FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム


チルノ時計





「食べる際は難しいことは一切何も考えず、ただ舌で感じればいいんです」とは小泉さんのすてきな名言の一つなのかも
しれないですね~!

ラーメン大好き小泉さんは、原作漫画でもアニメ版でも時に小泉さんがあまりにも強いラーメン愛ゆえに
ラーメンに関する自説や薀蓄等を熱く熱く語るシーンが多々ありましたけど、
その小泉さんをもってしても、本当に美味しいラーメンの前では、そんな難しい理屈よりも
「私はこのラーメンをとてもおいしく感じる!」という「I feel!」という「私はこのように感じた!」という感覚の方が大切という事を
言いたいのかもしれないです。

原作漫画・第6巻のうまみの話のラストシーンでの「食べる際は難しいことは一切何も考えず、ただ舌で感じればいいんです」
という小泉さんはまさしく真の美少女であり、ラーメン界のすてきな美少女ラーメン女神様なのだと思います。

ちなみにですけど、この原作漫画で登場していたラーメン店は、巣鴨に実在する「蔦」というお店でもあったりします。
この蔦さんは、大人気ラーメン店で行列が絶えない店としても知られていますし、
ラーメン店として、ミシュラン一つ星をゲットした超有名店でもあったりします。


蟆乗ウ峨&繧点convert_20190206160742

004_convert_20190203163236.jpg


悠はまたまた懲りずにそのすてきなストーカー振りを発揮し、
その日は授業が午前中で終わりと言う事もあり、小泉さんが以前から行きたがっていた上記で既にちらっと触れた蔦さんの
ラーメン店の整理券を当日の朝に既に手に入れていた悠は、当然の如く小泉さんを「蔦のラーメンを一緒に食べにいこ~」と
お誘いします。
例によって例の如く「お断りします」でもって頑なに断る小泉さんに大澤悠は必死に食い下がり、
お店が最近食材をリニューアルしたことなどを言い、そして、「いろいろ入ってておいしそうだよね~」と
小泉さんを口説きに掛かります。

小泉さんは大澤悠の「いろいろ入っている」という言葉にイラッとしたらしく、ラーメンの旨味について説明を始める事に
なったのでした。
これはアニメ版の記念すべき初回の話で、悠が「馬油」(まー油)を「うまあぶら」と読んで小泉さんをイラッ・・とさせたあの構図に
極めて近いようなものがありそうですね~

小泉さんは語りだします・・

旨味は日本発祥の概念ですが、ここ近年では海外でも認知されるようになってきています

グルタミン酸・イノシン酸・グアニル酸・コハク酸、これらはうまく組み合わせれば相乗効果で単一で取るよりも
旨味自体が倍以上に増強です。

ラーメンのスープ一つとっても(こうした旨み成分を)しっかりと計算している

数々の和食と並び、ラーメンもまた精巧な旨味の結晶…

小泉さんは基本的には無口で無愛想な美少女JKさんなのですけど、ラーメンに関する事を質問されたり、
ラーメンに関してとんちんかんな事をうっかり口走ると、途端に饒舌になるというのは相変わらずのようですね。

そして小泉さんは珍しく悠の話に乗ってしまい、蔦さんのリニューアルラーメンのスープは、鶏を丸ごととアサリを使用していて、
更に隠し味的に世界三大珍味の一つでもあるトリュフのオイルを使っている事や
本日のそのスープの味は店長をして「なかなかの出来映え」であると言う事を耳にして、
小泉さんはついに珍しく陥落してしまい、悠と一緒に蔦さんのラーメンを食べに行く事に同意をしてしまいます。

今回ばかりは悠の作戦勝ちとも言えそうですね。


003_convert_20190203163212.jpg


そして悠は小泉さんの隣の席で蔦さんのおしいラーメンを食べることになるのですけど、そのスープのあまりの美味しさに
悠はスープを先にぐいぐいと飲んでしまい、気が付いたら「これしかスープが残っていない・・」と涙目に
なってしまいます。

小泉さんは「初心者にはよくある事」とクールに言いながらも、悠に対しては冒頭の
「食べる際は難しいことは一切何も考えず、ただ舌で感じればいいんです」という言葉を投げかけ、小泉さんとしても
「理屈よりもおいしいと感じさえすればそれで万事OK」という事を悠にも分かるように伝えていたのは、
小泉さんもたまには無愛想キャラではなくて、人らしい温かい側面も持ち合わせているんだな~と感じさせる面があった
エピソードだと思いました。





さてさて、上記の蔦さんのリニューアルラーメンにトリュフのオイルも入っている事を記させて頂きましたけど、
カップ麺なのに、なんと・・! こそのトリュフのフレーバーを使用している商品もあったりもします!

2018年11月5日新発売のカップ麺、東洋水産「マルちゃん正麺 カップ トリュフ香る鶏白湯(とりぱいたん)」は、
11月7日に制定された「マルちゃん正麺の日」を記念して、世界三大珍味の一つである「トリュフ」をキーワードに
上質感と高級感を持ち合わせた期間限定のカップ麺として華麗に登場させていました!

「トリュフ」なんて聞くと「えー、これって世界三大珍味の一つで庶民にはなかなか味わえない高級食材じゃん!」とか
「こんな高級食材を一個180~200円のカップ麺として使って採算は取れるの・・?」とか
「トリュフというと基本的には香りを楽しむもので、鶏の塩系ラーメンのスープとちゃんと両立できるの・・?」とか
「鶏白湯の濁ったスープの味と風味が繊細なトリュフの香りを飲みこんでしまうんじゃないの・・?」といった
不安材料は正直食べる前から感じていたものです。

もちろん本物のトリュフを使用しているわけではなく、あくまでトリュフフレーバーという香料を使っているのですけど、
鶏白湯という白濁系スープにトリュフという組合せは確かに斬新で
「こんな組合せはあまり見たことが無い」という感じでもあるのですけど、果たしてその味はどんな感じのもので、
果たしてトリュフという繊細な香りときちんと両立出来ていたのでしょうか・・?


004_convert_20181118164634.jpg


「トリュフ香る鶏白湯」は実はなのですけど、ポークエキスや豚脂なども使用されているので純粋な鶏白湯ではないそうです。
結果として豚と鶏の味の融合という事になるとは思うのですけど、
単純に鶏系スープだけだとさっぱり・あっさりという事になりがちでパンチが弱いという事になってしまう可能性も
無くは無いと思われる中、ここに豚系が加わる事で、あっさりなのだけど濃厚な味という相矛盾する要素が
見事に両立出来ているのだと思います。
上記で鶏白湯のスープとトリュフの味と香りの両立を少しばかり懸念していたのですけど、
結論から書くと実にうまく調和されていて違和感は全く無いといっても過言ではないと感じたものでした。

貝や鯛などを使った清湯系の塩味や醤油のスープとトリュフの香りは別に実食しなくても「相性良さそう」と感じますけど、
鶏と豚が融合した白く濁ったスープにトリュフが完全に飲みこまれてしまう事を危惧しなくもなかったのですけど、
トリュフとしての香りと風味はこのスープによって打ち消される事も無くきちんと自己主張はしているような
印象はあります。
トリュフの味そのものは私も正直あまりよく分からないのですけど(汗・・)
普通のラーメンでは普段あまり感じない香りというか風味が+αとして出されているのは間違いないと思います。
トリュフ自体の味自体がどうのこうのというのではなくて、ラーメン自体がどちらかというと決してお上品な食べ物では
ないのかもしれないですけど(汗・・)
そうした庶民の味に唐突に上品な香りが加わると、これはこれでとても面白いラーメンになるという事なのだと思います。

全体的にはひとくせもふたくせもある味なのかもしれないですけど、不思議な事にくどさはないと思います。
一口すするごとにトリュフの上品な香りが鼻から抜けていくことで、鶏白湯の旨みをより美味しく楽しむことができると
言えるのだと思います。

やっぱりラーメンはリアルの実店舗のラーメンもインスタントのカップ麺もそれぞれすてきなものがありそうですよね~!
スポンサーサイト



ボーカロイド楽曲の「からくりピエロ」は聴くだけで胸が締め付けられそうな哀しみ色に詰まった素晴らしい曲だと思いますし、
原曲のミクボーカルにGUMIちゃんコーラスもとても美しくてせつなくて聴くだけでゾクゾクっ・・とくるものがあるのですけど、
それ以上にこの曲の歌詞にもぐぐっ・・と引きつけられるものがあると感じます。

この「からくりピエロ」の歌詞は、ある人を待ち続ける人の心情を歌った曲なのですけど、
待ち人来たらずの中、あてもなくひたすら待ち続ける痛々しさを言葉少なくせつなく語っている印象が大変強いのですが、
この曲の歌詞には何度となく「僕」というワードが登場していますので、最初にこの曲を聴いた時のイメージとしては
使いっ走りの男の子の悲哀とか事前の待ち合わせ場所や時間も決めてあったのに2時間待っても彼女は現れない・・
僕は一体何をやっているんだ・・
所詮僕はいいように君にあしらわれるばかりの存在で、「これが悲しい僕の末路だ」と自らを提示させているのは
男の子目線の曲なのかな・・?と感じていたものでした。

世の中には実は結構な数の僕っ娘もいたりもしますし、一人称がボクという女の子もいたりもしますので、
このからくりピエロの根本的な解釈として、この曲に登場してくる一人称が僕という主人公を女の子として解釈する事も
ありなのかな・・?と感じたりもしますし、仮に女の子として解釈する場合は曲の世界観もかなり劇的に変化するような
印象も実はあったりもします。

曲のタイトルのからくりピエロを換言すると操り人形と言っても差し障りは無いと思います。
相手の彼氏彼女から都合のいいように扱われ、相手からは「あなたは決して私の本命ではないし、むしろ使いっ走りというのか
いいようにあしらわれて都合のいい時だけ彼氏彼女にされてしまう」立ち位置と言えそうですし、
そうした相手から二時間も待ち合わせの場所で待ちぼうけを食らってしまうという待ち続ける人の悲哀を歌った曲と
言えると思います。
この一人称が僕という主人公は男の子なのか女の子なのかという問題は一旦おいておいて、そのどちらであったとしても
共通して言えることは、お相手からは全然本命に思われていないどころか
都合のいい時だけ私の使いっ走りにさせられてしまう事への不本意とやるせなさをしっとりと歌い上げている曲と言えそうです。
本命になりたいと思いつづける主人公の徐々に傷ついていく心境が淡々と歌詞の中に描かれていて、
その心境の過程が実に痛々しくて聴いているだけで心にグサッ・・とくるものは確実にあると思います。
歌詞の中に「君の中できっと僕は道化師なんでしょう」と呟く辺りは、主人公の子も自分が決してあなたにとっての本命では無い
という事は自覚しているのだと思いますし、それを認識した上でのいいようにあしらわれても
「それはそれで仕方がないし、こんな僕でも一時であったとしても構ってくれるだけ御の字」という意識なのかもしれないです。

歌詞の中でもそのお相手が街中で僕以外の子と楽しそうに街を歩いている姿を目撃したけど、僕は何もできなかった・・という
場面がはっきりとしたワードではないけどそれらしき事が示唆されているのですけど、
「それでも僕はあの人の事を待ち続けることしかできない」という感情も示唆されていて、
確かに周りから見てしまうと「そんな相手にとってだけ都合のいい恋はさっさと見切りをつけて新しい恋を探した方が
あなたにとって全然いいじゃん!」という事なのかもしれないのですし、そんな事はその主人公の子も理屈では分かっているけど、
それが出来ないというのが「恋のつらさ」という事なのかもしれないです。

変わって 変わって 変わってゆくのが
怖い 怖いだけなの
もうやめた ここで君を待つのは
僕が壊れてしまうだけだ

回って 回って 回り疲れて
息が 息が止まるの
そう 僕は君が望むピエロだ
君が思うままに 操ってよ

そしてこの「からくりピエロ」の楽曲の最後の最後の歌詞は本当に残酷だと感じざるを得ないです。

結局この僕が一人称の主人公は、この哀しい恋を放棄する選択はしませんし出来なかったという事なのだと思います。

主人公が「もうやめた」というのはこの哀しい恋自体ではなくて「あなたの視点から見た僕はあなたの本命である」という
望みを放棄したし諦めたという事なのだと思われます。
結局の一時的な遊び相手または都合のいい時だけの使いっ走りという現状維持を選ぶしか道が無いし、
「そうせざるを得ない」というのがこの歌詞の主人公の哀しさなのだと思います。

決して失恋ソングという訳では無いとは思うのですけど、失恋以上の痛々しい雰囲気は間違いなくあるように感じられます。


縺ア縺。縺・ヲ門、「縺ィ_convert_20190213003421


さてさてここから下記は東方MMDのご紹介です。

上記は大変痛くてせつなくて胸にずしーんと響きそうなボーカロイド楽曲としての「からくりピエロ」のお話でしたけど、
このからくりピエロは東方MMDとしても既に多数の作品があったりします。
私的には霊夢・咲夜さんが大変印象的であったりもするのですけど、今回は東方の単独キャラとしてでは無くて、
実は当ブログでは初めてのご紹介ではありますけど、二人組の皆様がこのからくりピエロをバックに踊る東方MMDを
是非皆様にもご覧頂ければ幸いです。

今回の二人組は全て妖夢と東方キャラの誰かの組合せという事なのですけど、ここからも
「妖夢は東方MMDでは本当に愛されキャラだよね~」と感じさせるものがあると思います。
また東方MMDの妖夢は公式ゲーム作品の妖夢と雰囲気がかなり違いがあるようにも感じられたりもするのですけど、
その大きな要因は東方MMDでの妖夢は、背中にいつもの日本の刀を差していない事と
妖夢の設定は半分人間・半分幽霊という事で背後に人魂が漂っているのだけど、東方MMDの妖夢にはそうした人魂が
セットされていないという事で、刀と人魂無しの妖夢は、どう見ても外界では普通のかわいいJKさんという印象しか
ないですね~

さてさて、東方MMDとしての「からくりピエロ」として大変印象的な作品は、妖夢とパチュリーさんが二人で踊るものだと
思います。
東方MMDのJK妖夢は既にたくさんの作品があるのですけど、JKブレザー制服のパチュリーさんが一緒にいる事自体が
驚きでもあります!
しかもこのパチュリーさんは普段のロングなサラサラヘアではなくてポニーテールをされていて髪をアップ気味に
されているのが大変斬新でもありました!

→ 【東方MMD】ブレザーなパチェ&妖夢で からくりピエロ


繝輔Λ繝ウ縺ィ螯門、「_convert_20190213003235


続きまして同じく「からくりピエロ」をバックにした東方MMDですけど、その踊る二人組が妖夢とフランちゃんというのは
とてもつない組合せのように感じられますね~!

妖夢もフランちゃんも外界のJKさんっぽい制服を身に纏っているのですけど、これが実に新鮮に感じられます。

フランちゃんの背中にはちゃんと吸血鬼としてのあの独特な形状の羽根が付いていますけど、普段見られないフランちゃんを
こうやって見ることが出来るだけでもすてきなものがありそうです!

→ 【東方MMD】制服フランとJK妖夢でからくりピエロ



縺。縺ウ螯門、「_convert_20190213003327


本記事の最後はちょっとした余興みたいなものです・・(笑)

上記の妖夢とパチュリーさんの組合せ自体が大変異例でもありますし珍しいとも思うのですけど、
この二人を更に幼児化させてしまったちび妖夢とちびパチュリーでおこちゃま戦争という東方MMDも実はあったもします。

このおこちゃま戦争は、ボーカロイド楽曲としてはリン-レイの楽曲なのですけど、あの雰囲気を東方MMDとして表現
するのだったら霊夢と魔理沙、またはチルノと大妖精という組合せも大変面白いとは思うのですけど、
それを妖夢とパチュリーさんに当てるという試みもとにかく面白いものがあると思いますね~!

→ 【東方MMD】ちび妖夢とちびパチュリーでおこちゃま戦争

 | BLOG TOP |