FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


縺輔¥繧・・縺斐∩陲祇convert_20190322025026

縺輔¥繧・・關後∴繧祇convert_20190322025058


数年前にゆるキャラブームというものが巻き起こり、各自治体も「自分の所でもくまモンみたいな大ブレイクのゆるキャラが
出てくれないかな~」といった思惑が乱れ飛び、市町村に一つのゆるキャラどころか酷い時は各自治体の課ごとに
そうしたゆるキャラが登場していた時期もあったようですけど、
ゆるキャラブームも終焉を迎え、各自治体もそうしたゆるキャラをリストラというのか整理統合する時期に既に入っているようで、
そうしたゆるキャラのバブル期に生み出されていった数多くのゆるキャラたちもひっそりと姿を消しているといった光景は
最近では珍しくもないのかもしれないです。

ゆるキャラという訳ではないのですけど、自治体・企業等のPR活動として登場しているイメージキャラクターには、
最近は随分と擬人化キャラとか美少女といった萌えキャラが随分とたくさん登場しているという印象もあるのですけど、
そうした美少女系萌えキャラの皆様たちも最近では似たような感じのキャラが多いせいなのか、
せっかく生み出されたとしても数年で忘れ去られてしまうとか
放置された挙句いつの間にか存在すら人々の記憶から消えてしまっていた・・というケースも決して少なくないのかな・・?と
感じたりもします。

さてさて、これは今から10年前の2009年の話なのですけど、そうした美少女系萌えキャラがごみ袋となって
登場していた!という事例もあったりしましたので、これについて簡単に振り返りをさせて頂きたいと思います。

その萌えるゴミぶくろというのは、2009年当時に学生プロジェクトチーが企画したものとの事です。
ゴミ袋の表面に美少女JKさんのセーラー服姿のオリジナルキャラクター・九段さくやがデザインされており、
2009年当時の千代田さくらフェスティバルにて靖国神社や千鳥ケ淵周辺などで販売され、これが結構好評だったとの事で、
後日秋葉原ダイビル前でも販売されていたり、一時期とらのあなでも取り扱いがされていた事があったとの事です。
萌えるゴミぶくろは45L用で1セット10枚入り350円と、ゴミ袋にしては少々お高めのお値段なのですけど、それ以前に
こんなかわいい美少女JKさんがデザインされたゴミ袋にゴミを入れる事自体にとてつもなく抵抗がありそうですし、
これをゴミ収集日に出してしまうなんてとてもじゃないけど可哀想すぎて出来やしない~というのが正直な感想でも
ありそうです。
もしかしたらなのですけど、2009年当時にこの萌えるゴミぶくろを購入したまま一度もゴミ袋として使用した事が無く、
そのままどこかに眠っているという事もどこかの家であるのかもしれないですね~
当時、萌えるゴミぶくろの収益の一部は、さくら基金に寄付され桜の植樹などに当てられていたそうです。


荵晄ョオ縺輔¥繧Юconvert_20190322024952

荵晄ョオ繝サ縺、縺上b縺カ_convert_20190322024823



萌えるゴミぶくろは千代田区観光協会協力の下、萌えキャラクターを活用した地域活性化策の一環としての
取り組みでもあったと思うのですけど、
残念ながら2019年現在においては、「九段さくや、誰それ~!?」とか「萌えるゴミふくろってなんですか~!?」という皆様が
ほとんどであると思われますし、 今現在では最近のゆるキャラの皆様の自然消滅同様に
忘れられつつある美少女萌えキャラと言えるのかもしれないです。

だけどこの九段さくやのかわいらしさ・美少女ぶりは忘れ去れるにはあまりにももったいないすてきな美少女JKさんキャラと
思いますので、なんとか復活して頂きたいですし、ゴミ袋以外にもグッズ化して欲しいものです。

萌えるゴミぶくろのイメージキャラクターは上記で既に触れたとおり、九段さくやという美少女JKさんなのですけど、
萌えるゴミぶくろは入学式前を思わせる桜と九段さくやがプリントされています。
九段さくやは築茂神社の神主の孫娘で、高校に入学したばかりの15歳という設定になっているそうです。
巫女の仕事も行っているせいか昔から長年使われていたモノに付く「付喪神」の声を聞くことができるJK一年生という
事で、性格は非常に明るいものの真面目すぎてノリについていきたくてもついていけないのが悩みとの事でもあり、
しっかり者ではあるけどおいしいところでドジっ子ぶりを発揮してくれるというのが、いかにも最近の萌えキャラらしい
感じでもありますね~
剣道がとてつもなく強い娘という設定もあるとの事です。

当初の企画案としては、「つくもぶ」というオリジナルストーリーをウェブで配信していくという事だったらしくて、
千代田区周辺を舞台に九段さくやをはじめとするオリジナルキャラクターが登場する中で
地域愛ともったいない精神がかもしだす青春コメディー物語を描いていこうというコンセプトがあったらしいのですけど、
いつのまにかそのオリジナルストーリーのサイトも消滅していまして、現在においてはそうしたコンセプトがあった事自体が
既に知る人ぞ知る領域になっているのは少しばかり勿体無い感じがあります。

萌えるゴミぶくろかわいすぎてゴミ袋にするなんてできない!?という感じでもありましたけど、
そうやってモノを使わないで長期間放置し続けてしまうと、モノに宿る付喪神自体が妖怪化してしまう危険性があるというのは
東方Projectでもよくネタにされる話でもありますので、
付喪神の声を聞けるという九段さくやももしかしたら上記のような現状を哀しく感じているのかもしれないですね。

九段さくやを巡る物語がどう展開されていったのかは今現在では知る由もないのですけど、
こんなにかわいいキャラですので、オリジナルストーリーやゴミ袋以外でのグッズ化も今現在では難しいのかもしれないですが、
「なんとか復活して欲しいな~このまま埋もれてしまうのは勿体ないし、
人間たちに忘れされれてしまう事で付喪神が妖怪化してしまう事は、巫女さんとして付喪神との対話が出来る九段さくや
としては不本意なのかも~」と感じてしまいそうですね・・


kogasan_convert_20091203155248.png


ここから先は既に恒例になっているのかもしれないですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
素敵なイラストのご紹介コーナーです!

上記にて「これじゃ捨てられない!? 美少女JKさんをグッズ化した萌えるゴミぶくろ」についての記事を書かせて
頂きましたけど、捨てられらないばかりに人間たちに忘れ去られてしまう事で妖怪化してしまう付喪神もいたりすると
いうのが東方の基本的な考え方でもあるのですけど、
東方におけるそうした付喪神という立ち位置のキャラというと、堀川雷鼓・九十九姉妹・秦こころなども大変印象的なのですが、
「弱いけどかわいい~!」という事で大変人気があるキャラが多々良小傘でもあります!

上記の多々良小傘はアミグリさんのかなりの初期作品でして、描かれたのは2009年12月です。

多々良小傘は、元々は人間達が放置した置き忘れ傘が妖怪化したもので、小傘自体に悪気は全く無くて、
人間達を唐傘で持って脅かすのが大好きという いたずら妖怪でもあります。
小傘は付喪神という古来から日本の伝統でもある八百万の神というのか、
私たちが普段日常品等として使用しているモノに憑かれた神様みたいなものでもありますけど、
神様と言うよりは妖怪としての要素の方が強いようにも感じられます。

同じ付喪神でも秦こころとは強さのレヴェルが全然違う・・という感じが拭えないのはご愛嬌なのかもしれないです。

唐傘がいかにも夏の風物詩みたいなお化け屋敷みたいな感じで楽しそうでもあります。
お化け傘は本当は怖いのかもしれないけど、多々良小傘が持ってしまうと、単なるおもちゃにしか見えない所が
かわいいですし、その傘のアカンベエがとってもお茶目だと思います。
東方キャラとしては極めて珍しい素足というのもポイントが高いと思いますし、
東方では初となるオッドアイがまたまた魅力的だと思います。

そして多々良小傘は、化け妖怪→幻想郷内の人里のベビーシッター→鍛冶屋とその多様性と意外な器用さが最近では
光っていると思います。
幻想郷において妖怪は人間から忘れ去られてしまうと消滅してしまう危険性もあるのですけど、そうした意味では
上記で書いた「萌えるゴミぶくろ」は人間たちから忘れ去られる事で付喪神という妖怪化してしまうだけでなくて
人間たちの記憶からの消滅と風化という可能性が高い事はなんだかちょっと気の毒な感じでもあったりしそうです。

アミグリさんが描かれた初期作品の多々良小傘はとってもかわいいです!
水色の色彩感が夏らしい爽やかな感じを演出していますし、オッドアイもとてもかわいらしく描かれていますし、
多々良小傘が手にしている傘のお化けも一本足とかベローとだした舌とか一つ目とか
いかにもお化け屋敷という感じが漂い、夏らしい雰囲気を感じさせてくれていると思います。


egaono-sakuyasan-01_convert_20180324153635_convert_20180403004346.png



本記事は九段さくやに関する記事でしたけど、さくやというと昨年の春頃に当ブログでも何度か登場していた
埼玉観光PRアニメ「観光大戦SAITAMA~サクヤの戦い~」のヒロインの巫女さんのサクヤも大変印象的ですし、
本記事の萌えゴミふくろの九段さくやもすてきですけど、
さくやというとやはりいっちば~ん!なのは誰が何と言っても東方の十六夜咲夜さんなのだと思います!

上記の「笑顔の咲夜さん」は、昨年・・2018年の3月24日のアミグリさんのお誕生日当日にアミグリさんが
「記念イラスト カッコカリ」とされた笑顔がよくお似合いの咲夜さんです!

とにかく見ているだけで癒し効果を感じるやさしい笑顔の咲夜さんだと思います!
この咲夜さんも「アミグリさん、お誕生日おめでとう!」と優しく
語りかけているような雰囲気が漂っているようにも感じられとてもすてきです!
どことなくお顔が紅潮し照れているようにも感じられるのは、アミグリさんに対してお祝い用のプレゼントを背後に隠し持っていて
「どのタイミングで渡そうかな・・?」とタイミングをはかっているせいなのかもしれないですね・・(笑)

背景のピンクトーンも桜の季節に相応しいと思います!

とにかく見ている人達みんなから「おめでとう!」という言葉を頂いてるかのような咲夜さんがとてもすてきですし、
この優しい笑顔は「癒し」とかやすらぎという言葉がとてもよく似合うのだと思います。
私もこんな笑顔がすてきな咲夜さんを見ているだけで心がなごみそうになりますね~!

上記のアミグリさんが描かれた多々良小傘と咲夜さんの権利は全て上記の作品の絵師様であるアミグリさんに
帰するものであり、当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつもすてきなイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにもかわいい咲夜さんを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると、アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv

それでは本記事を最後までご覧頂きありがとうございました!
スポンサーサイト



ロシアの作曲家の作風ってプロコフィエフ・ショスタコーヴィッチ・チャイコフスキー等に代表されるように
「極端から極端へ」と作品の幅の広さは底なし沼のように深い気もします。
当ブログでもよく書いている事ですけど、例えばプロコフィエフも若い頃は例えば、交響曲第2~3番、スキタイ組曲、道化師等
かなりグロテスクで悪趣味極まりない曲を作曲したのかと思えば、ロシア復帰以降は、シンデレラ・ロメオとジュリエット・
ピーターと狼、交響曲第7番・戦争ソナタなどのように大変分かりやすくて親しみやすい曲を作曲していますし、
その最晩年は交響曲第7番「青春」というまるで幼少期を回顧するかのような甘いメロドラマのような曲を残し、
特に交響曲第2番と5番と7番が同じ作曲者であるとは到底思えないようなほどの違いというのか、
その作風の落差の大きさには唖然とさせられるものがあったりもします。
それはショスタコーヴィッチも似たような側面があり、「20世紀最大の名作交響曲」と誉れ高い交響曲第5番「革命」も
その一つ前のシンフォニーの交響曲第4番のまるでマーラーとシェーンベルクを足して二で割ったとした言いようがない
とてつもなく難解で抽象的な作品であった事を考えると、やはりその振り子の幅の大きさには呆然とするしかない・・という
感じなのだと思います。

だけどそうしたロシア人作曲の作風のとてつもない変化という観点ではストラヴィンスキーの右に出る者はいないのかも
しれないです。
ストラヴィンスキーは、火の鳥・ペトルーシュカ・春の祭典という三大バレエ作品でもって音楽史に名を残すことになり、
特にペトルーシュカの複調と春の祭典の野蛮極まりない原始主義(バーバリズム)は音楽史の上でも
光り輝くものが間違いなくあると思われます。

バレエ音楽「春の祭典」の初演時には、音楽史上最大級とも言える賛否両論の怒号が飛び交う大スキャンダルが
発生したと伝えられますが、確かに20世紀初頭のパリの聴衆の皆様にとっては、この精緻なリズムと音色ととてつもなく野蛮な
大音響が交錯する記念碑的な作品と初めて接した時には、確かに困惑と衝撃以外の何物でもなかったのかもしれないです。
21世紀の感覚で聴くと、インパクトという意味では今現在聴くと、「それほど驚くべきほどの音楽では無い」等色々な意見は
あると思いますし、当時ほどの新鮮さはないかもしれませんが、
後世に何かメモリアル的なものを残したという意味ではその意義は大きなものがあると言えるのだと思います。

ファゴットの最高音域の音で始まる出だしからして新鮮と異端さが混在したものもないのかもしれないです。
この曲は、「リズム感・躍動感・人間の本能としての生への意識というものが曲の隅から隅まで伝わってきていると思います。
CDで聴いても生で聴いても、その迫力・躍動感にはただただ脱帽するしかないと思います。
生で聴いてみると分るのですが、春の祭典はそれ程多種多様な打楽器を使用している訳ではありません。
ティンバニ・大太鼓・シンバル・ドラ・タンバリン・ギロ程度です。
管楽器も確かに大規模編成ですが、特に目立つ特殊楽器は使用していません。
それでもあれほどの圧倒的サウンドを出せるのですから、オーケストラは究極のシンセサイザーと言えるのかもしれないです。

この「春の祭典」は、もしかしたら、ハチャトゥーリアンの交響曲第3番「シンフォニーポエム」と同じように、人生に対して
暗さ・厭世観・絶望しか感じ取れない人たちには是非一度は聴いて欲しい曲なのかもしれないです。
春の祭典は、人間の本能から「とにかくどんなことがあっても生きろ!」というメッセージが伝わってきそうですし、
シンフォニーポエムは「明るい! そうだ! 全てが明るい!!」というウルトラ超前向きなメッセージとか伝わってきませんし、
とにかくあの大音響をボリュームいっぱい聴きまくれば、
「そのうちなにかいい事が起きるのかも・・それまでは出来る限りしっかりと生き抜こう!」という意欲が自然と湧き起こるのかも
しれないです。

そうした大音響と複雑で精緻極まりない「春の祭典」なのですけど、ストラヴィンスキー自体は、もしかしたらなのですけど
「こうした春の祭典みたいな路線は聴衆からもすぐに飽きられてしまうと予想されるし、二番煎じの曲もたくさん
出てくるだろう・・
その前に自分自身も春の祭典とは異なる路線をスタートさせないと、すぐにクラシック音楽界からは飽きられてしまう」という
想いもあったのかもしれないですし、
「春の祭典はあれはあれで一つの頂点なのだけど、ああいう路線を生涯貫き通すのは無理かもしれないし、
そろそろ何か新しい作風で新しい作曲家人生をスタートさせてみたい」という気持ちもあつたのかもしれないです。

そして春の祭典からわずか7年後の1920年に作曲されたバレエ音楽「プルチネルラ」でもってストラヴィンスキーは、
春の祭典に代表される原始主義路線から一転して新古典主義音楽へと転換を果たします。
ちなみに新古典主義とは、簡潔に言うと、18世紀の音楽の旋律と形式をそのまま使いながら、
新しい管弦楽法で音楽に新しい命を吹き込んだ音楽的路線を指すものであり、
従来のドイツの正統派の形式を重視した重厚な音楽でもないし、過度なロマンでもないし、
ドビュッシーやラヴェル等の印象派とも少し違うし、ストラヴィンスキーの原始主義とはかなりかけ離れたものでもありました。
ストラヴィンスキーの新古典主義は第二次世界大戦後の1950年代まで長期間続いていくのですけど、
晩年にはそうした新古典主義すらも超越したストラヴィンスキー独自の十二音技法に辿りついたりと、
その生涯においての作風の変化は凄まじいものがあり、ストラヴィンスキーがよく100の顔を持つ作曲家とかカメレオンと揶揄
されるのも作風の変化の唐突さと激しさがあるのかもしれないです。

ストラヴィンスキーが春の祭典という原始主義を乗り越えて新古典主義という新しい作風に突入していったのは
上記で書いた通り1920年頃のバレエ音楽「プルチネルラ」なのですけど、
原始主義と新古典主義の橋渡しという点で注目したい曲がストラヴィンスキーが1920年に作曲した
管楽器のためのシンフォニーズです。
ストラヴィンスキーの交響曲と言うと詩編交響曲と3楽章の交響曲が双璧ともいえる名作なのかもしれないですし、
管楽器のためのシンフォニーズは曲が短いせいもありますし、後述しますけど楽器編成が極めて特殊であるため、
この曲の認知度も評価も決して高いものではないのかもしれないです。

管楽器のためのシンフォニーズはタイトルでも示されている通り、楽器編成にヴァイオリン等の弦楽器は含まれて
おりません。
打楽器も使用されていませんし、木管楽器と金管楽器からのみで構成されている9分程度の単一楽章の曲です。
使用楽器は、フルート:3 ピッコロ:1(3番フルート持ち替え)、アルトフルート:1、オーボエ:2、コールアングレ:1
クラリネット:2、アルトクラリネット:1、ファゴット:3 コントラファゴット:1(3番ファゴット持ち替え)
ホルン:4、トランペット:3、トロンボーン:3、テューバ:1 となっていて
スコアの上では管楽器奏者は26名です。
この編成にはサックスセクションやユーフォニアムといった吹奏楽固有の楽器は入っていませんけど、
理屈の上ではこの編成でもって吹奏楽コンクールの小編成部門(昔ながらの表現ではB編成)に出場する事も
可能と言えば可能なのかもしれないですね。
(もちろん、この曲を自由曲にしての吹奏楽コンクール参加の事例は私がしる限りにおいてはゼロです)
こうした管楽器のみの編成は一般的には、色彩感・華やかさ・明るさ・派手な雰囲気に溢れるとは思いますけど、
この「管楽器のためのシンフォニーズ」にはそうした要素はほぼ皆無です。
全体的に難解な響きで渋くて「結局、何をいいたいのだろう・・?」という謎要素の多い曲のようにも感じられたりもします。
一度この曲は確か東京佼成の定期演奏会で耳にした事がありましたけど、そうした印象は生演奏で聴いても
同じだったと思います。
余談ですけどストラヴィンスキーのピアノ協奏曲の編成もやはり吹奏楽的で、編成に弦楽器奏者はいなくて、
ソロピアノと管楽器とティンパニとコントラバスのみで構成されています。

この曲は元々はC.ドビュッシーへの追悼音楽として作曲された経緯があります。

上記にて原始主義と新古典主義の橋渡し的な役割も担っていると書きましたけど、
春の祭典でも見られたロシアの民族音楽を連想させる不規則なリズム構造と
厳粛で規則正しい雰囲気という相矛盾する要素が一つの短いシンフォニーの中に盛り込まれ、この二つの要素は
それほど融合はしていなくてむしろ衝突しあっているようにも感じられ、
そうした事が原始主義路線から新古典主義路線へま橋渡しと感じさせる要因なのかもしれないです。
ファンファーレと厳粛なコラールの交替で曲は進行していきますけど、冒頭のつんざくような木管楽器の響きと
後半の渋いコラールが音楽の共鳴・響きという点では大変面白いと感じます。
冒頭の木管のつんざくようなファンファーレ的なもの、小コラール、民謡風のもの等小さなシンフォニアの構成なのですけど、
構成がしっかりしている点は古典的であり、時に見られる激しい和音のぶつかりあいは原始主義に近い感じもあり、
やはりこの曲は橋渡し的な曲と言えるのだと思います。
そしてどちらかというと「音の響き」そのものを楽しむというのか、管楽器同士の繊細な響きを感じ取ってほしいという
ストラヴィンスキーの意図も多少はあるのかもしれないです。

ただやっぱりこの手の曲は聴衆のウケはよくないようですね~

この曲の初演の前に演奏された曲がリムスキー・コルサコフの歌劇「金鶏」~行進曲という派でな曲であったのも
よくなかったのかもしれないですし、
前述の通り、この曲には弦楽器奏者はいませんので、金鶏の演奏が終わったと同時に弦楽器奏者は舞台裏に退出し、
通常は弦楽器の後方に配置されている管楽器奏者たちが指揮者の位置からはそのまま遠い位置に配置されたままの状態で
初演時の指揮者のクーセヴィッキーがむきになって指揮者から遠く離れた管楽器奏者たちに指示を出し続けてしまい、
結果的に指揮者と演奏者が少し乖離したような演奏になってしまい、
元々曲自体盛大に盛り上がる箇所もないせいもあり、演奏終了後の聴衆の反応は冷淡極まりないものがあったそうで、
ストラヴィンスキーはガッカリ・・したそうです・・

この曲をCDで聴く場合、お勧めしたいのは、ストラヴィンスキーの火の鳥(全曲版)とバルトークの舞踏組曲がカップリングされた
フランツ・ ウェルザー=メスト指揮、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽が素晴らしいと思います。

 | BLOG TOP |