FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


sawamyoon_convert_20130731170542.png


本日は「3月4日はみょんの日」とか「4月6日は妖夢の日」ではないのですけど、
dream fantasyの管理人さんのアミグリさんが
描かれた妖夢のかわいらしさと洗練さと美しさは目を見張るものがあると思いますし、緑色をベースにした色塗りの華やかさも
本当に素晴らしいものがあると思います。

そうした華やかで見映えがして妖夢のかわいらしさを一枚の絵にぎゅぎゅっと濃縮した代表的な作品の一つが
冒頭の2013年7月にアミグリさんが描かれた妖夢なのだと思います。

アミグリさんがこれまで描かれてきた妖夢は美少女・妖夢としての雰囲気が最大限伝わってきていて、
見れば見るほどその美しさとかわいらしさにうっとりとさせられるものがあると感じさせてくれます。
ファンタジー感が漂い同時にとっても可愛いと思いますし、これこそが正統派のかわいい妖夢ですし、
ふんわりとしていて優しい雰囲気に包まれとっても可憐な妖夢だと思います!
こんなにもかわいい美少女が実は半分幽霊と言うのも、幻想郷というところは常識が通用しない世界でも
あるもんだなぁ・・と改めて実感させられるものがあったりもしそうです。
阿求の「東方求聞史紀」において、幻想郷の人里の人間の声として
「よく人里で買い物をしている光景を見かけるが、いかにもお迎えがきているみたいであんまり気分はよくない・・」
みたいな声が掲載されていますけど、こんなかわいい美少女でしたら、お買い物に来てもらえるのも大歓迎ですし、
はたまた小野塚小町ではなくて妖夢が三途の川へのお迎えの使者として来てもらっても大歓迎と
言えるのだと思います!

アミグリさんが描かれた上記の妖夢は紅白腋見せ巫女の霊夢のようなカラフルさとか絢爛豪華とは少し異なり
どちらかというとファンタジー感を強く滲ませているようにも感じられますけど、色彩的には
妖夢の銀髪と隻眼とモスグリーンの淡い服装の対比が「豊かな色彩感」と感じさせるものは多々あると思いますし、
アミグリさんが冒頭で描かれた妖夢がどちらかというと東方絵師様にとってもスタンダードな妖夢の描き方のアプローチとも
言えるのだと思います。

さてさて本記事においては
「アミグリさんが過去に描かれた妖夢には、冒頭の作品のように豊かな色彩感に溢れた幻想的な妖夢も素晴らしいけど、
時折みられる単色トーン的なモノローグ的な妖夢もとても魅力的である」と以前から感じていた事もあり、
この機会にそうした単色トーン的な妖夢を当ブログでは初めて転載&ご紹介をさせて頂きたいと思い、
単色トーンの妖夢と白黒モノトーンの手描き妖夢の2作品の妖夢を皆様に是非ご覧頂きたいと思います。

モノトーンとは同系統の色のみで描かれた絵の事で、白黒トーンというイメージも持たれがちなのかもしれないですけど、
例えばブルーや水色、淡いピンク等といった単色カラーで描かれる絵もモノトーンに含まれるそうです。
モノトーンというと、吹奏楽団に所属していた頃によく指揮者から
「君たちのサウンドはどうしてこんなにモノトーンの単調で一本調子の音楽なの~!? 音楽には喜怒哀楽といった感情や
音そのものの明るさ暗さや、音量やダイナミックスレンジなどという変化の要素はいくらでもあるのに
どうしてそんなに単調で変化に乏しい音楽を奏でているの~?」としったような事を言われて
「じゃー、あなたが求めろカラフルな音楽って具体的にどんなイメージなんだよ~」と奏者たちからブーイングや反発を
食らっていて、音楽の上での色彩感とか単調とかモノトーン等を具体的にしっかりと伝えると言う事は案外難しかったという
実感もあったりするのですけど、
下記のアミグリさんの単色トーンの作品や白黒手描き作品を拝見させて頂くと
「モノトーンの色彩にだって人に何かを感じさせることは十分可能である」という事は間違いなく言えるのだと思ったりもします。

アミグリさんの作品というと明るさ・ファンタジー感・美しさ・絢爛豪華という印象も強いのですけど、時折下記作品のような
単色トーンの作品や白黒手描き作品を描かれる事もあったりして、それが稀に描かれているという事もあるのですけど、
私的には相当新鮮な感覚として感じることは多々あったりもします。
そういう意味では、このブログで何度か言っている通り「言葉はすてきな魔法だし、色も魔法、そして背景違いや色違いも
魔術みたいなものがある」という事なのだと思いますし、
単色トーンや白黒作品もすてきな魔法と言う事なのだと思います。






上記の妖夢はアミグリさんが2010年7月に描かれた「よーむ」とタイトルが付けられたモノトーン作品です。
この作品は当ブログでは初めての転載作品です。

このモノトーン妖夢のように同色系でまとめた絵は、アミグリさんの作品の中では大変珍しいと言えると思います。

こうした同色系のモノトーン妖夢を拝見させて頂きますと、かわいらしさというよりは普段と少し異なる
クールで鋭角的な妖夢のような雰囲気に感じ取れるのもとても面白いと思いますし、
改めて「絵と言うものは魔法だね~」と感じさせるものがあると思います。
美しいしファンタジー感も伝わってくるけど、「いつもと違う雰囲気」というものに少しゾクゾクとさせられそうなものが
ありそうです。
アミグリさんが普段描かれる妖夢とは少し異なるタッチもすてきだと思いますし、この雰囲気は初期の頃の
辻斬り妖夢に近いものがあるのかもしれないです。


mirimyon_convert_20130110133119.png



続きましてアミグリさんが2013年1月に描かれた「みょん」とタイトルが付けられた白黒のアナログ妖夢です。
そしてこの作品も当ブログでは初めての転載作品です。

この妖夢はミリペンで描かれたとの事です。

この白黒のアナログ妖夢はモノトーン作品なのですけど、とても温かい雰囲気が感じられ、この手作り感覚が
どこか郷愁というのかなつかしさを感じさせてくれるものがあります。

アミグリさんはこの作品へのコメント時に
「デジタルはアナログと比べて修正がとても楽で、逆にアナログは修正するのが大変で…、
色を変えたい場合、デジタルだったらひょいひょいと自由に変えられますが、アナログだと、やり直せない!みたいなところが
大きいので、結果デジタルの方がアナログよりも楽なのですよね…。
アナログは、アナログにしか表現できない温かみってありますよね!! 」と大変興味深い事を述べられています。

この作品はミリペンで描かれたアナログ作品と言う事で上記で言われている通り、やり直しがきかない一発勝負みたいな
所はあるのだと思います。
だけどそうした一発勝負の緊張感をキープしたまま、アナログ作品としての温かさもナチュラルに伝わってきていて、
それが「この妖夢はとってもかわいいね~!」という印象をもたらしているのだと思います。
そしてこの雰囲気はなんとなくですけど、りぼんやなかよし等に掲載されている少女漫画のヒロインのような感覚も
ありそうです。
白黒モノトーン作品なのですけど、このかわいらしさもそうですし、モノトーンゆえの単調さはあまり感じさせず、
むしろ「華やかさ」を伝えているようにも感じられます。
妖夢の隣にいる半霊(人魂)もかわいいですし、背景のハートマークもモノトーンだけどキュートだと思います。


blog-myonchan.png



続きましてアミグリさんが2014年3月に描かれた妖夢です。

こちらの妖夢は、アミグリさんにとって珍しいイラストと言えるのかもしれないです。

色鉛筆のイラストで描かれたアナログ作品がとても新鮮にかつ斬新に感じられます。

色鉛筆の手描きというせいもあるのかとは思うのですが、緑の色彩が春の息吹のようにも感じられます。
この作品は色鉛筆作品と言う事でモノトーン作品ではないのですけど、全体の色彩トーンを
服装のモスグリーン、服と髪の白、隻眼の青と限定していて色彩感覚を絞り込んでいるため、全体の印象としては
モノトーンに近いものがあると言えるのかもしれないです。
そしてこの作品から感じられるのは「あたたかさ」だと思います。

妖夢の隣の人魂(半霊)もとっても可愛いのですけど、人魂にお顔が付いているのはお茶目でかわいいと思います。

妖夢が「シー―ッ!」といったポーズをしているのは
「ゆゆ様はお昼寝中だから騒いじゃダメですよ・・」と言っているのかもしれないですし、
そうしたほのぼのとした雰囲気を私たちにナチュラルに伝えていると思います。

上記のアミグリさんが描かれた妖夢は、その権利は全て妖夢の絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさんのブログ「dream fantasy 」だけではなくて
アミグリさんが定期的に作品を投稿され続けている →アミグリさんのpixiv にも是非一度足を運んで頂ければ幸いです!

アミグリさんのpixiv 

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

絵と言うものは、華やかな色彩も素晴らしいけど、こうした素朴な味わいのモノトーン作品も同じくらい
素晴らしいものがあるという事なのだと、本記事を書きながら改めて感じたものでした。
スポンサーサイト



本記事の一つ後の記事もアミグリさんが描かれた妖夢に関する記事ですので、本日の当ブログは妖夢三昧
みたいなものかもしれないですね~
皆様既にご存知の通り、過日開催された「第15回東方人気投票」においては、霊夢が今回も1位を死守し、
魔理沙も2位をどうにかこうにか維持し、東方の素晴らしきスーパーサブ振りを遺憾なく最後まで発揮していたと思います。
そして何よりも驚いたのは妖夢の3位入賞でした!
私も事前の予想では「こいしちゃんは東方憑依華効果もあり、3位以内には間違いなく入るはずだし、もしかしたら
魔理沙にとって代わって2位に入るのかも・・?」とも思っていましたので、妖夢のある意味この快挙には驚かされたものでも
ありました!
妖夢は公式としては「東方神霊廟」以降の出演がありませんし、第14回の第4位ランクインですら「ちょっと信じられない・・」と
感じなくもなかったものですから、やはり今回の3位は私的には少しばかりのサプライズでもありましたし、
現体制では最後の人気投票となる中においては、最後に波乱要素の風を起こしてくれた妖夢には「ありがとう!」という
気持ちしかないですね。
幸いにして、東方人気投票の新しい主催者も見つかったようで来年以降もこの東方人気投票が引き続き開催される事も
決まったようですので、来年以降の妖夢の順位にも大きく注目して見ていきたいと思います。
歴史に「もしも・・」という言葉は禁句ではあるのですけど、もしも東方憑依華に妖夢が出演をされていたとしたら、
かつての東方深秘録でのこいしちゃんがそうであったように、とてつもない大躍進が果たされ、もしかしたら霊夢の首位も
脅かしていた可能性が決してゼロではない事を考えると「少し勿体無いのかも・・」と感じてしまいそうではありますね。

妖夢の最近の東方人気投票における快進撃は、妖夢の可愛らしさも勿論大きいのですけど、
何より大きいのは妖夢の生真面目さゆえのあの素晴らしき健気さと頑張り具合に多くの東方ファンの皆様の共感を
呼び込んだという事が大きいのかもしれないですし、
妖夢の二刀流&刀使いという物騒な見た目に反しての銀髪おかっぱに幼い雰囲気というギャップに「萌え要素」を感じる皆様も
私も含めて相当多いという事があるのかもしれないですね。


螯門、「繧ャ繝シ繝ォ_convert_20190203165521


東方MMDの世界では妖夢は既に絶対に欠かす事の出来ない立ち位置をキープしていると思います。

東方MMDで舞い踊るキャラの皆さまってどちらかというと限られていて、霊夢・妖夢・咲夜さん・アリスあたりが
東方MMD四天王という印象がありますし、
ゆかりん・文ちゃん・永琳・白蓮さん・八坂神奈子といったご長寿(?)キャラの皆様たちの作品が極めて少ないのは、
「やっぱりダンスは若い子の方がいいよね~」という感じなのかもしれないですし(汗・・)
「お年寄りの方が無理して踊っても盆踊りのように見えてしまうのかも~」(滝汗・・)という感じなのかもしれないですね~
そうした中、東方五大老の一角を占めているはずのゆゆ様の東方MMDが意外と多いというのは、この5人の中では
ゆゆ様が最も少女の面影を残しているという事なのだと思われますし、妖夢のご主人様はゆゆ様でもあられますので、
ゆゆ様は妖夢とセットする形での東方MMDの出演が多いという事が挙げられるせいなのかもしれないです。

上記で書いた通り東方MMDでそのすてきなダンスをお披露目しているキャラとしては、霊夢・咲夜さん・アリスも
勿論素晴らしいのですけど、妖夢の存在感が特に際立っているようにも感じられます。
二刀を背中に背負ってのいつもながらのモスグリーンのあの衣装で踊る姿もとってもかわいいですけど、
制服版妖夢や私服版妖夢のかわいらしさも本当に際立っているものがあると思いますし、あんなかわいい妖夢を
見せつけられてしまうと、ついつい「来年の東方人気投票では、ゆかりんではなくて妖夢を一押しにしてもいいのかも~」と
感じさせてしまう程の反則的なかわいらしさに溢れていると思います。

既に当ブログではそうしたかわいい妖夢の東方MMDをいくつかレビューさせて頂きましたけど、本日は
巡音ルカのオリジナル曲の「Girls」を少しばかりご紹介させて頂きたいと思います。

ルカ様は、実はボーカロイドキャラとしてはMEIKOと共に私の大好きキャラの一人でもあったりもします。

ルカ様は、ボーカロイドキャラの中ではMEIKOと共にすてきなお姉さんキャラと言えると思います。
公式ではありませんけど、1月30日がお誕生日とされる事が多いようです。
ルカ様は公式設定では20歳という事で、二次創作絵としてMEIKOと一緒にタバコをふかしていたり一緒にお酒を酌み交わす
ような作品もかなりの数が投稿されているのも大変印象的なのですけど、それはこの二人の大人っぽさに起因するものと
いえそうですね~(笑)
ルカ様のオリジナル曲の傾向として大人っぽい響きのある歌声を活かした作品が多数揃っている事が挙げられると
感じたりもします。

「Girls」はルカ様のオリジナル曲の一つですけど、「大きく見せてる所は可愛い そのツケをどこに持ってくるの?」
あたりの歌詞は素晴らしいと感じますし、ルカ様のイメージとしてはぴったりだと思いますし、
ダンスもリズムも最高でクセになると思います。

私だって笑ってたいの 誰かこの扉を開けて 惨めなところ見せないで このまま帰してもいいの?
という最後の歌詞にはググッ!とくるものがありますし、視点を変えるとこの楽曲は、
少女の期待感の裏返しというのか、好きな人に頑張って欲しいという純粋な応援歌のようにも感じたりもしそうですね。

そしてこの大人っぽい雰囲気の元のルカ様オリジナル曲を東方MMDとして妖夢が踊ると、これがまたすてきな
相乗効果を果たしていると思います。
本当に妖夢ってむちゃくちゃかわいいですよね~!
この制服版JK妖夢のかわいらしさは既に反則モノだと思います!

→ 【東方MMD】JK風妖夢 で Girls


蛻カ譛榊ヲ門、「_convert_20190203165455


こちらの東方MMDの「Girls」は同じく制服版・妖夢ですけど、上記の妖夢は冬の妖夢、こちらは夏の妖夢というのが
違いといえそうです。
そしてこちらの妖夢は幻想郷でのいつものあの服装のカラーリングに近いですので、よりナチュラルさも感じられそうです。

→ [東方MMD]制服妖夢でGirls


螯門、「繝峨・繝翫ャ繝・・繝シ繝ォ_convert_20190203165542


「ドーナッツホール」とは元々はGUMIオリジナル曲なのですけど、
昨年暮れの紅白にも登場されていた米津玄師ことハチのボーカロイドオリジナル曲18作目でもあります。
この曲は最近の当プロでも咲夜さんがメイド服のあの衣装で踊られている東方MMDをレビューさせて頂きましたけど、
妖夢のJK風制服版もとってもかわいいです!
この妖夢を見てしまうと「今すぐ外界にやってきてみんなの妹になってくれ~!」とおねだりしたい気持ちになれそうです!

→ 【東方MMD】制服な妖夢ちゃんで『ドーナツホール』

ドーナッツというというまでもなく真ん中に空いた大きな穴が特徴なのですけど、
歌詞に出てくる「あなた」というワードをよく解析してみると、
「あなた」がいなくなってしまった心に空いた穴をドーナツに見立てて自分の心の寂しさや空虚な感覚を歌った歌という
解釈が成立する楽曲といえそうですね。
本来はちょっとせつなくて内省的な楽曲でも妖夢や咲夜さんが弾けるように踊っているMMDを見てしまうと、曲全体の
イメージも変化させられるものがありそうなのはとてもすてきな事だと思いますし、改めて面白い化学変化といえそうな
気もしますね~

 | BLOG TOP |