FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム


チルノ時計


鴨肉ってとっても美味しいですよね~!

おそば屋さんに入ると鴨南蛮そばというのは定番メニューだと思いますし、鴨肉をローストしたものも美味しいですし、
鴨鍋というのも寒い冬に食べるととても温まる美味しい鍋の一つだと思います。
鴨を素材にした料理というと真っ先に思い浮かぶのは「鴨肉のオレンジソース掛け」なのかも・・?
このメニューを最初に頂いたのは、会社の同僚の結婚式の披露宴での前菜メニューだったのですけど、
最初に食べたとき、「えーー、鴨とオレンジみたいな柑橘類の相性ってこんなにいいもんなんだぁー」と感じ
そのおいしさに一目ぼれという感じでもありました。

鴨肉というと「鴨鍋」もとても美味しいと思いますし、鴨鍋に不可欠な具材というとやはりネギなのかな・・?とも思います。
日本の故事として「カモがネギを背負ってやってくる」というものがありますけど、これにはやはり「鴨鍋」も多少は
絡んでいるのかもしれないですね。
「カモがネギを背負ってやってくる」という故事ですけど、カモは本当にねぎを背負っているのでしょうか?
それとも鴨自体がネギを好んで食べるからその様に言われているのでしょうか?
全世界のどこに住んでいる鴨を見ても、鴨はネギを背負って事はある訳ないですし、
鴨が食材として自らネギを食べる事もないようです。
ちなみにですけど、鴨自体は穀物・水生植物・水生小動物などを好んで食べているとの事です。

それではどうして「カモがネギを背負っている」という故事があるのでしょうか?
これは江戸時代の食文化にルーツがあるようでして、鴨は肉質の柔らかさや脂の甘みがとっても人気の食材でしたし、
鍋用の食材としても古くから重宝されてきた経緯があります。
反面野鳥特有の匂いがありましたので、ねぎでその匂いをカバーして食べていたとの事らしいです。
そうした訳でこの故事の由来と言うのは、鴨とネギですぐに美味しい鴨鍋ができるという自分にとって都合の良い事が
二つ同時にやってくるという意味なのです。
この「カモがネギを背負ってやってくる」という故事・・略してカモネギという言葉は決していい意味で使用されている訳ではなくて
「だまされやすい人が、だまされやすいシチュエーションに、自ら乗っかってくる」という意味で使用される事の方が
現実的には多いのかもしれないですね。

カモは簡単に捕まえやすい鳥なので、捕まえやすい人=騙されやすい人を「カモ」と呼ばれる事が多いとも
思いますし、それを動詞化して、人を騙したり、利用したりして利益を得ることを「カモる」と言い、
騙されてお金をとられたりすることを「カモられる」みたいな俗語もあるみたいですね。
つまりまとめてみると、「カモがネギ背負ってやってきた」というのは、鳥の「鴨」と騙しやすい人の「カモ」をひっかけて、
「騙すしやすい人が、自分から(財布持って)ノコノコやってきた」という意味へといつの間にか変容していったと
言えるのかもしれないですね。


繧ォ繝「縺後・縺酸convert_20171105231328



冒頭から例によって話がそれまくりですけど(汗・・)、鴨とネギの組合せはとても美味しいと思いますし、
やはり冬の「鴨鍋」というのは鍋料理の一つの定番と言えるのかもしれないですね。
だけど鴨鍋という料理は案外一般家庭ではなかなかメニューにしにくいような気もしますし、
鴨肉のやはりちょっとあの独特の臭いが「家の中ではちょっとね・・」という感じになるのかもしれないです。
私の感覚としては、鴨鍋のあの香りというのは「いのしし鍋」の香りに少し近いような感じもあるのかもしれないです。

そうした中、先日なのですけどとあるスーパーにて「鴨肉のスライスと玉ねぎのスライスのサラダ」というものが
販売されていて、しかも・・・!
閉店間際というせいもあったのですけど、定価400円とちょっとお高めのサラダがなんと・・! 140円で
叩き売りされていました!
「これは安い!」と思わず衝動買いをしてしまったのですけど、家に帰ってきてよく見た所、この鴨肉と玉ねぎのサラダには
ドレッシングも何も付いていませんでした!
鴨と玉ねぎに合いそうなドレッシングってなんなのだろう・・?と考えてみたのですけどあんまりピンとくるものが
ありません。
そのため家の中に合ったありとあらゆる調味料とドレッシングを色々と試してみた所、この日の結論と言うものは、
「鴨肉と玉ねぎスライスに適した調味料というものは、わさびマヨネーズに和風ドレッシングを混ぜ合わせたものでした!
これって感覚としては、かつおのたたきを、マヨネーズをたらした醤油で頂くという感覚に近いものがありそうな気もした。
食べ方としては確かに邪道なのかもしれないですけど、
「鴨の脂とマヨネーズの油が意外と合うのかも・・? そしてわさびがいいアクセントになっているのかも・・?」という
感覚で私としてはそんなに不味いものではなかったという食感です。
鴨肉も玉ねぎもどちらの食材もそのまんま食べると「ちょっと生臭い・・」という感じがあるのかもしれないですけど、
わさび・マヨネーズ・醤油の味に近いドレッシングが加わる事で、生臭いという感覚がほぼ無くなっているみたいな
感じもしたものでした。
玉ねぎはネギではないけどネギに近い食材と言うイメージでは「カモがネギを背負って・・」という故事を
イメージしたようなサラダであったのかもしれないですね・・(笑)

カモというとちょっと古い話なのかもしれないですけど、1990年代の終わりにトヨタ自動車がサービスの一環として
提供していた「こするカモ保証」といってトヨタの新車を購入した場合、うっかりガレージとか樹木とか壁とかに車が少し接触し
車体を軽くこすってしまった場合はこの「こするカモ保証」によって修理費用を負担しますみたいな事もやっていましたけど、
あれはいつの間にかなくなってしまったようですね・・・
CMで確か奧菜恵が出演していたと思うのですけど、いつの間にかなくなってしまったというのは
期間限定サービスだったか、あまりにもおっちょこちょいの車と壁をぶつけてしまうといったユーザーがトヨタの
予想以上に多くて採算が取れずにいつの間にか終了させたのかもしれないですね・・
トヨタにとっては「へなちょこ運転のユーザーによっていいカモにされてしまった・・」という感じなのかもしれないですね・・(汗)


繧翫s縺斐→縺・■縺農convert_20190219204514


上記の鴨と玉ねぎのサラダのドレッシングなのですけど、上記では和風ドレッシングにわさびマヨネーズが合うのかもと
記しましたけど、どうしても爽やかさという点では劣りそうですし、脂っぽさはちょっと気になるのかもしれないです。

そうした時に今年に入ってキューピーからすてきなドレッシングの発売がリリースされていました!

キユーピーは、ドレッシングの「緑キャップ」シリーズから、りんごといちごの爽やかな風味と鮮やかな彩りを楽しめる
「りんごといちごドレッシング」の新発売が1月に発表され、2月に入ってから大手スーパー等でその新商品を
見かけるようになりました、
緑キャップシリーズとは、果実酢と果汁の組み合わせをテーマに野菜の風味を引き立てるシリーズで、
りんごといちごの他にも既にレモン・玉ねぎと白ぶどう・にんじんとオレンジ・マンゴーが発売されています。

「りんごといちごドレッシング」は、軽やかな甘みのりんご果汁と甘酸っぱいいちご果汁に、
芳醇りんご酢を加えた爽やかな風味が特徴のドレッシングです。
甘みがありながら、後味がさっぱりとした味わいに仕上がっていて、ドレッシングの色が鮮やかな赤い色調で、
色彩的にも味覚的にもサラダがとても爽やかにフルーティーに感じられます。

真っ赤なフルーツのドレッシングというのも少し珍しいのかもしれないですし、ドレッシングの味が甘酸っぱくてフルーティー
というのも意外と面白い発想なのかもしれないです。
ちなみに上記の緑キャップシリーズの中では、こうした甘酸っぱくてフルーティーというとマンゴー味のドレッシングが
最も近いのかもしれないですけど、
フルーツ感満載と言うとりんごといちごの組合せの方がインパクトは大きいといえそうです。

そうした訳で先日改めて、鴨と玉ねぎをスライスしたサラダにこの「りんごといちごのドレッシング」を掛けてみたのですけど
予想以上にとてもよく合っていると思いますし、りんごといちごと玉ねぎと鴨肉の相性は大変よく合っていると
感じたものでした。
フルーティーさが鴨肉の野性味や脂っぽさを相殺しているようにも感じますし、りんごの味と玉ねぎの相性は
最高と言えるのかもしれないです。
そしてここにいちごの王道的な香りのよさもプラスされますので、このドレッシングは単なるフルーティさとか甘さというよりも
甘酸っぱさがどんな野菜やお肉とも相性が抜群と言えるのかもしれないです。

どちらかというと敬遠されがちな生野菜サラダもドレッシング一つで劇的に味が変化するのは面白いものがありそうです。

以前ですと生野菜に掛けるドレッシングというと、ちょっと酸っぱい味覚のセパレートタイプとか白ドレッシングばかりという
印象もあり、私個人の味覚としては、
「そんな酸っぱいものを野菜にかけてもよけいに生臭く感じるじゃん」という感じであまり好きではなかったのですけど、
それを劇的に変えたのが、シーザードレッシングの登場だったと思います。
最初にシーザードレッシングで生野菜サラダを食べた時の感想は、
「生野菜ってこんなにも美味しいものだったの・・・!?」という新鮮な感動と驚きでしたので、
生野菜サラダというものは、その付け合せとも言えるドレッシング一つだけで劇的に変る事が出来るという事なのかも
しれないですよね~
その後、シーザードレッシングの他にも、わさび醤油ドレッシングとかゴマドレッシングとかゆず胡椒ドレッシングなどなど
掛けるだけで一気に生野菜が美味しく感じられてしまうドレッシングが色々と出てきて
「生野菜サラダがあまり好きではない人にとっては助かるよなぁ・・」と感じずにはいられませんし、
上記のキューピーの緑キャップシリーズのようにフルーティーなドレッシングもたくさん登場してきていますので、
その選択肢の幅の広さも大変ありがたいものがありそうですね~!
スポンサーサイト



本記事は既に一度掲載をさせて頂いたのですけど、なぜかしりませんけどその時のアクセスがとてつもなく
低調だった事もあり少し不本意でもありましたので、その時の記事に加筆修正を加えた上での再構成としての
再掲載をさせて頂きたいと思います。

ボーカロイド楽曲の「からくりピエロ」は聴くだけで胸が締め付けられそうな哀しみ色に詰まった素晴らしい曲だと思いますし、
原曲のミクボーカルにGUMIちゃんコーラスもとても美しくてせつなくて聴くだけでゾクゾクっ・・とくるものがあるのですけど、
それ以上にこの曲の歌詞にもぐぐっ・・と引きつけられるものがあると感じます。

この「からくりピエロ」の歌詞は、ある人を待ち続ける人の心情を歌った曲なのですけど、
待ち人来たらずの中、あてもなくひたすら待ち続ける痛々しさを言葉少なくせつなく語っている印象が大変強いのですが、
この曲の歌詞には何度となく「僕」というワードが登場していますので、最初にこの曲を聴いた時のイメージとしては
使いっ走りの男の子の悲哀とか事前の待ち合わせ場所や時間も決めてあったのに2時間待っても彼女は現れない・・
僕は一体何をやっているんだ・・
所詮僕はいいように君にあしらわれるばかりの存在で、「これが悲しい僕の末路だ」と自らを提示させているのは
男の子目線の曲なのかな・・?と感じていたものでした。

世の中には実は結構な数の僕っ娘もいたりもしますし、一人称がボクという女の子もいたりもしますので、
このからくりピエロの根本的な解釈として、この曲に登場してくる一人称が僕という主人公を女の子として解釈する事も
ありなのかな・・?と感じたりもしますし、仮に女の子として解釈する場合は曲の世界観もかなり劇的に変化するような
印象も実はあったりもします。

曲のタイトルのからくりピエロを換言すると操り人形と言っても差し障りは無いと思います。
相手の彼氏彼女から都合のいいように扱われ、相手からは「あなたは決して私の本命ではないし、むしろ使いっ走りというのか
いいようにあしらわれて都合のいい時だけ彼氏彼女にされてしまう」立ち位置と言えそうですし、
そうした相手から二時間も待ち合わせの場所で待ちぼうけを食らってしまうという待ち続ける人の悲哀を歌った曲と
言えると思います。
この一人称が僕という主人公は男の子なのか女の子なのかという問題は一旦おいておいて、そのどちらであったとしても
共通して言えることは、お相手からは全然本命に思われていないどころか
都合のいい時だけ私の使いっ走りにさせられてしまう事への不本意とやるせなさをしっとりと歌い上げている曲と言えそうです。
本命になりたいと思いつづける主人公の徐々に傷ついていく心境が淡々と歌詞の中に描かれていて、
その心境の過程が実に痛々しくて聴いているだけで心にグサッ・・とくるものは確実にあると思います。
歌詞の中に「君の中できっと僕は道化師なんでしょう」と呟く辺りは、主人公の子も自分が決してあなたにとっての本命では無い
という事は自覚しているのだと思いますし、それを認識した上でのいいようにあしらわれても
「それはそれで仕方がないし、こんな僕でも一時であったとしても構ってくれるだけ御の字」という意識なのかもしれないです。

歌詞の中でもそのお相手が街中で僕以外の子と楽しそうに街を歩いている姿を目撃したけど、僕は何もできなかった・・という
場面がはっきりとしたワードではないけどそれらしき事が示唆されているのですけど、
「それでも僕はあの人の事を待ち続けることしかできない」という感情も示唆されていて、
確かに周りから見てしまうと「そんな相手にとってだけ都合のいい恋はさっさと見切りをつけて新しい恋を探した方が
あなたにとって全然いいじゃん!」という事なのかもしれないのですし、そんな事はその主人公の子も理屈では分かっているけど、
それが出来ないというのが「恋のつらさ」という事なのかもしれないです。

変わって 変わって 変わってゆくのが
怖い 怖いだけなの
もうやめた ここで君を待つのは
僕が壊れてしまうだけだ

回って 回って 回り疲れて
息が 息が止まるの
そう 僕は君が望むピエロだ
君が思うままに 操ってよ

そしてこの「からくりピエロ」の楽曲の最後の最後の歌詞は本当に残酷だと感じざるを得ないです。

結局この僕が一人称の主人公は、この哀しい恋を放棄する選択はしませんし出来なかったという事なのだと思います。

主人公が「もうやめた」というのはこの哀しい恋自体ではなくて「あなたの視点から見た僕はあなたの本命である」という
望みを放棄したし諦めたという事なのだと思われます。
結局の一時的な遊び相手または都合のいい時だけの使いっ走りという現状維持を選ぶしか道が無いし、
「そうせざるを得ない」というのがこの歌詞の主人公の哀しさなのだと思います。

決して失恋ソングという訳では無いとは思うのですけど、失恋以上の痛々しい雰囲気は間違いなくあるように感じられます。


縺ア縺。縺・ヲ門、「縺ィ_convert_20190213003421


さてさてここから下記は東方MMDのご紹介です。

上記は大変痛くてせつなくて胸にずしーんと響きそうなボーカロイド楽曲としての「からくりピエロ」のお話でしたけど、
このからくりピエロは東方MMDとしても既に多数の作品があったりします。
私的には霊夢・咲夜さんが大変印象的であったりもするのですけど、今回は東方の単独キャラとしてでは無くて、
実は当ブログでは初めてのご紹介ではありますけど、二人組の皆様がこのからくりピエロをバックに踊る東方MMDを
是非皆様にもご覧頂ければ幸いです。

今回の二人組は全て妖夢と東方キャラの誰かの組合せという事なのですけど、ここからも
「妖夢は東方MMDでは本当に愛されキャラだよね~」と感じさせるものがあると思います。
また東方MMDの妖夢は公式ゲーム作品の妖夢と雰囲気がかなり違いがあるようにも感じられたりもするのですけど、
その大きな要因は東方MMDでの妖夢は、背中にいつもの日本の刀を差していない事と
妖夢の設定は半分人間・半分幽霊という事で背後に人魂が漂っているのだけど、東方MMDの妖夢にはそうした人魂が
セットされていないという事で、刀と人魂無しの妖夢は、どう見ても外界では普通のかわいいJKさんという印象しか
ないですね~

さてさて、東方MMDとしての「からくりピエロ」として大変印象的な作品は、妖夢とパチュリーさんが二人で踊るものだと
思います。
東方MMDのJK妖夢は既にたくさんの作品があるのですけど、JKブレザー制服のパチュリーさんが一緒にいる事自体が
驚きでもあります!
しかもこのパチュリーさんは普段のロングなサラサラヘアではなくてポニーテールをされていて髪をアップ気味に
されているのが大変斬新でもありました!

→ 【東方MMD】ブレザーなパチェ&妖夢で からくりピエロ


螯門、「縺ィ繝代メ繝・繝ェ繝シ_convert_20190220161940


続きまして上記のJKブレザー制服の妖夢とパチュリーさんによる「からくりピエロ」と同様に、妖夢-パチュリーさんという
公式でもほとんど絡みがないお二人によるブレザーJKさん制服の「愛Dee 」の東方MMDです。

愛Dee のボーカロイド楽曲は初音ミク・巡音ルカ の共演となっていますけど、この楽曲の魅力はルカ様の英語ラップなのだと
言えるのは間違いないと思います。
ミクの歌をベースにそこにルカ様のラップを見事に融合させている、Mitchie Mによる初音ミク・巡音ルカの合作オリジナル名曲と
言えると思います。
Mitchie Mによると「ルカの英語ラップに挑戦しつつミク曲を制作してみました。
歌はできるだけ自然に聴けるよう調教してみましたので、ボカロの歌声が苦手な方にも聴いて頂けたら嬉しく思います」との
事ですけど、自然な歌声・ボカロ曲と本来的にはあまり相性がよくないラップへの取り組みは新しい挑戦としても
高く評価されて然るべき作品と言えそうです。

この「愛Dee 」」はルカ様のラップがいい味を出していると思いますし、ルカ様の本気度が曲の隅々から気合手として伝わって
いるかのようです。
人間的で自然な歌声という事で、どこかなつかしさみたいなものも感じ取られ、この曲想はどちらかちという90年代のJ-POP
みたいな響きもありそうです。

躍動感がとてもかっこいいですし、ルカ様の間が歌い言葉を発しているかのような発声の見事さには感動を通り越して
我を忘れてしまいそうな感動がありそうです。

曲の中で
忘れないで 愛 Dee ( ID party show and party )と歌っているのように、愛Dee(アイディ)とIDを掛け
個人の特定を意味するID (identificationの略語)をもじったものと言えるのかもしれないです。

この楽曲は歌詞の解釈をどうたらこうたらするよりは、とにかく曲全体のかっこいい雰囲気とルカ姉さまのラップを
楽しんで頂ければそれで全然OKなのだと思います!

そしてこの愛Deeを背景にした妖夢とパチュリーさんの東方MMDも「からくりピエロ」以上に衝撃的で斬新なモノを
感じさせてくれていると思います。

→ 【東方MMD】ブレザーなパチェ&妖夢で 愛Dee


縺。縺ウ螯門、「_convert_20190213003327


本記事の最後はちょっとした余興みたいなものです・・(笑)

上記の妖夢とパチュリーさんの組合せ自体が大変異例でもありますし珍しいとも思うのですけど、
この二人を更に幼児化させてしまったちび妖夢とちびパチュリーでおこちゃま戦争という東方MMDも実はあったもします。

このおこちゃま戦争は、ボーカロイド楽曲としてはリン-レイの楽曲なのですけど、あの雰囲気を東方MMDとして表現
するのだったら霊夢と魔理沙、またはチルノと大妖精という組合せも大変面白いとは思うのですけど、
それを妖夢とパチュリーさんに当てるという試みもとにかく面白いものがあると思いますね~!

→ 【東方MMD】ちび妖夢とちびパチュリーでおこちゃま戦争

 | BLOG TOP |