FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨日は当ブログの「dream fantasyのアミグリさんが描かれたデフォルメ絵作品特集 その①」をたくさんの皆様に
ご覧頂きありがとうございました!
あのすてきなゆるくてかわいい作品をご覧頂き、少しでも多くの皆様にほっこりとしたやさしい気持ちを味わって頂ければ
とても嬉しいのですけど、そうしたハッピーな気持ちを宜しければ二日続けて味わって頂きたいと思い、
今回の特集は翌週にまたがないで、二日連続の掲載とさせて頂きたいと思います。

そして本日も昨日以上に皆様にほっこりと癒された気持ちを堪能して頂く事ができれば本当にうれしく感じます!





昨日の霊夢・チルノ・ルーミアなどのデフォルメもみんなとてもかわいらしくて見るだけで癒されそうな作品ばかりでしたけど、
本記事のオープニングを飾らせて頂くメディスン・メランコリーはアミグリさんにとって初めてのデフォルメ・メディスンという事で、
新鮮さもマシマシなのではないのかなと思います。

ウィンクの表情もとってもかわいくて見ているだけでほっこりとさせられそうです~♪

メディスンと言うとアリスと並んで東方屈指のすてきな金髪碧眼娘なのですけど、
デフォルメ作品としてのメディスンもそうした金髪碧眼がとてもキラリと光っていると感じられますし、
美少女なのだけどそのゆるさがまたまたたまらなくかわいいねぇ~と感じさせてくれていると思います。

デフォルメ作品だけど服装の細かいフリルも細かく描かれていて、キラキラ効果と合わせて全体に華を添えていると思います。

隣のスーさんもかわいいですね~!

スーさんの4枚のピンクの羽がなんだかリリーホワイトっぽくも感じられ、
誰よりも一足早い春の息吹みたいなものも感じさせて頂きました。
上海人形はアリスのパートナーみたいなものかもしれないですけど、このスーさんはお人形さんよりも妖精らしい
無邪気なかわいらしさを感じてしまいますし、背景との調和もとても美しいと思います。


youzyohuran_convert_20121001125022.png


続きまして、アミグリさんが2012年10月に描かれた「ようちえんフランちゃん」です。

これは文句のつけようがないロリ可愛らしさに溢れていると思いますっ!

たくさんの東方絵師の皆様が既にいろんな所で「ロリロリアランちゃん」とか「幼女化フランちゃん」は描かれているのですけど、
アミグリさんが描かれているように幼稚園のとっても可愛い制服までフランちゃんに
着せてしまっているその着眼点は、「ナイスアィディア!!」と大いに称賛をさせて頂きたいと思いますし、
こうしたアミグリさんの発想の柔軟さは昔も今も変わらずというのは本当に素晴らしいと感じます。

こんなに可愛い妹ちゃんがいたら毎日が楽しくて楽しくて仕方がないように感じますし、こんなにロリかわいい妹様が
お屋敷内にいるとするならば、実姉のレミリア様がフランちゃんを幽閉(??)させてしまうのはなんとなくわかるような気もしますし
「私だけのフランドール!」とレミリア様は考えられているのかもしりないですね。

東方キャラで幼稚園児が似合いそうなキャラというと、チルノ・ルーミア・萃香・てゐ・光の三妖精・こいしちゃんあたりなのかな?
そして先生役が似合いそうなのは、慧音先生・妹紅・阿求・早苗さんが妥当なのかもしれないですね~


mini-koa_convert_20130523162639.png


上記で紅魔館のすてきな引き籠り姫のフランちゃんが登場しましたので、同じく紅魔館ファミリーとして、
アミグリさんが2013年5月に描かれたデフォルメされた小悪魔にご登場して頂きたいと思います。

デフォルメ小悪魔もとっても可愛いです!

ジャンパースカートみたいな衣装とかネクタイとか
羽の雰囲気もゆるい雰囲気なのですけど、
少しとぼけたような感じの小悪魔が新鮮に感じられて指でつんつんしたくなってしまいそうなゆる可愛らしさがあると思います!

この小悪魔を掲載当時のアミグリさんのコメントは
「背景は少しでも華やかな雰囲気にしたくて青とかも混ぜました」との事ですけど、
背景の青・紫・水色・黄色の水玉模様もとてもカラフルだと思いますし、この背景のカラフルさが
ゆるい雰囲気の小悪魔ちゃんを巧みに演出していると思います。



hapichiru01_convert_20121228132448.png



続きましてアミグリさんが2012年12月にとある御方のお誕生日絵と描かれ「きゃわわわわわ」とタイトルが
つけられたチルノのとってもかわいいデフォルメ絵です。

アミグリさんが描かれたこのチルノがとってもかわいくて見ているだけで温かい気持ちになれそうです~
昨日のエンディングで登場したデフォルメチルノもとてもかわいいものがありましたけど、2012年12月のチルノも
妖精らしい無邪気な雰囲気がゆるかわいらしく表現されていると思います。

デフォルメ化されたチルノなのですけど、淡い水色の色彩が 厳冬ではなくてほんの少しだけ寒いといった雰囲気もあり、
どちらかというと太平洋沿岸の温かくて過ごしやすい冬みたいな素敵なチルノだと思いますし、
このチルノは「冷気を操る程度の能力」というよりは「人の気持ちをあたたかくほぐしてくれる程度の能力」みたいな力を
感じさせてくれそうです。

ハートが氷になっているのもさりげない演出で巧みだと感じたものです。


momizi_convert_20110416181631.png


続きましてアミグリさんが2011年4月に描かれたデフォルメの犬走椛です。

実はアミグリさんご自身はもこの椛の掲載時に「あんまり気に入ってないのでいつかリベンジしたいです」と
言われていたのが大変印象的であったのですけど、
それから約7年後の2017年12月に美しさとかわいらしさと洗練さが大変高度の機能した椛を完成されていて、
アミグリさんの7年越しのリベンジは見事に大成功を果たされていたと思います。

あの素晴らしき 【東方】もみじ!
ご覧頂きたい方はこちらからご覧頂きたいと思います! → 【東方】もみじ!

だけどそうはいっても私自身はアミグリさんが2011年4月に描かれたデフォルメ椛はとってもとってもかわいいと
思いますし、これはこれで大変立派な完成度を誇っている椛だと思っています。
椛のこのぴーんと立った獣耳は、今この瞬間に「けものフレンズ」第二期にサーバルちゃん達と一緒に出演されていても
何の違和感も感じないほどの愛くるしさに溢れていると思いますし、ミニスカ&白タイツの効果による
絶対領域の素晴らしさとか、少し「きょとん・・」としたお顔もとってもかわいいと思いますし、申し分ない椛だと思っています。

常に高い次元の感覚と完成度を模索され続けられているアミグリさんにとっては、この当時の椛をもってしても
まだまだ自分の目指すべき椛ではない・・と思われていて
過去に自らが描かれた作品であっても決してそれに満足することなく、新しい進化と絵の雰囲気の一層の変化を求めらけ続け、
模索され続けている姿勢は本当に尊いものがあると改めて感じたものでした。



yuyumyonver_convert_20130505180141.png


続きましてアミグリさんが2013年5月に描かれたデフォルメ化された妖夢とゆゆ様です!

この二人はとっても可愛くデフォルメ化されていますよね! (笑)

特になんか嬉しそうにしているゆゆ様に癒されます・・・

妖夢が「・・・・」というセリフなのは、
もしかして・・?
ゆゆ様が妖夢をからかうためにわざとすっとぽけて、3分前に食べた夕食なんだけど
「あれぇ~、妖夢・・・夕ご飯はまだなのぉ~!?」とか言っていたせいなのかもしれないですね・・・(笑)


dehulorume-myonsan-04_convert_20190218165543_convert_20190219120545.png


続きまして同じくデフォルメ妖夢です。

このデフォルメ妖夢はアミグリさんが2019年2月・・というか今から6日前に描かれたばかりの描きたてほやほやの妖夢です!

昨日のその①で転載&ご紹介をさせて頂きましたチルノ・霊夢・お燐ちゃん・レミリア様とと同じポーズなのですけど、
例えばデフォルメルーミアと比較した場合でも、ルーミアの赤リボンと金髪に対して妖夢の銀髪おかっぱに黒リボンという事で
妖夢の方がなんとなくですけど、少しだけお姉さんっぽい雰囲気もありそうですし、
チルノと比べてみても気のせいなのか(??)この妖夢の方がやはり大人っぽく賢そうに感じたりもします。

そのあたりは多少はご覧になる方の感じ方によって差はあるのかもしれないですけど、私としては
同ポーズ・同デフォルメ作品というひとつの制約がある中でも、各キャラの明確な違いをしっかりと伝えていることは
本当に素晴らしい事だと思いますし、それをしっかりと表現されているアミグリさんの感性の豊かさには感心させられるものが
多々あると感じています。

上記のデフォルメ妖夢は、キラキラの他に背景として妖夢らしい人魂をクールに描かれ、
人魂とは別にゴージャスな感じがするネックレス的なアクセサリーを背景にされている事で、もしかしたら・・??
少しだけ大人の世界に一歩足を踏み入れた妖夢みたいなものも感じさせているようにも感じられそうです。
大人の世界を少しだけ感じさせる点がチルノやルーミアとの違いといえそうですね。


sdhinachan!!_convert_20130516143833.png

hinachanndesu_convert_20110305152200.png


上記の2作品は東方キャラの中でも屈指の絵師泣かせと恐れられている鍵山雛です!

鍵山雛がどうして東方屈指の絵師泣かせキャラと呼ばれるのかというと、その理由は言うまでもなく雛のあの
「フリル地獄」とすら揶揄されている全身フリルまみれといっても過言ではない大変厄介なデザインにあるといえるのだと
思います。
頭部にはフリル付きの暗い赤色のリボンを結んだヘッドドレスを着けていて、このベットドレスの描き方が
かなり難解と東方絵師様の間ではまるで合言葉にすらなっているような感じすらあると思います。
当ブログにおいて2月14日にゴスロリファッションについての記事も書かせて頂きましたけど、今にして思うと
東方屈指のゴスロリキャラというと白蓮さんよりはむしろこの鍵山雛の方が合致しているようにも感じたりもしますし、
雛のあのゴスロリ風のドレスは、衣装は真っ赤、フリルは白、髪は緑という「赤・白・緑」のひし餅の色とも言えそうですし、
とにかく描きにくいキャラであるのは間違いないと感じます。

そうした絵師泣かせの雛なのですけど、当ブログではこれまで何度かご紹介させて頂いた通り、アミグリさんはそうした雛に
対しても真正面から正々堂々とした正攻法のアプローチを掛け続けていて、それが見事に結実した作品の一つが
2016年12月に完成された厄リスマス!
なのだと思います!

→ 厄リスマス!

只でさえ正攻法のアプローチでもやっかい極まりない雛ちゃんを、正攻法の描き方よりも実はもっと大変なのかもしれない
デフォルメの手法で描かれる絵師様の数もぐぐっと減ると思われる中、
アミグリさんは実は初期の頃に既にそうしたデフォルメ雛ちゃんに積極果敢に挑まれていて、
「やっぱりアミグリさんの描きたい!という意欲は昔も今も同じだよね~! 本当に素晴らしい!!」と心からエールを送りたくも
なってしまいそうです!

上記2作品のうち、上は2013年5月に描かれたデフォルメ雛ちゃんであり、下は2011年3月に描かれたデフォルメ雛ちゃんです!

上の雛ちゃんはゆるかわいいアプローチを取られていて、下の方は初期作品という事もあり、かわいい中にも
力強さ・ゆるい中にも雛ちゃんに秘められた厄神さまとしてのパワーの大きさみたいなものも伝わってきているようにも
感じられます。
両作品共に頭のヘットドレスのフリルをかなり強調された描き方をされていて、デフォルメなのだけどこの頭のフリルの描き方は
アミグリさんとしての気合と言うのかパワーみたいなものというのか
「大変だけどこの雛ちゃんを立派に消化して仕上げよう!」といった意志の強さみたいなものもふと感じたりもします。



iroko-mokomo_convert_20150512151321_convert_20190129225007.png


続きまして、アミグリさんが2015年5月に描かれたもこちゃん・・藤原妹紅のデフォルメです。

妹紅というと東方では忘れられがちなのかもしれないですけど、永琳・輝夜と共に幻想郷内では不老不死の蓬莱人と言う事で、
元は平安時代の貴族の娘という設定にもなっているおかけで、
東方キャラとしては物部布都と共に日本の古代王朝の面影を色濃く残しているキャラとも言えます。

もんぺ調の衣装・平安美人を思わせるとてつもない長髪・吊りバンド・髪の大き目リボンが通常立ち絵の妹紅の外見的特徴でも
あるのですけど、アミグリさんはデフォルメとして二頭身的なゆるかわの妹紅を描きつつも、
通常立ち絵としてのあのとてつもない長い髪やもんぺや吊りバンドも大変効果的に描かれていて、
デフォルメ作品としてのかわいらしさも見ている人に分かりやすく伝えているようにも感じられます。
原作ゲームとか他の絵師様が描かれる妹紅は、どことなく「いつも不機嫌そう・・」みたいな雰囲気とか
「強そうだけど少し近寄りがたいのかも・・?」といったオーラが溢れているイラストが多いと思うのですけど、
アミグリさんが描かれた妹紅は、そうした近寄りがたい雰囲気としてではなくて、幻想郷の生活にも慣れて
慧音先生とリラックスした生活を存分に楽しまれているといった雰囲気をかわいらしく描かれているようにも感じられます。



dehulorume-kaguya-02_convert_20190129155222_convert_20190130014037.png



上記で妹紅が登場しましたので、その次にご登場して頂くキャラは、慧音先生か輝夜のどちらかしかありえない
と言う事で、今回はアミグリさんが先月・・、2018年1月に描かれた輝夜のデフォルメ作品にご登場して頂きたいと思います。

この輝夜は昨日の「アミグリさんが描かれたデフォルメ作品特集」のオープニングを飾って頂いた霊夢とポーズは
同じなのかもしれないですけど、霊夢のかわいらしさとは別の次元として
デフォルメ作品なのだけど月のお姫様らしい高貴さと洗練さも伝わっているように感じられます。
どうしてそのように感じるのかというと、昨年10月にアミグリさんが描かれた高貴な平安美人みたいな輝夜と同じような
「竹取物語」をイメージさせる竹のデザインをモチーフにしたスカートを着用されている事も大きいのかもしれないです。
霊夢の時よりも色彩が濃い目に感じられるのも、輝夜の大人のお姫様としての一つの貫録ともいえそうですし、
アミグリさんが言われているように「霊夢の色がいつも以上に薄かった」と言う事でこの輝夜は最近のアミグリさんの
あの絢爛豪華な色彩の雰囲気に戻ったという事なのかもしれないです。

どちらにしてもデフォルメ作品として頭身を小さくされてゆるかわいく描かれてはいるのですけど、
輝夜の元の「月の高貴なお姫様」とか現在の「永遠亭の引き籠り姫」というお姫様としての洗練された高貴な雰囲気を
ゆるく描かれていてもきちんと伝えられているのはさすが!という感じなのだと思います。

今回もデフォルメとしての前髪ぱっつんもとってもかわいいと思いました。

間もなくひな祭りと言う事でひな人形をそろそろ押入れから出されている家も多いのかとは思いますが、
昨日の霊夢と本日の輝夜は、雛段の最上段に飾っておいても全然遜色のないかわいらしさに溢れていると言えそうです!


chibiyu-kasan_convert_20130513121757.png



続きましてアミグリさんが2013年5月に描かれた風見幽香のデフォルメ作品です。

風見幽香は、幻想郷を一年中何処かしら花が咲いているところへと放浪している妖怪という事で、
「花を操る程度の能力」を有しています。
なんかこれだけ見ると、「花を愛している優しい妖怪さんじゃないの?」みたいに誤解をされてしまう方も
多いのではないのかなと思うのですけど、その実態は、
幻想郷内でも最強クラスの妖怪の一人で、「危険度は極高・人間友好度は最悪」という評価を阿求からも受けています。
その阿求からは同時に「人の精神を逆撫でするのが大好き」とまで評されています。
設定の上では、「弱いものいじめ」が大好きで、人間や妖精どころか幽霊や妖怪にまで
片っ端から虐めるのが日課との事なので、やっぱり幻想郷でも屈指のドSキャラと言えるのかもしれないですね・・

そうした設定から幽香を描かれる絵師様の多くは、怖さ・ドSキャラ・威圧的という雰囲気で描かれる傾向が
強いようにも感じられるのですけど、アミグリさんがこれまで描かれてきた風見幽香は全てやさしく温和な雰囲気で
いかにも花を愛するかわいい妖怪さんみたいなアプローチで描かれているのは、アミグリさんのやさしさと
言えるのかもしれないですね。

風見幽香を上記のようなデフォルメ的にゆるく描かれる絵師様は極めて少ないと思われる中での、このデフォルメ幽香は
大変貴重なものがあるといえますし、何よりもアミグリさんご自身がふわっと肩の力を抜いて
楽しそうにのびのびとこのデフォルメ幽香を描かれているのが伝わってきていて、
「こんな幽香もいいよね~かわいいよね~」と感じさせてくれていると思います。

三頭身のまんまるな雰囲気もとっても癒されそうですし、背景のひまわりも幽香らしいものでして、いかにも
花を操る程度の能力の妖怪さんといった夏の香りも伝わってきそうな気配もありそうです。



chibireimu_convert_20100505125359_convert_20190120192413.png



続きましてアミグリさんが2010年5月に描かれた「ちび霊夢」と題されたとってもかわいい霊夢です。

昨日の冒頭キャラは今年の1月に描かれたデフォルメ霊夢でしたけど、この霊夢は2010年というかなりの初期作品でも
あったりします。
こうやって改めて拝見させて頂きますと、アミグリさんの描かれるちびっこ作品やデフォルメ作品というものは、
初期の頃も今現在もどの時代も「とってもかわいい!」という事なのだと思います。

霊夢は作品によっては髪型とかリボンの形状とか髪の長さそのものが結構まちまちという感じもするのですけど、
どちらかというとセミロングの霊夢というのが一つのスタンダードなのかなとも感じたりもします。

この「ちび霊夢」を描かれた際のアミグリさんのコメントとして
「霊夢は長髪派の人が多いみたいですが、私は断然短髪派です(`・ω・´)
まぁどっちでも可愛いんですけどねw」との事でしたけど、
これは私も全く同感ですね!
私もどちらかというと霊夢の髪型は幾分短めとかセミロングの方が好きです。

このアミグリさんの「ちび霊夢」はとにかくとっても可愛いです!
そしてこの「色塗り」がとても鮮やかですし、霊夢の可愛らしさを一段と引きだしているように感じられます!
髪型もどちらかというと活発さをイメージさせる少し短い髪でもあったりしますので、その辺りからも快活でかわいい霊夢
という雰囲気をもたらしているのかもしれないですね~

このちび霊夢はどちらかというと、figmaとかねんどろいどの霊夢みたいに「ゆるくてとつても可愛い霊夢」に近いものが
あると思います。
にっこりと微笑む霊夢もとっても可愛いですし、妖怪とバトルしている霊夢も素敵ですし、こうしたちびっこい霊夢も
アミグリさんが描かれる霊夢はみんなとってもかわいいです!


te-kappuru-mia_convert_20130420124809.png



続きまして、アミグリさんが2013年4月に描かれた「ティーカップルーミア」です。

こうしたデフォルメされたルーミアもとってもゆるくてかわいいと思いますし、この構図の大胆さには意表を突かれたりもします!

ティーカップにすっぽりと収まったちびっこくなったルーミアがとってもかわいいですし、
背景とカップのバラの花のデザインもとても映えるものがあると思います。

すてきな変化球とも言える作品だとも思えます。


rkgk-ru-miachan!!!!_convert_20140329150304.png


続きましてアミグリさんが2014年3月に描かれた「きらきらるーみあ」とタイトルが付けられたデフォルメのかわいいルーミアです!
こちらのらくがきルーミアのちょっとゆるい感じのかわいらしさもたまらないものがあると思います!

アミグリさんは当時「らくがき・・」と評されていましたけど、このかわいらしさとらくがきといっても金髪や
手を左右に広げる・赤リボンといったルーミアの基本特徴をきちんと表現されている点は、ら
くがきのレヴェルをはるかに超越したものがあると感じさせてくれていると思います。

ぬいぐるみさんみたいなお目目もかわいいと思いますし、とってもふわっとしたルーミアだと思います!



chibi-koisi-_convert_20130514170632.png


続きましてアミグリさんが2013年5月14日の「こいしちゃんの日」に合わせて描かれたデフォルメのこいしちゃんです。

このこいしちゃんは少し異色と言うか珍しいこいしちゃんなのだと思います。

というのもアミグリさんは大のこいしちゃん好きという事もあり、アミグリさんが描かれるこいしちゃんは
正攻法の正統派の雰囲気が感じられる精緻で美少女としてのこいしちゃんという傾向が大変強く、
こうしたデフォルメこいしちゃんは珍しい部類だからです。

だけどこのこいしちゃんは、アミグリさんもふっ・・と肩に力が抜け、まるで吹っ切れて気楽に幻想郷内をフラフラと
散策しているこいしちゃのように気楽に何も考えないで「無意識」または「無の心境」として自由に描いた感じの
こいしちゃみたいな雰囲気も漂っているように感じますし、なんとなく自由なこいしちゃんという感じでも
ありそうです。

デフォルメこいしちゃんもとってもかわいいです!
指人形みたいな雰囲気もあり、指でツンツンして遊んでみたくなってしまうゆるくて可愛いこいしちゃんだと思います。


mini-koisicyan-02_convert_20190205173817_convert_20190206182731.png


続きましての作品も上記と同じくデフォルメこいしちゃんです。

このデフォルメこいしちゃんは今月・・2019年2月にアミグリさんが描かれたばかりの作品です。

上記の2013年に描かれたデフォルメこいしちゃんと見比べてみてもそこから感じられるのはアミグリさんの
デフォルメ作品を描かれるに当たっての進化といえそうですし、
同じデフォルメ作品を同一キャラとして描かれた際の違いというのも、6年と言う歳月はあるにせよ
見事に見ている方にきんちと伝えていると感じられます。

輝夜・霊夢・早苗さんと同ポーズだけど、今回のこいしちゃんは全体のデフォルメ作品としてのゆるかわいらしさと
スカートの薔薇模様のきめ細かさに代表される精緻さが絶妙に融合しているのが
これまでの3人との違いと言えるのかもしれないです。
輝夜のスカートの竹もとてつもなくきめ細かい感じでしたけど、
今回は竹以上に緻密さを求められる薔薇という事でそのような印象を持ったのかもしれないです。
キラキラもすてきに飛ばされていますけど、背景が大きなハートマークというのは、
アミグリさんのビッグなこいしちゃん愛を見事に物語っていると言えるのだと思います。



dehulorume-satorisama-02_convert_20190215152906_convert_20190216060007.png



さてさて、名残惜しい事に二日間に渡るアミグリさんの描かれたデフォルメ作品特集も、上記作品をもって
フィナーレ!となってしまいます・・(泣)

そのオオトリに相応しい作品というと、上記でとってもかわいいかわいいデフォルメこいしちゃんが登場したからには
こいしちゃんのお姉さまのさとり様にご登場して頂かない訳にもいきませんので、
今回のエンディングは、アミグリさんが今月・・2019年2月に描かれたデフォルメ作品のさとり様にさせて頂きたいと思います。

上記のデフォルメこいしちゃんは明るさ・ゆるかわいらしさ・妹キャラらしい少しきゃぴきゃぴした雰囲気が
すてきに伝わっていましたけど、このさとり様は前回のこいしちゃんと同じポーズ・同じデフォルメ・同じハート型の背景・
同じスカートの薔薇の模様というかなりの共通性はあるのに、
「同じ姉妹でもなんだか伝わってくるものが違うのかも」と感じさせるのは、
アミグリさんの表現の使い分けと東方キャラの差別化を立派に実現されている証しなのだと思われます。
このデフォルメさとり様は、ゆるくてかわいらしい雰囲気に溢れているのですけど、
やはりどことなくせつないとか儚いとか心ここにあらず・・と伝わってくるのは、さとり様のあのちょっと哀しそうな表情と
サードアイがこいしちゃんと違って少し不気味に開けられているせいなのかもしれないですね。

東方姉妹の中で依神姉妹・スカーレット姉妹は姉妹の見た目の雰囲気はかなり異なっているのですけど、
古明地姉妹はなんとなく似ている感じもあると思います。
そうした似ているような雰囲気の古明地姉妹をデフォルメ作品としてもその違いを単に衣装や色の違いとしてだけではなくて、そこから内面的に伝わってくるものを大変立派に表現されているようにも感じられます。

上記のアミグリさんが描かれた計17作品のデフォルメ作品の権利は、これらのデフォルメ作品の絵師様であられる
アミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

皆様の中で「こんなにかわいいデフォルメこいしちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろう・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

→ →アミグリさんのpixiv 

それでは二日間に渡ってアミグリさんの描かれたデフォルメ作品をご覧頂きありがとうございました!

アミグリさんのデフォルメ作品は今後も当ブログでもどんどんご紹介をさせて頂きたいと思います~!
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |