKさんが着ているようないわゆる学生服ではなくて、
あくまでも水兵さんとしての衣装です。
東方ではよくネタの議論になっているのですけど、ムラサが穿いているのはキュロットなのかミニスカートなのか・・という
点に関しては、今の所は「キュロット説」の方が多いみたいですね。
ちなみに上記のムラサはグリフォンフィギュアなのですけど、グリフォンフィギュアはキュロットスカート説を
採用しているようです。

ムラサの概要なのですけど、これを本気で書くとキリがないもので簡単に下記に記させて頂きたいと思います。

長らく魔界に封印されていた聖白蓮復活の最大の立役者の一人が、一輪と共にムラサ(村紗水蜜=むらさみなみつ)です。
白蓮さんが魔界に封印されてしまった際に、白蓮さんに恩義を感じ白蓮さんをかばい、最終的に白蓮さんと共に
地上を追放され地底世界に軟禁されてしまったのが、ムラサ・一輪&雲山なのです。
(封獣ぬえは、全く別の事情で地底に追放されています・・地底生活が長かったため、実はムラサや一輪は、
こいしちゃんとも以前から顔馴染みでもありました・・)
「東方地霊殿」における間欠泉騒ぎでドサクサまぎれに地上へと脱出する事に成功し、
その際に偶然にも打ち上げられた聖輦船も手に入れ、ムラサ達は
一輪など仲間と共に魔界に封印されている白蓮さん復活に乗り出し、
幻想郷中に散ってしまった封印解除に必要な飛倉の破片を集め始めるという事になります。
この際のムラサの「みんなで白蓮を助けよう!!」の合言葉が実に素晴らしいですね!!

そこまで白蓮さんに対して恩義を感じるムラサとは一体どういう人なのか・・という事なのですけど
結構これは熱いドラマがあったりもします。

ムラサのバックストーリーとは多分ですけど、日本の伝承民話の一つである「舟幽霊」の話だと思われます。
ムラサ自身も、不慮の海難事故で死んだ人間の霊体から始まった念縛霊なのだと思います。
ムラサはかつてはそうした舟幽霊として次から次へと通りかかった船を転覆させては
人間達を溺死させるというような荒んだ毎日を送っているうちに人間から恐れられ、恐怖の念により妖怪化していました。
この時のムラサの心情としては、
「自分だってこんな事好きでやっている訳ではない、本当は誰かに救って貰いたいし自分よりも強大な力を持つ者に成敗され
こんな無益な事を止めさせ、自分という存在を幽霊としてではなくて成仏できるようにして欲しい。
自分が海難事故で失った自分の船を再度持てるようにしたい」といったささやかな願望もあったのかもしれません。
そうした中、人間達から「あの舟幽霊みたいなを退治して欲しい」と依頼を受けた白蓮さんがムラサ退治に乗り出します。
この時のムラサの心情としては、
「よし! なんか知らないけどこの高僧をやっつければ自分の妖怪としての格が上がり、それによって
海を離れることができて陸に上がって、陸の人間達を懲らしめる事が出来るのかもしれない」と感じたのかもしれないですね。
そしてムラサはあっけなく白蓮さんたちが乗り込んだ船を転覆させ、白蓮たちを海の中に放り込んでしまい、
ムラサは、「あっけない・・」と拍子抜けした次の瞬間に海に放り込んだと思った白蓮さんが自分の目の前に現れ、
なんと白蓮さんは転覆させた船とは違う法力で創りだした光り輝く船に乗っていたのでした!!
(その船こそが、「聖輦船」なのであり、これが後日「命蓮寺」そのものになってしまいます)
そして、その光る船というのはムラサが昔乗っていた船そのものの形なのでした!
白蓮さんはなんという「粋な演出」をしたものなのでしょう!
「私はおまえを救ってみせる! こうした悪行を今すぐ止めれば、この船をお前に任せる」という白蓮さんの思いは
ムラサにも伝わり、そしてムラサは白蓮さんに心服し、仏門に帰依していったのでした。
こういう背景があると、どんな悪たれ妖怪だって、白蓮さんに心服し帰依せざるをえなくなりますよね~!
ムラサは白蓮によってその船を与えられた事で、念縛霊から解放されたのでした!!

ムラサが白蓮さんから聖輦船の船長を任されたのはこの時からなのです!!

ムラサと白蓮さんが「救済カップリング」として成立しているのもよく分かります。

今現在のムラサは命蓮寺で仏教徒として修行中の身ではあるのですけど、そうしたある意味お坊さんみたいな御方が
こんなかわいいセーラー服でお寺内にいたとしたら、
幻想郷の人里のスケベな男たちは、セーラー服見たさに毎日のように命蓮寺にお詣りにくるのかもしれないですね~


murasa-tan_convert_20130620170113.png



ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、dream fantasy のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。
上記の作品はアミグリさんか2013年6月に描かれたムラサです。

ムラサというと、前述のとおり、ミニスカート派とキュロットスカート派に分かれることが多く、
スカートで描かれる絵師様も大勢いらっしゃるのですけど、あくまで私の個人的な好みで言うとキュロットの方が好きです。
アミグリさんの描かれたムラサは、キュロットであり王道的なセーラー服であり、
私のイメージ通りのムラサなのだと思います!
ちょこんと乗った帽子7海をイメージさせる錨もすてきだと思います。
ウインクもVサインもとってもかわいいですし、こうしたセーラー服を身に纏った東方キャラは極めて貴重なだけに
とてつもなく希少価値が高い作品と言えそうです。
そしてこのかわいらしさは艦娘たちの世界にも通ずるものがありそうですね!

上記のアミグリさんが描かれたムラサのイラストの権利は、ムラサの絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいムラサを描かれる方のブログってどんなもんなのだろう? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
スポンサーサイト



当ブログにおいては過去記事において何度かJR東日本の「京浜東北線」の遅延振りについて愚痴っていますけど、
あの電車遅延は本当に何とかならないものでしょうか・・?

先週の4/10~13の期間においての京浜東北線は、ほぼ毎朝電車遅延が発生していて、10分~最大1時間近い遅延が
発生していて、特に4/11は「少しやる事があるから早めに出勤しよう」と思い普段よりも45分近くも早めに家を出たものの、
例のあの神田駅での人身事故の影響をもろに受け、結果的に1時間程度の電車遅延が発生し、
会社に到着した時間は始業ギリギリであり
「これじゃなんのために早起きしたのかわかりゃしない~」という感じでもありました・・(泣)
百歩譲って、帰りの時間帯の遅延はギリギリ容認できるとしても、
朝の通勤時間帯にああやって何度も何度も電車遅延を発生させられてしまうと、本当に困ってしまいまね。
会社がある最寄りの駅は、京浜東北線しかありませんので、京浜東北線が止まるイコール
全社員の足が止まるという事を意味してしまいます。
一度、南浦和から武蔵野線で武蔵浦和にまで行き、そこで埼京線に乗り換え、北与野駅から歩いた事がありましたけど、
とにかく無茶苦茶遠回りという感じでしたし、北与野から歩くととんでもない距離になってしまうという事が
よく分かった瞬間でもありました。

この事は当ブログでも既に何度か書いているのですけど、京浜東北線に遅延が多いのは分かる気もします。
京浜東北線のような基本的には各駅停車の電車が、埼玉県~東京都~神奈川県と
三つの都と県をまたいでいる電車というのは、もしかして全国的には珍しいのかもしれないです。
大宮~大船まで正味二時間程度も掛かってしまうとてつもない長距離の電車がああやって一本の線路で
結ばれていますので、この長距離内でなにか一つでも事件・事故が発生してしまうと、
連鎖反応的に全線で止まらざるを得ないという事になってしまいがちなのだと思います。
更に不幸な事に京浜東北線は、山手線とか高崎線などと部分的に隣接線路で走っている箇所も多く、
こうした路線で例えば山手線内で事故が起きてしまうと、
事故処理中の作業員の安全確保のために隣接する京浜東北線も止めざるを得ないという事に
なってしまうのですよね。

京浜東北線はあまりにも長距離を一本の線で繋いでいるという事に何か「悲劇」の原因があるような気がしてなりません。
こうした事故というのは防ぎようがない感じもありますし、
この種の事故が発生した場合は、ひたすら復旧を待つしかないという感じですね。
以前ですと、こうした事故の復旧は最低一時間程度はかかっていたような気もするのですけど、
ここ最近はこうした遅延があまりにも多いせいか、復旧はやたらと早くなったような感じもあります。
人身事故ですら早い場合ですと30分程度で復旧→運転再開も珍しい話ではなくなりつつあります。
確か昨年も4月の春の時期になると人身事故による電車遅延が多発していたような記憶がありますけど、春という
異動の時期とか今までとは全く新しい環境での生活がスタートするという時期でもありますので、そうした環境の変化が
一つの心理的ストレスになり、複数の要因が複雑に絡まりながらそうした不幸な事態になってしまう季節と
言えるのかもしれないです・・

電車遅延がもはや日常風景と化している京浜東北線利用者にとってもJR職員にとっても
こうした遅延自体が慣れになっているのかもしれないですし、利用者にとっては京浜東北線は電車遅延は遅れるものと
認識しておいた方が宜しいのかもしれないですし、
同様な事は中央線利用者の皆様にも言えるのかもしれないですね。





2015年4~6月にテレビ埼玉限定で放映されていた埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」(うらわのうさぎちゃん)の
第2話の中で、調が鼻歌交じりに「浦和のー街にはー、新幹線は停まらなーい」とEDの歌を歌っていましたけど、
別に新幹線は浦和の街には停まらなくてもいいけど、せめて在来線の京浜東北線とか高崎線とか埼京線は、
毎日正確に動いて欲しいという気持ちはあったりもしますね~

高砂調は、毎日調神社周辺のさいたま市浦和区岸町から浦和第三高校【モデル校=浦和南高校】に電車で通学するという
設定になっているのですけど、直線距離で言うとそれ程遠いという印象はないのですけど、
電車で行くと乗り換えがかなり大変と言えそうです。
というのも、まずは浦和駅に行き、そこで京浜東北線に乗り一駅先の南浦和駅で下車し、
そこで武蔵野線に乗り換え一駅先の武蔵浦和駅で下車し、
そして更に埼京線に乗り換え一駅先の北戸田駅で下車し、
その北戸田駅からその高校まで歩いて14~15分程度かかるという事で
直線距離としては決して長くは無いのですけど、毎朝の通学としては大変なものがありそうです。
しかも、京浜東北線は電車遅延が多いし、武蔵野線は、少し強風が吹いただけで運休になってしまう事は多いし、
埼京線は激混みですし、調ちゃんの通学はかなり大変だと思います。
あれだったら、自転車通学の方が全然早いような気もします。
浦和駅目の前の岸町からだと30分以内で調ちゃんたちの通う高校に確実に到着すると思います。

上記の画像は第11話での電車の中での談笑シーンなのですけど、この電車から見える風景はなんとなくですけど、
埼京線からの景色のように感じたりもしますね~

埼玉県在住以外の人には何のことやらさっぱりわからないローカルな話で大変失礼しました~(汗)

 | BLOG TOP |